財形制度の年金について詳しく学ぼう。

勤務先の企業によっては、財形制度を多様に取り入れている場合があります。老後への資金を確保するなど、従業員の安定したプライベートを手助けする財形制度は、きちんと内容を理解してから利用するのがおすすめです。今回紹介する財形制度の年金について詳しく学んでおきますと、いざ年金を受け取る時にも有意義な使い方ができます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

財形制度の年金について知ろう


勤務先の企業によって多数の種類を取り入れている場合と、全く行っていない場合がある財形制度ですが、もしもある場合には積極的に活用して、自分自身では難しい貯蓄の仕組みを構築しておくことがおすすめです。ここでは、財形制度の年金について紹介します。

会社が社員の財産づくりを支援する制度

昇給した分は毎月貯金をしよう…などと思っても結局はある分だけ全部使ってしまう方も良い自分の収入ですが、上手く管理できる方とできない方の差は財形制度の活用にあります。企業側が社員の財産づくりに協力する体勢となっている財形制度は、定期預金の感覚で給与から先に天引きされますので、既に残った金額で1か月のやりくりをするだけになります。お金の使い方によって人間性が出るとも言われますので、仕事に良い影響を与えたい場合には、まず給与管理をしっかり行うようにしましょう。

給与天引きで確実に貯金することができる


金融機関などにも多数の貯蓄商品などがありますが、思うように利用できないまま給与をそのまま放置している方も多いはずです。財形制度を利用しますと、会社が全て管理してくれますので、自分の口座に入金された給与は全て自分で使うことができながら、既に貯蓄ができている仕組みはとても便利になります。自由に引き出しにくい環境である点も、確実に貯めることはできる良さがあります。

会社の福利厚生の一つである

財形制度を設けている企業は、福利厚生の一つとして社員の財産づくりに貢献しています。そのため、福利厚生を大いに活用しながら働くことができるのは、自分自身にとっても良いことですが、会社側にとってもメリットがあります。双方に良いことがある財形制度は、全ての企業にあるわけではありませんが、もしもある場合には活用する価値は十分あります。

年金の受け取りは60歳以降

財形制度の年金は、基本的には老後への蓄えという目的で行われていますので、年金の受け取りは60歳以降になります。しかしその期間までしっかり貯めることができますので、積立する期間が長い場合や積立金額が多い場合には、その分多くの現金を手にすることができます。年金制度の破綻など心配なニュースが流れる昨今ですが、自分自身で知恵を絞って老後への対策を進めることができる財形制度の年金は、おすすめのマネー管理術になります。

年金の支払い期間は5年以上20年以下

財形制度の年金ですが、支払期間に決まりがあります。年金の支払い期間は、5年以上20年以下になっていて、あまり長い期間預けることもできませんが、その反対にすぐに満期を迎える設定することもできません。時間を掛けてしっかり貯めたい方は、20年ギリギリまでで設定して、着実に貯蓄を進めることをおすすめします。また早期的に現金が欲しい方は、5年設定で財形制度の年金を利用しましょう。

貯蓄残高550万円までの利子に税金がかからない

せっかく貯めるのであれば、利子に税金が掛からないようにするのがおすすめです。貯蓄残高が550万円までの利子は非課税となります。例えば1か月2万円を20年間かけて貯蓄した場合には、合計金額が480万円ですので非課税です。また1か月3万円を20年間かけて貯蓄した場合には、合計金額が720万円になりますので、利子が課税の対象となります。預ける期間や金額によって異なりますので、利子に税金を掛けたくない場合は、良く計算をしてから申し込みをしましょう。

財形年金の落とし穴

財形年金は自分が思った通りに財産を増やすことができる便利なものですが、その一方で落とし穴となる注意点があります。あまり知識がない状態で財形制度の年金を利用してしまうことも多いですが、事前に正しい情報を入手しておきますと、適切な判断をして財形制度の年金を活用できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

満期後の○△年保証には注意が必要

財形制度の年金を申し込みする場合、満期後の保証についての記載がある場合には、十分注意した方が良いでしょう。満期後の保証を大きくアピールする商品は、満期になってからもそのままの状態で貯蓄をすることをすすめていることになり、万が一の場合にはせっかく貯蓄した財形制度の年金が、手に入れられなくなる危険性があります。

年金をもらい始める前に退職する場合もある

財形制度の年金を利用し始めた時には、その後のことまで考えもつかないはずです。場合によっては、財形制度の年金をもらい始める前に退職してしまうケースも考えられますので、貯蓄をする期間や金額なども良く考えて、今の自分の必要なものであるか否かを検討してみましょう。

非課税限度額を超えないようにする

財形制度の年金は、便利でしっかり貯蓄できることから、利子の非課税限度額を超えて利用してしまう可能性があります。その分きちんと貯蓄ができているのであれば問題ありませんが、できれば非課税の枠内で財形制度の年金を利用するのがおすすめです。

退職後も非課税の適用を受けるには手続きが必要

退職をした後も非課税の適用を受けることができますが、そのためには手続きが必要です。少し面倒に感じるかもしれませんが、自分が貯めた財形制度の年金を正しく利用する為には、仕方がない事務手続きであると考えましょう。

財形年金を上手に利用しよう

起業によって有無が異なる財形制度の年金ですが、賢く活用することで老後に向けた確実な資金調達が行えます。しかし企業内の財形制度の年金にこだわる必要はなく、またそのような制度がない企業もあります。その場合に着実に貯蓄をするためにはどうすれば良いのでしょう。いくつかの貯蓄方法を紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

金融機関の定期預金

以前のように豊富な利子が期待できる商品はあまりありませんが、すぐに引き出せないという最大のメリットがある定期預金は、財形制度の年金に似た感覚での貯蓄が可能になります。給与振り込みを行っている金融機関で申し込みをしますと、金利がアップするなどのサービスがある場合もあります。

自宅で現金での貯金

増えていくことを実感できる良さがありますが、足りなくなると使ってしまう可能性が高いのはこの方法です。いわゆるタンス貯金と呼ばれるような方法で、貯金箱を使って貯めるなど工夫次第では、途中で挫折すること無く目標金額を達成できるかもしれません。

給与が振込されるつうちょうをそのまま活用する


毎月の給与を振り込みで受け取るケースが多い現代では、わざわざ貯蓄用に通帳をつくることなく、給与振込される口座にそのまま貯蓄をしてしまう方法です。例えば毎月25万円の給与振り込みがある方が、2万円を積立するようにします。そうしますと口座には2万円残るようにして23万円を引き出してしまいます。通帳を増やさずに貯金をしたい方におすすめです。

どうして必要?老後の資金が多い方が良い理由

現役で働いている時から既に老後のことを考える必要がある財形制度の年金ですが、そのような福利厚生を利用してまで、どうして老後の資金を調達する必要があるのでしょう。

退職金があてにならない

勤務先の規模や役職によっては、大きな金額の退職金が期待できるはずです。しかし多くの方は退職金をもらえること自体にも不安を感じていて、企業で制度を設けていない場合も考えられます。定年退職後にまた働くつもりでいても、思うように職探しができないこともありますので、そのような時を想定して老後資金を現役で働いている時から確保するのがおすすめです。

年金も減額や受給年齢の引き上げが懸念される

退職金と同じく先行きが不透明な年金は、減額や受給年齢の引き上げなどの話が現実味を帯びています。年金制度自体が破綻するとも言われる現代では、年金を頼りに老後を暮らすには危険性が高いでしょう。生活費の足しにすることはできますが、年金だけでやりくりできる方は限られています。そのようなことを想定しますと、やはり財形制度の年金のようなものが必要になります。

アルバイト程度の低い収入しか期待できない

退職後も働くことは可能で、最近ではシニア世代が多数活躍する企業が多くなります。しかし現役時代に得ていた収入のような充実差はなく、働いた時間で計算されるアルバイトやパートは、頑張って集中的に働かないと大きな収入には繫がりません。体力的にも限界があるシニア世代の仕事は、適度な時間や分量で無理なく進めましょう。自分自身が無理をしないためにも、現役の時から財形制度の年金などを利用することが求められます。

備えがあると安心できる

多くあって困ることはない現金は、やはり備えてあるだけで安心できます。あると使ってしまうという方の場合には、管理方法を研究する必要はありますが、早い段階から財形制度の年金などを活用して老後に備えておきますと、年齢を重ねること自体が苦痛でなくなります。自分の工夫次第で増やすことができる老後への蓄えは、自分に合った方法を探して実践してみましょう。

まとめ

いかがでしたか。財形制度の年金について詳しく学びますと、老後を迎える怖さや不安を解消することができます。どのような形で財産をつくり出すのも自由ですが、会社の福利厚生の一つである財形制度の年金は、利用する価値が高いものです。興味がある方は、一度勤務先に制度の有無を確認してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい