平成27年の相続税の改正内容に関するポイントは?

法改正によって内容が変わることが多い相続税の内容は、常に新しい情報を入手して、いざという時に役立てる必要があります。今回は平成27年に法改正された相続税の改正内容に関するポイントを紹介し、適切に相続税が納められるような詳しい内容になっています。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

相続税とはどういった税金なのかを知る


平成27年に法改正された相続税とは、一体どのような税金なのでしょうか。まずは相続税についての紹介からスタートします。今まで相続税とは無縁だった方は、特に役立つ内容になっています。

亡くなった方の財産を相続する時に発生する税金

相続税とは、家族や親族などが亡くなった時に財産を相続する際、その金額に応じて納める税金です。金額や所有する財産によっては、遺言によって分配する家族や親族が指定されている場合があり、遺された家族同士で争わないように様々な工夫をしておくことが大切です。

相続する財産の額によっては相続税が発生しない

しかし財産を相続した方全てが相続税を納めるわけではありません。相続する金額によっては申告が必要ない場合が多く、大きな金額の財産や複数の不動産を持っていた故人でない限りは、遺産を相続しても相続税とは無縁となります。

相続税がかかる財産とかからない財産がある

また金額だけでなく、相続する財産によっても相続税が掛かるものと掛からないものとに分類されます。例えば墓地や仏具など、神を祭る道具類はたとえ高額なものであっても非課税となります。また宗教関連の事業に関するものや個人経営の幼稚園事業を引き継ぐ場合にも、相続税を納める必要はありません。

相続税を少しでも減らす節税のコツ

相続税を少しでも安く納めるためには、税金に対する知識を高めてしっかり節税対策することをおすすめします。最近多くの方が取り入れている生前贈与もその一つで、亡くなってから自分の財産を家族に分け与えるのではなく、生きている時に少しでも家族に遺産を贈与する方法です。多くの財産がある方にとっては、相続税の節約と同時に手元の財産をより早く有効に分割できるメリットもあります。

申告時にはどこへ行けば良い?


相続税に関する相談や申告は、済んでいる地域の市区町村役場ではなく、税務署で様々な手続きをするようになります。税金に関する専門家が対応して様々な問題解決にもサポート役として加わりますので、初めての方でも安心して足を運ぶことができるでしょう。

平成27年の相続税の改正内容

では平成27年に行われた相続税の改正によって、どのように内容が変化したのでしょう。詳しく紹介しますので、是非活用してみてはいかがでしょうか。

基礎控除の額の改正によって対象者が増加

改正前は基礎控除内が対象外だった相続税ですが、平成27年の法改正によって、基礎控除の額が変わり、対象者が増加した点が大きなポイントです。今まで相続税を納める必要がなかった方でも、課税の対象になっている場合がありますので、法改正前の所法しか知らない方は、今一度確かめる必要があるでしょう。

税率区分の細分化によって税率がアップする区分が発生

相続税には財産の課税価格と法定相続人の人数が大きく関わりますが、早見表の税率区分が細分化されたことで、中には税率がアップしている区分があります。もちろん変わらない区分もありますが、場合によっては予想よりも多く納める区分に該当している可能性がありますので、平成27年に法改正された相続税の早見表をしっかり活用して確認しましょう。

未成年者などの控除額が増加


また未成年などの控除額が増加した点も、相続税の法改正によって変更された箇所の一つです。税率がアップするだけでなく、控除額が増えることもある法改正は、負担が増えて損をする話ばかりではありません。

小規模宅地等の特例の改正によって限度面積や適用面積が拡大

更に小規模宅地等の特例部分も法改正が行われていて、限度面積や適用面積が拡大されました。この拡大によって相続税が減額されているケースもあり、自分が継承した財産が該当している可能性もあるので、不動産を受け継いだ方は確認しておくと安心です。

決まりや法律が変わりやすい税金は最新情報の入手が大事

相続税を始めとした税金に関する法律や決まりは、少しの間で変更されることが多い項目です。いつまでも古い情報を頼りにするのではなく、最新の情報を常に入手して賢く相続税を納められるように、新聞やニュースなどを細かくチェックするようにしましょう。

正しく納税できるように気を付けること

相続税を正しく納めるためには、一体どのようなことに注意すると良いのでしょうか。細かく面倒なイメージがある相続税ですが、事前に内容を把握しておくだけでも、スムーズに納税できるようになります。是非参考にすることをおすすめします。

平成29年以降の相続税改正の動きを把握する

平成27年に法改正が行われた相続税ですが、今後の改正の予定はどのようになっているのでしょう。平成27年に続いて平成29年にも法改正が行われる相続税ですが、外国に住んでいる人や一時的に外国に住んでいる居住期間の見直しが行われます。これによって相続税が増額する方や減額する方がいますので、今後の動きにも最善の注意を払う必要があります。

申告期限と納税期限がある

相続性は納めるべき税金ですので、当然ですが申告期限や納税期限が存在しています。申告期限は10か月で、相続税の納付は亡くなった方の法事などもある忙しい時期に行う必要があります。しかしそのまま納めずに滞納させてしまいますと、延滞税など余計に相続税を納めるペナルティを課せられます。どんなに少ない相続税であっても、後回しにせずに早い段階で納めておくようにしましょう。

専門家に相談して自分の状況にあった納税をする


相続税の内容は複雑で難しく、相続する財産の金額によっては個人での手続きに限界があることも考えられます。そのような場合は詳しい知識を持つプロに任せてしまうのも良いでしょう。税理士に相談をしますと、全てを一任してしまう方法から、自分ができない部分だけをピンポイントで支援してもらえるような依頼の仕方もできるので、自分にあった納税スタイルを維持できます。またできる限り自力で進めることで、少しでも相談費用や依頼に関する代金を削減することも可能です。

分からない時には遠慮せず問い合わせをする

良く分からないまま自己流で相続税の手続きを進めてしまいますと、正しい金額が算出できていない場合には、再度訂正をしてやり直しする必要があります。二度手間や三度手間にならないように、少しでも疑問や不安を抱いた場合には、早めに税務署へ問い合わせするような習慣を身につけますと、スムーズに相続税を納められます。

家族や親族の協力を得て取り組む

また家族や親族と協力をして相続税の手続きをすることも大切です。全て自分一人で抱え込まずに、家族や親族の中には相続税に詳しい人がいるかもしれません。過去に手続きをした経験を持つ方もいる可能性がありますので、身近な人からのアドバイスを参考にして、相続税がしっかり納められる環境を整備しましょう。

相続税について詳しい税理士の探し方

相続税の申告手続きは、税金のプロフェッショナルである税理士に任せてしまった方が良い場合があります。そのような時、どの税理士でも同じということはなく、依頼する時にチェックした方が良いポイントがいくつかあります。一体どのような点に着目すると良いのでしょうか。

豊富な実績がある専門家

信頼できる税理士は、やはり多くの方から信頼されて相談実績を着実に積み重ねているはずです。また様々な経験を持っている税理士の方が、レアなケースに遭遇した場合にも慌てずに対応してもらえます。事前の無料相談などを活用して、その税理士の力量を事前に下調べするのも良いでしょう。

こちらの要望に柔軟な対応をする

個人情報にもなる相続税の申告手続きは、依頼するとなりますと様々な要望をしてお願いすることが増えます。しかしそのような場合でも柔軟に対応してくれる税理士はおすすめで、より良い方法を教えてくれるなど頼りになる点があることも重要です。

仕事が早い

依頼したことに素早く応じてもらえるのが理想で、できれば早く済ませてしまいたい相続税の申告手続きを、短期間で終了させることが可能です。特に仕事が早い税理士の場合は、多くの依頼を抱えていてもどんどん仕事を進めてくれますので、時間を無駄にすることがありません。

料金設定が明瞭である

税金のプロフェッショナルである税理士は、相談や案件依頼をすることでそれなりの費用が発生します。料金や価格に関する決まりが明瞭である場合は良いのですが、初めの料金を安く設定しておいて、後から追加料金を請求するやり方をする税理士事務所もあります。契約前には、どのような料金設定で行っているのかを良く確認しましょう。

難しい相続税のことも分かりやすく説明

仮に税理士に全てを任せてしまう場合には、大切な納税に関する内容であっても難しく複雑な相続税に関する説明を面倒に感じることなく、きちんと対応してくれるので税理士はおすすめです。できる限り知識がない人にも分かりやすく伝えようとする税理士の姿勢は、依頼した相続税の申告に対する手続きにも影響を与えます。

相続税の改正によって対象範囲は拡大されて税率や控除額が変更されている

いかがでしたか。相続税は平成27年に法改正が行われたことで、内容が以前よりも大きく変更されている箇所があることが理解できました。常に最新情報を入手して、相続税の申告手続きをする際に慌てないようにすることが重要です。相続が発生した場合には税理士などの専門家に任せる選択肢も持った上で、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい