贈与税の配偶者控除について!

贈与税に関する内容の中でも、配偶者控除については知っておいた方が良いことが沢山あります。今回は、詳しい内容が理解できる贈与税の配偶者控除についての紹介を行っていますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

贈与税の配偶者控除について


贈与税の配偶者控除とは、一体どんな内容なのでしょうか。自分が控除の対象であるか否かを判断する方法も記載していますので、今後に活用することをおすすめします。

贈与税の配偶者控除制度の概要

贈与税の配偶者控除は、夫婦間での居住用不動産またはそれを取得するための金銭の贈与について2,000万円まで非課税になる制度で、合計2,110万円までが非課税になります。不動産の取得は、人勢の中でも何度も経験する行動ではありません。また大きな金額が関わる買い物ですので、活用できる制度が上手に活かすのが正しい選択です。

利用するための適用要件

贈与税の配偶者控除にはチェックシートが設けられていて、国税庁HPでも詳しく紹介されています。普段はあまりアクセスする機会がない国税庁のホームページですが、この機会に詳しく調べて、自分は贈与税の配偶者控除が受けられるのか否かを確かめてみましょう。

申請の方法と添付書類


必要な書類や申請の仕方も国税庁のホームページに記載されていますので、初めての方でもスムーズに手続きができます。贈与税の配偶者控除は手続きが面倒な印象ですが、用意するものを先に調べて記入だけをする段階まで進めてしまいますと、短時間で終了します。

制度や決まりが変わりやすい税金の情報取集術

贈与税の配偶者控除を始め、税金に関する制度は変更することが多いです。そのためニュースなどでも頻繁に取り上げられていますので、少し視野を広げて最新情報を入手するようにするのがおすすめです。

贈与税の配偶者控除のメリットと注意点

贈与税の配偶者控除はメリットばかりが多いような気がしますが、合わせて注意点も設けられています。控除の対象者だけでなく、そうではない方も知っておいて損がない内容です。贈与税の配偶者控除に関するメリットと注意点を紹介します。

贈与税の配偶者控除のメリット

贈与税の配偶者控除のメリットとして挙げられるのは、相続税対策や譲渡所得税対策に最適で、できれば納める税金を少しでも抑えたいと考える多くの方を支援する賢い制度となります。

贈与税の配偶者控除のデメリット

では一方で贈与税の配偶者控除のデメリットはどのような点でしょう。同一配偶者に対して1回のみしか使用できない点が大きく、また使用目的が限定されていることや、不動産取得税や登録免許税などの登録費用が別途かかってしまう点でしょう。控除を受けて得ができるような印象ですが、費用面についても考慮して活用した方が良さそうです。

離婚した場合の扱い


万が一離婚した場合の贈与税の配偶者控除はどうなるのでしょう。離婚日の前日までの日付での利用が可能で、当然ですが戸籍上間違いなく配偶者であったことが証明される期間のみに贈与税の配偶者控除は使えます。

疑問や不安は専門家に相談

税金に関する内容は複雑で、ニュースからの情報や個人的な勉強では理解できない場合があります。少し不安に感じる場合は、税理士などに相談をしてアドバイスを受けることをおすすめします。最近は無料相談などのイベントをする税理士などの専門家も多く、気軽に利用できる機会が増えています。

節税対策に大切なこと

贈与税の配偶者控除は、節税対策の一つと考えることができますが、賢く節税に励むためにはどのようなことが大事なのでしょう。

家族にも協力を得て気持ちを一つにする

所有する財産などによっては大きな問題ともなる税金の負担は、自分だけでは解決できない問題があるかもしれません。そのような場合にも自分一人で悩みを抱えずに、まずは家族に話を聞いてもらうことが大切です。場合によっては良いアイデアを得られることもありますので、良い情報を集めるために協力してもらうなど一緒に頑張る姿勢が重要です。

あまり節税にばかり着目しない

家計の節約と同じで、あまり削ることばかりを考えて税金をおさめていますと、何のために財産を所有しているのか理解できなくなります。少し得ができる制度があればいいな…くらいの感覚で考えていた方が、より良い情報が入手できるゆとりが生まれます。

周囲の人にも教えてあげる

自分が知っている節税の方法を独り占めするのではなく、周囲にも教えてあげることで自分が知らなかったことを、改めて教えてもらえる可能性が広がります。具体的な税金額などリアルな話をする必要はありませんが、良い情報は身近な人と共有した方が良いでしょう。

贈与税の配偶者控除を賢く利用しよう

いかがでしたか。贈与税の配偶者控除は、賢く利用することで無駄を抑えて税金を支払うことができます。様々な制度を活用して生活することは、日々の暮らしを豊かにすることが可能です。是非今後に活用させてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい