配偶者控除の廃止は見送り!廃止されるとどんな問題がある?

国会で何度も論議されることが多い配偶者控除ですが、廃止案も浮上する中ではありました、結局は見送りされることになりました。しかしまた廃止案が浮上する可能性もある配偶者控除ですが、実際に廃止されることで私たちの生活がどのように変化するのでしょう。今回紹介することを参考にして、是非今後に備える対策を検討してみてはいかがでしょうか。

2017年の配偶者控除廃止は見送り


2017年の配偶者控除廃止案が見送りされましたが、どのような流れで話が進んで決定されたのでしょう。最新情報はニュース番組などで入手することしかできませんが、詳しく紹介しますので是非参考にすることをおすすめします。

2016年10月に廃止の見送りが決定

何度も廃止や改正の案が叫ばれた2017年の配偶者控除に関する案件ですが、結局は2016年10月に廃止の見送りが決まりました。年が変わるギリギリでの決定でしたが、特に大きな混乱もなく新たな気持ちで2017年を迎えた方が多いようです。このように自分の生活に関係する内容が論議されることもある国会での話し合いは、テレビで生中継されていますので、一度視聴してみるのがおすすめです。

廃止の代わりに新社会保険制度が開始


配偶者控除の廃止は見送りされましたが、その代わりに新社会保障制度が開始されました。この制度は2016年10月からスタートしていて、社会保障の壁と言われていたパート労働者などの年収基準が130万円から106万円に緩和されています。働きながら家事や子育て、介護などに関わる方は多く、最近では専業主婦の世帯よりもパートなどをする妻が増えたことで、共働き世帯の割合の方が多くなっているようです。

民間の配偶者手当は廃止傾向

国会で論議される配偶者控除の廃止は見送りされましたが、民間企業が行う配偶者控除は。徐々に廃止の傾向が強まっています。例を挙げますと、トヨタ自動車は段階的に配偶者手当を廃止していて、最終的には完全に廃止をする動きで進めています。勤め先に企業で配偶者控除が採用されていても、最終的には廃止されてしまうことがあります。今後どのような変化あるのかを訪ねる機会がある場合には、会社へ問い合わせすることもできます。

2018年度から配偶者控除が見直される

配偶者控除の廃止は既に決まりましたが、今後も見直しは継続して行われています。2018年度からは配偶者控除の改正が行われ、例えば年収要件が150万円に引き上げられます。税金面での配慮が拡充される世帯が増えることで、より安心して豊かな生活を送れる可能性が広がります。配偶者控除は、廃止されるよりも見直しを繰り返し行って、より暮らしやすい生活が実現できる内容に変化しています。しかし今後の変化にも十分注意した方が良い内容です。

最新情報を手に入れよう

配偶者控除などの税金に関する決まりは、国会でも広く取りざたされることが多い内容です。国会中継を見て勉強するのも良いですが、効率良く情報を入手する場合には、分かりやすく記載された新聞記事やテレビのニュース番組などを活用して、知りたいことを学ぶ時間を設けるのがおすすめです。またテレビ番組などでも、政治の内容を分かりやすく説明するようなものも多く放送されています。手軽に知識を増やすチャンスですので、視聴してみることをおすすめします。

配偶者控除廃止のメリット

配偶者控除は見直しや廃止などが何度も国家で論議されますが、現在のところ廃止案は見送りとなりました。しかし実際に廃止されますと、国民の生活にはどんな変化がありメリットがあるのでしょう。

共働き世帯との不公平感解消

配偶者控除が廃止されることでの大きなメリットは、基礎控除の重複問題などによる専業主婦世帯と共働き世帯との不公平感を解消できる点です。妻側も働く世帯が多くなっていますが、中には専業主婦として妻が家庭を守る世帯も健在です。しかし仮に配偶者控除が廃止されますと、両者の不公平感を解消でいますので、更に柔軟な選択ができるようになります。

控除内で働いていた人が気にせず働ける

そして配偶者控除が廃止されることで大きな変化があるのは、現在扶養内で働くパート勤務などの妻たちです。扶養の枠を気にして調整しながら働く方も多く、時給との兼ね合いいからあまり長時間働けないなどのストレスを感じている方も沢山います。しかし仮に配偶者控除が廃止された場合、細かなことを気にせず自由に働けます。

高所得者優遇問題が解消

配偶者控除が廃止されますと、高所得者優遇問題が解消されます。この問題は文字通り高所得者が優遇されていることが問題で、配偶者控除の廃止によって高所得者の優遇はなくなりますので、一般的な収入の方と変わらない税負担をすることになります。

働く人が増えて経済が潤う

更に配偶者控除の廃止は、働く人を増加させる可能性があります。例えば現在専業主婦の方や、産休や育休で休んでいてその後の働き方に迷っている方など、優秀な人材が才能を眠らせてしまうのではなく、社会に貢献する働き方ができるようになりますと、日本の経済も潤うようになるでしょう。

働く意味を改めて考えられる

配偶者控除のニュースは、国会で論議される案件の中でも特に多くの方が身近に思って関心を抱きます。廃止か改正かなどはっきりしないような状態が続くことで、余計に気になるのかもしれません。その結果、廃止になった時の働き方や改正されるとどんな変化が起こるのかなど、配偶者控除のニュースは働き方や仕事についてよく考えるきっかけになります。

配偶者控除廃止の問題点

配偶者控除の廃止にはメリットだけではなく、マイナス面となる問題点もあるようです。廃止されることで、どのような問題が引き起こされるのでしょう。

介護や育児で働けない家庭の負担増


最近は子育てだけでなく、介護を理由に働き方を変える方や転職する方、仕事をやめてしまう方がいます。このように子育てや介護によって働けない世帯の負担が増える可能性がある配偶者控除の廃止は、見送りされた大きな理由の一つかもしれません。

女性の活躍に逆行する恐れがある

配偶者控除の廃止は、社会進出が進む多くの女性に活躍に逆行する形となる可能性があり、廃止せざるを得なかったのかもしれません、様々な職業でも女性が高い地位について働く時代になりましたが、配偶者控除の廃止は、その流れに逆らってしまうのかもしれません。

配偶者控除はいつか本当に廃止される?

何度も廃止案が出没する配偶者控除ですが、いつか本当に廃止されるのでしょうか。先のことは誰にも分かりませんが、何度も見直しや改正が行われる配偶者控除は、いつの日か廃止される可能性がゼロではありません。もしもの場合に備えていつでも対応できるように、正しい情報を入手しましょう。

国会で議題化されることが多い理由

配偶者控除は頻繁に国会で論議される内容ですが、その理由は関心が高い方が多く、制度を変えることで財源の確保や世の中の動きに大きな変化を与えられる影響力があります。その結果、何度も国会で取り上げられてニュースでも紹介されます。

女性も仕事を地位して社会貢献できるチャンスが増える

問題点が指摘される配偶者控除の廃止ですが、配偶者控除の内容に振り回されずにしっかり働くようになりますと、自分の年齢や子供の年齢に関係無く、社会的地位を確立して働くことができます。いくつかの問題点がある配偶者控除の廃止ですが、今後の動きに注目しながら自分にあう仕事との関わり方を模索しておくと良いでしょう。

2018年以降の配偶者控除の改正内容

2018年は配偶者控除が見直しされることが決まりましたが、その後の改正内容もいくつか決まっています。一体どんな変化が起こるのでしょう。

年収150万円までなら控除額は同じ

一つ目の改正内容ですが、年収150万円までの場合には、控除額が同じになる点です。年収の金額に応じて計算されることが多い様々な控除額ですが、配偶者控除場合は年収150万円の場合には統一された金額で控除されるようになります。

配偶者が高所得だと控除対象外に

年臭が高い世帯への控除に変化があることが決まっています。仮に年収1,120万円以上ですと配偶者控除の金額が段階的に減少し、年収が1,220万円以上になりますと配偶者控除の対象から外されて対象外になります。生活が苦しい世帯の負担を軽くして、年収が多い世帯にはその分しっかり税金を納めてもらおうという働きかけがあるようです。

社会保険などは変更なし

2018年以降の配偶者控除では、社会保険移管する変更は今のところありません。しかし今後は、現在のまま維持されるだけでなく、変更する内容が国会で論議されるような状況が出てくる可能性もあります。今後も配偶者控除に関するニュースからは目が離せません。

自分に合う働き方とは?

配偶者控除の有無に関わらず、自分にとって良い働き方とはどんななのでしょう。これはそれぞれの抱える状況や環境なども異なりますので、年齢などだけでは判断できません。しかし多様な選択をすることが珍しくなくなった現代では、その人に合った働き方を貫くことが可能になっています。この機会に仕事や働き方について考えてみてはいかがでしょう。

今後も法律が改正されることを考えて情報収集をする

配偶者控除の問題は、今後も法律や決まりが変化する可能性が高く、注目しておくことが重要なニュースです。普段は新聞やテレビのニュースなどを見ない方でも、時には国会で論議されている内容に注目してみるなど、世の中の動きに関心を持って生活するのがおすすめです。

配偶者控除の改正に備えて対策しよう

いかがでしたか。配偶者控除の廃止や改正は、今後も国会で話題にある可能性が十分あります。どのような状況になっても慌てないために、今後に備える準備をしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい