介護業界の人手不足が深刻に!解消に向けた対策は?

少子高齢化社会である日本は、介護を必要とする人が増える一方で、介護サービスに携わる人材が不足する事態が深刻化しています。今回は介護業界の人手不足に向けて解消する対策にはどのようなものがあるのかなど、深刻になる介護での人材不足について紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

介護業界の人手不足が深刻になる原因


様々な業種で働く人の高齢化や後継者不足などが叫ばれています。しかしその中でも介護業界での人材不足は特に深刻で、介護を必要とする人が増えているにも関わらず、スタッフとして働く人材が不足する事態に陥っています。一体どのようになっているのでしょう。

残業や低賃金などの労働条件

介護業界ではハードな仕事内容でありながら、少ない人数で多くの仕事をすることになってしまい、長時間労働が当たり前のようになってしまいます。その結果ストレスなどが溜まったスタッフ同士の人間関係が悪化して職場環境が良い雰囲気ではなくなります。また正社員ではなく非正規雇用で不安定な雇われ方をするなど、安定した就業が望めずお給料も安くなってしまう傾向があるようです。

他産業に比べ有効求人倍率が低い

介護イコール大変で辛いというイメージが強く、少し興味がある人でも諦めてしまう場合や周囲に反対されてしまうことがあるようです。介護業界は他の業種に比べますと有効求人倍率が低く、必要とする人数よりも少ない応募数しか見込めない施設が数多く存在しています。せっかくお金や時間を掛けて人材募集をしても、ほとんど反応がないままになるケースも珍しくないようです。

教育への時間不足でプロが育たない


若い人は誰も介護食に関心を持たない…というわけではありません。専門学校などには数多くの介護関係の学科が存在していて、沢山の若者が未来を夢見てしっかり学んでいます。しかし学校を卒業して資格を得て働き始めても、現実に仕事として行う介護の大変さについていけず、経験を積まないままやめてしまう若者も多いようです。介護の資格を持ちながらも他の仕事をしている方は多く、プロフェッショナルを育成するためには双方の努力や根気が必要なようです。

少子高齢化による労働人口不足

現役で働く若い世代よりも、シニアや高齢者の割合が多くなっていることから、労働者そのものの人口が昔よりも大幅に減少しています。その中でも介護食を希望する方は少なく、働き始めても長続きしないまま次の施設へ転職してしまうなど、経営者や人事担当者には苦労が多いのが現状です。

人手不足解消に向けた対策

減少する一方の介護職員をそのまま見過ごしているわけではないようです。では介護の世界での人手不足の解消に向けた対策は、一体どのような取り組みが行われているのでしょう。

介護業界への就職により学費返済が免除

介護に興味があっても専門的な勉強をする学費が用意できない方もいます。しかし最近では便利な制度が設けられていて、ある一定の施設に5年間勤務することで、学費の貸付をしてもらえる介護福祉士等修学資金貸付制度があります。この制度は施設側でも確実に人材を確保できる上に、働く側も学費の心配と就業先の心配をせずに勉強に励んで働けるというメリットがあります。

中高齢者の介護職への参入促進

介護は若い人だけの仕事ではありません。最近では家族の介護をきっかけにして介護の分野に関心を抱く中高齢者が増えています。年齢を重ねていてもパワフルで元気な方は多く、そのようなシニア世代の活力を無駄にしない動きが活発になっています。例えば介護に興味があるシニアを対象に研修制度を設けるほか、ボランティアから関わって就職に繋げるなどの動きがあります。また若い人よりも数多くの人生経験を重ねていることから、精神的にも強く我慢ができる人材が多いのも中高齢者の特徴です。

事業者への支援や助成制度

介護業界に限らず、人材を雇うまでには事業者には多くの費用や時間を必要とします。そのような介護施設などに向けた支援や助成制度も設けられています。例えば労働者のキャリアアップや経費支援など、優秀な人材を確実に獲得してしっかり働いてもらえるような基盤を整えるのが目的にフォローです。

介護の仕事を探す際のポイント


介護の仕事をする場合には、給与面など待遇に関する項目にばかり注目して、就業先を決めようとしてしまうかもしれません。しかし実際に施設へ足を運んだ際の雰囲気や、働くスタッフの様子なども合わせて考慮した方が希望通りの就業先が探せます。もちろん収入も大切ですが、人間関係で苦労をしてやめてしまうケースも多いようです。求人票では分からない部分も細かくチェックしましょう。

まとめ

いかがでしたか。介護業界の人材不足は新聞やテレビ番組のニュースなどでも頻繁に取り扱いされています。しかし実際に働く方を多くするだけでは、根本的な解決にはならないようです。介護業界の仕事に関心がある方は、様々な支援制度を賢く利用して是非挑戦してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい