介護保険利用料が2018年8月より3割負担に!

介護に関する法律や制度の変化は多く、正しい情報を習得するためには、日頃から新聞やテレビ番組のニュースに注目しておく必要があります。その中でも家計を圧迫する可能性がある介護保険利用料の値上げは、誰もが注目する内容です。今回は2018年8月に3割負担になる介護保険利用料について紹介します。

介護保険が3割負担になる


介護保険の負担が3割になることを知っている方はどのくらいいるのでしょうか。1回の負担増はわずかであっても、月単位や年単位で考えますと大きな違いがあります。一体どのような決まりになっているのでしょうか。

現状は自己負担1割が原則で年収によって2割負担

増額されるまでの現在の介護保険利用料ですが、原則として自己負担が1割で年収額によっては2割負担になっています。年金暮らしの方や年収額が少ない方から大きな金額の介護保険利用料を徴収するようなことにはなっていません。

現役世代並みの所得がある人が対象者

介護保険の利用料負担が3割になるのは全ての方ではなく、シニア層でも現役世代並みにしっかりとした金額の所得を得ている方が該当します。現行と同じく、年金暮らしで生活費を工面するのが難しいような方は、介護保険利用料が3割になることはありません。納める能力がある方からの聴衆が原則です。

変更開始の時期は2018年8月


介護保険利用料の変更開始は2018年8月からになります。年収が多い方は急な増額に驚くようなことがないように、事前に日程を良く把握しておくことが大切です。また何も通達がない状態で負担が増えるようなことはなく、介護保険利用料の負担が増えるお知らせが手紙などで自宅などに郵送されるはずです。しっかりチェックしておくと安心でしょう。

負担が増えることで手続きをすることはある?

介護保険料の負担額がかわることで、改めて手続きをやり直すような事務作業は特にありません。しかし金額が変更される少し前には文書が自宅などに届いて、金額が変わる胸を知らせる内容が通達されるでしょう。

3割負担へ変更による経済への影響

では実際に介護保険利用料が3割負担になることで、日本国内の経済にはどのような影響があるのでしょう。

介護保険料を支払っている人の負担額の変化

一番大きな変化があるのは、介護保険料を納める人です。1回の負担額はそれほどの増額でなくても、毎月支払う保険料の違いが積み重なって年間での支出は大きく変わる可能性があります。生活状況がそれぞれに異なることから、それほど苦痛に感じない方がいる一方で生活に大きな影響が出る方もいます。

介護保険にかかる国費の削減

介護保険に掛かる国費は、高齢化社会の加速によって大きな割合を占めています。しかし国民からの介護保険料の負担を増やすことで、国費を削減できることに繋がります。国の借金が莫大な金額になっている日本では、少しでも削れるところは削減して貴重な国費を上手く利用する工夫が必要です。

介護保険料の負担が増えても受けられるサービスは同じ?

負担が増えた分だけ今まで以上にサービスの幅が広がる訳ではない介護保険は、決められや金額をしっかり納めておきませんと、実際に利用したい時に適切なサービスが提供されなくなります。増額は仕方がない…と受け止めて自らの老後に備えるのがおすすめです。

高額介護サービス費制度をうまく活用しよう

介護サービスを受ける方の中には、賢く便利な制度を有効利用する方がいる一方で、情報収集不足によって受けられる便利なサービスを利用しないまま損をしている方もいます。ここでは高額介護サービス費制度について紹介します。

高額介護サービス費制度とは?

介護保険を利用して支払った自己負担額1割または2割の合計が一定金額を超えた場合、超えた分のお金が戻ってくるという制度です。同月に一定の金額を超えた時には、申請によって支給される便利さがあります。この制度は健康保険の高額医療費と同じで、介護サービス利用者の費用負担を軽減する制度でありながら、あまり知られていないのが現状です。介護費が高くて生活が苦しい方や介護費用のために借金をしている方、自己負担額が増えて困っている場合には、高額介護サービス費制度の利用を検討すると良いでしょう。

申請時に重要な領収書の保管


介護のサービスを受けた時にもらう領収書などは、どんどん増えてしまうことですぐに捨ててしまう方も多いです。しかし高額介護サービス費制度を始め、様々な申請時に提出が求められる可能性がありますので、少しの間は自宅で保管しておくと役立ちます。

上限額を超えるたびに手続きする?

一度市区町村の役場で手続きを済ませますと、自動的に超えた金額分が計算される高額介護サービス費制度は、何度も手続きをする手間がないので安心です。初めての手続きをきちんと行っておきますと、一定金額を超えた分がきちんと生産される仕組みになっています。

まとめ

いかがでしたか。介護保険利用料の負担増は、家計に大きな打撃を与える可能性が高い精度の変更であることが良く分かりました。自分自身が該当しない場合でも、知っておいて損がない内容ですので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい