株式の相続方法と現金化する方法

遺産相続の内容として多いのは、現金や不動産物件などですが、最近では気軽に個人投資ができるようになっていることもあり、株式の相続が問題になるケースがあります。現金のようで現金ではない株式は、どのように遺産分割すると良いのでしょう。今回は株式の相続の仕方と現金化を進める方法を紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

株式の相続方法


株式の相続をする際には、上場株式と非上場株式に加えて、譲渡制限付き株式があり、それぞれで手続き方法が違います。一体どのような流れで進むのでしょう。

上場株式の相続方法

■まずは被相続人が口座を開設している証券会社に問い合わせ
この時に被相続人が所有していた株券の一覧と相続手続き依頼書を発行します。
■証券口座を新たに開設する
新たな開設は証券口座を所有していない相続人が株券を相続する場合に行います。
■新たな口座へ名義書換をした株式を移す
これで被相続人の株式が相続人の証券口座に移されます。

非上場株式の相続方法

非上場株式会社の株券を相続する場合にはどうしたら良いのでしょう。非上場株式会社の株券を相続する場合は、非上場株式発行の会社へ直接足を運んで手続きを行います。

譲渡制限付株式の相続方法

譲渡制限付き株式を相続する場合には、どのような行動をするのでしょう。株式そのものを相続することはできない譲渡制限付き株式は、売渡金を取得することで解決します。単純に株券と言っても様々な種類が存在していますので、それぞれの方法を間違えずに行いましょう。

相続した株式を現金化する手順は?


相続した株式はそのままの形で持っているしかないのでしょうか。一人で相続する場合には、そのような方法を選ぶケースもありますが、相続人が複数いる場合には、現金化して分割することが多いようです。

上場株式の場合

では上場株式の場合にはどのように現金化するのでしょう。まず証券会社に電話やインターネットで株式売却の旨を指示します。株の取引に慣れている場合には良いですが。被相続人しか投資に関係していない場合には、分からないことばかりで不安になります。そのような時には直接店舗へ足を運んで手続きをすることも可能です。

非上場株式の場合

もう一方の非上場株式を現金化するには、一体どうするのでしょう。上場株式とは違い、株券発行会社に電話やインターネットで株式売却の旨を指示して手続きを行います。相続の際と同じく、証券会社は関係なく株券発行の会社へ足を運びますので注意しましょう。

遺産相続をスムーズに進めるポイント

株式の相続に限らず、最近では遺産の金額に関係無く家族や親族とトラブルになるケースがあるようです。そのような状況を回避するためには、どのようなことに注意すると良いのでしょう。

遺言やエンディングノートの活用

相続する遺産がある場合には、遺言は欠かせない存在です。しかし遺言を作成しても保管を知っているのが故人だけでは、いざという時に役立ちません。そのような時に便利なのがエンディングノートです。遺言の保管に関することや、葬儀や納骨の話まで細かく記載できる終活アイテムとなります。名前を聞いたことがあっても、作成している方はまだ少ないようです。正式な商品を購入しなくても普通のノートでつくれるエンディングノートは、一度時間を掛けて作成しておきますと、後がものすごく楽になります。

早い段階から終活をする

特に株式など現金化できる遺産があるような立場の際には、いざという時に慌ててパニックにならないようにするためには、老いる前の早い時期から老後や自分が亡くなった時のことを、ある程度考えておくのがおすすめです。最近は若い方にも関心がもたれている終活は、事前にある程度の準備を整えておきますとスムーズになります。

話し合いは家族や親族が全員揃って行う

遺産分割の際だけでなく、遺言やエンディングノートの段階から、家族や親族にも一緒に話を聞いてもらっておいた方が良いでしょう。特に遺産の話し合いでは、その場にいなかったばかりに後になって文句を言ってもどうにもなりません。

言いたいことはその場で発言

多くの人が集まりますと、それほど言いたいことを言えないかもしれません。特に遺産や相続に関する話は、あまり口出ししない方が良いと考える傾向が強いようです。しかしお金が絡む大きな問題である遺産相続は、我慢していたことで不満が爆発して家族や親族との関係が悪化するケースがあります。その場で言って早く解決してしまったほうが、精神的な負担がなくなります。

決まった遺産分割に文句を言わない

その場にいた場合は勿論ですが、話し合いに参加できなかった場合であっても、決まった遺産分割に文句を言うことで話しが面倒な方向に発展するケースが多々あります。既に決まったことには文句を言わず、自分の取り分に多少の不満が合っても、分割してもらえただけでも良いと考えましょう。

株式を現金化した後の取り扱い方法

株式を現金化することで、場合によっては多額の現金を手に入れる可能性があります。金銭感覚が麻痺してしまうことがないように、どのような工夫をすると良いのでしょう。

自宅に現金のまま保管

現金化した金額をそのまま自宅に保管する方がいます。金額がそれほど大きくない場合にはあまり心配ではありませんが、多額の場合には注意しないと防犯上も危険です。タンス貯金などと呼ばれて、利子が増えない預貯金よりも自宅に保管する方が多くなっています。頑丈な金庫を買って対策をするなど、ある程度の防犯知識を習得した方が良いでしょう。

郵便局や銀行などに預ける

現金を預ける場所として真っ先に思い浮かぶのは、郵便局や銀行のほかに信用金庫などへ預ける方法です。最近は郵便局や銀行などが営業していない時間でも、コンビニエンスストアのATMで引き出しできる可能性が高まっています。気軽に預けてもすぐに必要な時に引き出せることから、無駄遣い防止にも一役買っています。

新たに株式投資を始める

手元に現金のまま残しておいても仕方がないと考える方も多く、新たな投資をする方もいます。もちろん違う銘柄の株式を買うなどの使い方のほか、外貨預金など様々な方法で元の金額よりも多くしようと試行錯誤する方もいるようです。

すべて使ってしまう

中途半端に残しておいても仕方がない…と考える方もいます。確かに遺産で受け取った現金などは、元々故人である被相続人が所有していたものです。本来なら自分の手元にある物ではないという考えを元にしますと、使ってしまうという方法も十分納得できます。旅行など形が残らない使い方のほか、故人からもらったお金で買った記念品として、形が残るような宝石などを形見のような感覚で購入する方もいます。

譲り受けたものでも大切にする気持ちが大事


譲り受けた遺産相続だからといって、散財して良いかというとそうではありません。故人が生前一生懸命働いて成功したお金で買い求めたものや、故人より先の代から受け継いでいる大切なものである場合もあります。受け取った物がどんなものであっても、感謝の気持ちを忘れずに大切に使うのが常識です。

まとめ

いかがでしたか。株式の相続をするケースは多くなっていて、退職金などの資産運用の一環として個人投資家が増えたことが大きく関係しているようです。自分自身も投資をする場合にはよくわかる株式ですが、普段の生活にあまり関わりがないことから、遺産相続時の取扱いに困ることが多いようです。是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい