家督相続が行われるケースとは?

遺産や相続の問題はいつの時代も同じで、家督相続という遺産の相続方法が昔は存在していました。しかし現在でも適用になるケースがある家督相続のことは、しっかり把握しておいた方が良いでしょう。今回は、家督相続とはどのようなことを指すのか詳しく紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

家督相続とは?


家督相続とは、明治31年7月16日から昭和22年5月2日までの間に施行されていた旧民法のことで、被相続人である戸主が亡くなった時は長男のみで全ての遺産を相続するというものです。

家督相続をすることのメリット

現在はほとんど行われない家督相続ですが、長男のみが全ての遺産を相続するということで、手続き上の簡略化や遺産を分割する手間が省けますので、ある意味では遺産相続で争うことがないはずです。また長男側もある程度の年齢から家を継ぐ覚悟ができるという良さがあります。しかし現代にはあまり相応しくない考え方や制度であり、廃止された理由や背景が分かるような気がします。

家督相続をすることのデメリット

長男が全ての遺産を受け継ぐということで、兄弟や姉妹たちからの反発は大きいはずです。もちろん旧民法での決まりですので仕方がありませんが、当時は現代よりも家族人数が多かったこともあり、分割されない兄弟や姉妹で結託してしまうような現代とは異なる形での遺産問題が当時も多かったようです。どちらにしても生まれた順番だけで判断されるのは、不公平に感じて当然でしょう。

遺産が多いほど問題になる?少ない方?


現在の長男以上に特別な待遇や後継ぎとしての期待を背負って生活していた当時の長男は、遺産を全て相続できることもあり、苦労が多いながらも我慢ができる環境であったのではないでしょうか。現在では後継ぎという言葉自体も古臭くなっているようですが、遺産で言い争いやケンカになるのは、家督相続が行われていた時代と大きく変わってはいないようです。遺産を遺すことで問題化するのは今も昔も変わりません。しかし遺された金額が多すぎてケンカになるような印象がありますが、あるデータでは遺産が少ない家族の方が言い争いになっているようです。

家督相続の特徴

家督相続の特徴はどのような点にあるのでしょう。

兄弟が何人いても長男が全ての遺産を相続

現在ではあまり考えられない方法ですが、兄弟や姉妹の人数に関わらず、遺産を相続できるのは長男のみであるという考えが家督相続です。またこの家督相続を放棄することもできず、現在の遺産相続とは異なる点が多いようです。

家督相続は廃止されているが、相続登記については家督相続が適用になることがある

家督相続の登記とは、旧民法に規定されていた家督相続によって登記を行うことをいいます。明治31年7月16日から昭和22年5月2日までの間に起こった相続についての登記は、家督相続を登記原因として行われます。家督相続の登記原因の日付は、家督相続が行われた日となり、必ずしも被相続人の死亡によって発生するものではありません。隠居や入夫婚姻、国籍喪失といった理由で発生することもありました。つまり家督相続の原因日付は、被相続人の死亡日と一致するとも限りません。また、昭和22年5月3日から昭和22年12月31日までの期間は、旧民法から現在の民法への移行期間です。この期間の死亡についての相続登記も、移行期間である為に旧民法によって相続権が発生します。つまり戸主のみが家督相続人となります。しかし昭和22年5月3日から昭和22年12月31日の死亡についての相続登記の登記原因は、現在の民法と同じ相続となります。従って、相続権は旧民法となるので、他の兄弟姉妹に相続権はありません。しかしながら登記原因につては、現在の民法と同じで原因日付は死亡日となります。大変内容が複雑になっていますので注意が必要です。

家督相続の相続順位

家督相続の相続順位について紹介します。

第1順位

第1順位は法定家督相続人または推定家督相続人となり、被相続人の直系卑属です。複数いる場合は、被相続人と親等が近い者となります。男子や年長、嫡出子が優先で、女子の嫡出子がいる場合であっても、認知された男子の非嫡出子がいる場合は、男子の非嫡出子の方が優先になります。

第2順位

第2順位は指定家督相続人となり、被相続人が生前または遺言によって指定した者となります。

第3順位

第3順位は第1種選定相続人となり、法定または指定家督相続人がいない状態で、被相続人の父母や親族会が同籍の家族の中から選定した者となります。

第4順位

第4順位は法定または推定家督相続人となり、被相続人の直系尊属である父母や祖父母、曾祖父母等が該当します。

第5順位

第5順位は第2種選定家督相続人となり、被相続人の親族会が親族や分家の戸主、本家や分家の家族もしくは他人の中から選定します。

長男が家督相続を主張している場合

現在では家督相続という言葉自体を耳にする機会や目に止める機会もあまりなくなりましたが、今でも長男が家督相続を主張して困るという事例は多くあるようです。どのように解決するのが望ましいのでしょう。

民法で定められている相続分を確かめる

長男が家督相続を口にして主張してきた場合、話も聞かずに突き放すようなことをしますと、かえって問題が大きくなります。まずは民法で定められている相続分を確かめるのがおすすめです。自力での解決が難しい場合には、弁護士に相談をして早期に解決するのも一つの方法となります。

遺産分割調停で決着させる

本来ですとお金のことで家族や親族と喧嘩になるのはだれも望んではいませんが、場合によっては遺産分割調停で白黒はっきりさせてしまう方が後になってもこじれるようなことがなく、良いのかもしれません。そのためには様々な書類作成や取り寄せするものなどがあるかもしれませんが、無理に長引かせるよりも早めに話を済ませてしまうのが良いでしょう。

家督相続をする際の必要書類

家督相続の登記を行う際には、相続を証明する必要書類は戸籍のみで足ります。現在の相続登記を行う際には、戸籍の他にも複数の書類を用意する必要があるだけでなく、複数の相続人のうち1人だけが財産を取得する場合には、遺産分割協議書が必ず必要です。しかし家督相続の登記の場合には、戸籍を見れば誰が誰に家督相続をしたのか記載されている為、他の書類が必要ありません。戸主が誰に家督を継がせるかを決めることができたことから、家督を継がせると必ず戸籍にその旨を記載されていました。つまりかつての家督相続の登記を証明する必要書類は戸籍のみで足りていたということが分かります。

家督相続に関する相談は弁護士?


相続や遺産の相談先を考えた場合に、まず思いつくのは法律の専門家である弁護士ですが、弁護士以外に解決できる専門家はいないのでしょうか。

行政書士や司法書士でも良い

弁護士への相談費用が心配な方や良い事務所が近くにない場合には、行政書士や司法書士へ相談することもできます。弁護士程の知名度がない職種ですが、遺産や相続に関する相談に対応できる豊富な知識を持つスペシャリストです。弁護士事務所ではなく行政書士や司法書士の事務所が近くにある場合には、相談先として検討すると良いでしょう。

相談先を決めるポイント

士業と呼ばれる弁護士などの専門家は、遺産や相続の問題だけでなく様々な困りごとに対応しています。相談先として利用するのはどの事務所でも違いがない…と考えず、何を得意としている事務所であるかを調べてから申し込みしましょう。

家督相続をきっかけに家族や存続とトラブルにならない工夫

現在は廃止されている法律である家督相続ですが、場合によっては家督相続に関わる可能性があるのが現代の遺産相続です。お金や不動産が関わることから時には大きな問題に発展しかねません。事前に注意するべき点はどのようなことなのでしょう。

意見が違う一人を責めない

大勢で話し合う場を設ける可能性がある遺産や相続の相談時には、どうしてもそれぞれが感情的になってしまう傾向にあります。特に自分と意見が違う人がいる場合や一人で反対意見を述べる人物に対しての攻撃が強くなることが多いようです。しかし、そのような話し合いは先に進まず、かえって関係をおかしく・難しくしてしまいます。言いたいことを言うのは大切ですが、感情をあまり表に出し過ぎるのも関係を築いていく上では危険ですので気を付けましょう。

言いたいことは我慢しない

個人の性格にもよりますが、大勢の前では意見が言いにくいことや争いになることを避けるために、自分の意見を押し殺してしまう方がいます。しかし、そのように我慢をすることが結局後になって不満となってしまうケースが多いようです。特に家督相続のように内容が複雑な場合には、その場で意見を言って解決させてしまった方が楽でしょう。

専門家の力も借りよう

当事者同時の話し合いが良くないケースもありますので、専門家である第三者に立ち会ってもらうことも一つの手段です。それでスムーズにいくケースもありますが、そのことが逆効果になるケースもあります。しかし大人になってから家族や親戚と顔を合わせて真剣に話をする機会はあまりないはずです。家督相続でのトラブルをマイナスと考えず、ゆっくり解決するのも良いのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか。初めて聞いた方も多いと思われる家督相続ですが、内容が複雑な上に現代にはあまり適していない法律であることが良く分かりました。時代と共に法律や制度は大きく変わりますが、遺産や相続の話で家族や親族がケンカになってしまうのは、今も昔もあまり変化がないようです。廃止された制度である家督相続ですが、現代でも該当するケースがありますので、関心がある方は是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい