無縁墓とは?無縁墓の対処について

無縁墓や無縁墓地などという言葉を耳にする機会が多くなっていますが、最近では先祖やお墓に対する考え方の多様化もあり、無縁墓となるお墓が多いようです。今回は無縁墓の対処法を始め、事前に防ぐための手段などを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

無縁墓とは?


無縁墓とは継承者や縁故者がいないお墓のことを指していて、先祖が眠るお墓にも関わらず、その後管理する人がいない状態をいいます。

無縁墓は増えている?

無縁墓は最近増えている現象で、昔では考えられなかったようなお墓が放置されるという事態が、一般的に起きてしまっているようです。全国各地の多くのお墓でそのような状況になっていますが、特に地方では無縁墓が多くなっています。

早めの終活で防げる無縁墓

無縁墓になってしまうということは、生前から墓や自分の納骨についてあまり考えずにいた可能性が高いでしょう。現在では終活という言葉が良く聞かれるように、老いる前から自分の老後や亡くなってからのことを考える時間を設けられます。以前は縁起が悪いと心配して、お墓や葬儀の話を公にするのは不謹慎であるという考えでしたが、現在は老いる前から様々なことを考えておいた方が安心あると言われています。

葬儀やお墓のことを考えるのは悪い話ではない

いざという時に慌てないためにも、家族や周りの人に自分がどのような葬儀を希望してお墓をどうして欲しいかを伝えておくことは大切です。言葉で言っておくこともできますが、エンディングノートを作成しておきますと、万が一の際に家族や周囲の人もスムーズに動けます。

家族や親族とよく話し合う

生前のコミュニケーション不足も無縁墓を増やす要因とされていますので、お墓や葬儀の話だけでなく、普段から交流をしておくことがもしもの時に愛想を尽かされてちゃんと供養をしてもらえないのでは…という心配をなくします。

無縁墓になる可能性のあるお墓

では無縁墓になる可能性が高いお墓はどのようなケースなのでしょうか。自分自身のお墓が該当している場合には、何か対策をした方が良いのかもしれません。

管理費を滞納しているお墓

管理費はお墓を管理してもらう関係上、必ず納めるべき費用です。しかし単純に手続きミスや口座引き落としにする作業を忘れている場合など、故意に支払いをしなかったわけではないのであれば大きな問題ではありません。しかし一方で、お墓に対する思いがなく管理費を支払う気持ちがない場合があり、先代からの引継ぎが上手く行われていない場合に多いケースです。何か月どころの滞納ではなく、何年も支払われていないお墓が年々増えているようです。

継承者に連絡がつかないお墓

継承者が引越ししてしまう例は多くありますが、多くは住所変更の手続きを済ませるのが通常です。しかしこれをきっかけにして連絡を取れないようにしようとすることで、故意に住所変更に手続きをしない方もいます。

無縁墓は事前対策で防げる

無縁墓はちょっとした段取り不足や交流不足によって起きてしまう行為ですが、少しの工夫で改善できる可能性も十分あるのが特徴です。無縁墓が増えることは多くの墓地スタッフの仕事を増やすことにもなり、しっかり管理費を納めていない方が多くなりますと、働く人の削減や他の方が納める管理費が値上げされるなどの影響が出てきます。

自分だけでなく先祖のことも考える

無縁墓には多くの先祖が眠ったままの状態であることを理解した方が良いでしょう。自分のことを考えるのは勿論大切ですが、先祖のことを意識するだけで、今何を行うべきなのか理解できるはずです。

無縁墓になった場合の対処

仮に無縁墓に合った時にはどのように対処されるのでしょう。

立て札を立てたりして継承者探す

まず行われるのは継承者探しです。霊園や墓地によって異なりますが、1年から3年の間立て札が立てられて、後継者を知っている人がいる場合には連絡先を教えてもらうなどの対応をします。

いずれは撤去

しかし立て札の効果ですぐに継承者が見つかる例もありますが、残念ながら見つからないケースも沢山あります。そのような場合には墓地を撤去することになります。現在は無縁墓から取り出したお骨の管理に苦労するお墓が増えていて、無縁墓同様に大きな社会問題に発展しています。

撤去されてから継承者が見つかった場合は?

あまりある例ではありませんが、継承者が何年も見つからないのでお墓を撤去してしまった結果、その後継承者と連絡が取れるケースがまれにあるようです。しかし長年放置していたのは継承者側ですので文句を言うことはできません。しかし多くはお骨の管理は行われていて、お墓自体は撤去されても先祖の骨壺があるので大きなトラブルにはなりません。しかも管理費を支払っていないので、その時点から遡って納めていない分を支払う必要があります。

大切なお墓を最後まで大切にする

お墓は決して安いものではありません。先祖が苦労をして買い求めたお墓をそのまま放置して許される道理はありません。最近は先祖やお墓への思いが希薄になっていますが、そのお墓に自分が入る予定がない場合であっても、最後までしっかり管理するのが受け継いでいるものの務めです。お墓の扱いに困っている場合には、墓地の管理事務所へ相談するなどしますと、現在の様々なサービスを紹介してもらえるはずです。

お墓は移動できる?

お墓の移動という発想をしたことがある方はいるでしょうか。最近では無縁墓を回避する一つの方法として改葬が見直されています。埋めた骨壺をもう一度取り出すなど、手間が掛かる作業ですが、遠方までお墓参りに行くことが難しいなどの理由で、お墓を移転させる方が増えています。

なぜ無縁墓が発生する?

昔では考えることができなかった無縁墓ですが、なぜこのようなことが起きてしまうのでしょうか。

少子高齢化

様々な分野で言われる少子高齢化ですが、お墓に関わることでも少子高齢化は大きな問題です。昔ですと兄弟や姉妹が多く、多くは地元に残って生活していることから、協力し合ってお墓を管理して守ることができました。しかし現在では一人っ子であることも珍しくなく、全てを自分一人で背負うことに大きな負担を感じる方も増えています。

過疎化

無縁墓には過疎化も大きく関係します。特に田舎や地方にする若者は、高校生まで地元で過していても、就職や進学をきっかけに地元を離れて生活するようになります。全ての若者が該当するわけではありませんが、過疎化が進む地域は多くなる一方です。そのまま都会での生活に慣れてしまいますと、地元に戻る気持ちもなくなりますので地域は高齢者ばかりになり、ますます過疎化が進みます。

お墓に入るだけが納骨の手段ではない


以前はお墓以外の場所に納骨をするということは考えられませんでした。しかし最近では手元供養などといったお墓以外の場所でも遺骨を保管できる柔軟性があります。お墓にこだわってしまうばかりに管理に苦しめられている場合は、新たな方法を取り入れることも視野に入れると良いでしょう。

事前の下調べが大事

無縁墓にしてしまう方の中には、無縁墓という言葉そのものを知らないケースがあります。お墓に関わる情報や自分が亡くなってからの身の回りについてのことは、事前にしっかりリサーチをしてから決断をした方が、思い通りの結果へと導けるはずです。

無縁墓を生まないための対処法

無縁墓は事前の対策次第では回避することや数を減らすことができるでしょう。一体どのようなことに注意すると良いのでしょう。

親族で報告・連絡・相談を

継承者そのものだけでなく親族との関係も大きく関わります。常日頃から密な交流をすることはありませんが、いざという時にはしっかり連絡が取り合えるようにしておくと良いでしょう。お互いに連絡を取り合って報告や相談をしあうだけでも無縁仏を回避する行動に繋がります。

継承者不要の永代供養を検討

早い段階から現在のお墓を手放すことを検討する方もいます。特に子供がいない夫婦などは継承者がいなくても安心して過ごせる永代供養を考える方が多くなっています。永代供養が合同の墓地と聞きますと、大勢の方と一緒に遺骨を混ぜられてしまうイメージがありますが、現在はお墓のようなスタイルの永代供養も多くなっていておすすめです。

樹木葬や散骨という手段も


納骨の仕方にも柔軟性が増している現代では、樹木葬ということを検討する方もいます。樹木葬とは自分が好きな樹木を植えてある木のところに納骨をする方法で、自然が好きな方や植物が好きな方が選ぶ場合があります。また山や海での散骨も多くなっていて、それぞれの要望に合わせた方法で遺骨を管理することで、無縁墓を減らすことができます。

自分の死後のことを早めに考える

縁起が悪いイメージを持つ方が多い死についての考えですが、早めに対策をしておいてよかったという成功例が多いのも事実です。特に健康に害があるわけでないと、あまり死について真剣に考えることはないかもしれません。1日で全ての項目を整理する必要はありませんが、少しずつでも自分の身の回りについてよく考えみますと、お墓の必要性や豪華な葬儀の必要性が見えてきます。自分が望む方法を伝えておくと、遺された家族の負担も無くなります。

まとめ

いかがでしたか。無縁墓という言葉は寂しい印象がありますが、しかし高齢化や過疎化が要因となることを考えますと、現代を象徴するものの一つであるのでしょう。最近はお葬式やお墓への考えが多様化していますので、それぞれの方法で自分自身をプロデュースする必要があります。無縁墓について今まで深く考えたことがなかった方や言葉を知らなかった方は、自分はどのような形で最期を迎えるのか、是非この機会によく考えてみてはいかがでしょうか。そうして早めに考えておくことによって、自分の入ったお墓が無縁墓になるのを防ぐことができるでしょう。

あわせて読みたい