非嫡出子とは?非嫡出子の相続におけるデメリット

非嫡出子という言葉を聞いたことがあるでしょうか。相続をする際に大きく関わることがある非嫡出子との関係は、早い段階からはっきりさせておく必要があります。今回は非嫡出子についての詳しい説明と、非嫡出子が相続にどのように関わってマイナス面が生じるのかを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

非嫡出子とは?


非嫡出子とは、法律上の婚姻関係がない男女の間に生まれた子どものことを指します。一方で嫡出子とは、法律上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことを指します。民法の改正によって非摘出子の扱いなども変わることがありますので、常に最新の情報を入手することが大切です。

摘出推定とは

子供の母親が誰かは分娩の事実から明らかになりますが、父親が誰かは必ずしも明らかではありません。DNA鑑定などの父子鑑定によって科学的に明らかにすることはできますが、生まれた子供についていちいち鑑定をするのも大変手間なことです。そこで民法では妻が婚姻中に妊娠した子は夫の子であると推定する規定を設けています。さらに、妻が婚姻中に妊娠したということを証明することも難しいため、婚姻成立の日から200日後もしくは離婚など婚姻の解消の日から300日以内に生まれた子は婚姻中に妊娠したものと推定しています。このように子供の生まれた時期から嫡出子であることが推定される場合があり、これを嫡出推定と呼んでいます。しかしあくまで推定であり確定ではありませんので、そうではないという証拠があればこの推定を覆すことは可能です。

摘出推定以外のケース

民法の規定からしますと、婚姻成立の日から200日以内に生まれた子については嫡出推定が及ばないことになります。しかし戸籍実務では婚姻届出後に出生した子はすべて嫡出子として出生届を受け付ける扱いがされていますので、結局婚姻中に出生した子はすべて嫡出子として扱われています。この婚姻成立の日から200日以内に生まれた子のことを、推定されない嫡出子ということがあります。嫡出推定に関する民法の規定は、日数のみで形式的に判断することになっています。しかし子供が生まれたのが嫡出推定を受ける期間内であっても、妻が夫によって妊娠することが不可能な事実があるときにまで推定を認めるのは不都合です。そのため夫が行方不明の場合や夫が海外滞在中だった場合、在監中だった場合や事実上離婚状態にあり、夫婦関係が断絶していた場合には、摘出推定に及ばないとされます。しかしこれらの事情がある場合でも、出生届を提出すると嫡出子として扱われます。

非嫡出子の相続におけるデメリット

非摘出子がいる場合、相続の際にはどのような影響があるのでしょう。特別な家庭にしか起こらないことと思っている方も多いですが、最近では非嫡出子の存在が明らかになったことで相続が更に複雑になるケースも増えています。一体どのようなデメリットがあるのか紹介します。

父親の認知を得ないと父親の相続人になれない

例えば男性が結婚後に配偶者以外の女性との間で子どもが生まれた場合には、夫婦間だけでの問題ではなくなり、即族にも多大な影響を与えます。しかし不倫や浮気でできてしまった子どもでも父親が認知をすれば非嫡出子として相続人となることができます。そのために、いざ相続する際に相続人全員で話し合いをする遺産分割協議を行うのが難しくなり、トラブルにつながる可能性が高まります。

認知されても法定相続分は嫡出子の半分

しかし仮に非嫡出子として認知された場合であっても、相続できる法定相続分は嫡出子の半分になります。同じ父親の子供であっても、母親が本妻であるか否かの違いで相続される金額にも差が生じます。

マイナスなイメージが強い

非嫡出子は婚外子などとも呼ばれ、同じ子供であってもマイナスでネガティブなイメージが強くなります。戸籍上での扱いなので日常ではあまり窮屈を感じないかもしれませんが、大きくなって戸籍謄本などを自分で取り寄せてみることが合った場合には、自分の存在を否定されるような気持になるかもしれません。そうならないためにも、周囲が過剰にならない程度に気を配って対応することが求められます。

認知とは?


認知とは父親が子を自分の実子と認める意思表示のことを指します。仮に不倫や浮気などで配偶者以外の女性との間に子供が生まれた場合、その女性と再婚することができなくても子供を認知することで、男性側の責任を果たすという役割にもなります。この認知をしてもらえることで、どのような効果があるのでしょうか。

認知をした際の効果

認知をした場合には相続権や親権の確保、父親の名前を戸籍へ記載できることや相互扶養関係が成立します。この認知は妊娠した段階から手続きを進めることが可能で、生まれてからでもできますが子供が成人に達してからでもできる手続きです。

認知された非嫡出子を相続の話し合いに参加させないとどうなる?

場合によっては遺産相続をきっかけに認知された非嫡出子の存在を知る可能性があります。そのような関係性であっても、親族が集まる遺産分割の話し合いには、認知された非嫡出子を参加させなければいけません。なぜなら遺産分割協議をする場合には、相続人となる人物全員が参加して話し合いませんと、再度やり直しすることになりますので、初対面に近い関係性であっても必ず参加を呼び掛けるのが決まりとなっています。

認知する方法は?

認知をする方法には、任意認知と裁判認知、遺言認知の3パターンがあります。同じ認知でもそれぞれに違いがありますので、詳しい内容を紹介します。

任意認知

任意認知とは父親が自発的に行う認知のことで、親子関係を創設するために理想的な形となります。しかしどんなに父親が認知したと認めていても、法律上の手続きを行わないと親子関係が成立しませんので気を付けましょう。

裁判認知


強制認知とも呼ばれる裁判認知は、任意認知を拒むことで裁判認知に発展させて何としてでも認知してもらうことができる方法です。場合によっては双方の言い分が異なってトラブルに繋がるかもしれませんが、男性側もDNA鑑定を拒否するような不審な動きをすることなく、女性側も真実を述べる話をすることで良い方向に進むはずです。

遺言認知

文字通り遺言で認知をする方法です。遺言は、遺言者の死亡の時から効力を生じますので、遺言で認知した子は、夫の死亡と同時に夫の非嫡出子になります。遺言認知によって非嫡出子は認知され、遺産分割の話し合いにも当然参加できます。

認知届に必要なものは?


認知をすると宣言するだけでは、法律上は認知したことにはなりません。認知をする際にはどのような手続きが必要なのでしょう。

スムーズに認知の手続きを進めよう

認知の手続きをする場合、認知届と認知する人となる届出人の印鑑、本人確認書類と認知する父親と認知される子の戸籍謄本、認知承諾書が必要です。場合によっては届出人の身分証明書などが求められる場合があります。書類に不備がありますと二度手間になりますので、事前に確認するのがおすすめです。

認知届はどこで入手できる?

認知届の用紙は各市区町村役場でもらうことができます。手続き前に記載を済ませておきたい場合には、事前に役場でもらっておくことができますが、遠方で足を運べない場合などには、事情を話しして取り寄せることができるかもしれませんので、相談してみることをおすすめします。

どこへ提出する?

市区町村役場へ提出しますが、父親の本籍地や住んでいる地域の役場のほかに、子供の本籍地での提出も可能です。また胎児の段階で認知の届け出をする場合には、母親の本籍地となる市区町村役場へ提出します。

認知を撤回することもできる?

一度受け入れた認知を撤回するということは、至難の業と言う印象がありますが、そのようなことが可能なのでしょうか。認められるケースにはどんな事情があるのでしょう。

真実ではない認知は撤回できます

認知をしたにも関わらず撤回をしたいと思うということは、よほどの事情が考えられます。例えば脅迫的な形で認知を迫られてしまった場合や、違う男性との子供にも関わらず自分が父親であると女性から嘘をつかれた場合など、実際には認知する必要がないような状況の場合には、認知を撤回できます。

認知は当人だけの問題ではありません

認知をするか否かという問題は、当人同士だけの問題ではない程に深刻な話になる可能性があります。もちろんそれ以前に配偶者以外の女性との間に子供が誕生した時点で当人同士だけの問題では亡くなっていて、男性の配偶者や子供は勿論ですが、双方の親にも影響がある大切な問題となります。そして非嫡出子となる認知されるか否かの子供自身にとっても、認知は人生を左右する大きな意味があります。

どうしても解決できない時には専門家へ相談


当事者や関係者同士だけでは話がまとまらない場合がある非嫡出子や認知の問題は、相続の話と合わせて弁護士に相談することも検討するのがおすすめです。専門家ならではの視点からアドバイスをしてもらえますので、自分達だけでは進まなかった話し合いがスムーズに進行するでしょう。遺産や相続を得意とする弁護士を探して、困っていることや悩んでいることを聞いてもらってみてはいかがでしょうか。

まとめ

いかがでしたか。非嫡出子と言う聞き慣れない言葉であっても、内容を理解することでどんな状況に該当する話であるかが分かります。あまり周囲には相談できない相続や認知の話し合いは、当事者同士であることにより、かえって話がこじれてしまう可能性があります。スムーズな解決や円滑な流れを望む場合には、是非法律の専門家である弁護に相談をして、早く悩みを解決してみるのがおすすめです。不安を抱えて生活している方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい