不動産相続時の税金について!節税方法も紹介!

遺産を相続した場合に納める税金の中でも、不動産を相続した場合には、多くの税金を納める必要があるイメージがあります。しかし不動産の相続税については、実際にはどのようになっているのか、知っているようで知らない項目かもしれません。今回は不動産相続時の税金と節税に関する内容を紹介しますので、是非参考にしてください。

不動産相続時に支払う税金


親など故人から引き継いで不動産物件を相続する場合には、どのような税金を納める必要があるのでしょう。きちんと理解をしていないまま相続してしまいますと、税金を納め忘れるだけでなく、税金分の費用を確保することを忘れてしまいます。一体どのような税金を納めるのでしょう。

登録免許税

登録免許税は登記をする際にかかる税金です。所有者が故人から変わることで登記簿の作成などを再度やり直すことになります。その際には登録免許税と言う税金を納めます。

相続税

相続税は故人から相続するものがある場合に納める税金です。現金の時だけでなく不動産物件を相続した場合にも納めますので覚えておきましょう。

登録免許税の計算方法

党則免許税の計算方法を紹介します。

知っておいて損は無い登録免許税の計算の仕方

登録免許税は固定資産税評価額×0.4%で計算されます。ちなみに固定資産税評価額は市町村が決定しています。毎年見直しが行われる固定資産税評価額は、市町村役場で確認することができるので、正確な金額をきちんと確認するとよいでしょう。

簡単に計算できます

登録免許税の計算は簡単にできますが、固定資産税評価額が正しい数値でないと意味がないので、十分注意して計算しましょう。

相続税の計算方法


相続税の計算方法を紹介します。相続税が掛かる範囲は遺産の総額から基礎控除額をマイナスします。基礎控除額は、600万円×法定相続人の数+3,000万円=基礎控除額となりますので、課税対象外となります。

法定相続人とは?

配偶者は常に法定相続人と呼び、配偶者に加えて第1~3各順位のいずれかの属するものをを指します。違う順位の法定相続人は同時に法定相続人にはならないので覚えておきましょう。


実際に掛かる相続税の計算方法は、下記を参照して自分の相続税と当てはめて計算してください。

相続税の計算方法

不動産の相続税を下げる方法一例

不動産を相続した場合、相続税を下げる節税方法が存在しています。誰もが少しでも工夫をして納める税金を削減させたいと思いながらも、どのような方法を取り入れるのが良いか理解できていないことがあります。是非参考にしてみてはいかがでしょう。

生前贈与による不動産の相続

最近話題となっている生前贈与は、文字通りなくなる前に家族や親族に相続する不動産を引き継いでしまうことです。生前贈与をすることで相続税は大幅に削減できますので、一度家族や親族が集まる機会を利用して、じっくり話し合うのも良いでしょう。

相続のときに生産課税制度を利用する

あまり聞き慣れない相続時精算課税制度とは、60歳以上の父母または祖父母から、20歳以上の推定相続人である子または孫に対して財産を贈与した場合に適応出来る特別控除を、2,500万円の限度額に達するまで何度も控除ができる贈与税の制度です。あまり知られている方法ではありませんが、賢く相続税を削減できる手段ですので、覚えておくと良いでしょう。

相続の話し合いで家族や親族がトラブルにならないコツ


相続の話し合いは、場合によっては大きな金額が関わる可能性があることから、今まで仲良く過ごしていた家族や親族同士がけんかになることもあります。そのような事態を回避するためにはどうすれば良いでしょう。

全員揃って話し合いをする

後になって話を聞いていない…と文句を言う人がでる可能性があることから、できれば全員揃って話し合いをするように日程調整するのがおすすめです。大勢の場合には難しいかもしれませんが、その後円滑に親族間の関係性を維持するためには、できるだけ予定を合わせるようにしましょう。

時間を掛けて意見を言い合う

相続する不動産物件が多い場合などは、早い段階から話し合いをするのがおすすめです。できれば生前からきちんと話を進めておきますと、仮に亡くなってから相続をする場合でも故人の遺志を尊重できます。

後になって文句を言わないようにその場で言いたいことを言う

せっかく親族で集まっても意見を言わず、後になって文句を言うケースがあり、トラブルの一因となります。意見がある場合はその場で話をして解決する方が、双方にとって円満な話し合いが実現します。相続でケンカをしないように、できる対策はしっかり行いましょう。

まとめ

いかがでしたか。不動産を相続する場合の税金については、当事者になってみないとあまり深く考える機会がないかもしれません。しかし税金の種類や節税の仕方などを学んでおきますと、場合によっては大きな金額の差が生じる可能性があります。是非今後の税金対策などに役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい