遺言書の検認とは?検認が必要な場合と流れについて

自分が死んだあとに家族が困らないようにと、終活をする人は数多くいます。終活をしていて注意しなければならないのは、何といっても遺言書になります。遺言書は、正しく書かなければせっかく書いてあっても無効になることもあるので、ここでは遺言書のあれこれについて詳しく説明したいと思います。

そもそも遺言書とは?


遺言書とは、端的に言えば被相続人が最後の想いを伝えるものです。遺言書があることで、相続人同士がトラブルになることなく、遺産相続をスムーズに行えるメリットがあります。遺留分を超えない範囲で、法律で定められた相続割合よりも優先されるものが遺言書です。なお、遺言書には下記の3種類があります。それは最も簡単な自筆証書遺言、公証役場の公証人に遺言内容を伝えて共同で作る公正証書遺言、自筆証書遺言と公正証書遺言を足して割ったような秘密証書遺言です。せっかく遺言書を作成するなら、自分や家族にとって有利な遺言書や、無効にならない遺言書を用意したいものです。それでは遺言書の種類別に詳しく説明したいと思います。

自筆証書遺言

自筆証書遺言は、民法で「自筆証書によって遺言をするには、遺言者がその全文、日付及び氏名を自書し、これに印を押さなければならない」と定めています。自分で字が書ける状態ならば、すぐに作成できるので最も簡単な遺言書と言えます。なお、録音や映像で遺言書を作成することは無効となります。しかし、遺言者が15歳以上であること、家庭裁判所の検認が必要であることに、注意して作成しなければなりません。家庭裁判所の検認とは、家庭裁判所に遺言書を確かにあったという確認になります。他に注意するべきポイントとしては、遺言書をいつ書いたか分かるように日付を明記する、署名と押印は必ず行う、夫婦の共同遺言はNGなどです。

公正証書遺言

公正証書遺言は、公証役場の公証人に遺言内容を伝えて共同で作る遺言書です。メリットは、専門家のチェックが入るため遺言書として無効にならない、遺言内容が正確、書き方の不備が少ない、家庭裁判所の検認がいらない、改ざんされる心配がないことです。デメリットは作成が長時間かかる、費用がかかる、証人2名の立会いが必要になる、存在や内容を秘密にすることはできないなどがあります。遺言内容を口で伝えるので、決まっていることがあればメモしておきましょう。証人は2名必要になり、未成年者・推定相続人や受遺者、これらの配偶者・直系血族、公証人の配偶者や四親等内の親族、書記や使用人は証人になることはできません。

秘密証書遺言

秘密証書遺言は、遺言者が遺言内容を知られたくない場合に使える遺言書です。作り方は遺言者が自分で書いた遺言書を公証役場に持って行って作るので、確かに本人のものだということを明確にすることができます。メリットは、遺言書が本人のものであることが明確なこと、遺言書を自分で書いているので、内容を秘密にすることができるということになります。デメリットは内容が本人にしか分からないので、公証人が内容を確認できない、専門家のチェックがないので不備があるかもしれない、家庭裁判所の検認が必要、手数料がかかるという点になります。秘密証書遺言を利用する前には、メリット・デメリットを考慮して選んだ方が良さそうです。

遺言書の検認とは?

前述の遺言書の検認とは、自筆証書遺言または秘密証書遺言を見つけた場合、裁判所に検査してもらい遺言書として認めてもらわなければなりません。検認は、遺言の偽造や変造を防止することを目的とした、家庭裁判所による手続きです。検認は自分ですることができますが、法律のプロである弁護士に依頼することも可能です。検認は検認申立書を作成して提出しますが、弁護士に依頼すればその検認申立書も作成してくれるので、相続人にとっては楽ちんです。また、検認作業には弁護士は同席することができますが、行政書士や司法書士は同席することができないので、非常に頼りになるのでおすすめです。

検認作業をしないとどうなる?

この裁判所による検認手続きをしないで、遺言の内容を実行すると、5万円以下の罰金が科せられます。遺言書の中に不動産に関する内容などが書いてあった場合は、登記手続きが発生することになりますが、検認がされていない遺言書では登記手続きをすることはできなくなります。なお、金融機関でも検認がされていなければ、被相続人の預貯金口座の名義変更などの手続きをすることはできません。検認をせずに封をされている遺言書を、家庭裁判所の外で開封した場合や、封をされていても検認をせずに遺言を執行してしまった場合でも、5万円以下の罰金が科せられます。なお、問題外ですが、検認をせずに遺言書を隠す・偽造・変造・破棄した人は相続の権利自体がなくなりますので、注意してください。

遺言書の検認の流れ

遺言書を家庭裁判所に検認してもらうためには、大まかな流れを知っておきたいものです。ここでは大まかな流れとして、申立人が家庭裁判所に遺言書検認の申立てを行う、検認期日通知書が家庭裁判所から送付される、検認済証明書を付した遺言書が交付されるという流れで、内容を確認していきましょう。要するに必要な書類を集めて家庭裁判所に提出して、提出書類に不備がなければ遺言書検認日の案内が郵送され、検認日当日に申立人は遺言書を持参して検認手続きを行います。検認した後は遺言書が検認証明付きになるので、不動産の名義変更や預貯金の相続手続きもすることができるようになります。

申立人が家庭裁判所に遺言書検認の申立てを行う

まず検認するためには、申立人が家庭裁判所に遺言書検認の申立てを行います。家庭裁判所では申立てした段階で、書面で照会を行ったり、直接事情を聞いたりすることがあります。家庭裁判所から照会や事情を聞かれる場合があったら、必ず対応するようにしてください。遺言書検認の申立てをする場合の書式は、家事審判申立書という書式になります。家庭裁判所のホームページなどに掲載されているので、ダウンロードしてみてください。記入例も分かりやすく掲載されているので便利です。申立てには、この家事審判申立書と、標準的な添付書類(当事者目録や戸籍関係の書類)が必要です。戸籍関係で言うと、遺言者の出生時から死亡時までの除籍・改製原戸籍謄本などがあります。

検認期日通知書が家庭裁判所から送付される

家庭裁判所に家事審判申立書や書類を提出した後は、1週間から1ヶ月くらい経過してから、検認の日付を指定する、検認期日通知書が家庭裁判所から送付されます。場合によっては家庭裁判所から、検認期日についての電話連絡がくることもあります。検認期日には書式・作成年月日・使用された筆記具など、細かい遺言に関する事実を調査し、検認調書が作成されていくというわけです。なお、家庭裁判所から送付される検認期日通知書は、相続人全員の住所へ案内が郵送されるようになっています。

検認済証明書を付した遺言書が交付される

検認期日当日には、遺言書・申立人の印鑑、担当者から指示されたものを持参します。この時は申立人さえいれば、他の相続人はいなくても手続きをすることができます。必ず遺言書は持参してください。家庭裁判所による検認手続きが済めば、検認済証明書を付した遺言書が交付されます。検認済証明書は裁判所書記官が作成したもので、書かれている内容は「この遺言書は○○年〇月〇日に検認されたことを証明する。」というものになります。以上の手続きをすれば、検認された遺言書が交付されれば、遺言をやっと実行に移すことができます。

申立てに必要な書類と手数料は?


家庭裁判所に検認の申立てをするためには、たくさんの必要な書類と、手数料を支払います。ここでは、遺言書の検認申立て必要書類、遺言書の検認申立て必要費用について、詳しく紹介します。ちなみに検認の申立てから手続きが終わるまでは、1ヶ月以上もの期間が必要となっています。相続が発生すれば被相続人の銀行口座は凍結されますので、払い戻しを受ける人が相続人であることを証明しなければ、銀行からお金を引き出すことはできません。日常的に預貯金口座が被相続人名義になっている家では、預貯金を分割して口座に入れておくと、生活費がなくならずに安心できます。

遺言書の検認申立て必要書類

次は遺言書の検認申立て必要書類です。
・申立書
・相続人などの関係図
・被相続人の出生時から死亡時までの戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
・相続人全員の戸籍謄本などがあります。詳しくはこちらを参照してください。

相続放棄申述書のダウンロード


なお、遺言書の子供か代襲者(相続人が亡くなった場合は、その子供)が死亡している場合は、その子か代襲者の出生時から死亡時までの戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本も必要になります。さらに相続人が遺言者の相続人が遺言者の(配偶者と)父母・祖父母等(直系尊属)(第二順位相続人)の場合は、必要な書類が違ってきます。その時々によって違うので家庭裁判所に問い合わせください。

遺言書の検認申立て必要費用

遺言書の検認申立て必要費用には、遺言書1通につき800円の収入印紙+連絡用の郵便切手代がかかります。連絡用の郵便切手代は、家庭裁判所によって異なりますが、平均でも数百円程度なので、そんなに費用がかかる手続きではありません。費用はかかりませんが、手続きが終わるまで時間がかかるので、焦ってしまうこともあります。あらかじめ時間がかかることは念頭において、裁判所への手続きを行ってください。

まとめ

遺言書について様々な情報を紹介しましたが、いかがだったでしょうか?家庭裁判所の検認が必要な場合の流れや必要なものを知っておいて、いつ自分の身に訪れるのか分からない、いざという時に役立ててみてください。

あわせて読みたい