相続放棄をするまでの期間は?延長可能?

遺産相続に関する話し合いや手続きは、内容が複雑であるだけでなく大きな金額が関わる問題ですので、家族や親族との念密な相談が求められます。今回は相続を放棄するまでの期間や延長することが可能であるかなど、知っているようで知らないことを詳しく紹介しますので、是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

相続放棄をするまでの期限は?


それぞれの事情があって放棄することもできる相続の権利ですが、決められた期限が存在しているのでしょうか。

相続があったことを知った日から3ヶ月以内

民法第915条に「自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内」とルールがあることから、3か月以内に決断しなければなりません。長いようで短い3か月と言う期間で大きなことを決めるのは難しいかもしれませんが、日頃から相続について話し合いをする時間を設けておきますと、慌てて手続きすることもありません。

3ヶ月以上過ぎてしまった場合は?

万が一期限である3か月をすげてしまった場合にはどのようになるのでしょう。原則として期限切れになった時には、全ての財産を相続しなければならないという決まりがあります。財産ばかりでなく中には借金を残して亡くなる方もいることから、相続も簡単に決められる内容ではありません。早めに準備が重要です。

相続を放棄する理由は?

家族の数だけそれぞれの事情や形があることから、相続を放棄する理由は様々です。しかし相続放棄をきっかけに家族との関係を断ち切りたいと考える方もいます。また借金が多い場合には放棄されるケースが多く、ドラマや映画のように豊富な財産があることで家族や親族が遺産を奪い合うようなことは珍しいのかもしれません。

期限を過ぎた後に期限を延長する方法はある?

3か月と言う法律で決められた期限を過ぎてしまった場合、相続放棄を延長することは可能なのでしょうか。

「相当の理由」を立証できれば延長可能

相続する遺産や不動産などの存在を知ってから3か月以内に決める必要がある相続放棄は、延長する「相当の理由」として遺産の状況を知ってから3ヶ月以内であることを立証できればよいとされています。

裁判所が延長可能か、どれくらい延長するかを決定


この延長された期間を使って、借金や保証人になっていなかったかなどを調べた上で相続するのか相続放棄をするのかを決定することができます。その後裁判所が延長可能であるか否かを決めて、どのくらいの延長期間を設けるのかを決めます。

相続を放棄する前に考えた方が良いこと

故人から財産を引き継ぐイメージがある相続ですが、借金などマイナス面も含めて相続に含まれます。相続放棄をする方の多くは、多額の借金があるなど今の自分の生活が大きく変化してしまうことが予見できる場合には、相続放棄をする場合が多くあります。自分い都ってどの選択が正しいのかをしっかり把握しましょう。

相続放棄をするために知っておくべきこと

相続放棄に関する内容は、あまり他人に相談する機会もなく相談されることもないことから、詳しい内容を知らずに生活しているケースがほとんどです。該当者となって慌てることがないように、相続放棄をするために知っておいた方が良いことをいくつか紹介しますので、是非参考にしてください。

相続放棄は希望者だけで可能

限定承認は相続人全員の同意が必要ですが、相続放棄は希望者だけでも可能となっています。相続する財産や不動産物件などが多い場合、家族や親族とトラブルになるケースもあります。後になって後悔しないような話し合いがおすすめです。

本当に相続放棄して問題ないか財産を調べる


財産調査をしっかりしておかないと後になって損をする可能性があります。後からプラスの財産が見つかっても一度相続放棄をすると相続権がなくなります。本当に財産放棄をして後悔することがないのかをしっかり調べておくと安心です。

まずはどこの家庭裁判所に届出をするか決める

相続放棄手続きを行う管轄の裁判所は、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所となります。自分が住んでいる地域の家庭裁判所ではないので気を付けましょう。また被相続人最後の住所地が現在の自分の住まいと距離が離れている場合には、相続放棄の手続きのためにわざわざ遠方へ訪問する手間があります。そのような負担も考慮して相続放棄について考えてみましょう。

手続きは相続放棄をする本人が立ち会う?

必要な書類への記入を行っておけば、本人が家庭裁判所へ行かなくても財産放棄の手続きは進められますが、けじめをつける意味でも本人が直接足を運んで完了させた方が良いでしょう。どうしても本人がいけない事情がある場合には、念のため家庭裁判所に確認をして代理人が訪問する旨を伝えておくと安心です。

まとめ

いかがでしたか。相続放棄までの期間や延長について把握することで、いざ自分がその立場になった時にも慌てることなく、落ち着いて行動できます。相続放棄について関心がある方は、是非詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい