墓守とは?墓守の仕事やお墓管理費用について

墓守と言う言葉にあまり馴染みがない方も多いかもしれませんが、先祖が眠る墓を守ることは、今を生きるものにとって大切な役割となります。今回は墓守の仕事内容やお花の管理費用に関する内容まで、詳しく紹介しますので是非参考にして下さい。

墓守(はかもり)とは?


墓守は文字通り墓を守る人物であり、お墓を管理する人やお墓を継ぐ人のことを指します。実際その家系の長男が墓守となりますが、最近では長男に限らず親族が墓守となるなど多様化しています。

墓守は絶対に必要?

最近は納骨の仕方にも個性を主張するケースが多く、墓に関心を示さずにその他の納骨方法を生前から希望する方がいます。墓を所有しているにも関わらず、後を継ぐ人がいない場合は、墓を処分することや移転させることも可能です。

墓守は女性でもなれる?

墓の後継ぎとなって管理する場合には、男性も女性も関係ありません。最近は一人娘であるという理由から、婿養子をとって結婚するケースや、生涯独身で親元から離れずに暮らす方も珍しくありません。墓守を誰がやるかと言う親族トラブルもあるぐらいですので、積極的に名乗り出てくれる存在は大切にしましょう。

霊園の管理人も墓守?

霊園には管理人がいますので、その人が墓守と呼ばれることがあります。主な仕事内容は、お供え物の花や食べ物の管理をします。また枯れた花や腐ったものを処分します。そのほか墓地全体の掃除や、お墓を建てた後、墓石に破損などがあれば遺族に連絡して、石工業者に連絡をする作業まで進めてくれます。お寺によってはお花を新しく備えてくれるところもあり、読経を頼むこともできます。

墓守(はかもり)がやることは?

実際に墓守となった場合には、何をすれば良いのでしょう。墓守としての役割や心構えを知っておきますと、自分がやるべきことが自然と見えてきます。

年に数回のお参り


これは墓守だから行うということではなく、先祖が眠る墓へのお参りは欠かせない行事の一つです。遠方の場合は年に数回でも難しいかもしれません。しかし1年に1回でも良いので、墓参りをするのが墓守の務めです。先祖への挨拶は勿論ですが、墓そのものが劣化している場合や、破損している場合などもあり、丈夫な素材であっても定期的なメンテナンスは欠かせません。

お墓の掃除

墓参りに含まれる行動と言っても過言ではない墓の掃除は、欠かせない行動です。本来なら頻繁に訪れて綺麗な状態を維持するのが墓守の役割ですが、距離が遠い場合などは難しいでしょう。その際には足を運んだ時に徹底的に掃除することをおすすめします。

お盆やお彼岸など年中行事への参加(寺院の場合)

墓守も大きな役割として、お盆やお彼岸に寺院で行われる年中行事へ参加する必要があります。この年中行事への参加に合わせて墓参りを計画しておきますと、何度も人へ足を運ぶ手間がなくなります。

墓守が行うお墓の掃除について

墓守となった場合、その墓を管理するものとして手抜きができないのは、将来は自分自身もその場所で眠ることになる墓の掃除です。丈夫で長持ちする墓石ですが、日々の手入れこそが大切になります。掃除の仕方を理解して、短時間でも綺麗に仕上げられるようにしましょう。

墓石を磨くことから始めます

雨や風にさらされている墓石は、砂ぼこりや雨水などで汚れている場合があります。落ち着いた色合いが多い墓石ですので、それほど綺麗に磨く必要はないと考えるかもしれませんが、綺麗に磨かれた墓石は輝きが違います。タワシなどでこすり過ぎないように気を付けましょう。

掃除の道具は毎回持参します

墓に掃除道具が置いてあるケースはほとんどありません。ぞうきんや使い古しの歯ブラシなど、墓の掃除に使えるものはセットしておいて毎回墓参りの時に持参するのがおすすめです。またお墓そのものの掃除も大切ですが、墓の周りの雑草を綺麗にする作業も墓掃除に含まれます。墓を綺麗に維持することは、墓守にとって大切な役割の一つです。たまにしか足を運べない事情がある場合でも、掃除だけはしっかり行いましょう。

墓守になるのは誰?

墓守は仕事の内容よりも、その責任や重圧が大きいイメージがありますが、誰が行うのが一番良いのでしょう。

墓守は長男とは決まっていない?

長男がお墓を継ぐイメージが強いですが、最近では長男以外が墓守になる場合もありますので、家族や親族でよく話し合って決めるのがおすすめです。

墓守を断ることはできる?

どうしてもやりたくない場合や、自分に務めあげる自信がない場合は、無理をせず辞退をすることもできます。特別な手続きなどもいらないので、家族や存続との話し合いで決めると良いでしょう。

途中でやめて他の家族と交代することは?

引き受けたにも関わらず全うできない墓守の仕事は、どうしても無理な場合は他の兄弟や家族、親族に交代してもらうこともできます。しかし無責任で軽薄な印象を与えますので、もし引き受けた場合には最後まで頑張り、自分には無理そうな場合は初めから辞退した方が良いでしょう。個人の問題だけでは済まされない親戚との関わりも大きい墓守についての話し合いは、慎重に行いましょう。

複数で墓守をすることはできる?

一人では責任が重く、負担が大きくなる墓守ですが、複数でできますとストレスが少し軽くなります。例えば兄弟や姉妹で力を合わせて墓守をするなど、場合によってはその方がスムーズに進むことも考えられます。しかし墓参りの回数がどちらの方が多いなどのトラブルもあり、掃除の仕方や管理の方法でケンカになるケースもあるようです。もし複数で墓守をする場合は、初めにルールを決めておくようにしますとトラブルがなく安心です。

墓守がいないときは?

墓守がいない場合があります。それは後継ぎがいない場合などで、最近では子供の数が少ないこともあり、ますます墓守が存在しない墓が増えるでしょう。そのような場合は、墓地を管理しているお寺にお願いして永代供養を検討するのがおすすめです。

永代供養とは

永代供養は最近注目されている言葉の一つです。お墓参りできない人に代わってお墓を守り、お墓参りしてくれる人がいなくても代わりにお寺が責任持って永代にわたって供養と管理をしてもらえるお墓のことを指しています。

永代供養のメリットは

何より管理費用が大きく抑えられる点が大きいでしょう。墓石そのものがないため、墓地の使用料のみで、その後追加で請求されるものもほとんどありません。また永代供養にも様々なタイプがあり、納骨堂のような場所に納められるものや永代供養でも墓石があるものまで様々です。

改葬って何?

改葬とは今あるお墓を移転させる引越しのようなことを指します。もし永代供養を検討する場合、改葬をしてから新しい永代供養墓へ納められることになりますので、改葬の手続きをして新たな場所へ移転する手続きを済ませるなど、墓を管理するにも大きな決断や行動力が必要です。またこのような大切な決断は、家族だけでなく親族とよく話し合いをすることが後々トラブルになることを回避できるでしょう。

お墓の管理費用は墓守が支払うべき?

お墓の管理費用も場合によっては大きな出費です。墓守となる方が管理だけでなく費用まで一人で納める必要があるのでしょうか。

工夫次第でお墓の管理費用を確保できる?

墓守となった場合、墓を守るために行動することはありますが、管理費用まで自分一人で納めて生活費から捻出する必要があるのでしょうか。これには親族との話し合いが必要で、例えば、墓守になって管理費用なども払うかわりに財産を多めに相続するという手段などがあります。しかし上手に話し合いを進めないと、多く相続したのに全然墓守の仕事をしていないという文句を言われかねません。

自分一人の問題ではありません

仮に故人が墓に関することを遺言で残していた場合でも、家族にしか話をしていない内容ですと、当然親戚は聞かされていないことに文句を言うはずです。墓の問題は複雑で個人では解決できない親族トラブルに発展する可能性もあります。遺言やエンディングノートを作成した場合は、家族だけでなく近い親族にも話を聞いておいてもらうのが良いでしょう。

墓を持つという選択肢を選ばないケース

納骨の仕方が多様化する現代は、墓を管理する負担から解放されるために、墓以外の場所へ納骨を希望する方がいます。一体どのような方法があるのでしょう。

自然へ帰る意味がある散骨


山や海などへの散骨を希望する方は多く、自然が好きだった場合や思い出の場所により近い場所での散骨を生前から希望する方がいます。その際にはお骨全てを散骨してしまうのではなく、一部を手元供養として小さな骨壺やペンダントを用意して供養する方法も選ぶ方も多く、いつでも故人がそばにいるような感覚でいられるようになっています。

親族で遺骨を分ける分骨

墓を設けないことによって、親族がそれぞれの形で納骨できるのが分骨です。自宅に小さな骨壺を用意して仏壇に置くこともできますが、ペンダントや指輪に遺骨を入れられるアクセサリーもあります。しかし分骨を希望する場合は、火葬場で遺骨を焼く前から事前に申請する必要があります。葬儀の話し合いの段階で伝えておきますと、葬儀会社の方が段取りをしてくれます。分骨には色々な考えを持つ方がいるので、親族全員が納得するような話し合いが当然必要です。

まとめ

いかがでしたか。墓守と言う言葉は最近あまり聞かない言葉ですが、先祖が眠る墓を守るのはもちろんのこと、墓参りや年中行事への参加などで、他の親族よりも多く社会とのつながりを持てるというメリットがあります。墓を管理するという大きな仕事がありますが、現在墓守として頑張っている方や、これから墓守になる可能性がある方にとって、参考になる内容だったはずです。是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい