グループホームとは?老人ホームと何が違う?

グループホームという施設名を聞いたことがありますが、実際にはどのような内容のサービスが受けられるのでしょう。老人ホームとの違いや入居する条件などを詳しく紹介します。今後利用することを検討している方だけでなく、介護施設のことをあまり知らない方にとっても役立つ内容です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

グループホームとは?


グループホームという施設は、認知症の高齢者を対象にして、少人数で共同生活をする施設のことを指します。認知症高齢者のための住まいとして認知症対応型老人共同生活援助事業と呼ばれています。家庭に近い環境であるのが特徴で、入居者の能力に応じてそれぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら自立した生活を送ります。認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設としては、最初に名前が上がってくるのがグループホームであり可能性があります。

入居条件

入居の条件は、65歳以上であり要支援2または要介護1以上の認知症患者であることです。また施設と同じ地域に住民票がないと入居できませんので、自宅近くに良いグループホームを見つけることがポイントです。しかし少人数制であるグループホームは、入居待ちをすることを覚悟した方が良い施設の一つとなります。

提供されるサービス

グループホームで提供されるサービスは、食事や入浴、排せつなどの介護です。またリハビリや通常の生活の世話なども行われます。認知症の進行を緩やかにするようなリハビリや機能訓練を始め、レクレーションタイムも充実しています。

設備について

グループホームの整備は、少人数で家庭的な雰囲気であることを活かした環境となります。5人から9人のグループ毎に居室やトイレ、お風呂が設置されています。

人員体制

介護スタッフは利用者3名に対して1名以上配置することが決められているグループホームは、急な体調不良やトラブルが起きた場合にもスタッフの目が行き届く環境が維持されています。

老人ホームとの違いは?


高齢者が集う施設として多くの方がその存在を知っている老人ホームですが、グループホームとはどのような違いがあるのでしょう。

グループホームと老人ホームは何が違う?

グループホームは利用する全員が認知症の高齢者です。また寝たきり状態などになるとグループホームでは対応できないため有料老人ホームへ転居することになります。介護の度合いや認知症の進行具合によっては、利用する施設を変更する必要がありますので覚えておきましょう。グループホームでは、自立を支援することを目的に一つの施設に高齢者が集まっています。少人数ならではの良さがあり、細やかな配慮があります。

グループホームに看護師はいるの?

介護スタッフの人数は利用者3名に対して1名と決まっていますが、看護師の人数には決まりがありませんので、利用する施設によっては看護士が不在のグループホームである可能性があります。

住民票がある地域でしか入居できない理由は?

地域に根差した介護サービスの施設であるグループホームは、どの地域でも空いた段階で利用できるのではなく、今現在住民票の届け出をしてある地域での利用が条件となります。自立支援を目的に運営されているグループホームは、住み慣れた環境で認知症の症状を緩和することで、大きく環境を変えずに自然な形で自立できるようにサポートしています。

家にいる感覚が良い効果を発揮?

施設によっては個人のスペースに家具などを持参できるグループホームは、自宅以外の場所にいる感覚よりも家にいる感覚で日常を過ごせます。しかし慣れるまではどうしても自宅に帰りたいと訴えるケースも多くありますが、徐々に環境になれるでしょう。自宅から荷物を運んでいることもあり、慣れるまでの時間があまりかからないのもグループホームの特徴です。

グループホームのメリット


温かみを感じるグループホームですが、どのようなメリットがあって多くの方が利用を希望するのでしょう。

アットホームな雰囲気

家庭的で居心地が良い環境は、預けられた感覚や疎外感を感じることなく、家族と離れていても寂しさはあまり感じないはずです。施設内では集団での行動が中心ですが、一方でプライベート空間も維持されていますので、適度な緊張とリラックスの中で過せます。

少人数で介護を行う

認知症患者が沢山いることで一人一人に手が回らない施設が多い中で、グループホームは少人数制で介護を行いますので安心です。利用者3名に対して介護スタッフが1名いますので、緊急事態にも対応しやすく体調不良などにも気づきやすいでしょう。

認知症専門のスタッフが常駐

徘徊などの心配がある認知症は、素人では判断できないようなことが多く、症状によっては自宅での介護には限界がある時も多いようです。しかしグループホームには認知症専門のスタッフが常駐していますので、豊富な実績や経験によって適切な判断を行います。

レクリエーションが充実

自立支援が目的のグループホームでは、楽しみながら様々な活動ができるように考えられていますので、レクリエーションの時間が工夫されています。グループホームを利用する方にとっては、食事の時間と同じように楽しみの一つとなっています。

優れた施設が多い

高齢の認知症患者が集うグループホームの運営を行うためには、様々な基準や条件をクリアして初めて施設が建設できます。つまり安心して利用できる優れた施設であることが既に証明されていることになり、認知症患者の介護に困っている方を救う場所です。

グループホームのデメリット

メリットがある一方でデメリットはどのような点があるのでしょう。

医療ケアには非対応

グループホームは医療や看護スタッフの常駐が義務化されていないので、医療に対する支援が不十分である点がデメリットとして挙げられます。

体調の悪化で退去が必要な場合がある

自立支援が目的の施設であるグループホームは、認知症の症状が進行した場合など、体調の悪化によって現在利用中の施設を退去する必要があります。

看取りは不可

医療や看護スタッフが常駐されていない施設が多いグループホームは、看取りに対応していないケースがほとんどです。

施設と同じ地域に住民票が必要


地域密着型の介護施設であるグループホームは、利用者が住民票の届け出をしている地域でのみ入居可能です。例えば家族が遠くに離れて住んでいる場合、家族の自宅近くのグループホームで空きが出たので入居したいということは不可能で、その場合には住民票を異動させて対応するしかありません。

誰でもなれる?グループホームの経営者

家庭的な雰囲気が特徴のグループホームですが、利用者が増える一方で施設そのものの数はあまり増加する傾向にありません。経営に関心がある方がいる場合、資金面などの条件が整いますと誰でも運営を開始することは可能なのでしょうか。

資金よりも大事?人員基準

グループホームの人員基準は介護職員と常勤管理者、計画作成担当者と代表者の4つになります。認知症患者を抱えるグループホームは、職員として働く方のやる気や根気が求められます。すぐに辞めてしまうような方や仕事に対する意欲がない方は、認知症の症状を抱える高齢者と向き合うことはできません。

代表者は介護に携わった経験がないとダメ?

誰でも代表者になれるではなく、介護業務従事経験者や介護事業経営経験者であり、厚生労働省指定の研修を受講した者でなければなりません。資金に余裕があるから誰でもグループホームの経営者になれると思われますが、きちんとし哉基準をクリアしない人物は代表者にはなれません。

単純に増やせばよいという問題ではない?

利用したい方が多く需要が高いグループホームは、儲かる経営ができると思われることが多いですが、利用する方の多さに比べて優秀なスタッフを確保するのに苦労をする経営者が沢山います。給与面で待遇を良くしたからと言って多くの人材が集まるような単純さがない介護の世界は施設を増やしても賢く稼げるようなうまい話はないようです。

良いグループホームと出会う為のコツ

利用先によって大きく変わる介護施設は、探し方や選び方が重要になります。良いグループホームを見つけるためには、どのようにすると良いのでしょう。

まずは情報収集から始めましょう

住民票がある地域でのみ利用できるグループホームは、狭い範囲で探せるというメリットを生かして、より良い情報を仕入れることがポイントです。他の介護施設とは異なり、あまり詳しい情報が入手できない現状がありますが、良く知っている地域であるからこそ様々な人脈を活用することも大切になります。

気になる施設は見学を希望するのがおすすめ

日地から話を聞くのと実際に自分の目でみるのは大きく違います。希望をしますと施設見学をさせてくれるグループホームがほとんどですので、積極的に行動することで理想の施設に巡り合える機会が増えます。

良い施設の基準を明確に

一番は利用する方の意見ですが、高齢の認知症患者となっている現状では、的確な判断は難しいかもしれません。その場合に良い施設とはどのようなことが考えられるのかをきちんと明確にしておきますと、家族だからこそ気づける利用先の条件が見つかるはずです。

申し込みは施設に直接行います

少人数制で運営するグループホームは、利用する側が気に入った場合でも空きを待つ状態が長く続くことも十分考えられます。しかしタイミングよく即利用できることもあるので、諦めずに施設探しをすることが大切です。入居時には申込書や住民票に加えて、認知症の診断書などいくつかの必要書類を提出する必要があります。不備がありますと手続きが遅れてしまい、その分利用の開始が遅くなりますので注意しましょう。

施設選びの参考に!注意するべきグループホームはどんな?

1か所で決めてしまうと気づかないグループホームの施設ごとの違いですが、複数見学などを行いますと、それぞれを比較することができるので注意点が見えてくるはずです。どのような点に気を付けて施設を選ぶのが良いでしょう。

不衛生な環境ではないかを確かめる

認知症患者が生活するグループホームは、手入れや世話が行き届かい環境ですと、あっという間に施設内が不衛生になることは確実です。ゴミの処理などがしっかり行われていて、気になる臭いなども対策がされている施設がおすすめです。

スタッフの態度にも気を配る

見学に行っている自分への対応がどんなに良くても、現在利用者となっている高齢の認知症患者に対する態度に気になる点がある場合は、利用先としておすすめできません。大切な家族が認知症の症状を緩和させて自立を目的にグループホームを利用しようとする場合には、スタッフとの関係が大きくなります。

サイトやパンフレットなどの情報との違いを見よう

過剰な広告で施設の良さをアピールすることもあるグループホームは、実際に自分の目で確かめることに重視するとよいでしょう。その際には、実物と提供されている情報との差を良く確認して、必要以上な演出がないかを調べます。

自宅での介護とグループホーム…何が違う?


入居先を決める手間や費用などを考えますと、グループホームに利用を悩んでしまう方も多いでしょう。今まで通り自分が頑張って介護すれば良いのでは?と思う方も沢山います。自宅での介護からグループホームに切り替えることで、何が変わるのでしょうか。

徘徊などの心配から解放される

介護者が眠っている夜間に徘徊してしまうことが多い認知症患者が自宅にいることで、夜もぐっすり眠れないというケースが一番大きな悩みとなっています。しかしグループホームを利用することで、そのような不安な夜から解放されることは確実です。

専門家ならではの適切なケアや指導が期待できる

自宅での介護ですと、素人判断で全てのことを行わなければいけませんが、専門家へ任せることで今までよりも症状を良くする方向へと導きだせる可能性があります。

費用を気にしていたけれど…安全を確保できる

グループホームの利用は決して安い費用で済むわけではありません。その分自分が介護をすればよいと一人で責任を抱え込む真面目な介護者が多い結果、介護の疲れによって自分自身も健康を害してしまうようになります。思いがけない行動をする認知症患者は、専門知識を持つスタッフに任せて安全を確保することも大切です。

どんな人が良い?グループホームで働くスタッフ

認知症患者を24時間体制で見守るグループホームのスタッフは、介護の資格が求められることは勿論ですが、その他にも様々な人間性が必要とされる仕事です。そのような方が向いているのでしょう。

自立を促す行動力

家事や料理などを通して少しでも早く自立できるようにすることが目的のグループホームは、スタッフの立場としては全ての行動を先回りして行うよりも、近くで見守りながら支援することです。一見家事が得意でないと働く場所として適していないイメージがありますが、認知症患者である高齢者に頑張って取り組んでもらえるようにする力の方が重要です。

当然ですが認知症に対する専門性

介護の資格を有していなくても働けるグループホームですが、認知症患者を見守る役割がありますので、認知症に対する知識や介護の知識がない場合には不便を感じることが多いかもしれません。特により専門性を求められる認知症に対する知識は、医療スタッフの常勤が義務化されていないグループホームでは、介護スタッフにその専門性が求められます。

集団行動や人とのコミュニケーションを苦に感じない方

施設内で高齢の認知症患者と交流するだけではないグループホームは、利用者の家族や施設の周辺住民との関わりなど、様々な人と触れ合う機会が多い仕事です。元々の性格によっても異なりますが、人と接することを苦に感じない方がいる一方で、あまり得意でない方もいます。どのような仕事でも人と繋がることが大前提ですが、どのような方とも分け隔てなく接することができる方は、グループホームで働くことが合っているのかもしれません。

グループホームの費用


認知症患者が利用するグループホームの費用は、月額の目安は20万円前後とされています。また入居一時金や保証金が必要な場合もありますので、入居する初めの段階でまとまった金額を納める必要があるかもしれません。一体どのくらいの費用が掛かるのでしょう。

初期費用

初期費用は入居一時金に加えて保証金が設定されています。入居一時金は、グループホームを利用する権利を得るために支払う大切な費用です。施設によっては償却期間や償却率があらかじめ決められていて、一定期間内に退居した際にはこのルールに基づいて返還金が入居者や家族に返還されることになります。償却期間や償却率は国によって定められた規定がないため、施設によって2年のところもあれば10年以上のところもあるなどばらつきがあります。詳しい内容は利用先のグループホームに確認しましょう。保証金とは賃貸住宅の入居時にかかる敷金にあたるもので、退居をする際の修繕費や清掃費の他、家賃を滞納した分の滞納分として預けるものとされています。基本的に退居時に返却されますが、契約内容によっては返却がない場合もあります。契約時に償却金と保証金がどういう場合にどのくらい返ってくるのかを事前に確認しておきましょう。退居時のトラブルにも繋がりかねない内容ですので、注意しておくことをおすすめします。

月額費用

毎月支払う月額費用は、介護サービス費用に加えて居住費や食費などの生活費となります。この他にはグループホームサービス費やサービス加算、水道光熱費やオムツ代などの費用の合計となります。

グループホームにあるサービス加算

グループホームの費用の中でも特に注目なのはサービス加算です。夜間支援体制加算や若年性認知症利用者受け入れ加算、医療連携体制加算や看取り介護加算があります。実際に利用することになった場合、言葉の意味が分からないと何に費用がかかっているのか理解できませんので、詳しい内容までは覚える必要はありませんが、サービス加算という単語だけは覚えておいて損は無いでしょう。

地域によって差が出る月額料金は賃料の影響が大きい?

都心部の賃貸住宅の家賃が高額であるのと同じで、都心部にあるグループホームは当然賃料が高くなります。その結果月額料金が増えますので、都心部と地方では賃料に差があることで月額料金にも差が生じます。また利用者が紙おむつを利用する場合にも紙おむつ代が大きく膨らみます。しかし家族が持参することで少しでも安く済ませられる可能性があります。そのようなことに対応してもらえるのか一度聞いてみるのがおすすめです。

生活保護受給者でもグループホームに入れる?

グループホームに入る場合には、それなりの費用が掛かりますが、中には生活保護受給者の中でも利用を希望する方はいます。このように資金的な余裕がない場合でもグループホームを利用することはできるのでしょうか。

利用できる?グループホーム

グループホームによりますが、生活保護受給者であってもグループホームを利用することは可能です。利用者の中には生活保護受給者の方も多く、役場やケアマネージャーに相談して話を進めますと、良い施設を紹介してもらえます。生活保護を受けている場合にも諦めずに関係機関に相談することが重要です。

生活保護受給者でも同じサービスを受けられる?

実際に利用者として入居ができた場合でも、生活保護受給者であることを理由に、本来受けられるサービスが受けられないようなイメージがありますが、各グループホームで設定している家賃や食費などが生活保護費で賄えるかどうかが大きな鍵です。利用前にきちんと確認することが重要となります。生活保護受給者でも受け入れている施設であれば、このあたりの相談にもスムーズに乗ってくれることでしょう。

成年後見制度の利用

自宅を離れてグループホームを利用する場合、利用者の財産管理などに苦労するケースがあります。認知症と診断された今となっては、本人に確認することは難しく、取扱いに困るのが現状です。こうしたときに活用したいのが成年後見制度です。判断能力が低下した認知症高齢者などを、親族や弁護士・司法書士などが成年後見人として契約や財産管理をすることができます。成年後見制度には法定後見制度と任意後見制度という2種類の制度があります。まだ認知症が軽度の場合は、本人の判断力や記憶力が将来さらに低下したときに備えあらかじめ任意後見人を選んでおくことができる任意後見制度を活用するといいでしょう。既に現時点で本人の判断能力がない場合には、法定後見制度を利用して、家庭裁判所に後見人となる人を選出してもらうこととなります。後見人になりますと、不動産などの管理や保存だけでなく処分にも関わり、金融機関との取引や家賃の支払いといった財産管理などを行うことができるようになります。

まとめ

いかがでしたか。グループホームは同じ介護施設である老人ホームとは大きく異なる運営方法で進められていて、認知症患者が自立を目指して集まる家庭的な雰囲気の場所です。認知症患者を自宅で介護するのは精神的にも肉体的にも負担が大きいので、心身共に疲れ切ってしまうケースも珍しくありません。グループホームに関心がある方は、是非自宅の近くで利用先を探してみてはいかがでしょうか。利用する方の立場に立って、グループホームを選ぶことによって、利用する方もその家族も充実した生活を送ることができます。しっかりと見学や体験入所などを通じて要望にあった施設かどうか見極めることも非常に大切です。

あわせて読みたい