連名で香典を受け取った場合の香典返しのマナーは?連名で香典を渡す場合のマナーも!

故人との別れの時間に気持ちを添えるために持参する香典は、時に連名で受け取ることもあります。このような場合には、受け取る時にも渡す際にもそれぞれのマナーがあるようです。一体どのような対応をすると失礼にならないのでしょう。知っているようで知らない香典に関するマナーを紹介します。是非参考にしてください。

目次

連名で香典を受け取った場合の香典返しのマナー


通夜や葬儀告別式を執り行う際には、香典を受け取ることが多いです。受け取った香典にはお礼の気持ちとして香典返しをする必要がありますが、通常の場合と連名で受け取った場合では何か違いがあるのでしょうか。

通常の香典返しは?

通常の香典返しは、いただいた金額の半額ほどを香典返しとして送ることが多いです。例えば5,000円いただいた場合は2,000円から3,000円が相場となります。あまり高額ですと相手に気を使わせてかえって負担となりますので、半額程度が相当です。

連名で香典をいただいた場合の香典返し相場は?

通常の香典以外にも連名で香典を受け取ることもあります。1人あたりの金額が3,000円ほどの場合は、1,000円から2,000円の香典返しになりますが、通常香典返しと同じ品物を贈るケースも多いようです。

香典返しは個別に行う?

連名でもらった場合の香典返しは、二人で一つの品物と考えず、連名でもらっても個別に送ることが望ましいとされています。一人には香典返しをしてもう一人には香典返しを忘れるようなことがないように、十分注意しましょう。

金額次第で香典返しを送らないこともある?

香典の金額によっては、香典返しをする必要がない…と自己判断をしてしまうかもしれませんが、参列者から香典返し辞退の意思表示があった場合のみ、香典返しを送らなくてもよいとされています。勝手に決めつけず、いただいた感謝の気持ちをわずかでも香典返しで伝えることも大切です。

会社関係の連盟での香典返しマナー


告別式や通夜にまつわる様々なしきたりがありますが、その中でもお世話になった故人に対してお供えする金品を香典といいます。四十九日前であれば御霊前と書かれた香典袋を準備しますし、喪が明ければ御仏前の香典袋でお供えしますが、宗教により表書きに違いがありますので事前に確認することが必要です。一般的には、通夜の席に持参しますが急な不幸でお亡くなりになった場合には、告別式など後日改めて故人にお供えすることも失礼ではありません。

香典を頂いた際には後日、香典返しを行います。香典袋には、名前と金額が明記されていますので香典返しが済むまでは大切に保管してください。香典の額のおよそ半額、あるいは1/3程度のお返しを準備します。しかし、働き盛りの家族を亡くされた場合など故人の勤めていた会社関係からも香典を頂戴することがありますが、その時の香典袋の中身はかなり高額である場合も多く、一体いくらの香典返しが望ましいのか考えてしまうはずです。

会社名でいただいた場合は香典返しの必要なし

会社関係の香典は、経費として計上されることがあります。その場合には香典返しは必要ないと考えられています。また、故人が亡くなられた際には会社に連絡を入れているはずですし、そのときに香典は辞退させてほしい旨を伝えておくことも必要です。

社長など個人名の場合は必要

同僚の人数が多ければ、それぞれが個人名で香典を準備することもありますし、会社の上司や社長名で直接香典をおくられる場合もあります。その際、一個人とはいえ社長ですので、粗相のないように個人の扱いと同額程度の香典返しを準備します。また、同じ部署の仲間たちからの香典については、部署名でおくられてくることもあります。だからと言って香典返しは必要ないと考えてはいけません。通常の香典返しの主流が日本茶や海苔ですが、ある程度の人数で集まる部署宛には、洋菓子などが向いています。

会社の取引関係者の場合は香典返しを行うことも

故人の方と親交もあり、お見送りのためにわざわざ足を運んでくださった取引先会社の方には、その場でお渡しすることができる香典返しを準備しておきます。これは会社の代表として弔問に訪れてくれたことへの感謝の気持ちを表すための香典返しです。

また、どうしても告別式に列席できない場合には、事前に親族の方にだけはお伝えしておくべきです。またその際の香典袋は、自宅宛てに発送しますが、一言手紙を添えるだけでも故人に思いが通じると考えられています。

連名で香典を出す場合の参列者のマナー


様々な人間関係の中で生活することから、付き合いの度合いによっては連名で香典を出す機会もあるはずです。2名での連名での香典額の相場は5,000円から10,000円が相場と言われています。その他の注意点やポイントについても紹介します。

1人あたりの香典額が3,000円以上の場合の注意点

一人ずつではなく連名で香典を出す場合、香典返しを受け取ることになります。また金額が4や9の数を使った金額にならないように設定する相談をしましょう。

香典返しがそれぞれに送られる可能性があるため、全員の住所とフルネームを記載しておく

連名の場合の注意点は、名前だけでなくそれぞれのフルネームと住所も記載しておくのがマナーです。その理由は、香典返しが送られる可能性がある為で、きちんと必要な情報を記載しておきますと、遺族側の配送の手配を煩わせることがありません。

1人あたりの香典額が3,000円以下の場合の注意点

連名で香典を出した場合、1人当たりの金額が3,000円以下の場合は、香典返しを辞退の旨を書きましょう。書き方のマナーは香典袋に、お返しのご配慮は遠慮させて頂くようお願い申し上げますなどの文章を直接書くことで、確実に遺族側に伝えることができます。

受付ですぐに香典返しを渡される場合の香典返し辞退の方法

最近増えている香典返しをその場で渡してしまう方法の場合、どのようにして香典返しの自体を申し出るのが良いのでしょう。タイミングとしておすすめなのは、その場で香典返しは結構です。と伝えることが望ましいとされています。タイミングを見計らってきちんと伝えるようにしましょう。

誰がいくらの香典であるか金額を記載

連名で香典を出す場合、名前や住所以外にも誰がいくら包んだのかを記載します。友人同士などの場合は同じ金額で統一させることが多いかもしれませんが、会社関係などの場合には、上司と同僚では金額に差をつけて出すこともあります。

連名で香典を渡す時の書き方を知ろう


通常の香典でも名前を記載する時には緊張をしますが、連名の場合には字のバランスや書き方が変わりますので、通常以上に緊張します。どのような書き方があるのでしょう。

夫婦で連名の香典を渡す場合

夫婦で参列する場合は通常夫の名前のみで構いませんが、中には夫婦で仲良くしていた方だった場合やお世話になった場合もあります。そのような時には、夫のフルネームを通常通り中央に記載して、その横に妻の名前のみを記載しましょう。

夫の代わりに妻が一人で参列する場合には誰の名前で香典を渡す?

場合によっては忙しい夫の代わりに妻が斎場へ駆けつけることもあるでしょう。そのような場合には、妻の名前で記載するのではなく、夫の名前を通常通り記載して、夫のフルネームの左下に内と記載しますと、代理で妻が来たことが遺族側に伝えられます。

4名以上で一緒に連名で香典を渡す場合

3名までは一人ずつ表書きに記載しますが、4名以上になりますと全員を表書きに記載するのではなく、代表者のフルネームを中央に記載して、名前から少し下げた形で外一同や他一同と代表者のフルネームの左側に記載します。これだけでは他の方が誰なのか分かりませんので、中袋に別紙を添えて全員分のフルネームと住所、香典の金額を記載します。

香典を連名で用意した時には誰が渡す?

連名で用意した香典を、関わる全員で受付に並ぶ必要が本当にあるのでしょうか。スマートな渡し方をして、遺族側に配慮することがマナーです。

代表者一人が受付で記帳を行います

連名で用意した香典は、代表となる人物が一人で受付へ行けば十分です。会社関係の場合は、名刺などを添えて渡しますと、遺族が後で香典を確認した時にも分かりやすいでしょう。

袱紗があると重宝します

袱紗は香典をそのまま持参するよりも印象が良く、落ち着いた色味のものを用意しますと、仏事だけでなく慶事で利用することも可能です。一つ持っていますと便利に使えますので、機会がありましたら購入を検討することをおすすめします。

連名でも入れるお札には配慮するのが常識です

例えば1人5,000円ずつ用意して4人で香典を連名で出す場合、合計20,000円となりますが、それぞれが5,000円ずつ用意した結果、五千円札と千円札が入り混じるような香典の包み方は、遺族にとってもあまり良い印象ではありません。できれば事前に金額を決めておいて、代表者が一万円札を2枚用意しておいて、そのお札を香典として後からそれぞれから5,000円ずつもらうようにするとスマートです。

香典の袋は中袋にも配慮が必要

香典袋には様々な種類がありますが、表の違いだけでなく中袋にも注目する必要があります。香典そのものを入れる中袋は、どのように取り扱うと良いのでしょう。

中袋の記載にも選ぶ文具が問われます


表書きには筆ペンなどが利用されますが、ボールペンや鉛筆は失礼であるとされています。また中袋の場合は、金額や住所など細かな文字を書く機会がありますので、筆ペンのみでは正確な内容が記載できないこともあります。そう考えますと、表書きと同じようにボールペンや鉛筆は好ましくありませんが、サインペンは利用しても構いません。読みにくいことで遺族側の事務作業を煩わせることがないように配慮しましょう。

中袋がない香典袋でしたが…

ほとんどの香典袋には中袋が添付されていますが、商品によってはないものもあります。その場合には、香典となる現金を直接入れることになりますが、マナー違反ではありませんので、そのまま現金を入れます。金額や住所は香典袋の裏面に記載するようにしましょう。

直接持参できない香典の取り扱い方とは


通夜にも葬儀にも参列できない場合、郵送という形で香典を渡して気持を添えることができます。これは個人でも連名でも同じですので、マナーとして覚えておくと役立ちます。

普通の郵便で送ってはダメ?

香典袋に入っているのは現金ですので、現金を郵送する際には郵便局で現金書留の手続きをします。送る金額によって手数料が異なりますが、確実にそして安全に香典を送り届ける為には仕方ありません。通常通り香典袋を用意して、全ての準備ができた段階で郵便局へ行きましょう。

香典袋だけを送るのは失礼?

受け取った遺族側は、見ればすぐに内容が分かる香典袋ですが、少しでも言葉を添えた手紙を入れることで、故人を偲ぶ気持ちが一層伝わります。短い文章でも構わないので、手紙を添えるようにするのがおすすめです。

送るタイミングも大切です

訃報を聞いた時期にもよりますが、できれば通夜の前日までの届くようにするのがマナーです。また連名にする場合などは、それぞれから香典の金額を集めてなどという作業を行っていますと、いつまでも予定が合わずに時間が掛かります。誰かが代表で立て替えておくなどして、遺族に香典を届けることを最優先すると良いでしょう。

訃報を知った時期が通夜や葬儀告別式の後だった場合

場合によっては訃報を知るタイミングが遅く、通夜や葬儀告別式が終わった段階であることもあります。それでも故人を偲ぶ気持ちを伝えるために郵送で香典を送りたい場合は、遅くなってしまった旨を詫びる手紙を添えて、喪主あてに送る手続きをしましょう。

郵送で届いた香典が連名だった時の遺族側の行動

現金を郵送しているということで、送った側としては無事に届いたか気になっているのは確かです。遺族にとっては忙しい時期ですが、届いた段階でお礼の電話を一本入れるようにするとスムーズです。また連名だった場合、全ての方にお礼の電話をするのは大変ですので、現金書留で代表者となっていた方のみ連絡をして、後はその代表の人から伝えてもらうようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか。連名で香典を受け取る場合や渡す場合には、それぞれのマナーがあることが分かりました。いざという時に役立つ内容となっていますので、是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい