訃報の文例を条件別に紹介!予め確認しておこう!

悲しい知らせとなる訃報は、突然であると共に大切な通夜や葬儀の時間なども生活に伝える必要がある重要な書類です。書き方をある程度理解しておきますと、いざという時にも慌てずに済みます。今回は訃報の文例を紹介すると共に、条件別で見やすく分かりやすい内容となっていますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

訃報とは?


訃報とは、家族が亡くなったことを故人に関係していた人に知らせることを指し、有名人や芸能人などの場合はテレビの情報番組などで知ることができます。

どんな手段で訃報を知らせる?

亡くなって日が浅い段階で通夜や葬儀告別式を行うことも十分ありますので、早く連絡が取れる電話がおすすめです。メールやファックスなど便利な手段はいくつかありますが、確実に相手に伝わったことを確認するのは、会話ができる電話が一番でしょう。亡くなったことを連絡するだけでも良いですが、通夜や葬儀告別式の日程が決まった時に再度連絡する必要がありますので、1度で済ませる場合には日程が決まってから急いで連絡をするようにしましょう。

誰に伝える必要がありますか?

家族はすでに知っている場合がほとんどですので、親戚や近親者など親族関係にまず連絡をします。その後遺族が親しかった方や近所の人、遺族の関係者などに連絡をします。しかし最近では家族葬などで済ませることもあり、全ての葬儀が終わってから故人の友人に知らせることがあります。どのような形式で通夜や葬儀告別式をするのかによって連絡の仕方が変わります。

連絡する人数が多い場合は身内で分担をします

少ない人数の場合は喪主が代表で訃報を知らせる電話を行いますが、人数が多く一人では負担が多すぎる場合は、身内で分担をして電話で訃報を知らせます。また友人の代表などに一人連絡をして、その仲間への連絡はその人にお願いするようにしますと、大きく人数を削減して訃報の連絡ができます。

新聞のお悔やみ欄を活用しよう

地域によっては、新聞にお悔やみ欄を設けて亡くなった方の通夜や葬儀の日時を掲載している新聞社があります。これは葬儀会社から依頼を受けた新聞社が行いますので、通夜や葬儀告別式の依頼をする際に相談するのがおすすめです。

訃報で伝えることは?

通夜や葬儀告別式の日時や場所以外に、訃報では何を伝えると良いのでしょう。まず喪主の名前と連絡先を伝えておきます。念のため故人の宗派を伝えておくと良いでしょう。多くは仏教ですが、中には神道やキリスト教の場合もあります。通夜や葬儀告別式に参列する際のマナーにも関わりますので伝えておきましょう。また死因は無理に伝えることはありませんが、聞かれる可能性があるので病名などをきちんと伝えられるように整理しておくと良いでしょう。

訃報は突然飛び込んでくる!事前に書き方を確認しておこう!


電話で伝える訃報もありますが、文書を利用して伝えることもあります。言葉で伝えるよりも難しく、文字として残ることから書き方を把握して作成した方が見る人が読みやすい訃報の文書に仕上がります。

文書で知らせるのは企業内での訃報の知らせが多いです

会社勤めを行っていますと、社員の家族が亡くなった知らせを受けることがあります。このような場合には、文書が使用される場合やメールで送信されることがあり、ある程度定型されたものが用意されていることがあります。

社内と社外で言葉の使い方が異なるので注意

例えば社外に訃報を知らせる場合、自分の会社の社員に対して敬語を使用するなど、ほんの些細なことにも注意をしなければいけないのが文書での訃報です。作成後には読み直しを行い、漢字の誤字脱字を含めて細かくチェックするのがおすすめになります。

訃報の文例を紹介

訃報にも様々な種類があり、シチュエーションによって内容が変わります。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

社員の訃報を社外に通知する訃報文例

社員の訃報を社外に通知する場合には、どのような訃報の例文が良いのでしょう。この場合には、自社の社員のことなので敬語の使い方に気を付ける必要が7あるので、注意してください。

弊社 部長 ■■■■ 儀が去る平成○○年○月○日午前○時○分享年○○才にて逝去致しました。ここに生前のご厚誼を深謝するとともに謹んでご通知申し上げます。なお、通夜並びに葬儀は下記の通り営みます。

家族の訃報を社内に通知する訃報文例

家族の訃報を社内に通知することもあります。文書を印刷して張り出すという方法よりも、個人の社内用メールなどに通知するケースが多いようです。

○○部××課の■■■■殿のご尊父□□□□は、◇◇のため●月●日●時●分、享年※※才にて永眠されました。通夜及び像儀告別式は下記の通り執り行われます。故人の冥福をお祈りすると共に謹んでお知らせ申し上げます。

家族葬の場合の訃報文例(社内文章)

最近多くなっている家族葬の場合です。家族葬ですので、当然家族のみで葬儀などのセレモニーを行い、後日お別れの会を開催するケースが増えています。

●●部 □□課 ▽▽▽▽様の母▲▲▲▲様(※※歳)が〇〇のため◎月◎日、逝去されました。通夜、葬儀は、御本人及びご遺族の意向により、既に家族にて密葬が執り行われますので、謹んでお知らせいたします。

家族葬の場合の訃報文例(社外文章)

社外に知らせることがある家族葬は、どのような文例が良いのでしょう。

弊社取締役営業部長○○○○儀。かねてより病気療養中でありましたが、○月○日午後○時○分、○歳にて永眠いたしました。ここに生前のご厚誼に深く感謝いたしますとともに謹んでご連絡申し上げます。なお通夜及び葬儀告別式は故人の意思、ご家族の意向として家族葬にて執り行うとのことです。よってご会葬およびご厚志につきましてもお控えいただきますようお願い申し上げます。なおご家族葬とのことですので葬儀の日時、場所などの記載はいたしませんのでご了承ください。

訃報を出す時期は?

では、訃報はどんなタイミングで出すのが良いのでしょう。

通夜や葬儀までの時間を考えて早い方が良い


葬儀まで時間がないことが多い訃報の知らせは、できるだけ早く出すのがマナーです。遅くても葬儀の前日には届くように送るのが良いでしょう。

読む人の気持ちになって作成しよう

文書でつくる訃報の場合は、手にする方が読みやすく情報を理解することが大切です。文書を急に作成を依頼されることもありますので、事前にある程度の作り方をマスターしておくとスムーズです。特に家族葬の場合は、お別れの会をする場合もありますがそのまま何もしないことによって、訃報を知った方が自宅に弔問に訪れることがあります。そうなりますと、毎回遺族は訪問者を招き入れることとなり、家族葬をした意味がなくなってしまいます。家族葬をする場合にはきちんと記載をして、その時に気持ちを添えてもらうようにすると良いでしょう。

訃報を聞いたあとに行うこと

どのような手段で連絡を受けたのかによっても変わり、相手との関係性によっても変わる訃報との関わり方ですが、どんな声掛けや行動が良いのでしょう。

電話で受けた訃報の場合

その場で話ができますが、驚きを隠せないのが正直なところで、上手く相手を思いやるような言葉が掛けらないかもしれません。しかし驚きながらも気を落とさないように声を掛けることを忘れず、体調管理に気を付けるように相手への配慮を行いましょう。間違っても死因を聞きだして闘病中のことを探るような失礼な会話はたとえ親しい間柄でもマナー違反です。遺族の心情を考えて、不快に感じる会話をしないように気をつけましょう。

メールで受けた訃報の場合


会社内ですと社員にメールで従業員の家族に関する訃報を受けることがあります。直接会う機会があれば声を掛けることもできますが、直接会う機会の無い方であれば、まずはお悔やみのメールをしておくと良いでしょう。忙しいことを配慮してメールの返信をしない方もいるようですが、短い文章で構わないので一言メールで返信をしておくのがおすすめです。

印刷された文書で受けた訃報の場合

会社内での通知や町内会の回覧板など、訃報を文書で知らされることが今の時代でもまだあります。このような場合にもできれば一言お悔やみの言葉を掛けられると良いですが、遺族の方に直接会うのが難しいような場合には、電話やメールで知らせを受けたことを連絡するのがおすすめです。

電報でお悔やみの気持ちを伝えられます

電話やインターネットで簡単に申し込みできる電報は、訃報を受けた時に相手に負担を掛けずにお悔やみの気持ちを伝えられる手段です。メールが普及した現代ではあまり目立つ存在ではなくなっていますが、今でも活用されています。

例文が沢山あるので安心

文章を考えるのが苦手だし…と躊躇する方も多い電報ですが、様々なシーンに合った文例が沢山あるので安心して利用できます。また申し込み時間帯によっては全国即日配達に対応するなど、幅広く活用可能です。

宛先やあて名などの間違いは失礼になります

慌てて準備することが多いお悔やみの電報ですが、宛先やあて名、続柄などの間違いは相手方に大変失礼になりますので十分気を付けましょう。また故人の宗派を理解しないままお悔やみの電報を用意してしまいますと、言葉の使い方などで失礼にあたることもありますので注意が必要です。必ず宗派などを調べた上で電報を送るか、宗派などによって左右されない文例から電報を選ぶとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたか。今まであまり訃報について深く考えたことがなかった方でも、訃報に触れるのは突然であることが多いです。そのため、早い段階から知識を増やしておくと、遺族の方に失礼にならずに接することができます。訃報に触れた時に役立つ内容として、是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい