がんと在宅医療について!自宅でのがん治療とは?

在宅医療とは、病院での入院ではなく、自宅で過しながら治療を続ける選択肢の一つです。がんなどの症状によっては病院での生活よりも自宅での時間を選ぶ方が多く、在宅医療の必要性が訴えられています。しかし課題が多いのも現状で、安心して自宅で過ごせる環境を整備することが求められます。今回はがんの症状と戦う方の在宅医療についてと、自宅でがんの治療をすることが可能であるかを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

がんと在宅医療について


がんと診断された方の中には、手術をすることで元通りに回復して今まで通りに生活できる方がいる一方で、既に末期症状である場合や、手術が難しい位置に腫瘍ができているなど、死と向き合う準備をしなければいけない方もいます。このような場合には、残り少ないわずかな時間を病院で過ごすのではなく、家族がいる自宅で過ごすことを選ぶ方もいます。どのような選択をするのかはそれぞれですが、自分が後悔しないような選択をすることが大事です。

最期を大切な家族と過ごす

病院とは違い規制がない自宅での看護は、ベッドから自由に動けないような症状であっても、やはり大きな解放感があります。病院では人によっては相部屋で過していた場合もあり、落ち着かない時間を過ごしていたはずです。しかし時にはわがままも言える自宅での時間は、病気であることを忘れてしまうくらい心が軽くなる方が多いとされています。しかし家で過ごしていても医師の診察や薬の服用などは継続されますので、きちんと専門医の話を聞いて治療を受ける必要があります。

痛みを和らげる緩和ケアを自宅で行う

自宅にいてリラックスしていてもがんの症状との戦いは続きます。がん細胞が活発に働くようになりますと、傷みを和らげる緩和ケアが求められます。この緩和ケアは末期症状の方だけでなく、初期段階から行われる方法で、少しでもがんの症状から遠ざかるようにして、進行を遅らせるようにする方法です。この緩和ケアをリラックスしている自宅で行うことに意味があり、少しでも長く家族といられるようにして、発作的に起こる痛みの緩和を図ります。

がんを在宅医療という方法で治療するメリット

がん患者が在宅医療で治療を進めることには、どのようなメリットがあるのでしょう。

家族と一緒に過ごし安心した気持ちになる

長い闘病生活をしていた方の場合、一時帰宅などの機会に短期的間だけ自宅で過ごすのが精いっぱいだったかもしれません。このような環境では入院する本人だけでなく、看病で付き添う家族にとっても好ましい状況ではありません。しかし患者が自宅にいるということは、今まで看病で付き添っていた家族の生活も大きく変わり、留守番をしていた家族にとっても日常が大きく変わります。何より患者が安心して自宅で過ごせるので、表情が明るくなる方が多いです。がんと言う大きい病気を抱えた方でも、気持ちの変化が症状に現れるようです。

痛み止めは入院時よりも減らすことができる


がん患者の多くは、痛み止めの注射などを頻繁に打つなど、ストレスとなる治療を重ねて過ごしています。しかし自宅で過ごすことになりますと、このような痛み止めの注射などはあまり使用しなくなります。回数や本数を減らすことで、治療の負担と治療費の負担を両方軽くすることができます。

医療費が入院より安い

医療費の多くは入院費が割合を占めています。当然ですが毎日自宅以外の場所で過ごして寝泊まりしていると考えますと、どんなに健康保険や各種補助の恩恵を受けた場合でも、長期的な入院は費用を大きくさせます。その点在宅医療に切り替えますと、入院費用は掛からなくなりますので、治療に関する出費のみと考えればよいことになります。しかし在宅医療を始める前には、医療用ベッドの購入やレンタルの申し込みを始め、患者を受け入れる体制を自宅に整える必要があります。しかし長期的に入院費用を納めるよりは、結果的には安く済むはずです。

デメリットは?

では在宅医療のデメリットはどのような点にあるのでしょう。

家族への負担は入院した場合より大きい

家族と共に過ごせることで患者の表情が明るくなるのは何よりですが、24時間体制で患者を見守る必要があることから、今までよりも負担が多くなります。入院していた頃は、医療スタッフに任せて面会時のみ世話をすればよかったのですが、自宅で過す在宅医療の場合は、そういう訳にはいきません。全てを家族のみでケアするのは難しいので、医療機関やその他の専門機関と連携することが重要です。

家族の意思統一が必要

在宅医療は一緒に暮らす家族の生活にも大きな影響を与えます。直接世話をする方だけの負担ではなくなります。多少の援助や手伝いをお願いする可能性を考えますと、同じ思いで患者を世話する団結力が求められます。時には意見が合わないことや違う考えの方も居るでしょう。しかしトラブルになることを避けて話し合いをしないままでは、いざという時に余計大きな揉めごとになり、せっかく在宅医療を選択した患者を傷つけることになります。一度家族だけでなく親族も含めて話し合いの場を設けておきますと、様々な意見が聞けるので、その後の看病にも役立ちます。

緊急時の対応が遅くなる


医療機関に入院していますと、緊急時には看護師などがすぐ異変に気付いてくれるので、その後も素早く対応が行われます。しかし在宅医療の場合はその責任が家族に降りかかりますので、夜間や深夜で眠っている場合などは気が付くまでに時間が掛かるかもしれません。また眠っている間に何かあったら困るという理由で、家族の睡眠時間が奪われるようなことにも繋がります。このような状態は、長くなる可能性もある在宅医療の現場として健康上よくありません。家族のみではなく、専門家に相談してより良い看病の仕方を検討する必要があります。

訪問診療と往診の違いを知ろう

医師の診察を受けることに変わりがない訪問診療と往診ですが、どのような違いがあるのでしょうか。

訪問診療とは

訪問診療とは、毎週○曜日の○時にと言うように、約束して医師が訪問して診療します。1週間や2週間に1回の割合で定期的に訪問して、計画的な診療や治療、薬の処方や療養上の相談、更には指導などを行っていきます。また、患者や家族の方から相談を受けた時点で、これまでの病歴や現在の病気、病状などを詳しく伺うと共に、関係する医療機関などから情報収集を図ります。どのような治療を今まで受けていたか、家族の介護の力や経済的な事情なども詳しく聞いて、診療計画や訪問スケジュールを立てるのが訪問診療です。また急変時には緊急訪問に伺うことや、入院の手配を行ったりするなど、臨機応変に対応します。多くの場合は24時間体制で在宅療養をサポートするのが訪問診療の特徴となります。

往診とは

一方の往診とは、通院できない患者の要請を受けて、医師がその都度診療を行います。突発的な病状の変化に対して、救急車を呼ぶほどでもない場合などは、普段からお世話になっているホームドクターに診察を依頼することから、基本的には困ったときの臨時の手段です。

在宅医療には訪問診療が適しています

定期的な訪問が実現する訪問診療は、医療の提供を自宅で受けながら、治療方針の計画が立てられる在宅医療を取り入れるのがおすすめです。家でリラックスした状態でいる場合であっても、症状が進行している可能性は十分考えられます。定期的な診察が受けられる訪問診療の態勢が整っている環境こそが理想の状態です。

在宅で受けられるがん医療


がん医療の進化は目覚ましく、在宅でも受けられるものが多くなっています。一体どのような内容になっているのでしょう。

疼痛管理

術後の疼痛管理をしっかりと行うことで早期離床を促します。また術後合併症予防を図ることができます。急性期で痛みがある時は、患部を上にしてアイシングを行います。患部を上にすることで腫脹が軽減して痛みが和らぎます。クッションや枕を丸めたタオルなどを使用すると良いでしょう。アイシングの道具としては、ジェルタイプの保冷材や氷枕などがあり、部位に合わせて選択するのがおすすめです。

緩和ケア

日本ではホスピスはがん症状の末期医療を行う施設のことを指します。また緩和ケアは、治癒が難しい進行性の疾患での苦痛を緩和すること目指す医療やケアのことを指します。在宅における緩和ケアですが、あるアンケートによりますと、がんの末期になったら自宅で最期を過ごしたいと答えた人が半数以上でした。ところが、実際に自宅で看取られているのは、がんで亡くなる人全体の1割にも満たないのが現実です。約8割のがん患者さんが病院で亡くなっていることになります。がん患者が家で最期を迎えたいのにその希望を支えることができていない現状には、何が隠されているのかが問題になっていて、様々な側面から研究されています。また医療制度や現場の医療者が取り組める対策など、現在数多くの取り組みが進められています。

がんに対する考え方の変化

最近では医学の進歩によって、がんと死がすぐに直結するわけではないと考えられるケースが多くなっています。また様々な検診や人間ドックをきちんと受けることで、早期発見と早期治療を実現できる環境がスムーズに整い始めています。自分の健康に気を配る方が増えたことで、病気への知識や関心を高める傾向になっているのが特徴です。

まとめ

いかがでしたか。がん患者が病院ではなく在宅医療に切り替える場合には、自宅での治療環境をどのように整えるべきなのかなど、沢山考えるべきことがあります。今現在家族ががんと闘っている方だけでなく、様々な病気の家族などの在宅医療に関心がある方は、お住まいの自治体の制度がどのようになっているのかよく調べて、是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい