四十九日までに準備することと当日の流れは?

通夜や葬儀・告別式だけが故人に関わる法要と思ってしまいますが、その先にもまだ沢山の法事を進めなければいけません。その中でも四十九日法要は、あまり参列した経験が無い方でも聞き覚えがある言葉でしょう。特に重要な意味合いも数多く含まれている法要である四十九日は、詳しい内容を知っていますと今後役立つ可能性が高いはずです。是非参考にしてください。

目次

四十九日とはどのような意味があるの?

知っているようで理解できていないことが多い四十九日とは、一体どのような意味があるのでしょう。

これだけは知っておきたい!四十九日とは?

仏教の場合には、亡くなってから七日ごとに法事や法要を行います。四十九日までの法要を追善法要と言い、その後一年ごとの法要を年忌法要と呼びます。数ある法要の中でも、亡くなってから49日間を中陰と呼び、七日ごとに裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されるのが四十九日目です。この四十九日目は別名で満中陰と呼ばれ、この日が忌明けとされます。遺族はこの間、七日ごとの裁きの日に合わせて法要を行い、故人が無事に成仏できるように祈ります。

初七日と追善法要について

仏教においては亡くなってから49日間を中陰と呼び、7日ごとに法要を行います。その最初が初七日です。次はニ七日や三七日と一つずつ数字が増えて、最後の49日目が七七日といった名前になっています。七日ごとに裁きが行なわれ、極楽浄土に行けるかどうかの判定が下されます。遺族は七日ごとの裁きの日に合わせて、無事に故人が成仏できるように祈ります。少しでも良い判定をいただくために、遺族が祈ることによって故人の善行を足していくという意味で、追善法要と呼ばれます。

四十九日まで7日ごとに法要するのは大変では…

初七日から毎回僧侶を呼んで読経をお願いするようなことはせず、ほとんどの場合、初七日や四十九日、百ケ日や一周忌、そして三回忌など、主な法要の日時のみ僧侶を呼んで法事を行うのが一般的です。 中でも四十九日は忌明けの法要になるため、盛大にされることが多いようです。最近では初七日を葬儀当日に済ませてしまう場合が増えていて、通夜や葬儀・告別式に続く本格的な法要として、四十九日が一つのポイントとなる傾向にあります。

葬儀後、四十九日まで準備することは?

通夜や葬儀・告別式から1か月ちょっとで四十九日法要を行うことが分かりました。短い期間で多くのことを段取りして準備する必要があることから、しっかり詳しい内容を把握しておくことが大切です。一体どのような準備をしておくと当日の法事がスムーズに進められるのでしょう。

施主とは?

故人に一番近い血縁関係の方が通夜や葬儀・告別式で喪主を行いますが、同じように四十九日などの法要を取り仕切る中心人物が必要になります。この場合には喪主と呼ばず施主と呼ばれていて、事前の準備から当日法事が滞りなく進むように手配して、節目の挨拶まで行うなど忙しいですが、施主がいないと法要や法事が上手く進みませんので設けるのが一般的です。

日時と式場を手配

一番初めに決めるべきは日時です。四十九日法要は亡くなってから49日目にあたる日に行うのが理想ですが、週末を利用して多くの参列者のスケジュール調整をする関係上、49日目が平日だった場合には難しくなります。気を付けるべきは、49日目よりも遅れないようにすることです。前倒しをして49日目から見て一番近い週末を第一候補と考えるのがおすすめになります。

日程が決まって次に行うのは式場の手配です。自宅で行うことが少なくなった故人の法事ですが、法要の後の会食のことも考えて寺院から近い場所を抑えておくのが良いでしょう。会食は個室のレストランなどで行い、周囲を気にせず利用できる場所を予約しておきますと安心です。

案内状を手配

家族や親族だけが参列する訳ではない四十九日法要は、全ての出欠確認を電話で済ませるには限界があります。親戚関係は問題ありませんが、故人との関わりが深い友人や知人に電話をするのは、たとえ家族でも気が引ける場合もあります。そのような時には案内状を作成して郵便で送ると便利です。案内状を往復はがきにすることも可能ですが、封書に返信用はがきを入れておきますとすぐに返事がもらえます。できれば早く返事をもらって参列者の人数を把握したいと考える遺族側は、余裕を持って返事を待てるように早めに案内状を作成して投函するのがおすすめです。

引き出物を準備

参列者がお供え物や香典を持参しますので、そのお返しとして引き出物を用意します。また中には参列を辞退してもお供え物や香典を送り届けてくる方もいます。そのような方に対しても引き出物を用意して、参列者とは別に配送の手続きをして自宅に届く手配をする必要があります。ちなみに引き出物に良く選ばれるのは、男女年齢を問わず日常で利用できるもので、タオルなどが人気です。引き出物を持ち帰ることを考えますと、電車やバスで参列した方にも負担とならない軽くてコンパクトなものが重宝します。

料理の手配

四十九日法要の後には、故人を偲びながら思い出話ができるように、会食する席を設けるのが一般的です。しかしその場で会食をするのではなく、弁当や酒を持ち帰りできるように手配するケースもあります。どちらにしても参列者の人数の把握や、会食する方の人数や子供の人数を確認するのが重要です。また予約時には、四十九日法要で予約している旨を伝えますと、豪華な海老や鯛をメニューに入れない献立に仕上げてもらえます。更にアレルギーについても確認しておきますと安心して会食できるはずです。

僧侶、本位牌や仏壇の準備

読経や法話などを依頼する必要があることから、僧侶にも早めに連絡を入れてスケジュール調整をする必要があります。特に希望した日時や時間に他の法要が入ってしまっていますと、会食時間をずらす必要があるなど法事全体の開始時間にも大きく関わりますので、早めの相談がおすすめです。また会食の参加の可否もこの時点で確認しておくと食事を無駄にする危険性がありません。併せて本位牌や仏壇の準備もしておきましょう。お供え物などがたくさん届く可能性がありますので、綺麗に仏壇を掃除して整えておくと気分良く法事当日を迎えられます。

四十九日の流れ

では実際に四十九日法要はどのような流れで進められるのでしょう。参列した経験がある方には大体の予想ができますが、今まで一度も参列したことがない場合は、どのような順番で何を行うのか見当もつかないはずです。是非参考にしてください。

開式

四十九日法要が開始されますので、遺族から順に席について僧侶の入場を待ちます。一般的には、僧侶の真後ろに喪主が座ります。その周りに遺族や親族が位置して、その後ろが友人や知人などの一般参列者になります。また小さな子供連れの方は、子供が飽きてしまった場合や泣き出した時等など、素早く退席できるように端に位置しておくと行動がスムーズになります。

僧侶入場

僧侶が入場してきましたら、着席する指定の場所へ喪主が案内します。

喪主挨拶

開式の挨拶を喪主が行います。長く故人の思い出話をする必要はなく、短い時間で簡潔に挨拶をした方が良いでしょう。参列していただいたお礼と共に、今日1日よろしくお願いしますという気持ちを込めて挨拶をします。短い文章でも緊張して言葉に詰まる可能性があります。不安な方はメモ書きを準備しておくと安心です。

僧侶による読経

僧侶による読経が始まります。小さな子供は聞き慣れない言葉の雰囲気で動揺するかもしれませんが、貴重な時間となりますのでその場にいられるように工夫すると良いでしょう。しかし長い時間行われる可能性がある読経は、途中どうしても飽きてしまう子供がいます。そのような場合は無理せず、泣き出す前に子供を連れて退席することも一つの対策です。

遺族から順番に焼香

焼香は家族や親族だけでなく、参列者全員が行います。遺族から順番に進み、一般参列者まで一人ずつ順番に行います。この間にも僧侶の読経は続いています。小学生蔵になりますと、一人で焼香することもできますが、親子ペアなど傍に大人がついた状態で行った方が安全です。現代では焼香などをする機会が少ないことから、大人になるまで法事に参列したことがないケースも珍しくありません。子供が焼香をする気持ちになっている際には、何事も経験であることを踏まえて、事前にしっかり指導をして挑戦するのがおすすめです。

僧侶による法話

参列者全員の焼香が済みますと、僧侶の法話が開始されます。日常生活では聞くことがない僧侶の話が聞ける貴重な時間です。

僧侶は退場

僧侶が退場します。この時点でまだお布施やお車代などを渡していない場合は、退席後に空いた時間を利用して忘れずに渡しましょう。お布施やお車代などは法要前に渡すのもマナー違反ではありませんので、その時のタイミングなどを見て行動すると確実に渡せます。また僧侶が会食に参加することもありますが、辞退する場合にはお布施とお車代に加えて、御膳料を包むのが一般的です。

お墓ができている場合、納骨式を行う

お墓の状況や遺族の考えにもよりますが、四十九日法要の時に納骨式を一緒に行うケースが多いです。また新しくお墓を設けた場合、四十九日法要には間に合わない可能性が高いので、新たに納骨式のみを執り行うことになります。場合によっては一周忌法要まで納骨しないなど、故人の生前からの意向や遺族の考えによって変わります。納骨式はいつ行うという決まりはありませんが、三回忌法要までに済ませるのが一般的です。

施主挨拶

四十九日法要が滞りなく済み無事に終わるので、喪主と呼ばれていた方が施主になります。会食への案内や法要が無事に終わったお礼などを含めた挨拶文を作成し、施主の挨拶とします。その場で言葉を考えられる方は問題ありませんが、念の為事前に用意しておいた方が安心です。ここでもあまり長い挨拶よりも短めに話をする方が良いでしょう。

会食

会食は個室のレストランや食事処、ホテルなどへ移動するケースが多いです。できれば寺院や墓地から徒歩圏内にあると良いのですが、難しい場合にはタクシーやバスの手配なども事前に行っておくとスムーズです。立食スタイルや大皿料理を取り分けるような雰囲気ではなく、一人分ずつ用意されている食事を落ち着いて食べるようになります。

四十九日に掛かる費用相場は?

四十九日法要には様々な費用がかかりますが、それぞれの相場金額を知っておきますとお金の準備をする際にも迷いがなく用意できます。今さら誰かに聞けない…という方にこそ役立つ内容ですので、是非参考にしてください。

お布施

読経や法話などを依頼する僧侶へのお布施は、葬儀時のお布施の1割程の金額とされています。またお布施以外にも僧侶のお車代を用意します。このお車代は、自宅で四十九日法要を行う場合など、僧侶に足を運んでいただく機会があった時に用意します。また会食に参加しなかった僧侶には、御膳料として食事代金相当の金額を包みます。しかしここで注意が必要です。お布施とお車代、更に御膳料とそれぞれの金額を合わせて一つの袋に入れることはマナー違反で、それぞれに分けて僧侶に渡さなければいけません。

引き出物代

お供え物や引き出物の代金は、一人3,000円から5,000円ほどが目安とされています。お供え物や香典をいただいたお返しに渡す引き出物ですが、あまり高額過ぎる引き出物ですと、かえって相手の負担となります。タオルや石鹸などの日常使いが出来るものが喜ばれますので、参列者の人数に合わせて用意します。また四十九日法要に参列はせず、お供え物や香典を送ってくれた方にも引き出物を配送しますので別で手続きします。

会食費

会食をする際には一人5,000円前後が目安とされています。また小さな子供がいる場合には、子供用メニューを依頼するなど、細かな配慮が求められます。更にアレルギー体質で食事に制限がある方への対応を求められる場合がありますので、会食を予約する際に要望に応じてもらえるか相談しておくと安心です。

式場使用料

会場の広さや場所によって差はある式場使用料ですが、50,000円ほどが目安とされています。四十九日法要が決まった段階で早めに予約をしておきますと、候補としていた日時に式場を使用できます。

四十九日の数え方は?

四十九日法要の日程を決める際に欠かせない数え方は、一体どのような方法が正しいのでしょう。

どう数える?四十九日の日数計算

亡くなった日を含めて49日目を当日とする四十九日は、最近では亡くなった日にちを入力するだけで、自動で計算できるシステムもあるようです。また関西の場合は数え方が異なることもあり、亡くなった日の前日から数える場合もあります。

前倒しして行う必要がある四十九日法要…どうしても無理な時は?

49日目当日に四十九日法要ができない場合、直前の土曜日や日曜日を法要の日にする必要があります。しかし、どうしても49日目を過ぎないと無理な時には、どのように対処したら良いのでしょう。まず49日当日に施主一人でも良いので、故人の冥福を祈る静かな時間を設けます。その後四十九日法要に代わりに百か日前後に法要をするように計画することで、問題は解決します。

四十九日の頃が年末年始…どうするべき?

亡くなった日にちによっては、四十九日法要をする頃が年末年始になるケースもあります。このような場合は、年末年始を避ける意味合いと共に先延ばしにしないために、35日目を基準にして法要を計画すると良いでしょう。初七日から始まって七日ごとに区切られている五番目にあたる五七日で法要の日取りを決めますと、年末年始を避けて執り行えます。

四十九日のお返しについて

四十九日法要にいただいたお供えのお礼として引き出物を返すのは常識です。なお、忌中に香典をいただいた場合にお礼として返すのは香典返しと言い、引き出物とは異なりますので気を付けましょう。引き出物の選び方やのし、相場などを細かく紹介しますので、引き出物選びの際には是非参考にしてください。

参列者だけでなく送っていただいた方にもお返しを…

四十九日法要に参列する方の分しか用意せず慌てた経験を持つ方も少なくない引き出物は、参列を辞退してもお供え物などを送って下さる方がいます。特に遠方で足を運べないなど、生前故人と親しくしていた方の中には様々な立場の人がいます。親族のみで行う法事ではない四十九日法要の場合は、もれなく引き出物を準備することが求められます。

熨斗(のし)はどのようにする?

熨斗の表書きはどうしたら良いでしょう。表書きは志や粗供養と書かれていて、黒白か双銀の結び切りのものを用意します。購入する際に一周忌法要で使うことを伝えておきますと、店頭スタッフが見合った熨斗を用意してくれるはずですが、念のため覚えておくといざという時に役立ちます。

引き出物の金額はどれくらい?

ではいくらぐらいの金額の引き出物を買い求めるのが良いのでしょう。相場は3,000円から5,000円ほどが目安とされていて、あまり高すぎず先方の負担とならない金額や商品がおすすめです。

引き出物の選び方は?

実際に選ぶ際にはどのような判断基準で決めると良いのでしょう。実店舗で購入する場合には、スタッフに相談しながら決めると過去の販売実績から良く選ばれるものなどをセレクトしてくれます。

実用的に使える物

一般的に言われるのが、タオルやお茶、コーヒーなど実用的でいくつあっても困らない物が良いとされています。また男女年齢を問わず使用するタオルや、本人が飲まなくても来客時に利用できるお茶やコーヒーは、オーソドックスな引き出物の一つです。

お菓子の場合は賞味期限に注意を

お菓子にも様々な種類がありますが、一つ気を付けたいのが賞味期限です。せんべいやクッキーのように長持ちする商品は問題ありませんが、生菓子のように短い賞味期限のものは急いで食べなければいけないなど、先方に負担が掛かります。商品選びには気を付けましょう。

商品券を返すこともある

現金感覚で使える商品券は、大変喜ばれる商品です。好きなものが自由に変える上に、持ち帰る際にも荷物が増えることがありません。また配送する引き出物がある際にも、送料の負担が少なく済みますので、遠方の場合や複数箇所に送る必要があっても問題亜ありません。

高島屋のおすすめ引き出物

全国各地に複数の店舗を持つ高島屋は、日本を代表するデパートといっても過言ではありません。ここでは高島屋のオンラインショップで販売する商品を二つ紹介しますので、是非参考にしてください。

■とらや 小形羊羹10本入り 2,700円
老舗和菓子店として有名なとらやの商品は、引き出物に最適です。羊羹が小分けになっていますので食べやすく、賞味期限も長い商品ですので安心です。幅広い年齢層の方が美味しく食べられる羊羹ですので、低価格の引き出物を探す方におすすめの一品となります。

■山本山 銘茶詰め合わせ 4,860円
こちらも有名店である山本山の商品で、お茶が好きな方が喜ぶ商品です。こだわりの伝統技法でつくられた茶葉が商品化されているのが特徴です。二本入りですが重たくなる心配もなく、持ち帰る際にも荷物が増えません。

詳細はこちら

引き出物は実店舗?インターネット注文?

便利で多数の商品を同時に比較検討できるインターネット注文ですが、引き出物を選ぶ際に利用することはマナー違反にはならないのでしょうか。忙しい方や地方の方が、わざわざデパートがある地域まで買い物をするのは大きな労力で、今の時代はそのような不便さを解消して生活することが当たり前になっています。実店舗にこだわらずに、場合によってはインターネット注文を便利に利用しても良いとされています。故人を思いお供えしてくださった方々への感謝の気持ちを込めて、是非より良い引き出物を選んでみてはいかがでしょう。

四十九日法要に関する豆知識

四十九日法要について、今まで沢山のことを知って理解したつもりですが、まだ知られていないことやあまり浸透していないことがあります。是非参考にしてください。

寒い冬に気を付けたい四十九日法要の服装

屋外で長く過ごす可能性がある四十九日法要は、喪服や略式喪服だけでは寒い日もあります。そのような場合にはコートなど上着を羽織ることも可能ですが、会場に入る際には脱ぐ必要があります。また屋外にずっといるような時でも、焼香をする時だけは脱ぐ必要があります。色遣いも大切ですが、皮製品や毛皮など動物の死を連想させる上着はマナー違反となります。落ち着いた色を選ぶと共に素材にも気を配りましょう。

四十九日法要に子供が参列する際の服装


学生は制服を着るのが一般的ですので、制服がある方はそのまま普段通り着用して参列します。制服がない場合や小学生ぐらいの小さな子供の場合、白いブラウスやシャツを用意して、黒や紺のスカートやズボンを着用します。靴や靴品などもできる限り黒や紺を用いて準備します。わざわざ買い求める必要はありませんが、手持ちの物で頑張って揃えるのが難しい場合には、子供の友人に一時的に借りるのも一つの方法です。

まとめ

いかがでしたか。四十九日法要は故人が亡くなった後に行う法事の中でも、比較的大きなポイントとなる重要な位置づけがあることが良く理解できました。普段改めて四十九日法要について考える機会が無い方でも、是非今後に役立つ情報として知識を増やしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい