納骨式に香典は必要?香典袋のマナーも紹介

火葬した遺骨を骨壺に納めた後には、納骨式をしてお墓に納めるのが一般的です。通夜や葬儀・告別式や各種法事とは異なる納骨式ですが、そのような時に香典を持っていく必要があるのでしょうか。金額だけでなく使用する香典袋のマナーも紹介します。是非参考にしてください。

そもそも香典とは


通夜や葬儀・告別式の持参する香典ですが、以前は現金ではなくお線香などを用意するのが一般的でした。中には突然不幸に見舞われることもあり、大きく掛かる葬儀費用などに対して少しでも負担なく行えるように支援する意味があります。

少ない金額でも良いの?

自分が若い場合や相手との付き合いの度合いなどによっては少ない金額を包んで香典とすることもありますが、3,000円より少ないなどあまり少額では、香典返しなどかえって遺族側の負担の方が大きくなる可能性があります。最低でも3,000円から5,000円は包むようにしましょう。

金額によって香典袋を変えた方が良い?

香典袋は香典の金額に合わせたものを選ぶのがマナーとされています。高額になるほど、のし袋もそれにあわせた高級感のあるものを使用するようにすると、金額とのし袋の調和がとれます。

3,000円から5,000円では水引きが印刷された略式香典袋、10,000円から20,000円では白黒の水引きを掛けたものなど、30,000円から50,000円が高級和紙に銀の水引きをかけたものとされています。またそれ以上の金額の場合には、更に手の込んだ装飾がされているものが良いとされています。基本的には、10,000円の場合、実物の水引きが掛かっているものを選ぶと良いです。

便利な袱紗は一つ持っていると重宝します

香典を持参する時に役立つ袱紗は、香典袋を持っていることを隠す意味と共に、お金を大切にすることを表しています。一般的には紫色のものが多いですが、紺など落ち着いた色合いの袱紗を購入しておきますと、いざという時に重宝します。

納骨式でも香典は必要?

遺骨が入っている骨壺をお墓に納める納骨式には、香典が必要になるのでしょうか。執り行う時期によりますが、四十九日法要や一周忌法要に近い頃に納骨式が執り行われます。香典はどのようにしたら良いのでしょう。

四十九日や一周忌の法要と一緒に行うケースが増えています

納骨式を行う場合、「基本的には香典が必要とされていますが、最近では四十九日や一周忌の法要と一緒に納骨式を行うケースも増えています。その理由は様々ですが、通夜や葬儀・告別式の後にも様々な法事が多くあることから、遺族や親族の負担を少しでも軽くさせようとする考えが一般的です。

納骨式には僧侶が来るの?


納骨式は墓石を移動させて骨壺を納めることから、僧侶だけでなく墓石店の専門スタッフも同席して作業を行います。素人判断でできる作業ではないので、納骨式をする場合には、僧侶と墓石店への連絡が必要です。これは四十九日や一周忌の法要と一緒に行う場合にも同じで、特に僧侶には納骨式も一緒に行う旨を必ず伝えましょう。

多様化する納骨への考え方

納骨式に香典を…と考えることもなく、納骨式を必要としない新たな納骨の手段が増えています。例えば海や山への散骨を始め、樹木葬や手元供養など、お墓に入る選択肢しかなかった時代とは異なります。遺族の考えというよりも故人が生前から希望していることが多く、亡くなった後の過ごし方も自分らしくいたいと思う方が増えています。

納骨式での香典の相場は?

では実際に納骨式に参列する場合、香典の相場はどのくらいと考えるのが良いのでしょう。故人との関係により異なりますので、いくつかのパターンで考えてみましょう。

通常の香典

通常の香典は5,000円ほどが相場です。しかし納骨式のみをして終わるケースも少なく、会食をする場合があります。そのような時は会食の費用分を考慮して10,000円ほどの金額を増やして包みます。

故人と親しい関係の場合

親や兄弟などより身近な方の納骨式の場合は20,000円から30,000円が相場とされています。決まった金額はありませんので、この金額よりも多くすることも少なくすることも可能です。故人との関係や一緒に参列する方との相談も踏まえて金額を決めるのがおすすめになります。

納骨式には参列できない…香典を郵送した方が良い?

故人や遺族を思って気持ちを添えるのが香典です。納骨式に参列できないことを悲しく残念に思うのであれば、納骨式の前日までに届くように香典を郵送すると自分でも気持ちが落ち着くでしょう。その場合は普通郵便で送るのではなく、現金書留の袋を使用します。現金をそのまま郵便で送るのは違反となりますので気を付けましょう。

納骨式での香典袋のマナー

納骨式に持参する香典の金額は理解できましたが、香典袋はどのようなものを選ぶのが良いのでしょう。遺族に対して失礼にならないようにしっかり覚えておきましょう。

宗派を意識して用意する香典袋

香典袋の種類は故人の宗派によって異なりますが、御供物料は宗派を問わず使える香典袋です。持参する前に故人の宗派を確認しておくと安心です。自分の宗派で持参するのではないので、勘違いしないように気を付けましょう。

仏教の場合

多くの方が仏教である日本では、納骨式に持参する香典袋も仏式に対応したものが多く利用されます。御霊前が一般的ですが、仏式でも浄土真宗の場合は通夜葬儀から御仏前と書かれた香典袋を持参するのがマナーです。

神式の場合

では神式はどのような香典袋を用意するのでしょう。御玉串料や御神前料、御神饌料などが良いとされています。ちなみに神式の納骨式は、五十日霊祭の日に行います。

キリスト教の場合

キリスト教では御花料と書かれた香典袋を選ぶのがマナーです。キリスト教ではプロテスタントの場合、亡くなって一ヶ月後に行われる昇天記念日に納骨式を行います。またカトリックでは一ヶ月後の命日に行われる追悼ミサに合わせて行います。

納骨式…いつまでに行うべき?


特別な日程が指定されているわけではない納骨式ですが、遅くてもこの時期までに行う方が良いという区切りはあるのでしょうか。

遅くても三回忌法要までには納骨を済ませるのが一般的

故人の意向や遺族の気持ちの整理がつかないなど、それぞれの事情によって納骨をするタイミングを逃している場合もあります。お墓の都合などの場合で遅れることもありますが、三回忌法要の時に同時に済ませるのを期限と考え、準備を整えると良いでしょう。

分骨の際にはよく親戚と話し合いをしておきましょう

納骨式をするということは、お墓に全ての遺骨を納めるというイメージですが、最近では一部の遺骨を手元供養として、自宅に置ける小さな骨壺やペンダント型など、御守り代わりに遺骨を手元に置くことや持ち歩くことも珍しくなくなっています。家族や親族が全員同じ考えであれば良いのですが、思うように行かないこともあります。故人が生前から希望していた場合でも、反対意見が出てくることもあるでしょう。スムーズな話し合いで分骨を進めるのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。納骨式のみを単体で行うことが珍しくなっていて、他の法事を合わせて執り行われるケースがふえていることが分かりました。香典袋の種類も故人の宗派によって異なりますので、事前に把握しておく必要があります。知っているようで知らないことが多い納骨式について理解を深め、いざという時に困らないようにしておくと安心です。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい