家族葬で香典を受け取っても問題ない?受け取った場合の対応方法は?

家族や親族、故人と親交のあった友人などで見送る家族葬が増えていますが、家族葬ならではの悩みごとが発生することもまれではありません。

その一つが香典ですが、家族葬では一般的に香典は辞退するケースが多くなっています。しかし、本当に辞退しても良いのか、香典を渡さなくても良いのかなど、家族葬を執り行う側も弔問に伺う側も判断に迷うことがあるのではないでしょうか?今回は、家族葬での香典は受け取っても良いのかという疑問の解消や受け取った場合の対応方法などを紹介していきます。

 

家族葬では香典を受け取らないのが一般的

家族葬はごく限られた親族を中心に行う葬儀ですので、新聞のお悔やみ欄への掲載なども行わないというのが一般的です。その為参列は勿論のこと香典も受け取らないというケースが殆どとなります。

そもそも、家族葬を行う意図は会葬者や弔問者の対応に追われること無く、静かにゆっくりと故人とのお別れをすべく執り行うものです。遺族にとって香典を受け取らないということは、香典の返礼品に対する悩みも無くなるということですので、精神的負担の軽減にもなります。

また、以前香典をいただいている方にとっては悩む所ですが、香典をいただいた場合には通常ですと香典の返礼品を渡しているはずですので、お礼は済んでいると考えて良いでしょう。

家族葬に参列する親族の場合の香典は、香典の代わりに費用を負担する場合や、費用を負担する代わりに香典は渡すなど様々なケースが考えられますので、親族間できちんと話し合っておくと良いでしょう。

香典を辞退したにも関わらず、香典をいただいた場合には弔問に訪れた本人の気持ちもありますので、頂いておき香典返しを渡すのがマナーとされています。

 

事前に香典辞退の通知をしておく

家族葬を行うということは、世間に家族が亡くなったことを知らせないことでもあります。しかし、家族葬を検討したい時や執り行うことになった場合には、事前にしっかりと家族葬で故人を送りたい旨と参列や香典辞退を通知しておく必要があります。特に親族に年配の方が多くいる場合には、なかなか家族葬という概念を受け入れられない場合もありますので、了解してもらう為の努力が大切です。

参列や香典辞退を通知する時は電話や文書などで行うのが一般的です。文書で通知する場合は、亡くなった報告のほか家族葬で行う旨と参列や香典辞退の連絡もしっかりと明記しておくことが重要です。家族葬という旨をきちんと説明がなされなかったばかりに、後日弔問者がまちまちに訪れたり、香典を持参したりとかえって気を使うことにもなりかねませんので、家族葬の意向と参列、香典の辞退などはあらかじめしっかりと通知しておきましょう。

 

故人と身近な友人へ

家族が亡くなった場合には親族は勿論のこと、故人と親しくしていた友人など最後の別れをしていただきたい方に連絡するのが一般的です。

家族葬の場合でも連絡の流れは同じですが、家族葬を行いたい旨を了解してもらうことが重要です。親族や友人、知人には電話で連絡しておくと確実に伝わります。メールなどの連絡方法もありますが確実性に不安がありますので、やはり電話での連絡の方が安心です。

知らせるポイントは、亡くなった日時や亡くなった理由、一般の葬儀の場合は通夜や告別式の予定なども知らせますが、家族葬の場合には参列して欲しい方のみに知らせるのが一般的ですので、参列をお願いしない方には通夜や告別式の日時などは知らせる必要はありません。しかし、香典の辞退の他弔電なども辞退する場合は、しっかりと知らせておく必要があります。

 

故人が勤めていた会社へ

家族が亡くなった場合は、勤めていた会社に報告することは家族葬であっても同じです。では、どのようにしたら良いのでしょうか?

その際には、葬儀を家族葬で執り行う旨をきちんと連絡し、後日弔問者を受付ける場合にはそれも併せて知らせておくとよいでしょう。そのポイントは、亡くなった方の氏名、葬儀は近親者のみで行うことに加えて、弔問や弔電、お供花、香典は辞退することをしっかりと伝えるようにしましょう。辞退しない場合は、その旨を伝える必要があります。

亡くなったことを社内のごく一部の方のみに知らせた場合は、後日親族のみの家族葬で葬儀を行ったことを連絡してもらうようにすると、会社関係者の弔問に慌てることが無くなります。また、会社によって慶弔が就業規則で決められている場合も少なくありませんので、関係部署に家族葬であることをしっかりと伝えておくことを忘れないようにしましょう。

 

家族葬を執り行う旨の通知文例

家族葬を執り行うことになった場合には、連絡方法として電話の他に文書での連絡があります。参列者の場合には電話での連絡が多くなっていますが、参列者以外の会社関係者や知人などには電話で連絡の上文書を送っておくと理解してもらいやすくなります。

文書の流れとしては、故人の名前や亡くなった日時、死因などについての他、生前の厚誼に対してのお礼の言葉などとされ、葬儀は家族葬で執り行う旨、参列や香典及び供花などを辞退する旨も併せて明記し、〆の言葉を加えます。

例文として以下を挙げておきます。

父〇〇〇(故人のフルネーム)儀、昨年より病気療養しておりましたが薬石効果なく〇月〇日午前〇時〇分〇〇歳をもって永眠いたしました
ここに生前のご厚誼に感謝し謹んでご通知申し上げます

尚 葬儀に尽きましては故人の遺言通り家族のみで執り行いますので
誠に勝手ながら御香典・御供花などのお心遣いを賜りますことも故人の遺志により固く辞退させていただきたくお願い申し上げます
残された家族に対しまして故人同様温かいご指導ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げご挨拶といたします

上記の例文のように儀礼的な文書には一般的に句読点は用いません。また、葬儀の住所なども明記しないのが一般的です。

 

もし香典を受け取った場合の対応は?

家族葬である為、香典の辞退を通知した場合でも、家族葬という葬儀の形がまだ広く認知されているとは言えない状況ですので、香典を持参して弔問に訪れる方もいるのが現状です。

参列者以外の親族や知人などから香典をいただいた場合には、一般の葬儀と同じように香典返しを渡すのが家族葬を行う側のマナーとされています。では、会社関係の方から香典をいただいた場合はどうすれば良いのでしょうか?

会社関係者が弔問に訪れた場合は、香典を持参している場合が多くなっていますが、感謝の気持ちを述べて、丁寧にお断りしても良いでしょう。どうしても断れない場合は、個別に香典返しを渡しておきます。

 

香典返しを行う

葬儀は身内だけの家族葬で行い、参列や弔問、香典までも辞退する旨を伝えても弔問を望む方も少なくありません。そんな時には、弔意に感謝して丁寧にお断りしても良いでしょう。それでも、香典を渡したいという方がいた場合は、素直に受け取り香典返しを渡しましょう。

香典返しは、すぐに行う場合や四十九日の法要の後に「満中陰志」として行う場合があります。香典返しとは言ってもそれぞれの遺族の考え方や地域性などによって渡す時期には違いがありますし、家族葬といっても弔問に訪れる方も少なくないのが現状ですので、香典返しの品は親族と相談しながらある程度の予算を決めておくと良いでしょう。

 

香典返しの品にかける費用相場は?

家族葬の場合の香典返し相場はいくらぐらいなのでしょうか?

家族葬であっても、香典の相場は通常の葬儀の香典相場に準じる形となっていますので、香典返しの相場も通常の葬儀と同じように、頂いた香典の半額程度が一般的で、身内であっても香典返しをするのがマナーとなっています。

香典の額は故人との関係の深さによって様々ですし、年齢によっても変わってくることも念頭におきましょう。家族葬は、一般の方ではなく親族や友人など限られた関係の深い方になり一般的な額よりも高額になりますので、香典返しを検討する際はそのような点を考慮して決定することが大切です。

 

香典返しの品は?

家族葬の場合の香典返しの品は、一般的に健康を守るという意味合いのお茶や不幸を洗い流すという意味合いの石鹸や洗剤類などの他、土に関係する深い陶器なども適しています。

香典返しは、即日行う場合と後日行なう場合がありますが、即日行う場合は重いものなどは避けた方が良さそうです。また、後日行う場合は相手が喜びそうな品を選ぶと感謝の心が伝わります。更には、返礼品の価格に応じたカタログなどを送り、好きな品を選んでもらうのも一つの方法です。
家族葬においても、香典返しの品はこれでなければいけないという決まりはありませんので、弔意への感謝の気持ちを込めて選ぶことがポイントです。

 

高島屋の香典返しのオンラインショップ

故人に代わって感謝の気持ちを伝えるのに最適な香典返しにおすすめの高島屋オリジナルの品を紹介してみます。

香典の返礼品として定番のアイテムが、お茶や海苔などのセットです。予算によって多彩な品が用意されており、お茶では有名な宇治茶と静岡茶、ヨックモックのシガールのセットなどはお茶好きにはイチオシです。羊羹などの付合わせの他、香典返しとしては定番中の定番であるバスタオルとフェイスタオルのこだわりタオルセットもおすすめです。また、お気に入りが選べるとして人気のカタログギフトなども用意されていますので、香典返しの額に合わせた数種類のカタログも魅力的です。

詳しいことは、下記にアクセスしてみましょう。

詳細はこちら

 

 

まとめ

いかがでしたか?

家族葬は、限られた親族や親しい方のみで故人を送ることが目的ですので、連絡を受けた側が迷わないようにしっかりと意向を伝えておくことは重要ですし、辞退したにも関わらず弔問者が訪れた場合の対応も考えておくことも大切です。是非今後に役立ててみてください。

あわせて読みたい