家族葬とは?注意したいポイントと費用相場などを紹介!

時代と共にライフスタイルの多様化や自由化が進んでいます。時間の使い方やお金の使い方にも変化が見られ、亡くなった方を送る葬儀にも様々なスタイルが登場しています。家族葬も注目されている葬儀の一つで、執り行う方も増加傾向にあります。今回は家族葬とはどんなものなのかを始め、注意点や相場などを紹介して行きます。

家族葬とは?

近年、注目されている家族葬とはどんな形の葬儀なのでしょうか?

家族葬とは、家族を中心とした近親者だけで行う葬儀のことを指し、分かりやすく言えば義理で参列する方を除くことが特徴です。家庭葬と呼ばれることもあり、故人が生前音楽好きだった場合には音楽葬、花が好きだった場合には花葬儀などその内容もそれぞれ設定できる面を持ち合わせています。無宗教でも行うことができるという理由から自由葬と呼ばれる場合もあり、オーダーメイドな葬儀として注目されています。

家族葬を執り行うメリットとしては、弔問客の対応に追われること無く身内だけで静かに過ごせ、心おきなく故人とお別れができることです。加えて、日程などが自由に決められますし、決められた遺族以外は参列も香典も辞退するのが一般的となっていますので、返礼品に頭を悩ますことも無くなります。

その一方で、理解不足の親族や一般の弔問者から思わぬ苦言を呈されたり、香典が無い為一般葬よりも親族への負担が増える場合も考えられますので、十分に話し合った上で行うことが大切です。

家族葬は、故人を心から悼み、ゆっくりとお別れの時間を作りたいという意図を持つ遺族が行なう新しい葬儀の形です。

 

家族葬はどこまでの人が参列する?

近親者だけが集まって行う家族葬は、どこまでの人が参列するのでしょうか?一般の弔問者や故人と親交があった方、親族でも家族葬に呼ばれていない親戚などはどのようにしたらよいのか悩んでしまいがちです。

家族葬の場合の参列者の範囲は、直系の家族すなわち故人の両親、配偶者、子供、孫など故人の子供の家族を中心として配偶者の父母、兄弟姉妹までの参列が一般的とされています。しかし、はっきりとした定義があるわけではありませんので、それぞれの家庭の事情や考え方で違いが見られます。

家族葬を執り行うことや参列者については、参列しない親族や友人などにはっきりと了承してもらうことが家族葬をスムーズに進める上での大きなポイントです。

 

家族葬は参列者の範囲も家族が決める

一般の葬儀では、通夜を含め親族及び故人と親しくしていた友人や知人の他、仕事関係者や近隣の方など様々な弔問者が訪れるのが一般的です。

しかし、家族葬の場合は、ある程度決められた範囲の参列者となり、その範囲も家族が決めるのが基本です。それでも、親族間や親しい方などからクレームが付く場合もありますので、故人と家族がゆっくりと最後の時を過ごすことができるという家族葬の基本をしっかりと説明して了解してもらうことが重要ですし、周りも遺族の意向に耳を傾け理解を示すことが大切です。

家族葬においては、遺族も周囲もお互いの心遣いが故人の冥福を祈る上では大切なポイントとなります。

 

参列願いがあった場合のみ参列

家族葬の場合でも、親族のみの参列ということではありません。場合によっては、親族以外であっても参列をお願いされることもありますが、自分は参列しても良いのかどうか悩む所です。では、そんな時はどのようにしたらよいのでしょうか?

遺族から参列願いがあった場合には、参列しても良いというのが一般的です。ただし、書面で訃報連絡を受けた場合は注意が必要です。その理由は、訃報のみの知らせである場合もあるからで、そのような場合には参列は遠慮する方が良いでしょう。また、遺族から案内が無い状態で葬儀を知った場合も同様です。

参列者は、通常故人の意思や喪主が判断して決めますので、親族であっても親しい間柄であっても、葬儀には遺族から参列願いがあった場合のみ参列することが基本です。

 

遺族側の注意点

静かに故人との最後の時を過ごせることが大きなメリットの家族葬ですが、家族葬であることの参列や香典・弔電などの辞退を明確にするなど、葬儀を最後まで心を込めて進める為に執り行う遺族側にも幾つかの注意点がありますので紹介します。

 

遺族も故人の周囲の方たちに配慮する必要がある

一般の葬儀では弔問者の対応には失礼の無いように神経を使うものです。家族葬を執り行う場合は、参列者が親族やごく親しい方のみとなりますので、参列しない親族を始めとした周囲の方たちに対しより配慮する必要があります。

大きな注意点として挙げられるのが、家族のみで行うことを参列しない親族や仕事関係者などに明確に伝えておくことです。通夜の有無、葬儀後の弔問の対応などはっきりと伝えておくことは大変重要ですし、会葬や香典、弔電などの辞退もきちんと伝えておくことも忘れてはならないポイントです。また、自治会や町内会などへの連絡は文書ではなく、直接足を運んで家族葬で行う旨を伝えると意向を理解してもらいやすくなりますし、近隣に知らせてもらうことも可能となりますので安心です。

辞退したにもかかわらず香典や弔電、花などが届いた場合は、香典は返礼品を送らないと失礼に当たりますので送っておきましょう。また、弔電はお礼の連絡で良いといわれていますが、花の場合は一般的に高価なものとなりますので、その時は香典返しを渡す方が無難とされています。

いずれにしても、心遣いに感謝を込めてそれぞれに適した対応をしておくことが大切なポイントとなります。

 

故人の勤務先にも家族葬の旨を連絡をする


家族葬であっても、故人の勤務先にも連絡するのが一般的です。

勤務先には、故人を家族葬で送ることをしっかりと伝え理解してもらうと共に、参列は勿論のこと香典や弔電などを辞退する旨も併せて連絡しましょう。葬儀後の弔問を受付ける場合は、その点も伝えておくと弔問に訪れやすくなりますので忘れないようにすることが大切です。

また、会社の場合は、それぞれに規約などを設けている場合も少なくありませんので、関係者とよく相談するとよりスムーズになります。

 

家族葬でも「通夜」も行うのが一般的

家族葬は、親族や故人と親交のあったごく親しい方のみで行うのが特徴ですが、通夜は必要ないのではという疑問もあるのではないでしょうか?

家族葬でも、通夜を行うというのが一般的となっています。勿論、通夜も親族が中心となって行いますので、参列や香典など通夜に対する詳細なども故人の周囲の方に伝えておくことは重要です。

 

遺族以外の方たちの注意点

直系の親族ではなくても叔父や叔母、同僚などを含んだりと家族葬を行う場合の参列者はそれぞれの遺族が決めるのが一般的です。中には、なぜ呼ばないのかというような苦情を受けることも考えられ、家族葬を執り行う場合においては周囲への配慮は遺族にとって欠かせないものです。

では、遺族以外の方はどんなことに注意したらよいのでしょうか?

 

遺族や故人の意図を尊重するべき

そもそも家族葬は、遺族が弔問者の対応などに追われること無く、親族などの身内だけで静かに故人との最後のお別れをして過ごしたいという意向によって執り行う葬儀ですので、その意向や意図を尊重することが大切です。

葬儀後の弔問や焼香などの機会を設ける遺族も少なくありませんので、葬儀後落ち着いてから伺うようすると遺族に迷惑をかけることが無くなります。親族や親しい方が亡くなった時には直ぐに伺いたいと思うものですが、家族葬を行う旨の訃報連絡をいただいた際には、辞退と遠慮を念頭に置くことが大切です。

 

香典や供物の辞退があった場合は送らない

正式な決まりが無いのが、家族葬を行う側にとっても参列者にとっても頭を悩ますところですが、家族葬においては、親族以外の参列や香典などは辞退するケースが一般的となっています。

香典を始め、花やお供物などの辞退があった場合は、送らないのがマナーです。しかし、どうしても香典に代わるものを送りたいという場合は、贈答用の線香など遺族が困ることが無いようなものを送るのが原則です。送る場合は、遺族に気を使わせないような心遣いが必要で、返礼品は辞退する旨をあらかじめ伝えておくと良いでしょう。

香典やお供物などに関しても遺族の意向を尊重するのが基本となります。

 

弔電も原則送らない

家族葬とは言っても、親族や親しい方の訃報連絡を受けた際にはすぐに伺いたいと思う方も少なくありませんし、参列や香典は無理でも弔電くらいは送って故人を偲びたいものではないでしょうか。

しかし、香典と同様に遺族から辞退の知らせがあった場合には送らないのが原則です。その理由は、弔電を送ることによって遺族に余計な気遣いをさせてしまう結果になりかねないからです。

その一方で、弔電は遺族によっては受け付ける場合もあり、一般の葬儀と同じく葬儀内に読み上げることも少なくありません。遺族にとっては弔電を貰ったことによって心が安らぐこともありますので、辞退があった場合を除き送ることはマナー違反とはされていません。

 

「お悔やみの手紙」であれば問題ない

遺族の負担にならない送り物の一つとして「お悔やみの手紙」があります。

お悔やみの手紙とは、遺族に直接お悔やみを言えない時に送るもので、親族が中心となって行う家族葬の場合には、故人に対する思いを遺族に伝える為の最適な方法です。お悔やみの手紙であれば遺族が対応に追われることもありませんし、返礼品などの心配も要りませんので問題が無いとされています。

ただ、送る期間と封筒などのデザインには注意が必要です。お悔やみの手紙は、葬儀後1週間の間に送るのが一般的で、デザインも華やかなものは避けシンプルなものを選ぶことがポイントです。勿論、白無地のものを選んでも差し支えありません。

葬儀の後は、深い喪失感や悲しみの心で日々を送る方も少なくありませんので、心のこもった手紙は、遺族の悲しみを和らげてくれます。

 

家族葬でのマナー

家族葬は一般の葬儀のマナーと同じと考えても良いですが、参列や香典などに少し違いがあります。

家族葬を執り行う親族側のマナーとしては、故人が生前お世話になった周囲の方々にしっかりと家族葬であることを伝えることが重要ですし、香典や弔電などを辞退するケースではこれも併せて理解していただいた上で行うことが大切です。周囲に配慮しながら失礼の無いように注意を払うことも後々のトラブル回避の面では見逃せないポイントです。

家族葬を行う旨の訃報を受け取った方は、参列も香典も辞退する旨の連絡を受けることが一般的となっていますので、参列願いが無い場合は参列しないのがマナーです。また、それぞれ故人に対する思いがありますが、香典も遺族が辞退する場合は送らないのが原則です。葬儀後に弔問に伺うタイミングは、葬儀後1週間の間に伺うのが良いとされ、焼香の際の香典も遺族が辞退している場合は、持参しない方が良いでしょう。

家族葬においては、意向や考え方が遺族の家庭の事情及び地域性などによって違いがあるのが現状ですので、遺族の意向を尊重することが大切です。

 

家族葬の服装は?

家族葬を執り行うことになった場合、参列者はどのような服装で参列すると良いのでしょうか?

家族葬は、一般葬と違い簡易的且つ小規模な葬儀と考えがちですが、家族葬の場合でもしっかりと一般的なマナーから逸脱しない服装にする必要があります。

参列する場合の服装は宗教によって違いがあり、仏式の場合は喪服であるのが一般的です。仏式以外であった場合には特に決まりがありませんので、遺族間でどのような服装で行うのかを決めるのが良いでしょう。

喪主及び男性の参列者は、ブラックスーツが一般的です。ワイシャツ以外身に付けるものは黒に統一し、タイピンは付けない方が良いでしょう。

女性の場合は黒のフォーマルドレスが一般的ですが、和装でも問題ありません。洋装の場合は、肌の露出を極力控えるのがポイントです。子供の場合は、制服がある場合は制服で、制服が無い年齢の場合は地味なデザインの洋服が良いでしょう。

 

後日弔問をする場合は平服で

家族葬の場合の服装は、葬儀への参列者であれば一般葬と同じと考えて良いでしょう。小規模な身内だけの葬儀である為、どんな服装が良いのか悩みがちですが、家庭葬であっても一般葬と変わりません。大勢の参列者が訪れる一般の葬儀程気を使う必要はありませんが、火葬場に向かう時や僧侶に経を読んでもらう時などはきちんとした喪服を着るようにしましょう。

後日弔問に伺う時の服装に関しては、なかなか難しいところがあり、遺族から「平服」という意向があった場合は尚のこと悩んでしまいがちです。平服という場合、男性はブラックスーツ、女性なら黒や紺のワンピースが基本とされています。平服は普段着という意味合いではないことに注意しましょう。平服のことわりが無い場合は、当然のことながら一般葬と同じです。

 

家族葬の相場は?

近年注目され、選ぶ方が増加傾向にある家族葬ですが、気になるのが費用です。一般的な葬儀と比べると安価とされていますが、本当にそうなのでしょうか?

依頼方法は、インターネット経由で資料請求して申し込む方法と直接葬儀社に依頼する方法の2種類があります。最近ではネット経由での申し込みの方が、安価である傾向が見られます。

 

家族葬の平均額

一般的な葬儀は、ある程度決まった枠の中で摂り行われますが、家族葬の場合はオリジナルやオーダーメイド色が強くなることがしばしばですので、参列者の人数を始めとした葬儀の規模や内容によって費用に違いが出てきます。

家族葬の平均相場は100万円程度となっており、40万円~100万円程の幅があるのが現状です。

その理由は、葬儀社で提示されている家族葬の価格は葬儀の本体費用を指しており、通夜を行った場合の通夜振る舞いや返礼品などの飲食接待費、僧侶へのお布施などは別途費用が掛かるからです。飲食接待費は、振る舞う料理のグレードによって様々ですし、参列者には返礼品を渡すのが一般的ですので、その費用も見ておかなければなりません。とはいえ、家族葬は身内だけの葬儀となりますので、一般葬と比べて費用を抑えられる場合も少なくありません。

 

一般のお葬式の平均額より100万円ほど安い

では、一般の葬儀の費用はどれ位掛かるのでしょうか?

各葬儀社で様々なプランを打ち出していますが、一般的な葬儀の全国平均を見てみますと199.9万円程度となっており、家族葬は一般的な葬儀と比べて100万円程安くなっています。ただ、インターネット経由での申し込みの場合と直接葬儀社に申し込む場合とでは、大手の場合ですと直接申し込む方が広告宣伝費に費用が掛かっている分高めとなる傾向にあるようですので、依頼する際は十分に検討して選びましょう。

家族葬は、費用が安価であるばかりでなく事前に参列者の人数がある程度分かっていますので、費用の予想がしやすくなるのもメリットの一つでしょう。

 

家族葬を扱うサービスを紹介

現在では、インターネット経由で家族葬のサービスを提供している葬儀社が多数見られ、それぞれ独自に多彩なサービスを展開しています。費用の中で悩みやすいのがお布施や車代などの寺院費用ですが、菩提寺を持たない方向けに寺院の紹介や僧侶の派遣サービスなどを行っている葬儀社が目立ち、四十九日及び年忌法要などにも対応しているのが特徴となっています。菩提寺が無い場合は、納骨自体を断られる場合も少なくありませんので、家族葬を行う遺族にとっては安心して故人を送ることができます。

その中でも、注目されている葬儀社をいくつか紹介します。

 

イオンのお葬式:家族葬

イオンといえば、スーパーやショッピングモールなどをイメージする方が多いかも知れませんが、近年では葬儀社である「イオンのお葬式」も展開し注目されています。

家族葬にも対応しており、イオンの葬儀プランの中でも追加料金不要の家族葬プランは人気№1となっています。こちらのセットプランは、搬送料や祭壇費用、葬儀場料金や火葬料金、ドライアイスなど必要なものが全て含まれているのが魅力で、税込み498,000円と大変リーズナブルです。

祭壇も白やピンクの花祭壇や白木やピンクの白木祭壇の4種類から選べますし、当日であれば初七日の法要も無料となっていますので大変お得です。また、追加料金で、寺院紹介や生演奏、メモリアルDVDなどの製作にも対応しているなど、オリジナルの葬儀が実現しやすくなっています。

 

詳細はこちら

 

 

小さなお葬式:家族葬

葬儀の小規模化が進む中で注目されているのが、「小さなお葬式」です。こちらは、できるだけ費用を抑えたいという方にはおすすめで、家族葬プランもリーズナブル価格で展開しています。

こちらのプランは、仏式だけでなくキリスト教式、神式、友人式など様々な宗教に対応しているのが特徴で、追加料金不要で税込493,000円とリーズナブル価格も魅力的です。お迎えから火葬まで葬儀に必要な料金は全て含まれた価格となっており、その過程で必要な品は全て揃っていますので安心です。また、遺族が宿泊できる部屋もプランに含まれているのも特徴の一つで、早割プランを利用すれば更にリーズナブルに家族葬を執り行うこともできますし、海洋散骨など多彩なオプションサービスが用意されているのも大きな魅力です。

 

詳細はこちら

 

 

シンプルなお葬式:家族葬

家族葬を扱っている葬儀社の中でも3つのプランを展開して注目されているのが「シンプルなお葬式」です。

こちらの特徴は、菩提寺を持たない無宗教プラン、標準的な仏式プラン、花をふんだんに飾りたい方にはお花増量プランと3つのタイプが用意されている点です。それぞれ税込みで398,000円、418,000円、438,000円となっており、事前の申し込みで更にリーズナブル価格になるだけでなく、資料申し込みをした場合は5,000円引きで家族葬が実現します。

勿論、搬送から通夜、火葬までに必要な費用全てが含まれていますし、葬儀に必要な品々もきちんと揃っていて安心です。オプションを依頼する場合を除いては、追加料金はありませんし、実績が豊富で法事や法要の他墓石などの商品も紹介しており、海洋散骨の依頼も受付けていますので利用してみてはいかがでしょうか。

 

詳細はこちら

 

 

セレモア:家族葬

確かな品質保証と実績で注目されている葬儀社が「セレモア」です。こちらの特徴は、クオリティの高い葬儀で、葬祭業として東京都で初めて国際規格であるISO9001認証を取得しており、上質のサービスでは定評があります。

こちらが提案している家族葬は、遺族の意向に沿いサポートを行っているのも特徴の一つで、花をふんだんに使用した生花祭壇が魅力です。葬儀の規模によって費用は様々となりますが、家族4人だけの葬儀や音楽葬など多彩な要望に応えるべくサービスを展開しています。

見積りは、24時間365日いつでも受付けていますし、海洋散骨など埋葬に関しての相談も気軽にできますので安心して利用できます。生前予約や会員登録で様々なサービスを受けられるのも大きな魅力です。

 

詳細はこちら

 

 

まとめ

いかがでしたか?家族葬は、遺族がゆっくりと故人を偲び最後のお別れをする目的で行われるものです。気軽にできる葬儀として見る方も少なくありませんが、マナーについては一般葬とさほど変わらないのが実情ですので、注意したいポイントを押さえて行うことが大切です。

現在では、インターネットから気軽で簡単に申し込みができるようになっており、各社様々なサービスを展開しています。資料請求などで更に安くなる場合もありますので、サービス内容と実績を見究めながら心を込めた家族葬が実現するように十分に検討しましょう。

あわせて読みたい