一周忌のお供え物の選び方や金額目安

故人が亡くなってから1年が経過した頃に行う一周忌には、お供え物を用意する必要があります。実際に参列する際には知っておくべき知識ですが、そうでなくても知っておいて損がない内容です。今回は一周忌のお供え物の選び方や金額の目安などについて紹介します。是非今後に役立つ知識としてしっかり学んでみてはいかがでしょう。

一周忌にはお供え物(または香典)を持参

一周忌法要は遺族や親族だけでなく知人など故人と親しかった方も参列します。日にちの決め方を始め、お供え物や香典を持参する際のマナーについて紹介します。

一周忌法要の日にちを決める

亡くなってちょうど1年目に行うのが理想的な一周忌法要ですが、平日である場合などは多くの方のスケジュールが調整しにくいかもしれません。その際には直前の土曜日や日曜日、祝日などで調整します。通夜や葬儀ではないので、友引や大安などの暦を気にすることがなく、日にちを決めて問題がありません。会食をするケースが多いので、早めに決めて予約が必要なものの手配を済ませるのがおすすめです。

参列者への連絡の仕方

一周忌の規模によって異なりますが、親族のみで執り行う場合には電話で連絡を済ませておくスタイルで十分です。しかし仕事関係の方を招く場合など規模が大きくなる場合には、往復はがきを利用して出欠確認が確実に行えるように工夫します。

一周忌に参列する側になった時、持参するお供え物について

一周忌を執り行う連絡を受けた場合、参列する際にはお供え物を持参するのが一般的です。現金で用意する方もいるようですが、多くは品物で持参するケースが多くなっています。

納骨式も同時に行うことがある一周忌

新しくお墓を設けた場合や遺族の希望でまだ納骨をしていなかった場合など、一周忌法要と同時に納骨式をすることがあります。百か日法要の日に納骨式が行われることもありますが、遅くても三回忌法要までには納骨式を済ませるようにしましょう。

一周忌お供えの金額目安は?

一周忌のお供え物の金額はいくら位を目安にすると良いのでしょう。相場について紹介します。

相場を知りたい!一周忌のお供え物の金額


お供え物の相場はおよそ5千円から1万円とされています。故人との関わり方によって金額が前後しますが、相場どおりの5千円から1万円で問題ないとされています。

一周忌法要の流れ

では実際に一周忌法要はどのような流れで進められるのでしょう。特別な決まりやしきたりはありませんが、僧侶が来て読経を聞きながら焼香を行います。僧侶が会食までを共に行うケースもありますが、中には参加しないこともあります。そのような場合には、お布施に車代を加えるのと同じように、御膳料として会食費用相当の金額を用意します。

葬儀の際は喪主…一周忌法要の場合は?

葬儀を取り仕切る中心的な人物で、故人との関係が深い人物を喪主としていますが、一周忌法要の場合には施主と呼ばれます。行うことは同じようなことで、法要が滞りなく進むために取り仕切りながら、挨拶が必要な場面では遺族を代表する中心的な人物です。葬儀の場合は喪主ですが、四十九日法要や一周忌法要などの場合には施主と呼びますので覚えておくと良いでしょう。

一周忌法要…墓参りをする?

一周忌法要については分からないことが多くありますが、その一つが墓参りについてです。納骨式を同時に行うケースも多いので、墓参りをすることもありますが、墓が遠方の場合など無理な場合もありますので、どうしても行わなければいけないわけではありません。

一周忌お供え物の「のし紙」の選び方

持参するお供え物をそのままの状態で用意するのは失礼になります。のし袋の選び方を知っておきますと、いざという時に役立ちます。

水引の色

水引は黒白ではなく、双銀や藍銀、または黄白の結び切りを用います。

表書き

宗派によって異なりますので、事前に故人の宗派を確認しておきましょう。仏式の場合、のし袋の表書きは御仏前または御佛前、御供物料と記載します。一周忌と呼ばず一年祭と呼ぶ神式の場合、のし袋の表書きは御神前または御玉串料と記載します。キリスト教式の場合、年忌は特に設けられていませんが、節目となる一年後には故人を偲ぶ会が営まれるケースも多くあります。のし袋の表書きは御花料となり、水引は用いないのが仏式や神式とは異なります。

表書きの下に記載すること

表書きの下には自分の氏名を記載します。夫妻で贈る場合、夫の氏名だけで構いませんが、夫婦で故人と縁の深かった場合には連名にします。夫の氏名を中央に記載し、その左側に妻の名前のみを記載します。

のし袋にお金を入れる際の正しい方法

祝い事でのお札の向きと異なることから、分からなくなるのがのし袋に入れるお金の向きです。また複数枚入れる場合には頭を揃えるなど、細かなマナーを気にする必要がありますが、受け取った方が不愉快な思いをしないような配慮をする程度で、それほど神経質になる必要はありません。また、新札は不祝儀には適さないとされていて、どうしても新札しか用意できない場合は、少し折り目を入れるのがマナーです。だからと言って、ヨレヨレで汚れが気になるお札も失礼になります。

一周忌法要に参列する際の服装

一周忌法要は、そのような服装で参列するのが良いのでしょう。遺族や親族は喪服が正式な服装ですが、一般参列者の場合には喪服ではなく略式喪服でも構わないとされています。ちなみに学生や子供などはどのような服装が良いのか、知っているようで知らないことが多いですが、学生は制服を着て参列します。制服がない小さな子供の場合は、白いシャツやブラウスを着て、スカートやズボンの色は黒や紺、グレーを選んで参列します。

お供え物の選び方

お供え物を持参する際には、どのようなものを選ぶと良いのでしょう。避けた方が良いものも含めて紹介しますので、是非参考にしてください。

賞味期限の短い食べ物や大きすぎる物は避ける

避けた方が良いとされているのは、賞味期限が短い食ベ物や大きすぎる物は控えましょう。例えば肉や魚のような生鮮食品のような生ものは、高級感があり見栄えも良いので選びたくなりますが、取扱いが難しいのでお供え物としては控えるのがおすすめです。

食べ物の場合

では食べ物ではどのようなものが良いのでしょう。

乾物

長持ちする上に大きすぎることもなく、重いこともない乾物はお供え物に選ばれるものの一つです。

お菓子・フルーツ

日持ちするお菓子やフルーツもお供え物として適しています。特に小分けにできる個包装のせんべいやおかきなどは、幅広い年代の方が喜びます。また若い方や小さな子供がいる場合には、パウンドケーキやバウムクーヘン、ゼリーなどが個包装になっているタイプのものも良く選ばれます。

飲み物の場合

では飲み物はどうでしょう。

ビール

故人が好きだった時に特に喜ばれるのがビールで、通常のギフトとしても定番です。

お茶・コーヒー

お茶やコーヒーも賞味期限が長く、日常生活で重宝するものなので喜ばれることでしょう。

お花の場合

故人を偲ぶ思いを表現する花は、故人が花好きだった場合などは喜ばれるお供えものの一つです。しかし花ならどのようなものでも良いとは限りません。花束ですと花瓶を用意して生ける必要があり、忙しい時期にある遺族への負担を増やすことになるため、できれば受け取ったまま飾れるようなタイプの花がおすすめです。

現金を包む場合もある

品物を選ぶことができなかった場合、現金を包んで渡すこともあります。この時に包む金額は、お供え物の相場と同じく、5千円から1万円となっています。故人との関わりの大きさで金額は多少前後することもありますが、相場とされる金額を納めることで気持ちは十分伝わります。

細部にこだわった気配りを

通夜や葬儀ではなくても、故人を偲ぶ法事に関わる一周忌法要は、細かな点まで遺族の気持ちを思って行動することが大切です。例えばお菓子などをお供えする際の包装紙についてです。外箱を包む包装紙は配慮されている物が多いですが、個包装の色遣いやデザインは購入時に自分で確認する必要があります。キャラクターが全面に描かれているものや派手なものは、できる限り控えるようにしましょう。食べる時にすぐ捨てるので大きな問題がないのでは?と思わず、箱を開けた時の遺族の心情を第一に考えた配慮が求められます。

一周忌に参列できない時のマナー

故人や遺族との関係にもよりますが、遺族としてではなく一般参列者として全ての法事に参列するのは、正直難しい時もあります。自分の予定を後回しにしてまで一周忌法要などに参列する必要はありませんが、そのような場合はお供え物や香典で気もちを表現するのがおすすめです。

参列できないと分かった場合、お供え物を送るタイミング

参列できなくても一周忌法要の日時は分かるはずです。その際には法要が済んでから送るのではなく、一周忌法要が執り行われる前のタイミングに合わせてお供え物を送るのが良いでしょう。

持参ではなく発送する可能性が…お供え物を選ぶ際の注意点

一周忌法要に参列できない場合、お供え物を持参するのではなく宅配便などで発送することになると思いますが、注意点は食品などの賞味期限です。通常のお供え物を購入する際にも注意するべき点ですが、発送することを考えますと、期限が短いものはより、好ましくありませんのでしっかりと、賞味期限をきちんと確認しておく必要があります。

まとめ

いかがでしたか。一周忌法要のお供え物について、選び方から金額まで細かなことまでしっかり知識を増やすことができたのではないでしょうか。知っているようで知らないことが多い葬儀や法事に関するマナーなどについて、この機会に理解を深めておくのがおすすめです。是非、参考にして身近な人や身内の法事などに役立ててみてください。

あわせて読みたい