一周忌とは?流れや事前に準備しておくべきこと!

亡くなった方に関わる法事や法要は数多くあり通夜や葬儀・告別式のみでは終わりません。親戚付き合いが希薄になっていることが多い現代では、大人になっても法事などへの参列経験が無い方や少ない方が増えています。今回は一周忌について詳しく紹介し、流れや事前に準備しておくべきことなどが理解できるようになっています。知っているようで知らないことが沢山ありますので、是非参考にしてみてはいかがでしょう。

目次

一周忌とは?

年忌法要の中でも比較的馴染み深い一周忌とは、一体どのような日なのでしょうか。

知っておこう!一周忌のこと

故人が亡くなった日を含め、ちょうど1年目にあたる日を一周忌と言います。一周忌には法要を行い、僧侶による読経や遺族による焼香が行われ、最後に参列者が集まって会食をします。

仏式だけではない?一周忌法要

宗派や進行する宗教によっても変わる法事や法要ですが、神式やキリスト教にも一周忌法要は存在していて、言い方は異なりますが故人を偲ぶ思いは同じです。神式ではい周期法要ではなく一年祭と呼ばれ、遺族や親族が集まって神職による祈りの後に会食が行われます。キリスト教の場合も一周忌法要とは言わず記念ミサが教会で開催され、他の節目に行われるどのミサよりも大きな規模であるのが1年目を節目とした記念ミサとされています。遺族や親族だけでなく、友人や知人も教会に集まり、牧師による祈りや聖歌斉唱、茶話会などが行われます。

年忌法要について

ここでは年忌法要について紹介します。年忌法要とは一般的に法事と呼ばれるもので、一周忌と三回忌、七回忌と十三回忌、十七回忌と二十三回忌、二十七回忌と三十三回忌、そして五十回忌と追善供養の法要を行います。それぞれの年忌法要について詳しく紹介します。

一周忌と三回忌について

満1年目に行う一周忌と満2年目に行う三回忌は、遺族や親族に加えて友人や知人が集まる法事で、僧侶による読経や参列者による焼香、お斎と呼ばれる会食が行われます。

七回忌と十三回忌について

満6年目に行う七回忌と満12年目に行う十三回忌は、友人や知人を呼ばず遺族や親族のみで行うケースが一般的です。特に七回忌を境に法要の規模を縮小する傾向にあり、場合によっては徐々に省略することもあります。

十七回忌と二十三回忌について

満16年目に行う十七回忌と満22年目に行う二十三回忌は、遺族や親族のみで供養する法要で、省略されて執り行わないケースもあります。

二十七回忌と三十三回忌について

満22年目に行う二十七回忌と満32年目に行う三十三回忌は、遺族や親族のみで供養する法要ですが、省略されて執り行われないケースもあります。

五十回忌と追善供養について

満49年目に行う五十回忌は、遺族や親族のみで行う法要ですが、ほとんどが省略して三十三回忌法要までにしてしまうケースが多いです。追善供養とは、上記に紹介した年忌法要に加えて、日頃の墓参りや仏壇の手入れなど、先祖を思って行動することを指します。また直接的な法事や法要だけでなく、寺院の行事への参加や清掃作業の手伝いなど、様々な形で追善供養をすることができます。

一周忌の法要で事前に準備しておくべきことは?

様々な年忌法要があることが分かりましたが、その中でも満1年目に執り行う一番初めの年忌法要である一周忌について詳しく紹介します。遺族や親族のみではなく、故人の友人や知人も参列する重要な法事となります。一体どのような事前の準備が必要なのでしょう。

日時と場所を手配

亡くなった日からちょうど一年目が一周忌とされていますが、本来当日に行うべき一周忌法要ですが、実際問題として平日に執り行うのは難しいでしょう。そのような場合には、一周忌よりも後にするのではなく、一番近い土曜日や日曜日など多くの方が参列しやすい曜日を一周忌法要の日時とするのがおすすめです。くれぐれも先延ばしにして、一周忌よりも法要が遅れないように配慮します。

場所を決める場合には、自宅で行う方は珍しくなっていますが、参列する方の人数などを考えますと、場合によっては好都合であることもあります。その他寺院やホテルから選んで決めるのが一般的です。

案内状を手配


日時と場所が決まった段階で案内状を手配します。電話で連絡できる方には電話で済ませるなど、人数や顔ぶれによって手段を変えて案内をすることができます。会食の予約にも関わる参列者の出欠確認は、早めに手配をしてなるべく早く返事をもらえるのが理想です。

引き出物を準備

お供え物や香典をいただいたお返しに引き出物を参列者に用意します。持ち帰る負担を考え、あまり荷物にならない上に日常生活で利用できるタオルや石鹸を選ぶと良いでしょう。また受け取った側で品物を選べるカタログギフトも人気です。相場は3,000〜5,000円程度とされていて、参列する人数に合わせて手配します。

料理の手配

法要が滑って終わった時点から会食をします。自宅で行う場合には、宅配弁当を依頼するなどして対応することもできます。またお寺近くに個室のレストランなどがある場合には、そちらへ移動して会食をすることも可能です。ただし予約をする際には、一周忌法要で利用することをきちんと伝えないと、豪華な海老や鯛などがメニューに含まれてしまいますので気を付けるのがおすすめになります。

お寺への連絡

お寺への連絡も忘れてはいけません。なるべく早い段階で連絡をして、僧侶が会食へ参加するか否かを聞く必要があります。

お布施の用意


僧侶に渡すお布施を用意します。お布施金額相場は5万円ほどで、僧侶を呼ぶ場合は別途お車代として5,000円ほどお布施とは別に用意します。更に会食を辞退する僧侶には、御膳料として10,000円ほど準備をしておきましょう。包むお札は新札でも構いませんが、あまりに汚れがひどいものや、ヨレヨレで見た目の印象が良くないお札は避けるのがおすすめです。

一周忌の流れは?

細かな段取りが多いですが、しっかり準備をしておきますと、一周忌法要がスムーズに進められるのが良く理解できました。ここでは一周忌法要の流れを紹介します。

喪主ではなく施主と言います

通夜や葬儀・告別式を取り仕切る人物を喪主と呼びますが、1周忌法要などの法事を取り仕切る人物を施主と呼びます。多くは喪主をしていた故人と一番血縁関係が濃い人物が、そのまま施主の立場になって法事を取り仕切ることとなります。喪主と施主の違いを覚えておくと良いでしょう。

僧侶が入場

僧侶が仏壇の前に座れるように席を用意しておきます。僧侶の真後ろには施主が座るようにして、僧侶が入場してきた時にスムーズに仏壇前へ案内します。

施主より開始の挨拶

施主が一周忌法要を開始する挨拶をします。施主はいくつかのタイミングで代表挨拶をする役目があります。事前にある程度の例文などを参考にして、挨拶文を考えてメモ書きを準備しておきますと、一周忌法要が始まる前の空き時間に練習できます。あまり長い文にせず、参列していただいたお礼と今日一日よろしくお願いしますという気持ちを伝える程度の内容が好ましいようです。

読経・法話

僧侶による読経と法話が行われます。この間に参列する遺族や親族、友人や知人など全ての方が焼香を行います。一人ずつ行いますので人数によっては長い時間掛かるかもしれません。参列者の中には小さな子供がいる場合も多いですが、一人で焼香をできる年齢になるまでは親子で一緒に行うなどの工夫も可能です。また乳幼児などの場合は無理に行わず、親の近くで見ているだけでも問題ありません。

開眼法要

開眼法要とは一周忌法要に合わせて、お仏壇やお墓を新たに購入された場合に行う法要です。該当する場合にはこのタイミングで仏壇やお墓を迎え入れる慶事として法要を行います。

僧侶が退場します

この後行われるお斎と呼ばれる会食には、僧侶も一緒に参加することもありますが、辞退する場合には僧侶は退場となります。その際は、まだお布施を渡していない場合には渡す必要があります。後半では慌ただしいので先に渡しておきたい…という方もいますが、それも失礼には当たりません。お布施とお車代に加えて、御膳料を忘れずに渡します。ここで参列者には会食の場が用意されていることを告げ、会食する会場へ移動します。

お斎(会食)

一周忌法要などの法事の後に会食をすることをお斎と言い、故人を偲ぶ時間をより多くも受けられるように、食事をしながら話ができるのが特徴です。また会食ではなく、弁当や酒などを用意して持ち帰りできるようにするケースもあります。正式な食事メニューは精進料理のようですが、最近ではレストランだけでなくホテルで食事をする場合も多く、大人数で利用しやすい個室の店を選んで予約するのが一般的です。

施主より終了の挨拶

お斎の終了に合わせて施主が挨拶を行います。今日のお礼を述べると共に、故人がいなくなっても引き続き支援を願いたい気持ちを文章に含めますと、参列者に伝わる挨拶文になります。あまり長すぎず、簡潔な挨拶文が良いでしょう。

引き出物を渡す

最後に用意しておいた引き出物を渡します。参列する方全てに手渡しで行いますと、帰り際に慌ただしくなりますので、事前に席の横にセッティングしておくこともできます。その際には会食する場所のスタッフとしっかり打ち合わせを行い、事前に引き出物を並べる時間を設けてもらうなどの対策が必要です。

一周忌の引き出物の金額目安はどれくらい?

一周忌法要で渡す引き出物は、故人との関わり方や遺族との関係にもよりますが、一人当たり5,000円前後が目安とされています。ではより身近な存在の人に対しても同じ金額のもので良いのでしょうか。

香典の金額に合わせた引き出物を渡す

香典の金額が事前に分かる訳ではないので、実際に引き出物を準備するのは難しいですが、身近な方ほど大きな金額の不祝儀を持参することは予想がつきます。一般参列者とは違う金額でワンランク上の引き出物も用意しておくと良いでしょう。いくつかの例を挙げて紹介します。

親戚の一周忌の場合は?

一人当たり5,000円前後が目安で問題ないとされている親戚ですが、親戚でも幅広い関係がありますので、良く考慮して慎重に決めますと故人が亡くなった後も、良い関係を築くことに繋げられます。

自分や配偶者の兄弟姉妹にあたる場合は?

では自分の兄弟姉妹や配偶者の兄弟姉妹はどうでしょう。親戚という関係より更に身近な存在となる兄弟や姉妹ですので、10,000円から30,000円が相場とされています。

一周忌の引き出物の書き方は?

表書きやのし袋の選び方は、様々な種類があるので苦手とする方が多い分野です。一体どのようなものを選ぶと失礼にならないのでしょう。マナーについて詳しく学びます。しかし最近では購入した先で表書きやのし袋の用意をしてくれることが多くあります。一周忌法要で使用することを忘れずに伝えますと、正しい表書きやのし袋が使用されるはずです。

表書き

仏式の場合は「志」・「粗供養」・「一周忌」です。キリスト教や神式では、「召天記念」や「偲び草」という言葉を選んで記入します。

のし袋はどのようなものを選ぶ?

黄白や双銀、または黒白の水引を選びます。蓮の花の絵がついているものは仏教専用になりますので、故人が信仰する宗教について事前に把握しておく必要があります。

引き出物の渡し方は?

引き出物を渡す際のマナーやタイミングなどを紹介しますので、是非参考にしてください。

手渡し?先にセッティング?

一周忌法要が終わった段階で渡す引き出物は、帰り際の慌ただしい時間に手渡すことになります。少ない人数の場合や会場のスペースに余裕がある場合は問題ありませんが、狭い場所でのやり取りは混雑や混乱を招くことがあります。そのような状況が好ましく思えない方は、事前に座席に置いておくのも一つの方法です。

先にセッティングする際の注意点

お斎の会場がレストランなどだった場合、既に席順を決めておくことから始まります。席が決まった段階でレストラン側に引き出物を先にセッティングしたい意向を伝えますと、そのように段取りしてくれます。場合によっては荷物のみを預けて、レストランの方がセッティングしてくれる可能性もあります。座席表を渡して、引き出物を置いて欲しい人物をリストアップして任せてしまいますと、その他のやることに気持ちを集中させられます。

一周忌の服装について

一周忌法要に参列する場合、どのような服装で参列すると良いのでしょうか。故人との関係によっても若干服装が変わることがあるので、ここでよく覚えておくといざという時に慌てずに済みます。

施主や親族の服装は?

故人との関わりが深い施主や親族は、喪服で参列するのが一般的です。基本的には黒一色と考えた方が良く、男性のワイシャツや女性のパールのネックレスやイヤリングが白っぽい印象ですが、その他は黒です。

一般参列者や学生、子供の場合の服装は?

施主や親族ではない場合にはどのような服装が良いのでしょう。一般参列者でも当然喪服を着用することが可能ですが、もう少し崩した着こなしができる略式喪服でも構いません。しかしネクタイが黒であることは変わりませんので気を付けましょう。また学生や子供の場合にはどのような服装が良いのでしょう。制服がある場合には制服を着るのが基本ですが、制服がない場合や小さな子供の場合、白のブラウスやワイシャツを着て、ズボンやスカートは黒や紺など落ち着いた色のものを身につけるのがおすすめです。

手伝いをする時の服装

一周忌法要には多くの方が関わります。今では珍しくなりましたが、自宅で法事をする場合など、近所の人に手伝いを頼むのが一般的でした。時代が変わっても人手が必要なことは同じで、参列しながら手伝いをするなど、より多くの人手が求められます。そのような立場になった時の服装は、喪服や略式喪服が汚れないように黒や白など無地で落ち着いた色合いのエプロンを持参しておくと重宝します。

天候に合わせた持ち物の選び方

一周忌法要の場合、室内での読経や法話だけでなく、納骨式を一緒に行うこともあります。そのような場合には長い時間を外で過すことになりますので、小さな子供や高齢者がいる場合には、暑さや寒さに対応できるような準備をしておくと良いでしょう。例えば炎天下で法要をする可能性がある場合、熱中症予防に水分持参や日傘を用意するなどです。また寒い季節には、肌着を余分に着るなどの工夫をしますと体調を崩す心配がありません。

納骨式を一緒に行う場合が良い一周忌法要

四十九日法要に納骨ができなかった場合など、一周忌法要と合わせて納骨式をします。特にお墓を新しく設けた場合などは、四十九日法要にはまだ完成されていないことが多く、途中で納骨式のみを行うよりも、一周忌法要を待って納骨式をするようです。また遺族の中には、納骨することで故人が遠くに離れてしまうことをイメージする場合があり、納骨までに時間が掛かるケースも多いようです。

神式やキリスト教の納骨式はどんな?

亡くなった方の信仰していた宗教や宗派によって異なる納骨式では、神式でも節目に法事や法要を行いますが、特別この時期にという決まりはありません。仏式の四十九日法要に近い形の五十日祭に納骨をすることが多いようで、忌明けとなるタイミングに合わせる辺りは、宗派を問わず同じのようです。
一方のキリスト教の場合はどうでしょう。やはり仏式や神式と同じように、特にこの時期に納骨をすると決まっているわけではありませんが、亡くなった日から数えて行う追悼ミサに合わせて、1か月後や1年後に行うケースが多いようです。

多様化する納骨への考え方

お墓の用意だけで納骨を遅らせるのではなく、遺族の中には気持ちの整理がつかずにいつまでも納骨できないケースもあります。最近ではお墓に遺骨を納めるだけが一般的ではなくなっていて、分骨という言葉によって手元に納めて供養をすることや散骨することを希望するなど、多様化が進んでいます。特に生前からこのようなスタイルで…と遺言を残す方が増えたこともあり、お墓に入るだけが死後の過ごし方ではなくなっています。

一周忌法要に参列する場合のマナー

遺族側として一周忌を取り仕切るだけではなく、参列者として足を運ぶこともあります。そのような場合ほど、慣れない場所での緊張や普段と異なる雰囲気で落ち着いた行動が難しくなります。遺族に失礼がないようにマナーを守った参列者となるには、どのようなことに気を付けると良いのでしょう。

一周忌法要に参列する際には…

故人との関係性によっては、遺族や親戚でなくても一周忌法要の案内状が届くこともあります。全ての法事に参加する義務や自分の予定を差し置いてまで無理をして足を運ぶ必要もありませんが、案内が来た段階で日時なども併せて良く検討しましょう。遺族側は、出席してもらうことを望んでいると共に、早めに出欠の返事が欲しいのが正直なところです。どちらにしても早めに返信用はがきなどを投函するのがおすすめです。

行きたいけれど行けない…気持ちを表す行動をしても良い?

どうしても予定が合わない場合や遠方で難しいなど、一周忌法要も遺族や親族でない限りは参列するのが難しいこともあります。しかし気持ちだけでも届けたいという場合には、香典やお供え物を送ることが可能です。法要の先日までに届くように手配しますと、失礼になりません。果物や花だけでなく、甘いお菓子や飲み物も良く選ばれます。また現金を送る場合には現金書留を利用するのがマナーとなります。

一周忌法要の豆知識

一周忌法要について細かなことまで詳しく理解できたのではないでしょうか。ここでは、まだ知られていない一周忌法要に対する豆知識を紹介していて、今まで以上に知識を増やせる機会としています。是非参考にしてください。

一周忌法要ってお墓参りをしますか?

お墓の場所と一周忌法要の場所が近い場合には可能ですが、場合によってはお墓が遠方にある可能性があります。一周忌法要にお墓参りをしなければいけないという決まりはありませんが、遺族や親族が一堂に会する貴重な時間ですので、お墓参りをスケジュールに組み込んでいるケースが多いようです。また納骨式を同時に行う場合も多く、お墓に行く機会が一周忌法要の中に含まれていることも一つのようです。

施主の挨拶の際は、やはり言葉は丸暗記ですか?

一周忌法要に限りませんが、通夜や葬儀・告別式、法事や法要を取り仕切る喪主や施主という立場の方は、始まりや終わりに挨拶をする機会が数多くあります。長い言葉で話をするわけではありませんが、普段仕事などでも人前で話をしているような方であっても、喪主や施主の立場で挨拶をするのは緊張するようです。基本的には自分の言葉で話をしている印象の方が見ている方も好印象ですが、無理に丸暗記をしようとして頭が真っ白になって言葉が出てこなくなる場合もあります。メモを読みながら言う訳ではなくても、空いた時間に練習できるようにすることと同時に、御守りの意味も込めて挨拶文をメモして当日を迎えるのがおすすめです。つっかえないようにしようとするより、気持ちを届けるという想いをもって挨拶をすると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか。一周忌法要と言っても参列する側と執り行う側ではそれぞれに気になることがあり、準備や心構えが必要であることが分かりました。参列した経験が無い方でも、今後参列する可能性はあります。一周忌法要について知っているようで知らないことは沢山ありますので、身内や親戚に万が一の時があった時、あせらずに最低限のマナーを守って行動できるようにしておきましょう。

あわせて読みたい