四十九日法要の数え方は?日取りの計算方法!

葬儀や法事に関する決まりごとについては、分かっているつもりでも知らないことが沢山あります。その中の一つが四十九日についてで、日取りの計算方法を始め、まだまだ理解できていない部分が多いかもしれません。今回は四十九日法要の数え方を中心に、詳しい内容を紹介しますので是非参考にしてください。

四十九日法要の数え方は?

四十九日法要とは、亡くなった日を含めて49日目を四十九日とすることを知っていましたか。つまり亡くなった日を1日目と考えてそこから49日経過した日が四十九日法要の日とされています。しかし地域や信仰する宗教によって違いがあるのかもしれません。詳しく紹介しますので是非参考にしてください。

関西の場合は異なる?

関西地方の場合は、亡くなった前日から数えることがあります。地域によって風習などが異なることが多い葬儀関連のしきたりは、事前に良く確認しておくと安心です。

浄土真宗・真言宗の場合は?

では浄土真宗や真言宗の場合はどうでしょう。こちらは通常通り、亡くなった日を含めて49日目を四十九日法要の日とする考え方のようです。

ちょうど49日目に法要しないとダメ?

四十九日法要の数え方が理解できましたが、その日が平日である可能性が十分考えられます。家族だけでも集まるのに苦労することがある法事ですが、親戚にも参列してもらうことを考えますと、数えた日にちに集まるのが難しい場合には、別の日に変更することも可能です。

先延ばしにするのではなく、前倒しで四十九日法要をする

四十九日法要の日取りを考えて数えた場合、その日が平日だった場合には、その日以降の土日や祝日にするのではなく、その日より前の土日や祝日で四十九日法要の日程調整をする必要があります。先に延ばすということは、故人の存在を忘れているような感覚になりますが、早めに執り行うことでいつまでも忘れずに故人を思っていることを表現できます。

友引などの暦を気にした方が良い?

通夜や葬儀ではないので、友引などの暦を気にする必要はありません。多くの四十九日法要は友引や仏滅、大安などを気にせず執り行われています。どうしても気になる方は避けても構いませんが、家族や親戚のスケジュール調整をする上で、限られた日にちで行う必要がある四十九日法要ですので、暦よりも日にちの数え方に気を配る方が先決です。

土日や祝日の四十九日法要…混雑しますか?

僧侶に読経を依頼する関係上、同じようなスケジュールで法要を希望する方が多いのは、土日や祝日かもしれません。特に午前中は希望者が多く、午後しか空いていないなど思ったスケジュールで行動できないこともあるかもしれません。早めに僧侶と相談を済ませておきますと、希望する時間で四十九日法要が進められますので、遠方から参列する親戚への負担も軽減できます。

四十九日法要では何を行う?

では実際に四十九日法要とはどのようなことをするのでしょう。一つずつ詳しく紹介します。故人と血縁関係があり、その関係性が深い順に席に着きます。

開式

僧侶が来た段階で開始期となり、施主が開始期の言葉を述べます。長い挨拶などは必要無く、今日参列してもらったお礼と四十九日法要を始めることを告げる程度の短い言葉で問題ありません。

僧侶による読経

僧侶による読経が始まります。焼香をしますがすぐには開始せず、しばらく読経を聞いてから焼香の準備をします。

遺族から順番に焼香

僧侶による読経を聞いている間、順番に焼香を行います。参列者全員が行いますが、焼香の仕方が宗派によって異なります。自分の宗派ではなく故人の宗派に合わせて行います。

僧侶による法話

僧侶による法話を聞きます。このような機会はなかなか設けられない貴重な時間となりますので、良く話に耳を傾けるのがおすすめです。

僧侶は退場(会食に参加する場合は残る)

僧侶による法話が終わりますと、会食に参加しない僧侶は退場しますが、共に会食をする場合にはそのまま残ります。会食の人数調整をして予約をする為と御膳料の用意の都合があるので、僧侶には事前に会食参加の可否を確認しておくとスムーズです。

会食

会食の場所まで移動して会食をします。施主が挨拶をして会食が始まります。挨拶は故人への思いなどを延々と話をするよりも、あまり長くならない程度に簡潔な言葉でまとめますと好印象です。会食が済んだ後に僧侶にお布施を渡して四十九日法要が終わります。

四十九日法要のあれこれ

日にちの計算の仕方や当日の流れが理解できましたが、実際に執り行う場合にどのような準備をしておくとスムーズに当日を迎えられるのでしょう。

会食をする際の予算や予約方法

四十九日法要を締めくくる会食は、一人3,000円から5,000円くらいの相場で予算を計上して利用先を見つけるのがおすすめです。自宅で行う場合もありますが、会場を借りて行う場合や会食できる座敷がある食事処などを利用して行います。会場を借りて行う場合には、会食費用とは別に会場を借りる費用も用意する必要があります。

引き出物の用意と相場について

香典返しとは別で四十九日法要に参列していただいた方には、引き出物を用意します。帰宅時に持ち帰ることを考えますと、あまりに荷物の負担とならないようなものが好ましいでしょう。3,000円程度の相場で用意するのが一般的です。

僧侶へのお布施

僧侶へのお布施も費用として用意しておくと、急な出費となって慌てることがありません。葬儀の時のお布施よりも1割程度少ない金額で渡すのが一般的ですので、3万円から5万円が相場となります。またこの金額に加えて車代や会食に参加しなかった時の食事代金として御膳料を渡すのが一般的です。

四十九日法要の服装

四十九日法要に参列する場合、どのような服装が好ましいのでしょう。遺族の場合には三回忌まで喪服を着用するのがマナーです。一般参列者の場合には、喪服にこだわる必要がなく略礼服でも構いません。しかし最近では遺族も喪服にこだわらず、四十九日法要でも一般参列者と同じように略礼服を着るケースも増えています。

四十九日法要の次は百か日法要

死後100日目に行う百か日法要は、どのような数え方をするのでしょう。四十九日法要との違いがあるのでしょうか。

百か日法要も数え方は同じ

百か日法要は四十九日法要と同じく、亡くなった日を1日目として100日目にあたる日です。最近では省略されることが多くなっており、百か日法要を行う場合でも親族など、故人に近い身内のみで行うなど簡略化されるケースが増えています。

実際に百か日法要を行う場合…

ご紹介した通り、省略されることも多い百か日法要ですが、地域によっては盛大に行う場合もあります。こうした地域では、親族のみでなく近所の方や友人などを招いて焼香を行い、食事などをして故人の思い出話に花を咲かせるようです。亡くなって100日ということで、やっと遺族の気持ちが落ち着いて新たな生活へスタートするための大切な時期でもあります。葬儀や納骨に加えて、四十九日法要と一周忌までに法事が多くありますが、百か日法要についても遺族同士でよく話し合って執り行うか否かを決めるのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。四十九日法要や百か日法要の数え方について理解できたでしょうか。今まであまり考える機会がなかった方も、是非今後に利用できる知識として活かしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい