忌明けとは?忌明けまでに準備することや注意事項

葬儀などに関わる言葉には、聞き慣れないものや普段あまり耳にしない言葉が多いですが、その一つが忌明けではないでしょうか。今回は忌明けについて詳しく紹介すると同時に、準備することや注意事項など知っておいて損がない内容となっています。是非参考にしてください。

忌明けとは?


忌明けという言葉の意味を知っていますか。忌明けとは、故人の冥福を祈り、喪に服す期間を終える日、またはその日を迎えたことを言います。忌明けとはどのような内容であるか一つずつ紹介していきます。

宗教によって異なる忌明け

この忌服期間は宗教により異なります。仏式の場合は四十九日、神式の場合は五十日が忌明けになります。仏式の場合は、故人の魂が旅立つ日である四十九日までを忌中としていて、その日を忌明けとします。この四十九日は満中陰とも呼ばれていて、満中陰法要や忌明け法要を行うのが一般的です。満中陰法要や忌明け法要は、葬儀でお世話になった僧侶や親族、更には故人の友人らを招いて法要を行い、多くのご遺族は忌明けとこの法要で一区切りとして気持ちの整理を行います。

忌明け法要と同時に行われる納骨式

忌明けに行うのは、満中陰法要や忌明け法要だけではありません。このタイミングで遺骨の埋葬を行う方も多いのが特徴です。寺院や納骨堂に預ける場合も同様で、この日に納骨式を行います。しかし遺族の考えやお墓などの都合もあり、このタイミングが難しい場合は、改めて納骨式をするケースや一周忌まで納骨を先延ばしにして、一緒に法要を行うケースなど様々です。

忌明けを迎えるまで控えること

またこの日をもって仏式の場合は、仏壇の扉を、神式の場合は神棚封じをそれぞれ解きます。

更に、忌明けを迎えるまでは、結婚式などの祝い事に参加するのは避けるとする考え方もあります。しかし現在では柔軟に判断することも増えていますので、亡くなった方との関係や本人の気持ち次第で対応すると良いでしょう。正月飾りなど祝いの飾りも控えるとされていて、年賀状も出さずに済ませ、万が一受け取った場合には寒中見舞いを代用します。

忌明け法要に向けて準備すること

忌明け法要を行う場合には、様々な段取りを経て無事終了できます。法要を取り仕切る施主の仕事が多くなりますが、手順を間違えることがないようにスムーズに準備ができるのが理想です。是非参考にしてください。

日時の調整

ちょうど49日目に行えるのが一番良いのですが、会社員や学生など、様々な立場にある多くの親戚が集まる忌明け法要は、平日よりも土曜日や日曜日、祝日などに行う方が増えています。49日目よりも前の都号が良い日で調整しましょう。ずらすことは可能ですが49日目よりも遅らせるのではなく、前倒しをして執り行う段取りをするのがマナーです。

式場を手配

親戚との打ち合わせも大切ですが、何より大切な僧侶との打ち合わせや日程調整が重要です。式場の手配として、昔のように自宅で法要を行うことは少なくなりましたが、斎場などではなく自宅で行なうことも可能で、参列する人数や集まる顔ぶれなどによっては、寺や試乗よりも自宅の方が便利である可能性もあります。決まった場所がある訳ではないので、遺族の意向で式場を手配しましょう。また法要後に会食をする場合には、会食する場所についても検討しなければなりません。

忌明け法要の案内状を手配

確実な参加人数を把握するためには、早い段階で集計を済ませたいのが案内状の手配です。近くに住んでいる場合には直接伝えることもできますが、遠方の場合は電話や往復はがきなどで対応します。基本的には親戚のみで集まる忌明け法要ですが、故人ととても親しくしていた方や故人が生前から参列させることを希望していた場合などは、親戚以外の方にも案内状を出します。

忌明けのお供え物を準備

忌明けのお供え物を準備します。食べ物や飲み物だけでなく、花があると良いでしょう。また参列する方が持ってきてくれる場合がありますので、全てのものを並べられるように仏壇周りを整えておくことも大切です。

引き出物の手配

忌明け法要に参列して下さった方に香典のお返しとして引き出物を用意します。貰った金額の半分から三分の一程度の金額相当の引き出物が一般的とされています。しかし香典の金額を知る前に引き出物を用意する必要がありますので、多くの方が香典には1万円前後を入れて持参することを考えますと、3,000円程度の引き出物で十分でしょう。持ち帰ることを想定して、かさばらず重くないタオル類などを選ぶと好みや年齢を問わず活用してもらえます。

料理の手配

正式な参列する人数が分かったところで料理の手配ができます。自宅や斎場の別会場などに宅配の弁当を依頼することもできる他、別会場へ移動して個室のレストランなどで会食をすることも可能です。あまり大人数で遠くまで移動するのも大変ですが、自宅では狭すぎるなど難しいのが会食する場所の決め方です。遺族同士でよく話し合って、最適な方法を選ぶのが理想ですが、昔のように法要から会食まで全て自宅で行うケースは珍しくなっています。

僧侶の手配

親戚の都合や式場の予約が整っても、僧侶が多忙で予定が合わない場合や手配するのを忘れていたのでは忌明け法要は成り立ちません。法要の日時を確認するのと同時に会食への参加の可否を確認しますと、料理の手配にも無駄がでません。また食事をしない場合には、御膳料としてお布施とは別に食事の代金相当の金額を渡す必要があり、その準備をする必要もあります。

本位牌や仏壇の準備

本位牌や仏壇の準備は、常日頃から手入れを行っていますとそれほど苦にならずに準備することができます。故人が気持ち良く過ごせるように、普段から少しずつでも掃除をしておくと、忌明け法要前の忙しい時期でも慌てずに済みます。

忌明け法要日の計算方法

忌明け法要日の計算方法を知っていますか。最近ではインターネットなどで亡くなった日を入力するだけで、全ての法要日を自動で計算するシステムが存在していますが、自分で数える方法を知っておくのも大切です。

知っておきたい!忌明け法要日の計算方法


悩むのは亡くなった日を含めた数え方であるか、含めない数え方であるかが問題ですが、忌明け法要日は、亡くなった日を含めて数えるのが一般的です。つまり亡くなった日を1日目として考え、そこから49日目が忌明け法要日となります。

その当日に行うべき?忌明け法要

せっかく計算で算出された忌明け法要日ですが、平日である可能性が高いです。計算によって出した、その当日に執り行うのが本来は一番良いですが、日常働いているなど、様々な立場から、親戚同士が一堂に集まるのは、平日よりも週末や祝日の方が都合良くスケジュールが組めるでしょう。

ずらす時の注意点

49日目が平日であった場合、先延ばしにして49日目よりも後に法要を行うのではなく、前倒しをして49日目よりも先に予定を組むようにましょう。これは故人を忘れてないことを表明する遺族の務めです。少し早めですが、通夜や葬儀が終わった段階で忌明け法要について遺族同士で話し合っておくとスムーズかもしれません。

忌明けまでの注意事項

忌明けまで気を付けるべきことを紹介します。是非役立ててください。

忌明けまで初詣に行かないほうがよい?


故人の命日が年末であった場合など、忌明けまでに新年を迎えることとなります。その際には、忌明けまでに初詣には行かないほうが良いとも言われています。しかし、神社や地域によって考え方は様々ですので、念の為控えたいと考えている場合にはやめておいた方が良いですが、気にせずに参拝する方もいます。華やか印象がある新年の初詣は、忌中だけでなく喪中でも控える方がいる程です。しかし故人との関係性によっても変わりますので、地域ではどのような風習となっているのか、事前に調べて把握しておくと良いでしょう。

忌明けまで神社に行ってはいけない?

神社には50日目までは行かないほうがい良いと言われています。亡くなった方が自分とどのような関係であったのかでも変わるようですが、両親などより血縁関係が濃い間柄が50日間とされていますので、身近な方が亡くなった場合には、50日間は神社への参拝を避けると間違いありません。

厄払いをしたいけど、やはり忌明けまでは無理?

新年を迎える際にその年が自分にとって厄年である場合、厄払いをしたいという方もいますが、神社で行うことから忌明けまでは難しいのでしょうか。方法としては二つの選択肢から選ぶことが可能で、忌明けを待って神社で行うのが一つです。もう一つは神社ではなく寺院で厄払いを行いますと、忌明けを待つことなく行えます。どちらの方法が自分に合っていて、行いやすいかを考えて厄払いをするのがおすすめです。

身内が亡くなった時の喪中はがきの取り扱い方法


年賀状の季節になると必要になる喪中はがきは、身内に不幸があった時に年賀状を控えることを事前に知らせるはがきです。身内と言っても幅広く、両親や兄弟から遠い親戚まで様々です。最近では核家族化が進んでいることもあり、祖父母が亡くなった場合でも喪中はがきを使わない方がいます。確かに祖父母を知らない会社関係の方や友人などまで喪中はがきを出す必要がないと判断する方が増えていて、葬儀などの参列した親族間同士のやり取りだけを控えるケースも増えています。最近では年賀状そのものを出す機会が減っていますので、喪中はがきのことで悩むことが少ないかもしれませんが、喪中はがきを賢く使うことも大切です。

まとめ

いかがでしたか。忌明けという言葉は普段あまり耳にしない言葉ですが、故人に関わる法事や法要の際には、切っても切れない用語です。忌明けについて詳しい知識を得て、万が一、身近な人が亡くなった際にも慌てないように覚えておくと良いでしょう。

あわせて読みたい