仏滅の日に葬儀や通夜はやってもいいの?葬儀をやってはいけない日とは?

6つの暦がある日本では、葬儀や祝いごとがある際に日程を決める基準としています。最近ではあまり気にする風潮は少なくなっていますが、知識や情報が少ない分だけ判断に困ります。今回は仏滅を始めとした暦に関する内容と、通夜葬儀との関わりについて紹介します。是非参考にしてください。

仏滅とは?

仏滅と聞くと悪いイメージや印象を抱くことがありますが、実際にはどのような意味合いがあるのでしょう。

六つある暦に含まれるうちの一つ

暦に記載される日時や方位などの吉凶、その日の運勢などの事項には、仏滅以外にも大安や先勝、先負や赤口、友引があります。

 

仏滅の意味

仏滅は仏も滅するような大凶日とされていて、六つある暦のなかでは一番縁起が悪い日とされています。

 

仏滅に葬儀や通夜をやることはNG?

では仏滅に葬儀や通夜をしてはいけないのでしょうか。

通夜や葬儀…仏滅はダメではありません

仏と特別な関係がないことから、仏滅に通夜や葬儀を行うことは特に問題ではありません。実際数多く行われていますが、仏という文字が入っている仏滅は、訃報があった時に深い関わりを感じてしまうことが多いようです。

 

祝いごとは避けるべき?


ちなみに結婚式を仏滅に行うことは避けた方が良いみたいです。若い世代の方は仏滅などの暦を気にしなくなっていますが、周囲の親戚などに出席してもらわなければいけないことを考えますと、何でわざわざ仏滅に結婚式を…と反対意見が出される可能性があります。

しかし仏滅はブライダル会場も空いているうえに、価格が安くなっているというメリットもあります。

 

入籍は問題ない?

両家の親や親戚が関わる結婚式に比べて、入籍は二人の問題と考えて良いので、当人たちが仏滅を気にしないのであれば問題ありません。

 

他の友引、大安、先勝はどう?

ではその他の暦と通夜や葬儀の関わりについて紹介します。

大安や先勝は問題ない

大安や先勝は祝いごとのイメージがありますが、だからと言って通夜や葬儀を行うことがいけないとは限りません。実際に多くの通夜や葬儀は大安や先勝に行われています。

 

残りの赤口や先負に通夜や葬儀をすることは?

大安や先勝と同じように特別問題がないとされていて、赤口や先負にも通夜や葬儀はおこなわれています。

 

友引はNGとされている

しかし6つの暦の中でも友引に関しては、葬儀や通夜を避けるようになっています。実際に火葬場が休みとなっていることもあり、行いたいと思ってもできない現状があるかもしれません。よって多くの場合、友引には通夜や葬儀は行われません。

 

なぜ友引はNGとされている?

6つの暦の中で友引だけが通夜や葬儀を行えないことが分かりました。ではどうして友引だけがダメなのでしょう。その理由は、凶事に友を引くという言葉があり、故人と親しかった人も連れていかれてしまう意味を持っています。

つまり文字通り、友が引っ張られて一緒にあの世へ導かれてしまうという言い伝えの下に、友引に通夜や葬儀を行うことは避けられています。

 

実際、友引に通夜や葬儀は行うべきでない?

では実際に通夜や葬儀を友引に行うことは不可能なのでしょうか。

火葬場が休みで事実上難しい

言葉の意味を気にするかどうかの問題で、特別気にしないという考えの方も多いでしょう。ただし友引の日は火葬場が休みことが多く、葬儀などを行う側が気にせず通夜や葬儀を行いたいと思ってもできないケースもあります。

 

友引の翌日は火葬場が混雑します

通夜や葬儀を友引に行わないとなりますと、当然ですが多くの方が同じ考えで同じ行動をした結果、友引の翌日には火葬場が混雑します。現代ではもともと火葬場が少なく、混雑するケースが多いようですが、友引の翌日は特に混雑するようです。

 

亡くなる日にちは選べません

いつ亡くなるのかなどは誰にも分からないことですので、友引を避けて通夜や葬儀の日程を決めることになります。亡くなった日にちによっては、次の日に通夜を行って、その翌日に葬儀をするというタイトなスケジュールになる可能性も十分あります。

 

六曜カレンダーで確認しよう

六曜カレンダーというものを知っていますか。最近のカレンダーや手帳には、6つの暦について記載されていないものが多く、祝いごとや法事に関するイベントについて困ることがあります。六曜カレンダーが自宅に一つあることで、暦のことをその都度調べる手間が省けます。

日常生活にも6つの暦を意識しよう

例えば新しい車を購入して納車日を決める際や、何か新しいことを始める時など、6つの暦を参考にして取り組みますと、その日が適した日であるか否かを決められます。

あまりこだわり過ぎて振り回されてしまうのは問題ですが、すぐ迷ってしまい判断に時間が掛かる方などは、占い感覚で六曜カレンダーを活用するのがおすすめです。

 

インターネットで調べられます


最近のカレンダーには六曜を書いていないこともあり、紙のカレンダーでは外出先で調べられずに不便…という方におすすめなのは、インターネットで簡単に調べる方法です。調べたい日が6つの暦のどれに当てはまるのかが、短時間で検索できます。上手に活用してみてはいかがでしょうか。

葬儀との関わり方

喪主をつとめる必要がある場合や遺族として参列する場合、そして一般の弔問客として参列する場合と、同じ通夜や葬儀でも立場が変わることで関わり方が大きく変わります。その中でも喪主を経験しなければならない立場になる可能性は誰にでもあります。ここでは喪主とはどのような立場で、何をすることが望まれているのかを紹介します。

喪主とは

喪主は行われる通夜や葬儀を取り仕切る重要な立場となります。葬儀会社との打ち合わせの際にも中心的な人物となり、参列する弔問客や僧侶への対応など、なくてはならない存在です。

スムーズに通夜や葬儀を進めるためには、早い段階で決める必要があります。

しかし、遺言などで誰に喪主をやって欲しいと指名していることもありますので、その際には遺言通りに指名された人物が取り仕切ります。

喪主の選び方

特別遺言での指名がなかった場合には、一般的な役割として配偶者や長男などが行うこととなります。

しかし場合によっては配偶者がいないケースや、後継ぎとなる存在がいないこともあります。そのような時には友人や知人などから選ばれ、喪主ではなく友人代表などと言う名目で喪主の代わりの業務を行います。

更に一人に絞って任命するイメージがある喪主ですが、複数人で行うこともできます。

▼関連記事はこちら

喪主の役割

喪主の役割は多岐に亘って幅広く携わる必要があり、気が休まる時がないぐらい忙しい時間を過ごすことになります。

主な役割は、通夜や葬儀がスムーズに行われるように取り仕切りながら、全体を見る係となります。

また代表で挨拶をする機会も多く、僧侶への対応や葬儀会社を決めて内容を検討するなど、中心人物として関わる必要があります。もちろん喪主以外の家族や親族のサポートを受けながら携わることで、滞りなく進められます。

まとめ

いかがでしたか。仏滅へのイメージが大きく変わった方も多いのではないでしょうか。仏という文字が入っていることで、仏事との関わりが深く感じられていますが、良く調べていくことで世間の印象とは違うことが分かります。六曜に関しては世の中全体が暦への関心が弱くなり、昔ほど興味があるわけではなくなっていますが、この機会に6つの暦について詳しく調べてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい