供花とは?供花を送り方と注意事項を紹介

葬儀に関わる言葉や用語には、知らないことや今さら人に聞けないことも多くあります。今回は供花について紹介します。送り方やその際のマナー、注意事項などが分かりやすく記載されていますので、是非参考にしてください。

供花とは?

お悔やみの気持ちを添えて葬儀の際に用意する供花ですが、どのような意味があるのでしょう。

どこに飾られるのですか?

供花は祭壇の両脇に飾られることが多く、弔問客の目につきやすい場所に設置され、祭壇を一層豪華にして故人の生前の功績を称えます。

1対のセットで2基注文する方が多かった供花ですが、最近ではそのようなこだわりもなくなり、1基で少しランクを上げた花を選ぶなどそれぞれの工夫があります。

 

どんな花でもいいの?

葬儀の花は白菊のイメージを持つ方も多く、現在も菊の花を選んで注文するケースが多い供花ですが、近頃では故人の好みだった花や洋花も選ばれるようになっています。

 

誰でも送れるの?

故人への思いを花で表現して気持ちを届けることで伝えられる供花は、親族でなくても送ることができます。

故人との生前の付き合いの深さなどにもよりますが、通夜や告別式に参列する場合だけでなく、参列できない場合その代わりに供花を用意する方もいます。

 

供花の費用相場は?

では、供花の相場はいくら位なのでしょう。実物を見て注文することができない場合が多い供花は、業者任せになってしまうため、価格面での違いに注意して注文した方が良さそうです。

価格の相場はどれくらい?

価格の相場は10,000円前後とされていて、祭壇の横に置いて飾るにはちょうど良い大きさの供花となります。1対で注文する場合には、この金額の約2倍程になります。

色の組み合わせや選ぶ花によっても雰囲気が変えられますので、依頼する花屋や業者とよく相談をして納得できる供花の依頼がおすすめです。

 

どんなタイプがあるの?

スタンドタイプの商品は高い金額設定になりますが、見た目の印象も良く選ぶ方が多くなっています。

祭壇の横に飾る供花は、通夜や告別式など葬儀を演出する立派なアイテムです。

故人を偲ぶ気持ちとして、コストばかりを気にせず自分が思い描く供花の注文ができるようにしましょう。また葬儀会社へ注文しますと、他の方とのバランスや会場の雰囲気、広さなどを考慮して調整してくれます。

 

複数人で共同の名義で送るには?

親戚や友人など〇〇一同という形で送ることも可能です。このような場合、人数が増えたことでどの供花を選ぶのか悩んでしまいます。

しかし、故人との関係の深さや共同で送る方同士で予算を決めて選ぶのがおすすめです。一緒に注文する人数が多いからと言って、豪華な供花にランクアップしなければいけないという決まりはありません。

 

あまり豪華すぎても失礼?

故人を偲ぶ気持ちを花を送ることで表現できる供花ですが、相場の10,000円前後の商品から30,000円程度のものまで幅広く展開されています。

葬儀の規模や斎場など会場の大きさにもよりますが、例えば自宅葬の方にあまり大きな供花を送りますと、設置場所が難しくかえって遺族に手間を掛けることになります。葬儀の場所を聞いてから決めるなど、相手を思いやる気持ちが大切です。

 

供花の種類は?

通夜や告別式も宗派などの違いによって方法やしきたりが変わるのと同じく、供花についてもそれぞれで異なります。送る相手の宗派などを確認してから業者へ依頼しますと、先方に対しても失礼になりません。

仏教の場合

仏教では百合や菊、カーネーションなどの花がよく利用されます。やや高価でも豪華にしたい場合には胡蝶蘭を用いることもあります。いずれも派手な色ではなく白など落ち着いた色合いのものを選ぶ荷がポイントです。

基本は生花ですが、近年はプリザーブドフラワーなど造花を使うこともあります。フラワーアレンジや籠アレンジで送るのが一般的です。

どちらもそれほどスペースを取らないため、どのような会場でも利用しやすいのがメリットです。また広い斎場などで執り行う場合は、スタンドタイプも人気となっています。

 

キリスト教の場合

キリスト教では、仏教で一般的な白菊はあまり見られないのが特徴です。百合やカーネーションの他に、小菊やスプレー菊などが用いられます。仏教では造花を用いることもありますが、キリスト教では生花が基本です。また送り主の名札も付けないという特徴があります。

送るスタイルは基本的に籠アレンジが多く、教会ではなく故人の自宅に届くように手配します。

キリスト教の特徴的なアレンジメントとして、クロスとハートがあり、クロスは肉親や友人などが贈るもので十字架型のアレンジメント、ハートは親族や親しい間柄の友人が送るもので永遠の愛を表すハート型のアレンジメントです。しかしこれらは日本では馴染みがなく、店舗によっては取り扱っていないこともあります。

 

神道の場合

神道での葬儀にあたる神葬祭では、仏教の葬儀と同じく菊や百合などが用いられ、特に白い菊の花は頻繁に利用されます。送り方も仏教の場合と同じです。

神道では榊が送られていましたが、現在は喪主である祭主が榊を供えて、その他の人は花を供えるという形式になっていることから、供花にも花が用いられます。

 

供花の依頼方法は?

依頼方法が沢山ある供花ですが、ここで整理しておきますといざという時に役立ちます。

葬儀社で手配

一番依頼しやすく、会場や祭壇の雰囲気に合わせた供花を用意してくれるなど、柔軟な対応が行われるのが葬儀社です。葬儀会社によっては他の手段で購入して用意した供花を受付けしていない場合もありますので、一番安心で安全な方法は葬儀会社へ依頼する供花です。

 

花屋で手配

花の専門店である花屋は、当たり前ですが種類が多く自分が思い描く供花が完成できる可能性が高いでしょう。何より目の前にある花から選んで購入できることから、料金のわりにボリュームがない…などという不満が発生しません。

故人が花好きでどうしても好きだった種類の花で供花を用意したいなどのプランがある場合は、花屋への依頼がおすすめです。

 

インターネットで手配

花屋で選ぶ時間がないけれど、どうしても自分の思い描く供花を送りたい場合は、インターネットで申し込みをするのも一つの方法です。自宅などでゆっくり選べる上に、日時を指定して配送されるなど、充実したサービスが受けられます。PREMIER GARDEN

しかし当日に間に合うように手配するためには、日数が掛かることもありますので、事前に良く確かめると良いでしょう。

 

供花を贈るのはいつ?

供花を送る際には、花の種類だけでなく送るタイミングも重要になります。一体いつまでに送るのがマナー違反にならないのでしょう。

通夜と葬儀で変わる供花の送るタイミング

通夜に間に合わせるためには通夜当日の午前中、葬儀に間に合わせるためには前日、つまり通夜当日までが望ましいとされています。急な訃報などの場合、手配が間に合わないこともありますので、無理に通夜に間に合わせようとせずに、葬儀に間に合うタイミングで送るようにすると良いでしょう。

 

送る際の注文方法

ただ花を送るだけではない供花は、注文時に伝えることが多いので気を付けましょう。まずは会場に連絡して、日程と喪家の名前を伝えて葬儀会社を教えてもらいます。その後葬儀会社へ連絡して日程と贈る喪家の名前を伝えてから供花を注文します。

 

生花の場合、季節によって価格や取扱品が変わります

生花の場合には季節によって扱う品種に差が出るのは当然で、カタログなどの写真で掲載されている花が用意できない可能性は十分にあります。花の中には流通の状況によっては相場が変わることもあるので、供花を依頼する時には季節に合わせた花を選ぶなどの工夫が必要です。

 

献花や花輪を送ることも!

祭壇近くで目立つ供花だけでなく、通夜や告別式などの葬儀で故人を偲ぶ気持ちを伝える手段はまだあります。ここでは、献花と花輪について紹介しますので、是非参考にしてください。

献花とは?

参列者が祭壇に供える花のことを献花と言います。

キリスト教の葬儀では仏教で行われる、お焼香の代わりになるもので、1人1本ずつ花をとって順番に祭壇の上に置いていきます。花はあらかじめ用意されているものを使用しますので、一般的には個人で持参する必要はありません。

花という文字がつくことから、供花との区別が難しいですが覚えておくと良いでしょう。

 

花輪とは?


葬儀を行う会場の外などに飾る花輪は、個人で送るよりも企業や団体が送ることが多い故人を偲ぶものの一つです。

地域によって形やつくりなど様々ですが、葬儀会場によっては設置に対応していないこともありますので、注文をする前に確認しておくと良いでしょう。また、花輪そのものを飾る風習がない地域がありますので、こちらも事前の調査が必要です。

香典の代わりとして、通夜葬儀に参列できない人が送ることもある花輪は個人でも送れます。もちろん、通夜や告別式に参列している方の中には香典も花輪も送る方もいます。

 

知っておきたい!花輪の相場など

供花と同じく通夜当日の午前中か告別式前日までに届くように手配します。価格相場は10,000円から20,000円で、落ち着いた花の色を選んで注文するのがマナーです。

ちなみに飾り方にもポイントがあるようで、式場入り口に近い方ほど個人との関係が深かった方で、遺族が並べ方を指示して送り主に失礼がない対応をする必要があります。

 

まとめ

いかがでしたか。供花について理解できたと共に、その他の献花や花輪との違いまで分かる機会となったはずです。葬儀に関する言葉は聞き慣れないことが多く、難しいイメージを抱いてしまいますが、それほど複雑ではないことが分かりましたね。是非今後に活用してみてはいかがでしょうか。



あわせて読みたい