仮通夜とは?特徴とマナーを紹介!

亡くなった方を見送る通夜や葬儀に関する言葉には、知らない用語も数多くあります。ここでは仮通夜という言葉について紹介し、特徴やマナーなどを理解できるようにしたいと思います。是非参考にしてください。

仮通夜とは


仮通夜(かりつや)とは、本通夜(ほんつや=通夜)に先立ち、家族とごく近い親族だけで執り行われる儀式です。通夜は故人が亡くなられた翌日に親族以外の知人やお世話になった方たちにお越しいただき弔問を行って頂くものですが、亡くなられた当日の夜に身内だけで死者の冥福をお祈りして、死者が寂しい夜を過ごさないために懐かしい話などを交わしながら一晩過ごすことを仮通夜と言います。

亡くなったその日に行う通夜

仮通夜は必ずしも執り行わなければいけないものではありません。なぜ仮通夜を行うのか代表的なケースを紹介します。

夜遅い時間帯に故人が亡くなられた場合には、通夜や葬儀の準備は翌日以降となってしまいます。火葬場や告別式の会場手配など葬儀屋にお願いするにせよ、死亡した日から1日ずつずれてしまうケースや親族が遠方に居るため、通夜が1日遅れになる場合などに、せめて亡くなった当日に故人を偲ぶことを希望された場合には、通夜に先立ち仮通夜を行います。

通夜を行う前の準備段階

友人やお世話になった方々には、通夜あるいは葬儀を案内いたします。現代の葬儀事情では、通夜に弔問される方が多い傾向にありますので、仮通夜に集まった家族、親族と翌日に控えた通夜の準備や段取りなどを決めておく場でもあります。通夜で弔問に訪れてくださった方々への食事の準備などの手配もこの場で決めておくべきものです。

仮通夜を行う意味

故人の突然の死に通夜をする準備が整わない場合に、家族や近くに住んでいる親族のみで行う儀式です。何か特別なことをする訳ではありませんが、故人のそばでそっと穏やかに見守ることが求められています。故人が寂しい思いをしない為にも、邪霊が取りつかない為にも一晩中灯りをともして線香の火を絶やさずに朝まで過ごしてあげます。また、仮通夜は地味な色合いの平服で構いませんが、アクセサリーや金ボタンがついている服装は控えてください。

仮通夜は近年減少気味

近年はマンションなどの集合住宅に住んでいる方が多いためか、死去されたらそのまま病院内や葬儀場、火葬場の霊安室に安置されるケースがほとんどだと言われています。宗教上の儀礼に対する気薄化によるものや、大げさとも言われて葬儀社に支払う葬儀費用などを軽減するためにも簡素に済ませたいと思っている親族が多いため、自宅に戻り仮通夜を行うために霊柩車を手配することも無駄な費用だと考えられているようです。”

仮通夜の特徴


仮通夜を行う場合、どのような特徴があるのでしょう。通夜の前に行う仮通夜ですので、それほど堅苦しい決まりがあるケースは少なく、とにかく故人に寄り添って過ごすことが求められます。特徴を一つずつ見てみましょう。

参列者は基本的に親族や近親者のみ

参列するのは親族や近親者、本当に親しかった方など限られた人物のみが集まるのが仮通夜です。中には故人の訃報を聞きつけて駆けつける方もいますが、基本的には玄関先での挨拶や短時間の弔問などがほとんどで、身内で故人に寄り添う静かな時間となります。基本的には親族や近親者のみで過ごしている仮通夜ですので、電話で訃報を聞きつけた場合には、仮通夜を行っていることの確認や出向いて問題がないかを確認してから足を運ぶのがマナーになります。

読経や通夜ぶるまいなどは行わないことが多い

僧侶に仮通夜の経読を依頼することはできますが、省略されるケースが多いです。また通夜の後に行う通夜振る舞いも仮通夜の際は行わないことがほとんどです。

線香の火を絶やさないようにする地域もある

仮通夜の際に、線香の火を絶やさないようにする地域があるようです。その理由は、天国へ逝くまでに道に迷わないようにするためや、安らかに眠って欲しいと故人を思う遺族の思いを線香に託すなど様々です。ちなみに1本ずつ燃やすことで、複数あることで道が分からなくなることを避ける意味があるともされています。

線香ではなくろうそくを使う場合も

場合によってはろうそくを使って燃やすこともあるようです。線香より力強く燃えるろうそくは、香りが強い線香よりも明るく感じるでしょう。確実に道に迷わないで天国へ逝けるようにするためには、ろうそくを使用するのも選択肢の一つとなります。

仮通夜を行うには理由があります

仮通夜を行う場合、様々な理由があります。その一例を紹介しますので是非参考にしてください。

故人が遅い時刻に亡くなったため、準備が間に合わない場合

通夜を翌日に行いたい場合、死亡した日には同居の近親者だけで仮通夜を行って、翌日に本通夜を行うということになります。このような場合は仮通夜が実施されます。

喪主となるべき親族が遠方にいるため、死亡した日のうちに通夜を行うことができない場合

通夜を翌日に行いたい場合、死亡した日には同居の近親者だけで仮通夜を行い、翌日に本通夜を行うことになります。

葬儀予定の日が友引で火葬場が休みにあたる場合

このようなケースの場合、一日葬儀をずらすことになります。その結果葬儀の前日を通夜とすると、前々日は仮通夜になります。

仮通夜でのマナーは?

仮通夜でのマナーを知りましょう。服装や香典など、知っているようで知らないことが沢山あります。

仮通夜での服装は?

喪服をイメージするかもしれませんが、落ち着いた色調の地味な服装であれば問題ないでしょう。もちろん派手なアクセサリーや金銀やラメが入ったものは控えるのが常識です。仮通夜は故人の家族や親族など、身内だけで行います。よって会社や職場関係者、友人などの一般弔問客を迎えることもないため、本通夜ほど服装を気にする必要はないでしょう。

改めて気になる喪服の定義とは

近年は通夜でも喪服を着るようになっていて、葬儀や法事などと合わせますと、着る機会が多くなっています。ここで男女別の喪服について紹介します。

男性の服装の基本は黒の礼服ですが、会社から行く場合は紺やグレーのダークスーツでも構わないとされています。ネクタイは黒の無地を身につけ、金時計など光るものは外します。ネクタイピンも用いない方が良いのですが、パールなど光らないものならそのままでも大丈夫です。カフスボタンとお揃いで使います。またワイシャツは白で、最近多く出回っているボタンダウンなどは避けましょう。

女性の服装はオーソドックスな肌を隠すデザインの黒い礼服を着用します。バッグや靴、ストッキングなども黒で統一します。アクセサリーは光るものは避け、つける場合にはパール、ブラックパール、黒珊瑚などを用います。また和服の場合には略礼装の色喪服を着用します。色喪服とは、弔問 や法事などで用いる藤色やねずみ色、紺などの色無地三つ紋または一つ紋に、帯と小物を黒で統一したものを着用します。ただし地域によってしきたりが違うので、周囲に確かめると良いでしょう。

ちなみに子供の場合は、どのような服装が好ましいのでしょう。小学生以下の子供は、白いシャツに紺やグレーの服を合わせます。学生の場合、制服があればそれを着用します。

香典は必要?

仮通夜では香典は必要ではなく、通夜や葬儀に持参します。ちなみに通夜にも葬儀にも参列する場合、香典は通夜に持参しましょう。お香典を入れるのし袋の表書きや、のし袋そのものも宗教によって異なります。もし先方の宗教がわからない場合には御霊前と書いたものであれば、たいていの宗教の通夜や葬儀に用いることができますので、御霊前ののし袋を用意します。

親族でない者が参列する場合は手短にする

仮通夜は基本的には親族など近しい方が集まっている時間です。たとえ故人と親しくしていた場合でも、相手への配慮として短時間の滞在で済ませましょう。

仮通夜での言葉遣い

自分では気をつけているつもりでも、相手を思いやる気持ちに欠けている言葉が口から出てしまうことがあります。特にお悔やみの気持ちを伝えなければならない仮通夜の場合、急いで駆けつけて失礼な言葉を遺族に投げかけたのでは行った意味がなくなります。どのような言葉遣いが好ましくないのでしょう。

繰り返しや継続を連想させる単語

「たびたび」や「ますます」など、繰り返し不幸が起こることを連想させる重ね言葉は、仮通夜の場では相応しくない単語です。また再度など継続をイメージさせる言葉も控えるようにしましょう。

生や死を直接的な言葉で表現する

生きるや死亡など直接生死をイメージさせる言葉は控えるのがマナーです。全く使わずに会話をするのが難しい場合は、逝去や生前などの言葉に置き換えて表現するようにすると良いでしょう。

たとえ故人が高齢者でも…

最近では高齢で亡くなる方も珍しくなくなってきていますが、大往生や長寿であったことを称える言葉を発してしまいがちですが、遺族にとって故人の死をまだ受け入れられていない仮通夜の時点では、あまり相応しい言葉ではありませんので、避けるようにしましょう。

仮通夜の豆知識

本通夜の前に行う仮通夜ですが、まだまだ知らないことが沢山あるかもしれません。豆知識を参考に、今以上に仮通夜について知識を増やしてみてはいかがでしょうか。

故人との対面を希望していいですか?

より近い距離で故人と対面できる仮通夜は、親しい間柄だから弔問に出掛けられるはずです。しかし故人と対面したいからと言って、遺族にお願いをするのは失礼になります。遺族側から声を掛けてもらえるまで待つか、場合によっては諦めるのがベストです。

知っているようで知らない故人との対面方法

では実際に故人と対面できるようになった時のため、失礼がない対面の仕方を紹介します。まず故人の枕元で正座をします。その後、両手をついて一礼をしてから、遺族が顔に掛かった布を取ります。顔を見つめて一礼をして合掌します。その後少し下がって一族に一礼をします。是非覚えておくと役立つでしょう。

まとめ

いかがでしたか。仮通夜という言葉ついて今まであまり知らなかった方にとっても、大変ためになる内容だったのではないでしょうか。仮通夜というスタイルそのものは減少傾向にあるようですが、故人を偲び遺族を思いやる気持ちに変化はありません。是非、今後参列される際には役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい