一周忌の香典の相場は?香典の書き方も紹介!

亡くなった方への弔意を表すものとして、日本では香典を包む習わしがあります。では、故人の一周忌に包む金額に相場はあるのでしょうか?今回は気になる金額の相場に加え、不祝儀袋の書き方や選び方なども併せて解説をします。

一周忌の香典の金額相場は?


お葬式の香典の金額は故人との付き合いの深さ、関係などによって変わってくるもので、一周忌における香典の金額もこの考え方と同様です。相場として、故人が友人や近所の方といった血縁者ではない場合は、1人当たり5,000円~10,000円が一般的とされています。ただし、故人との関係が深かったり普段からお世話になっていたりしていたと言うのであれば、相場が10,000円~30,000円と変わります。

また、一周忌には僧侶にお経をあげてもらう「法要」と、これらの過程の後に会食まで含まれるいわゆる「法事」の2つのパターンに分けられます。一周忌の香典の相場では、お経後に会食が用意されているのであれば金額が少し異なります。もし、法事となっており会食に出席するのなら、血縁者以外は1人当たり10,000円~30,000円が相場です。それに加え故人との関係が親しい場合では、30,000円~50,000円を包むことが多いとされています。

親戚の一周忌の場合は?

一周忌の香典には、どの程度を包むのが一般的なのかは先にも挙げた通りですが、親戚にあたる方の場合はどの位の金額を用意すると良いのでしょうか?こちらは、1人当たりが10,000円、夫婦で出席の時には20,000円~30,000円が目安となっています。

しかし、香典と言うのは地域によって金額が違うことがありますし、自分が考える金額と同じように一周忌に出席する他の親族が考える金額とで差が生まれるかも知れません。そのため、念のために周囲の親族とあらかじめ相談の上で包む金額を決めた方が安心できるでしょう。

自分や配偶者の兄弟姉妹にあたる場合は?

一周忌の香典について血縁者以外と親戚の相場金額を挙げましたが、では親族の中でも自分の兄弟、あるいは配偶者の兄弟姉妹にあたる場合はどの程度を包むのでしょうか?この場合は、1人当たり10,000円~30,000円を用意していることが多いようです。

一周忌の香典の書き方は?

お通夜やお葬式と同様に法要、法事の際には香典を包む袋として不祝儀袋が用いられます。不祝儀袋はお悔やみ用ののし袋とも呼ばれていますが、正しい袋の選び方や名前の書き方などをしっかりと理解しておけばいざと言う時に慌てずに済みます。

表書き


まず、お悔やみ用のし袋の表書きについてですが、仏教の場合ですと表書きには御仏前、御佛前、御香料といった言葉を上段中央に書きます。販売されている不祝儀袋の中には、こうした文字があらかじめ印字されていることも多いです。お葬式やお通夜では薄墨で書くのが常だと言われているのですが、一周忌の場合は通常の黒い墨で書きます。

中袋

のし袋の中には中袋、あるいは中包みと呼ばれる白い袋が入っています。この中袋は表側に包んだ金額を書き、裏側に自分の住所や名前などを書くことになっています。市販されているのし袋には金額や住所を書く欄が印字されている袋もあり、記載する場所が分かりやすいものもあります。字を書く際には筆を使うのが正しい作法とされてきましたが、今の時代は筆ペンを用いるのが一般的です。中袋の住所は、特に長くなると字が小さくなり書きづらくなりますが、ボールペンやマジックペンなどではなく筆ペンを使ってみるのも良いでしょう。

のし袋はどのようなものを選ぶ?

一周忌で用いられる不祝儀袋は宗教によって表書きが違いますので、それぞれの宗教に合わせて使い分けることが大事です。仏教の場合ですと蓮の花が描かれたものが仏式専用ののし袋となっています。同じく仏教の水引きに関しては白黒や藍銀、双銀、黄白などの結びきりを選ぶようにしましょう。

名前の書き方

不祝儀袋に名前を書く際には、水引きの下に自分の名前をフルネームで入れるようにします。自分1人で一周忌に出席する時にはこの通りで構いませんが、状況によってこうした書き方は異なります。

夫婦で法事に出席する場合の名前の書き方

夫婦で出席の際は夫の名前だけをフルネームで記載し、その左横に妻の名前だけを添えてください。

数人が連名で出す場合

2人の場合は中央にそのまま2人の名前を書きます。3人の場合はまず中央に1人の名前を入れ、そこを中心として左右に1人ずつ名前を添えてください。地位や年齢などに関係のない時は、50音順で名前を入れていきます。

会社名義の場合

会社として香典を出す場合は、まず中央部分に会葬者の名前を記入し、その右側に少し小さく会社名を書きます。

まとめ

いかがでしたか?一周忌の香典には故人との関係性によって相場が変わりますし、香典の書き方も出席時の人数によってこのように違いがあります。こういった状況はいずれ自身にも起こる可能性がありますので、一通りのマナーは覚えておきたいものです。

あわせて読みたい