海への散骨について!法律や注意点について

葬儀や納骨に対する考え方が多様化する現代では、それぞれの方法で故人との別れの時間を設けることが決して珍しくなくなっています。その中でも海へ散骨をする方が多くなっていて、墓石がある墓地へ納骨される一般的なスタイルとは大きく異なります。今回は知っているようで知らない海への散骨について紹介しますので、是非参考にして下さい。

海への散骨のメリットは?


遺された遺族の考えによって行われることもある海への散骨ですが、多くは故人が生前から希望していた場合が多いようです。特に海が好きだった方や海に関わる仕事をしていた方などが、死後も海で楽しい時間を過ごしたいと考えるようです。海への散骨を行う場合のメリットは、どのような点にあるのでしょう。

費用負担が少ない

一番大きなメリットである費用を抑えられる点は大きく、選択する際の判断基準となります。墓地を設けないことでそれだけでも大きく負担を軽減できる上に、専用の会社へ依頼することで、より低価格なプランで散骨することができます。

お墓が不要

後継者がいる場合でも難しい墓の管理ですが、核家族世帯や子供がいない世帯も珍しくない現代では、お墓を維持することが難しくなっています。そう考えますと、お墓がいらない海への散骨は、遺された家族への負担を減らすことができます。

生前から希望して依頼できる

どのような葬儀や納骨を希望するかを生前から考えて余生をゆっくり過ごす終活もメジャーな言葉になった現代では、死後の自分について家族を話し合える恵まれた時代になっています。その際に海への散骨を希望することで、思い通りに願いが叶えられます。

海への散骨のデメリット

良い面もありますがデメリットも存在しているのが現実です。海への散骨ということ自体がまだ一般化していないこともあり、生前から家族や親戚を説得する際に苦労をするかもしれません。また年月の経過と共にお墓を設けようとしても、遺骨が全て海で散骨されてしまっていて、納骨する遺骨がないという現実に直面します。またルールや決まりが多く、海も決められた場所が指定されていることから、何かと規制が多いのも現実です。

海への散骨に関して法律はどうなっている?


海への散骨を検討した場合、法律違反を犯してまで行ったのでは、いくら故人が生前から希望していた方法とはいえ、意味がなくなってしまいます。一体どのような決まりやルールがあるのでしょう。

法律での細かな規制はない

海へ散骨をする際には、特別法律で規制がある訳ではありませんが、常識やモラルを守って行う必要があります。いくら決められた場所であっても、自分一人の海でないことは確かですので、常識の範囲を理解した上で行うように気をつけましょう。

ただしモラルが必要

海への散骨を生前から希望する方や遺族が故人を思って海への散骨をする決断をする場合、多くは海に関わる仕事をしていた場合や、海が好きで年中足を運んでいたなどのエピソードがあるはずです。そのような方々ならすぐに理解できますが、海を仕事場としている方は沢山存在しています。そのような方々に迷惑を掛けるような行為は好ましくなく、例えば岸の近くで漁業権が存在する海に散骨するなどの行動をしますと、慰謝料請求などの可能性は十分考えられます。

細かいパウダー状にして骨を遺骨と認識されない状態にするべき

海への散骨と聞くと、火葬された遺骨をそのまま海へ投げ入れることをイメージする方もいますが、遺骨を認識される状態で海へ散骨することは認められていません。トラブルの原因を回避するためにも、細かなパウダー状にして海へ散骨するのがルールです。個人でパウダー状にすることは可能ですが、作業はとても難しく繊細なものを取扱うので、心配な方は業者に任せてしまう方が安心です。

海洋散骨の種類と費用相場

海への散骨と一言で言っても、様々な方法で行うことができます。費用の相場を知っておきますと、依頼する際の参考資料として大いに活用されます。詳しい方法と合わせて役立ててみてはいかがでしょう。

個別での散骨

海へ散骨する際に気を付けることは、遺骨をパウダー状にすることと決められた海で散骨をすることです。このルールをしっかり守ることができる場合、個人で行うことは十分可能です。遺骨をパウダー状にする作業を自分で行うのも良いですが、心配な方はその作業のみを低価格で引き受ける業者もありますので安心です。また海に出る船を所有している場合や知人に依頼できるなどの条件が揃いますと、個別で行うことができます。また海への散骨を専門に行う業者でも、個別対応プランを設けていますので検討するのがおすすめです。およそ20万円前後が費用の相場とされています。

合同散骨

個別で行うよりも安く10万円前後でできる合同散骨は、複数の方々と一緒の船に乗って散骨する方法です。個別での対応では無い分安く行えるのがメリットで、初めての方や個別で行う予算の余裕が無い方に適したプランとなります。故人が生前から希望していたなど、同じ考えの方同士で合同で行う散骨ですので、短い時間でも遺族同士の交流が深められるなどのメリットもあります。

委託散骨

業者に全ての工程を依頼してしまう方法で、散骨に立ち会わずに任せてしまうのがこのプランです。業者がまとめて行うことで個別や合同で行う散骨よりもさらに安く5万円前後が費用の相場となっています。身寄りがない方や立ち会う家族や親族が忙しいなど、様々な理由で活用されます。本当に適切な方法で散骨されているのか心配になるかもしれませんが、散骨が完了した証明書などが発行される業者もありますので、依頼先を選ぶ際の判断基準とするのがおすすめです。

海外で散骨する場合は?

海での散骨を日本ではなく海外で行いたい希望を持つ方は意外と多く、生前旅行で何度も足を運んだ思い出の海を指定している場合もあります。そのような場合には、日本と同じ決まりやルールが存在しているのでしょうか。

そもそも飛行機に遺骨を持ち込める?


遺骨を持って飛行機に搭乗する必要がある海外での散骨ですが、遺骨を機内に持ち込むことは法律違反にはならないようです。しかしトラブルを回避するためにも念の為に埋葬許可書を持参しておきますと、不安を感じることなく安心して渡航できます。

それぞれの国で法律や規制がある

しかし国によって様々なルールが存在しているのが海での散骨ですので、日本のルールを同じであると認識していますと、思いがけないトラブルを引き起こしてしまいます。渡航前に自分が散骨する国のルールをしっかり調べておくと安心です。例えばハワイの場合には、3マイル以上離れた海域であると共に、禁止区域以外という規制が設けられています。言葉の問題などもありますので、心配なことが多い方は、海外での散骨経験や実績が豊富な専門業者へ相談して、適切な方法やプランを選んでから行うとスムーズです。

まとめ

いかがでしたか。海への散骨を検討する場合、法律やルールをしっかり把握してから行いますと、日本国内だけでなく海外で実施することも可能となります。故人が生前から予約をすることもできる海への散骨は、自由なスタイルが確立されていることから、今後増えている埋葬や納骨への考え方かもしれません。興味がある方は更に詳しく調べて、自分に合った海への散骨のプランを探してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい