家族葬の相場は?一般のお葬式に比べて安い!

皆さんは自分や身内の葬儀について考えたことはありますか。最近では故人や親族の意向もあり、多種多様な葬儀が営まれるケースが少なくありません。その中でも増えている家族葬について詳しく調べてみたいと思います。是非参考にして下さい。

家族葬とは?


家族葬という言葉を聞いたことがあるでしょうか。近所付き合いの希薄さや見送る親族との関係など、様々な理由から家族葬を希望するケースが増えています。規定がある訳ではない家族葬ですが、一般的には家族や親族、本当に親しい友人のみで取り仕切る葬儀と考えて良いでしょう。

家族葬にするメリットとデメリット

参列する方が少なく限定されていますので、一般的な葬儀のように近所の方や最近付き合いも無かった友人など、幅広い方が弔問に訪れて慌ただしく過ごすことがなく、静かに個人と別れの時間を過ごせます。あまり大げさな葬儀をしたくないと考えている方に適しているのが家族葬です。

一方でデメリットもあるようです。まず家族葬をしたいことを事前に周囲に知らせておき、理解を得てからでないと難しいばあいもあります。また規模が小さい葬儀のため、香典で得られる金額以上に葬儀費用が掛かる可能性があります。

家族葬は一般のお葬式に比べ安い!


亡くなった方との別れのセレモニーであるお葬式は、プランや種類の多様化によって、高額な費用が掛かることもあります。葬儀会社との打ち合わせの間に様々なオプションを加えてしまうなどしていますと、豪華で想像以上に華美な葬儀になってしまいます。

では家族葬を行う場合と一般的なお葬式の場合では、平均額にどの程度の違いがあるのでしょう。

家族葬の平均額は?

家族葬は少ない人数で集まりますので、一般的な葬式よりも安く取り行えるとされていて、100万円程度の費用を計上しておけば安心でしょう。気心の知れた顔ぶれの集まりですので、仕切る家族にとっても精神的な負担が軽いのが特徴です。

一般のお葬式の平均額は?

それでは一般的なお葬式の平均額はどのようになっているのでしょう。全国平均に加えて、各地方の平均金額も紹介しています。また地域によっても金額が異なる点も比較できますので、その土地ならではの風習や考え方もお葬式には繁栄されていることが分かります。

地域で差が出る?お葬式の平均額


一般的なお葬式の全国平均は199.9万円とされていて、約200万円という大金が必要になることが良く分かります。なんとなく大きな費用が必要なイメージしか抱いていなかった方には、少しショッキングな数値かもしれません。

北海道は147.2万円で東北地方と233.6万円と、どちらも平均額を大きく上回っています。まだまだ親戚や近所との関係が濃厚な地域ならではの特徴です。では関東地方はどうでしょう。関東Aは282.2万円、関東Bは222.0万円となっています。地域的には人間関係が希薄になっていますが、周囲とは違う葬儀へのこだわりや、葬儀会社のプランそのものが高額である可能性もあり、平均を上回る数値となっています。

中部Aは221.0万円で中部Bは213.4万円と、やはり平均額よりも多くなっています。それでは関西周辺ではどうでしょうか。近畿地方が194.1万円で中国地方が192.3万円です。この数値を見ますと、関西地域の方は平均額よりも安く済ませている方が多いことが理解できます。四国地方では105.0万円となりますので、全国平均額の半額で、同じお葬式でも値段の掛け方に地域差が大きく出るようです。最後に九州では146.3万円となり、四国地方ではあまり過剰な費用を掛けずに故人との別れの時間を設けているようです。

日本消費者協会「第9回 葬儀についてのアンケート調査」参照 

中でも費用の安い家族葬を扱うサービスを紹介

それでは家族葬の費用が安い業者を紹介しますので、是非参考にして下さい。

小さなお葬式:家族葬

総額50万円程度で追加料金なしで家族葬が行える小さなお葬式は、代金の分割払いにも応じているので、急な葬儀の依頼などでも安心です。24時間対応で電話受付を行っていて、相談のみにも対応可能の専門会社です。

詳細はこちら

イオンのお葬式:家族葬

イオンモールなどを展開する馴染みある会社が行う家族葬ということで、安心して申し込みできる業者です。オプションサービスで全国対応の寺院の紹介や読経を依頼できるなど多彩な内容の家族葬が実現できます。

詳細はこちら

シンプルなお葬式:家族葬

家族葬だけでも3つのプランが用意されていて、費用やどのような家族葬を希望するのかによって自由に選べるシンプルなお葬式の家族葬は、事前の申し込みで更に割引が得られるなど、費用を抑えた家族葬を希望する方に適した業者です。

詳細はこちら

まとめ

家族葬についての情報は得られたでしょうか。自分の人生の最後を演出するお葬式は、自分が生きてきた証を残すセレモニーにもなります。こんな家族葬を希望するけど…と少しでも興味を抱いた方は、これをきっかけに家族と話し合い、気になる業者へ見積もりをするなどしますと、自分が理想とするお葬式を生前から家族に依頼できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい