遺影写真を用意しよう!作成方法や注意点は?

葬儀の際に飾られる遺影写真ついて考えたことはありますか。生前の自分を知る人が集まる通夜や告別式では、遺影の印象が参列者に大きく残ります。以前はアルバムから写真を適当に家族が選んで…という準備の仕方で、急いだばかりにあまり良く仕上がっていない遺影が完成することも沢山ありました。最近ではこだわりを持って作成するケースが増えています。最近の遺影写真の準備について詳しく調べます。

遺影写真とは?


通夜や告別式で祭壇に飾られる個人写真のことで、大きく引き伸ばされて拡大した写真が額に入れられます。お葬式で使用した後には、仏壇の近くに飾るケースもありますので、その後家族がいつも目にする機会が多い大切な写真です。

遺影写真の3つの準備方法

遺影写真の準備方法が多様化している現代では、生前から準備することも可能で、全て自分で仕上げるなど、個性を表現するものに変化しているようです。

生きている間に遺影のことを考えるなんて…と思うかもしれませんが、自分が亡くなってからも家族や友人たちが目にする機会が多い遺影は、こだわりの一枚を用意して飾るのがお勧めです。では早速一つずつ見てみましょう。

1.生前に写真店で遺影写真を撮影

あまり年齢を重ねてからの写真では…という思いがあるのは男女共通です。最近では遺影の撮影を専門に行う店舗もあるぐらいで、自分が好きな服を選んでしっかりメイクをするなど、誰もが満足できるように写真店でプロに撮影してもらう方法があります。

 

2.今ある写真から選び葬儀社や写真店に依頼

昔ながらの方法ですが、最近は写真の加工や額縁選びまで行えますので、最新技術やより良いサービスを活用して遺影写真を用意しましょう。

 

写真を選び加工する

ピントやサイズに注意して行うのがポイントで、ピントがあっていれば「サービス判」程度のサイズで問題なく遺影写真として使用できます。

またモノクロかカラーなども事前に決めておけますので、自分が一番良い状態の写真を選んで遺影に使用できます。

元々ある物を活用することで、コスト面でもお得です。

 

遺影額を選ぶ


写真にいくらこだわっても、額縁の色やデザインで写真の印象が大きく変わります。額縁は葬儀社や写真店でも販売されていますが、インターネットでも多数取り扱っていますので、自分好みの額縁を探すために良く比較検討をするのがおすすめです。

 

3.自分ですべて作成する


パソコンの操作が得意な方であれば、ソフトで写真を加工してセルフプロデュースしても良いでしょう。web上には写真を加工できるソフトが多数ありますので、本当に自分の思い通りの写真が完成するはずです。

額縁も自身で入手することで、人件費などのコスト面が一切掛からず、大幅に経費を削減して遺影写真を準備できます。また没頭できる時間を作ることで、これをきっかけに趣味を増やすことも可能です。

 

遺影写真作成サービス会社を紹介

様々な準備方法があることが理解できましたね。しかし、やはりプロに任せたい場合や見積もりや相談をして、他の方法と比較したい時には、こちらの業者のサービスを活用するのがおすすめです。是非参考にして下さい。

株式会社みづま

業界初の24時間対応で、夜間料金でも追加で費用を請求される心配がないのがメリットです。

写真の加工と額縁の両方を入手できますので急な葬儀などで急いている時にも安心です。背景を変更することや服装を変更させるなど、1枚の写真のデータから様々な加工を加えて思い通りの遺影写真が完成します。

高品質で早く仕上がりますので、持っているデータを活かして遺影をつくりたい方に適した会社です。

株式会社みづま

 

 

カメラのキタムラ

カメラや写真の専門店として全国展開しているカメラのキタムラでは、遺影の作成として様々な加工や合成のサービスを行っています。

例えば複数の人数で映っている写真から依頼者のみを切り取って遺影を作成することが可能です。また背景を合成して実際に映っている景色を消去して、遺影にピッタリなシンプルな背景にするなどのサービスが受けられます。

全国各地に店舗がある有名店ですので、安心して申し込みができます。

カメラのキタムラ

 

 

ピカイチ写真工房

生前の遺影撮影を希望する方に最適な写真専門スタジオです。

撮影料金や写真、修整をその場で依頼できるなどのサービスがセットになった平日プランを始め、夫婦一緒に撮影依頼することで割引されるなど、専門店ならではのサービスが充実しています。

そんなピカイチ写真工房は、自分が思い通りの遺影の準備をできる店です。混雑する週末を避けて平日を利用することで、お得なサービスの特典が多数受けられます。

ピカイチ写真工房

 

 

まとめ

今まで遺影について深く考えたことがない方でも、これをきっかけに少しでも関心を高めてもらえれば幸いです。多様化するサービスから自分に良い方法が見つからないかもしれませんが、家族に相談して一緒に準備をすることで、更にコミュニケーションの時間が設けられます。なんとなく縁起が悪い…と心配せず、是非遺影写真について考えてみてはいかがでしょうか。



あわせて読みたい