お葬式の香典の相場は?条件別に解説!

亡くなった方との別れの場所である通夜や告別式に参列する場合、香典を持っていくのが常識ですが、相手との関係によって持参する金額に悩んだ経験を持つ方は多いのではないでしょうか。相場があるとも言われていて、あまり多い金額でも少なすぎても失礼になり、その後故人の家族との関係への影響が気になります。今回は、急な訃報にも慌てずに済むように、香典について詳しく紹介しますので是非参考にして下さい。

香典とは?


故人が亡くなった時に参列する通夜や葬儀、告別式に持参する金品のことです。亡くなった方との生前の関係への感謝の気持ちと共に、遺族に対し多くの出費がある時期への配慮という意味も込められています。

香典袋が沢山販売されていることから購入に悩むこともありますが、御霊前や御香料、御香典と記載されているものや、自分で記名して持参するのが常識です。また自分の名前や金額、住所などもパッとみてすぐわかるようにしっかりと記載しておきましょう。

地域によっては奇数や偶数へのこだわりがある場合や、新札では失礼にあたるので折り目を付けて香典袋に入れるなどの風習がある場合もあります。周囲の人に相談して、故人の家族などに失礼がない準備をして参列するのが常識です。

香典の相場は?

では実際に参列する際に持参する香典の金額はいくらが相場になっているのでしょう。自身の年齢や自分との関係性から考えておきますと、いざという時に慌てずに用意できますので、参考にして下さい。

祖父母


祖父母側からしますと孫に当たるあなたは、かわいくて仕方がない存在だったはずです。沢山面倒を見てもらったことや、小さな時に遊んでもらった記憶もあるでしょう。20代から30代では10000円、40代以上になりますと30000円前後が相場です。

 

まさにあなたを産んで育ててくれた存在です。祖父母同様に、沢山の愛情に包まれて大きく育ててもらったはずです。時には衝突することもあったかもしれませんが、親無くしてはあなた自身も存在していない大切な人物です。20代から30代では50000円前後、40代以上では100000円以上が相場です。

 

義理の両親

あなたの配偶者の親である義理の両親も、あなたにとって大切な親であることは変わりありません。中には短い期間しか過ごしていない方もいるかもしれませんが、結婚した相手の実の親となる存在です。20代から30代では50000円前後、40代以上では100000円と、実の親と同じ相場です。

 

兄弟

あなたにとって親と同じく小さな時からいつも一緒にいた大切な存在です。年齢を重ねても仲良く過ごす兄弟や姉妹もいますが、そうでなくなってしまう関係性もあるのが現実です。しかし何歳になっても血を分けた家族です。20代から30代では40000円前後、40代以上では50000円が相場です。

 

叔父・叔母

叔父や叔母は、自分の親の兄弟となり、叔父や叔母側からしますとあなたが甥や姪に当たります。住んでいる場所などの都合で1年に数回しか顔を見ないケースや、中にはほとんど面識がないこともあるでしょう。しかし自分の親の兄弟や姉妹ですので、血縁関係としては近い存在と考えて良いはずです。20代から30代では10000円、40代以上では20000円前後が相場とされています。

 

友人

学生時代の友人や職場で知り合った友人など様々で、年齢を重ねると共に友人への香典が増えるという現実もあるようです。20代から30代では5000円が相場で、40代以上では5000円前後が相場となります。楽しい思い出や辛い時を一緒に頑張った思い出など様々あると思いますが、気持ちを添える形で香典を持参するのがおすすめです。

 

友人の親

友人の親の場合、時には親しくしている可能性もありますが、一方で顔も知らないということもあるでしょう。しかし故人の子供に当たる友人との関係を考えますと、香典にも気持ちを添えて持参する必要があります。20代から30代、40代以上共に5000円前後と共通した相場になっています。

 

恩師、先生


学生時代にお世話になった先生の訃報を聞く悲しみは大きく、別れのセレモニーとなる通夜や告別式にはできる限り参列したいものです。

また現在何か習いごとをしている場合や、子供の学校や塾の先生など、様々なケースが考えられますが、20代から30代と40代以上共に5000円前後が相場と考えて良いでしょう。

 

隣近所

最近では近所付き合いも希薄化が進んでいて、自宅で通夜などをするケースも少なくなっていることから、亡くなったという情報すら遅れて入っているケースも珍しくありません。20代から30代、40代以上共に5000円前後が相場となっています。

 

まとめ

香典の相場についてまとめてみましたがいかがでしたか。普段改めて考えることもない香典の金額ですが、急な訃報に慌てて準備するのでは、故人を見送る心構えをする気持ちの余裕がなくなります。ある程度の相場を事前に知っておくことで、スムーズな準備が実現できます。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。



あわせて読みたい