自然葬とは?自然葬の種類と進め方を紹介

最近では、一般的な葬送方法以外の方法を行う方を、多く見受けられるようになりました。特に人気が高い葬送方法が、自然の中に還る自然葬です。墓石を使わずに行うものが多く、樹木葬や海洋葬などが主な種類になります。自然葬についてのあれこれ、種類、法律上問題はないのかの検証、どうすれば実現するのかについて、豆知識と一緒に分かりやすく説明していきたいと思います。墓石を使った一般的なお墓には入りたくない方は、自然葬を検討してみてはいかがでしょうか。

自然葬ってどんなもの?


自然葬とは、墓石を使わない葬送方法の一つです。墓石を使う葬送方法の場合、墓を維持するために、墓守や墓の後継者をお願いする必要があります。

また墓地の使用の際には、お寺の墓地の場合、同じ宗派でなければ使えないこともあります。自然葬はそういったことに関係なく実現できるので、自然葬を選ぶ方は年々増加する傾向です。ここでは自然葬について・生まれた経緯・選ばれる理由について、紹介したいと思います。

墓石を用いない葬送方法

墓石を使わない葬送方法として知られる自然葬ですが、散骨とは違います。散骨は粉末状にした遺骨を自然にまく葬送方法で、自然葬は遺骨や遺灰を直接自然に埋葬する葬送方法です。
散骨は墓埋法に当てはまらない行為で、自然葬の樹木葬などは墓地として許可を受けた場所に埋葬します。墓石を使わないので石材店が加工する費用などはかかりません。また、永代供養料を支払って、墓石を新たに建てることもないので、金銭的な理由から自然葬を選ぶ方もいます。

自然葬が生まれた経緯

明確には自然葬が生まれた経緯は、故人の重い、自然保護の観点、核家族化してお墓の概念が変わってきたことが、関係しています。年を取ると自然に還りたい願望が強くなることが多いので、日本では樹木葬や海洋葬が人気です。墓石を使う方法ばかりを行った場合、どんどん人工物が地球上に増えていくことになります。
そういった自然保護の観点から考えると、自然葬は環境に優しい葬送方法と言えます。

さらに現代は核家族化が進み、お墓の後継者や墓守が難しい場合があるので、管理が簡単な自然葬が生まれたと考えられます。

自然葬が選ばれる理由

自然葬が選ばれる理由は、人によって様々です。例えば、いくら相手を愛していても○○家の墓には入りたくないという方、先祖のお墓は守りたいけれど後継者がいない方、お墓を建てることができない方、金銭的に霊園や墓石を変えない方などがいます。特に嫁ぎ先のお墓には、自分の知らない先祖が入っているから、入りたくないという考えを持つ方が急増しているそうです。

昔ながらの何世帯で暮らすような家もなくなり、核家族化している時代になってきている現代には、自然葬などの新しいお別れの形があっても不思議はありません。

主な自然葬の種類

自然葬の種類で代表的なものが、樹木葬や海洋葬です。その他に、宇宙に散骨する宇宙葬などがあります。ここでは樹木葬や海洋葬、その他の自然葬について紹介していきます。自分がやってもらいたい自然葬を見つけるために、まずはどんな方法なのか、知識として頭に入れてみてください。

樹木葬


自然葬の中では、形が残る葬送方法なのが、樹木葬です。お墓としてきちんと許可を得ている場所に、墓石替わりに樹木を使い、土中に遺骨を埋葬する方法になります。運営している所によっては遺骨を納める所が、開閉できるカロート式になっているので、自然に還ることがない場合があります。樹木葬は公営・市営・NPO法人・寺院などが運営していて、注目度が高い割に、まだまだ数が追いついていないことが現状です。運営団体によって樹木の種類が選べる所とそうでない所があります。

海洋葬

海に散骨する方法が海洋葬になります。散骨する際は船をチャーターして、海水浴場や漁場から離れた場所で行います。種類は家族・親族だけの個人散骨、他の遺族と合同でする合同散骨、業者が代理で行う代行散骨の3種類です。海に散骨するので、天候によって実施か中止かになるので、余裕を持って計画することがおすすめです。船のチャーター料金は地域により差があります。個人散骨、合同散骨より安くできるのは、家族の立会いがない代行散骨です。遺族が自分の力でお別れできる方法は、海洋葬と言えるのではないでしょうか?

それ以外の様々な自然葬


樹木葬・海洋葬は有名ですが、他に宇宙葬があることをご存知でしょうか。宇宙葬は国内で行う場合は、大きなバルーンに入れて、破裂させて散骨する方法があります。こちらは扱っている団体が手掛けている葬送方法です。海外で宇宙葬を行う場合は、ロケットや人工衛星に載せる方法になります。これは自然に還るわけではありませんが、宇宙に夢がある故人などには最適です。海外での場合は、アメリカと提携している会社が多いため、価格の変動があります。

自然葬は法律上問題ない?

自然葬は、そもそも法律上問題があるのかというと、結論から言えばありません。法律では埋葬を規制していますが、散骨は埋葬でないので刑法違反にも問われません。法的に問題がないといっても、散骨後に土をまいたりしたら埋葬になり、法的に問題が出てくることも考えられます。また、法的に散骨が認められている場所でも、周囲の住民とトラブルになることもあるので、注意が必要です。

自然葬をすると決めたら

自然葬のような散骨は、実際にやるとなったら、どんなことを決めたらいいのでしょうか。ここでは自然葬をするにあたって、知っておきたいこと・家族に意思を伝えること・手続き方法や費用の確認・団体や葬儀社に相談することなどを紹介します。せっかく自然葬をするのですから、トラブルがないようにしておきましょう。

家族へ自分の意思を伝える

あらかじめ家族へ自然葬をしたい意思を伝えておくことは、重要なことです。少なくとも遺族の中に一人以上の賛同者がいれば、自然葬を実施して、自然に還ることができるからです。

また、実行してもらうために遺言を作成して、祖先の祭祀の主宰者・葬儀の主宰者・遺言執行者を指定します。さらに葬式の方法・手順を書いた、エンディングノートを用意しておくといいでしょう。

手続き方法や費用を確認

自然葬の手続き方法は、自然葬を主催する事業者に連絡して、日時・場所・参加人数を決定します。次に自然葬に参加してもらいたい人に連絡をします。自然葬実施の当日は、花は自然に還りやすいように花びらだけにしておきます。
費用は樹木葬が10万円~80万円程度、海洋葬が10万円~30万円程度、宇宙葬はバルーン・カプセルをロケットに載せたものが20万円前後になります。

自然葬の団体や葬儀社に相談

最近、認知度が上がってきた自然葬は、自然葬の団体や、自然葬を扱っている葬儀社もあります。葬儀社の自然葬プランには、様々な種類があるので、かなり便利です。誰もが初めて手続きをする時は、分からないことが多いので、そういった専門の場所に相談してみることもおすすめです。インターネットで検索すれば、様々な業者がありますので、探してみてください。

まとめ

最近、注目の自然葬の種類や、自然葬のあれやこれについて、紹介しましたが、いかがだったでしょうか。特に人気のある樹木葬や海洋葬、変わったものでは宇宙葬なども紹介しました。自分が希望する方法で、安らかに眠りに付きたい人は、今から考えて実現してみましょう。

あわせて読みたい