神道葬式を詳しく解説!参列者マナーも紹介!

神道葬式のことを皆さんは知っていますか。仏教の葬式とは異なる神道葬式は、あまり知られていない存在です。しかし参列者として出席する機会があった場合、最低限のマナーを習得してから参列するのが常識です。今回は、神道葬式について詳しく解説し、参列者のマナーも紹介します。是非参考にして下さい。

神道葬式とは?


神道という宗教があり、その葬式のことを指す神道葬式は、葬式の際の手順や様式も仏教とは全て異なります。神道とは、日本固有の様々な神様を信仰する多神教のことです。神道の代表的な神社としては、出雲大社や伊勢神宮などの有名な神社が含まれています。

神道と仏教の違いは、普遍宗教か民族宗教という点が大きな違いとなります。

普遍宗教にあたる仏教やキリスト教などには、経典という教えが存在していて、その教えを信じるのであれば人種や国など関係なく、誰でもその信徒になれます。

一方の民族宗教にあたる神道は、伝説や言い伝えなどはありますが、明確な教えがありません。そのため人種や国などが違えばなかなか理解しづらいものになる可能性があります。

仏教と神道にはこのような違いがあります。そのため、神道葬式と仏教の葬式の執り行いかたも異なってきます。

神葬祭の流れ

日本固有の厳格な葬儀として知られる神葬祭は、どのような流れで進められるのでしょう。ちなみに日本で行われる葬儀の多くは仏式がほとんどで、ほんの少しの割合で神道やその他の宗教の葬儀を行っています。しかし厳格で仏式との違いがある神道の葬儀には、関心を抱く方も多くいるのが現状です。

臨終から納棺

死亡の直後、遺体を部屋に安置して北枕に寝かせます。その後白い布で顔を覆い、屏風を立てます。続いて守り刀を置いて灯火に点火します。遺体の前に白木八足の案を置き、生前好きだった食べ物や洗米、塩や水を供えます。

遺体を清めてから新しい布団と共に入棺します。その後柩前を装飾して、饌を供えます。そのあと礼拝をします。

 

通夜・遷霊祭

通夜祭は、死者に対して生前と同様に奉仕する儀式で、生きているとして扱います。斎主一拝や献饌、斎主祭祀奏上や玉串奉奠、撤饌などが行われます。また遷霊祭では、葬儀の前の夜に死者の霊を霊璽に移して、仮祖霊舎に安置します。これによって、死者の遺体は霊が離れた亡骸となります。

 

葬場祭・帰家祭

神葬祭における告別式である葬場祭は、故人との最後の別れを告げる儀式です。

儀式の進行は、通夜祭とほぼ同じです。その後行う埋葬祭は、葬場祭終了後に霊柩を墓所へ移し、埋納してから行う儀式です。

火葬祭は埋葬祭に先立って遺体を火葬する際に行う儀式です。帰家際は、埋葬祭終了後、喪主以下が家に帰って清祓を行います。霊前に葬儀が滞りになく終了したことを奉告する祭儀です。

 

神道葬式の準備

神道葬式の準備にはどのようなものがあるのでしょう。仏式の葬儀とは違いますので、費用やお供え物なども違いがあります。詳しく紹介しますので参考にしてみて下さい。

費用


神式葬式の費用は、30万円から50万円と言われています。参列者の人数や斎場の規模などによっても異なりますが、更に費用を安くしたい場合には、公営の斎場を選ぶなどの工夫をするのがおすすめです。

また費用面で仏式と違う点は、戒名料が掛からない点が大きいでしょう。

 

お供え物

お供え物は、酒や水、塩や洗った米、お餅や果物を用意します。また故人が好きだったものや野菜、乾物や菓子などです。

 

神道葬式の参列弔問のマナーと作法

神道葬式に参列する際には、服装や香典の準備を始め、持ち物など、様々な点で分からないことが沢山あります。仏式とは違うことが多いので、一つずつしっかり確認しましょう。

服装

仏式と服装の違いはなく、一般的な喪服で大丈夫です。靴やバッグなども全て黒で揃えましょう。忘れることが多いハンカチも黒や白のデザインがおすすめです。また数珠は神道葬式には不要です。

 

香典の準備


香典の準備ですが、表書きは、御霊前、御榊料、御神饌料、玉串料や御神前などと書きましょう。水引は黒と白の結び切のものを選びます。香典の相場については、仏式と大きな違いはなく、関係性が近い方の葬儀ほど多く包みます。お札は折り目がついているものが望ましいですが、ピン札しかない場合は折り目を付けてから包みましょう。ちなみに香典袋に蓮の花がデザインされたものは、仏式のデザインですので控えましょう。

 

持ち物

香典やハンカチ、貴重品などを忘れずに持参します。

 

挨拶時の注意

仏教の言葉である冥福や成仏、供養という言葉は使用しないのはマナーです。神道での死への捉え方は仏式とは違い、悲しみよりも喜びとして表現します。言葉の使い方にも気を付けるのがおすすめです。

 

手水(ちょうず)の儀の作法

手水の儀とは、神道の葬儀の際に身を清めるために行います。通夜式や納棺の儀式などの際に行い、式場に入る前にするのがマナーです。

まず右手でひしゃく持ち、桶から水を汲み、左手を清めます。ひしゃくを左手に持ち替え、右手を清めます。再度右手に持ち替え、左手に水をためて口を軽くすすぎ清めます。最初にくんだ水を三回に分けて使い、最後に懐紙で手を拭いて手水の義を終わります。手拭きなどは葬儀会社が準備しています。神道では、神聖な場所に入る際には、身を清める意味で手と口をすすぐのがマナーとなっています。

玉串奉奠の作法

玉串奉奠が行われるのは、神式の通夜や葬儀の際で、仏式の焼香にあたる作法になります。神式では焼香が無いので覚えておきましょう。

玉串とは榊の枝に四手という紙片を下げたもので、神の霊が宿るとされてきました。参拝者はこれを祭壇に捧げて故人の冥福を祈ります。玉串奉奠はほとんどが立礼です。

順番が来たら祭壇に進み、遺族に会釈をします。神官の前に進み、一礼してから両手で玉串を受け取ります。右手は根元を上から包むように、左手は枝先の下に添えるようにして横向きに持ちます。玉串をのせる台の前まで進み、祭壇に向けて一礼します。右手で持っている根元を手前にして玉串を縦にして、根元を左手に持ち替えます。

根元が祭壇に向くよう、右回りに半回転させます。根元を祭壇に向けて玉串をのせる台に置きます。正面を向いた状態で二歩から三歩下がり、二礼してから手を2回打ちます。手を打つ際にはしのび手といって、音を立てずに打つのがマナーです。最後に再び一礼し、神官や遺族に会釈してから席に戻ります。地方により榊の枝を使用しない所もありますが、これが玉串奉奠の一般的な作法になります。

 

拝礼

二礼二拍手一礼としのび手について紹介します。

二礼二拍手一礼とは、深いお辞儀を二回して胸の高さで手を合わせます。そのまま二回拍手をします。両手を揃えて拝み、そのまま手を下して一礼をします。

一方のしのび手は、音を出さずに手を打つ方法で、両手を完全に合わせてしまうのではなく、寸前で止めて音を出さないのがマナーです。

 

五十日祭後の参拝

仏式の四十九日にあたる神道の五十日祭は、忌明けとなる大切な節目となる時です。それまで行っていたしのび手での参拝は、忌明けとなる五十日祭を境に行わなくなります。

 

神道のお盆について

仏式のみのしきたりと思ってしまうお盆ですが、神道でも行います。神道のお盆はどのような準備や方法で当日を迎えるのでしょう。

祭壇や提灯の飾り方

祭壇には掛け軸や榊、三宝や神具一式、一対の生花を飾ります。またお供え物として、魚や洗った米、酒や塩、野菜や果物、菓子などを用意します。ろうそくを一対立てて、八足や三段飾り棚を用意します。提灯は、白木のものを用いて飾ります。先祖が迷わず辿り着けるようにする目印として飾ります。

 

初盆のお供え物

季節の果物やお酒をお供え物とします。

 

迎え火・送り火のやり方

仏式と同じようにして迎え火や送り火で先祖の霊を迎え入れます。地域によって7月または8月をお盆としますので、それぞれの地域に合わせて行われます。おがらを燃やして火を起こします。玄関で燃やすのが一般的ですが、最近ではマンション住まいなどによって、住宅事情が以前とは異なり、簡単に外で火をつけられない場合もあります。送り火も同じように行い、先祖が無事に元に戻れる儀式を行います。

 

お墓参り


仏式と神道のお墓参りではいくつか違う点があります。まず神道では線香を使いません。その代わりにろうそくを使ってお墓参りをします。お供え物は、仏式では故人が好きだったものを用意することがありますが、神道では、水や洗った米、塩や酒を用意します。

 

神道葬式の豆知識

仏式との違いが様々ある神道葬式ですが、まだまだ知られていないことがあります。豆知識として覚えておくのがおすすめです。

神道の葬儀は神社では行いません

神道では神社を神聖な場所として捉えていますので、葬儀を行う際には自宅や一般的な斎場を使用して行います。また神官となる神職2名で葬儀を執り行い、1名を斎主でもう1名を斎員と位置づけます。更に葬儀で支払う金額など、あまり知られていないことが多いですが、仏式の通夜や告別式にあたる通夜祭から葬場祭まで様々な費用と考え、20万円程度を納めるのが一般的です。

 

まとめ

仏式とは違う点が多い神道葬式は、あまり参列する機会もなく、年齢を重ねた方でも知識を豊富に持っていることは少ないようです。しかしいつ参列者となるか分からないことを考えますと、その時になって慌てて過ごすよりも、事前に少しでも知識を習得しておくのがおすすめです。

ほとんどが仏式で葬儀を行う日本では、神式葬式に遭遇することはあまりありませんが、方法や考え方が違っても、故人を思って行動することには大きな違いはないようです。それでも、付き合いのある方が神式の葬儀を行うケースもあるので、そういった時にも慌てないように、神式葬儀のマナーを習得して、改めて仏式のマナーを学び再確認する良い機会になったのではないでしょうか。初めて神式葬式という言葉を聞いた方も、是非今後の参考にしてマナーや常識を守れるスマートな習慣を身につけてみてはいかがでしょうか。



 

あわせて読みたい