相続税の納税の申告義務と時効について

相続税の納税には申告義務と共に時効が存在しています。納税は国民の義務とされていますので、時効の日付ギリギリまで放置すること無く、しっかり納めることが大切です。今回紹介する相続税の納税に関する申告義務と時効を参考にして、是非今後活用してみてはいかがでしょうか。

相続税の納税の申告義務と時効について


相続税の納税には、申告義務や時効が存在していますので、人任せにしてしまうのではなく、自分なりに忘れないような工夫をすることが大切です。一体どのような仕組みになっているのでしょう。

相続税には申告期限がある

相続税には申告期限が存在していて、10カ月とされています。家族が亡くなってから行われる遺産相続の分割手続きだけでなく、様々な法事なども行う忙しい時期である申告期限の10カ月ですが、忘れないように注意することをおすすめします。ちなみに亡くなった日から10カ月ではなく、遺産相続の分割手続きなどをして相続税が発生することを理解した後から10カ月が申告の期限となります。

申告期限を過ぎるとペナルティが科される

申告期限を過ぎてしまうと、どのようになってしまうのでしょう。あまりの忙しさや気持ちが不安定で行動できなかった場合は別ですが、わざと支払うことを誤魔化そうとする悪意の相続人に対しては、重加算税などのペナルティがあります。できれば少しでも自分の手元に多く遺産を遺して、納める税金分も確保したい気持ちは分かりますが、十分注意して申告期限を過ぎてしまわないようにしましょう。

相続税の時効は2種類ある


しかし相続税の時効には二つの種類が存在します。一つは善意の相続人で、申告の必要を知らなかった相続人が該当します。この場合の時効は5年間となります。もう一方の悪意の相続人は、申告の必要を知っていた相続人が該当します。この場合の思考は7年間となります。どちらにしても長いようでいて、あっという間に期限が迫るようになります。十分注意して気を付けることで時効を過ぎてしまうことを回避できます。

時効まで申告しないという考えはしないこと

時効が設けられているのであれば、通知などが来るギリギリまで相続税を納めなくてもよいのでは?と考える方も多いでしょう。しかしそのような考えをすることは危険で、分かっているのであればただちに納めるべきものです。一体どのような仕組みになっているのでしょうか。

税務署はしっかり管理している

国税庁HPにて確認しますと、税務署がしっかり管理をしていることが理解できます。延滞税や特例基準割合、生前の所得や財産の申告記録などは、自主的な申告かどうかで変わりますので注意しましょう。

相続税の時効は現実的ではない

大きな資金の動きが発生する財産分与や相続は、不動産名義の書き換えなど様々な手続きをします。そのためあらゆる箇所で相続税を納めるべきであるか否かを理解できますので、知らなかったは通用しないはずです。また税金総額の15%~20%+延滞税の納税義務が発生してしまうことから、ペナルティを避けてきちんと相続税を納税するのが正解です。

知っているようで知らない相続税のこと

様々な税金がある中でも特に内容が複雑な相続税は、知っているようで知らないことが沢山あります。いくつか紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

全ての人が該当しない?相続税の納税義務

相続税と聞きますと、相続を受けた全ての人が納める税金と言うイメージがあります。しかし実際には相続の金額によって納めるケースと非課税にあるケースに分かれます。相続税の基礎控除額は、仮に相続人が一人の場合3,600万円となります。つまり3,600万円以下の遺産相続であれば、納税する相続税はありません。

複雑な相続税の話は専門家に任せられる


個人で手続きをして納税申告することもできる相続税ですが、分かりにくい内容で複雑なために、中には費用を掛けて税理士などに一任してしまう方もいます。そのような場合には、大切な財産について話しができる安心感があり、信頼性が高い税理士を探して相談すると良いでしょう。

節税方法を知って賢く相続税を納めよう

税金は工夫次第で節約できることを知っている方は少なく、どうしても支持された通りの金額を疑うこともなく納めてしまう傾向にあります。しかし生命保険を活用する方法や、法定相続人を増やすなどの対策方法も良く知られていて、多くの方が実践しています。また贈与を活用して、生前から少しずつ遺産となる予定の財産を分配してしまう方も多くなっています。家族とよく話し合って、最適な手段を取り入れますと、相続税を削減させられます。

相続税は早めに申告してペナルティを避けよう

いかがでしたか。相続税は申告期限を過ぎてしまいますと、ペナルティが発生することが良く分かりました。しかし罰則があるからという理由だけでなく、決まりとして納めるべき相続税は、早めに申告をしてきちんと納税することが重要です。是非今後の生活に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい