相続税と配偶者控除について!1億6,000万円までが非課税!?

遺産を受け取った場合に支払う相続税は、配偶者控除の対象となることはあまり知られていません。今回紹介する相続税と配偶者控除は、税額の改正などによって変化されることが多い二つの項目の関係を知る機会とおすすめです。是非今後に活用させるために、参考にしてみてはいかがでしょうか。

相続税の配偶者控除


遺産を相続した時に納める相続税は、配偶者控除によって節税対策が実現するようです。一体どのような仕組みになっているのでしょう。

配偶者控除がされる理由

相続税を納めた場合に配偶者控除が行われる理由ですが、当然配偶者の税金負担を減らすことが目的です。相続税を支払っているということは、身内に不幸があって遺産を相続したことが証明されます。つまり配偶者であるより近しい関係の人は、税金の負担を軽くするように法律で定められています。

民法で定められた法廷相続分

しかし100%の方が配偶者控除の対象になるわけではありませんが、多くの方が該当する法定相続分の金額が枠の基準として設けられています。税金負担は大きな出費となりますので、少しでも有効な制度を利用して対策するのがベストです。

一次相続時の相続税

では相続税がいくらである場合まで配偶者控除の対象となるのでしょう。一時相続時の相続税が1億6千万までの場合が非課税であり、この金額を超えてしまいますと課税の対象者となります。よほど大きな金額の遺産を受け取らない限りは枠を超えることは少ないので、多くの方は配偶者控除の制度を活用できるでしょう。

控除を受けるための条件

しかし配偶者控除を受ける為には条件があります。まず当然ですが、配偶者であることが前提で、戸籍上夫婦であると認められている婚姻届けを提出した関係であることがポイントです。配偶者控除の際に配偶者とは、内縁関係や事実婚などのカップルは含まれませんので注意が必要です。

配偶者控除の手続き

配偶者控除の手続きは、自動的に通知が来るわけではないので自らが税務署で行います。相続税の納付などと同じく亡くなった日の次の日から10か月以内に行います。この時期は法事なども多く大変忙しい時期ですが、使える制度を有効活用するためにスムーズに手続きしましょう。

配偶者控除の注意ポイント

相続税と配偶者控除の関係は複雑で、いくつか注意した方が良いポイントが設けられています。その点に十分気を付けて、速やかに手続きを進めましょう。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

基礎控除額の改正

27年度の基礎控除額の改正によって3,000万円に変更になりました。配偶者控除は廃止案が国会で何度も浮上しながらも見直しや習性が繰り返されている制度で、平成27年度にも税制改革が行われて、基礎控除額が3,000万円になっています。

二次相続時の相続税

二次相続時の相続税は注意が必要です。配偶者控除の制度を存分に活用できるのは配偶者だけですので、不動産などを相続した場合にまたその相続されたものを子供が受け継ぐ際に、配偶者控除が受けられないことから税金負担が大きくなります。

控除を使っても申告が必要

しかし全ての方が相続筋を納める程遺産があるとは限りません。しかし相続税が0円でも申告が必要ですので、様々な手続きが多い時期ではありますが漏れずに取り組めるように事前に情報収集しておくと安心です。

相続税の申告期限

相続税の申告期限は知っておいた方が良い項目で、期限を過ぎてしまいますとペナルティとして納める税額が増えてしまいます。相続税の申告期限は、亡くなった日の次の日から10か月で、または亡くなったことを知った日の次の日から10か月のどちらかになります。

救済措置としての更正の請求

相続税を納めてから納め過ぎなどが分かった場合、救済措置として更生の請求が行えます。これは相続税を納めた税務署の暑長あてに申請できるもので、分割見込書を利用して5年以内を期限に進めることが可能です。

相続税の手続きは複雑?心配な時には専門家を頼ろう!

配偶者控除と相続税の関係性について理解を深めますと、増税などのニュースばかりがクローズアップされていますが、実際には節税対策ができる制度も増えています。このように制度自体も複雑で変化することも珍しくない相続税ですが、スムーズに手続きをするためには、専門知識を持つプロフェッショナルに依頼することも可能です。一体どのようにして向き合うのがベストなのでしょう。

自力で手続きをする時のコツ

専門家に任せるだけでなく自分で全ての手続きをすることもできる相続税は、全体の流れを把握すると安心です。相続する金額が少ない場合や現金を相続しただけなど、比較的簡単に手続きができるような場合は、自分で進めてしまった方が早いでしょう。その際には必要な書類の選別を始め、どのくらいの期間でできるかなどを見極めて、効率良く行動するのが大事です。

良い専門家の探し方


相続税の相談は、税金の専門家である税理士が良いでしょう。困りごとの相談イコール弁護士と考えるケースがありますが、遺産相続で家族や親族と争っているような場合は弁護士ですが、手続きに関する相談は税金に詳しい税理士が安心です。その中でも財産や贈与などに精通した税理士を探して依頼すると尚良い結果に繋がります。

できる所まで自分で進めてみるのも良い

しかし税理士に全てのことを初めから丸投げしてしまうのも、正直気が引ける方や費用面が気になる方もいるはずです。そのような場合は、ある程度自分で相続税の手続きを進めてしまい、できる所まで頑張るのも一つの方法となります。最終的な確認作業を税理士に相談することも可能ですので、税金に関する勉強のためにも、自分で頑張って進めてみてはいかがでしょう。

相続税は賢く節税できる?

相続税は、事前に様々な情報を集めて知識を高めておきますと、しっかりと節税ができる税金です。当然ですが多くの遺産を受け取る方にとっては、その分納める税金も大きくなります。どちらにしても納めるのであれば、金額の差は気にしないと考える方もいるでしょう。しかし少しでも負担を減らすことで、受け取った遺産を無駄なく有効に利用可能です。

税務署の相談窓口も活用する

相談相手の専門家と聞くと、真っ先に税理士を思い浮かべる相続税の手続きですが、税務署にも便利な相談窓口が設けられている場合が多いです。自分が取り寄せる書類や記入方法などの初歩的な分からないことも気軽に聞けるので、自力での手続きがより実現しやすくなっています。税理士などの専門家に依頼せずに、費用を削減して何とか自分で進めたい場合は、税務署への電話による問い合わせや相談窓口の活用を検討するのがおすすめです。

確実に相続税の申告手続きを進めるポイント

相続税は相続を受けたことで納める税金ですが、全ての相続者が支払うわけではありません。多くの遺産を受け取った方ほど支払う可能性は高いですが、申告手続きをするためにはいくつか知っておいた方が良い内容もあります。専門家任せにせず、自分でも多少の知識を得ておくと、その後の生活にも役立つことが多いでしょう。

家族や親族にも協力を得る

沢山の遺産を遺して亡くなった方の家族や親族は、相続に関する話し合いや手続きで忙しいかもしれません。何もかも自分一人で行う必要はなく、時には身近な家族に頼ることもしてみましょう。直接相続税の申告手続きは依頼できない場合でも、必要な書類を取り寄せる時に手伝ってもらうなど、少し協力を得るだけでも負担が軽くなります。無理をして普段の生活に影響を与えるようなことをせず、速やかに相続税の手続きを済ませてしまいましょう。

期限を過ぎるとペナルティがある

相続税は納めなければいけない税金ですので、支払期限を過ぎますとペナルティが課せられます。注意した方が良いのは、支払うのが嫌だからと言って故意に相続税を納めないような態度です。期限を過ぎますとペナルティとして税額が加算されますので、先延ばしにしても納める金額が増えるだけで、のちに自分が苦しむだけになります。きちんと期限内に納められるように、ゆとりを持って申告手続きを進めるようにすると安心です。

税務署に書類を郵送して手続きできる?

税務署に書類を持参しないと申告手続きができないイメージがある相続税ですが、税務署へ郵送をして届出を済ませることもできます。しかし期限ギリギリでの申告の場合は注意が必要で、当日に届くわけではないので時差が発生して期限切れになる可能性があります。仮に申告期限が切れてしまいそうなギリギリでの手続きに不安がある場合は、持参をして確実に手続きを済ませた方が良いかもしれません。

相続税は現金一括払いで納める


あまり知られてない相続税の納付方法ですが、基本的には現金一括払が原則となっています。普段から分割での支払いをするような生活の方や、クレジットカード決済や電子マネーなど現金での支払いから遠ざかっている方の場合は、大きな金額を持ち歩いて納付する可能性も高まります。現金の取り扱いには十分に注意するようにしましょう。

分からないことは自分で調べて知識を増やそう

内容が複雑で細かな決まりも多い相続税ですが、何でも人任せにしてしまうのではなく、知識を増やす機会をもらったと考えて、分からないことは自分なりに調べてみると良いでしょう。自分に関係する内容ですと、自然と習得して覚えやすくなります。

申告期限を守ってしっかりと手続きをしよう

いかがでしたか。相続税と配偶者控除の関係を知ることで、制度を賢く利用しながら必要な税金を納められることが良く理解できました。相続や遺産の話はどうしても避けて通りたくなる内容ですが、多くの財産を持つ方は、早い段階からその関わり方について考えておいた方が安心できます。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい