相続財産とはどんなもの?課税される財産も理解しておこう!

遺産分割や財産分与に関わる言葉には様々なものがありますが、今回紹介する相続財産とはどのようなことなのでしょう。非課税の財産から課税される財産までありますので、是非参考にしながら今後に役立てるのがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

相続財産について


相続財産の内訳は、相続できる財産と相続できない財産に分類されています。一体どんな違いがあるのでしょう。

相続できる財産

相続できる財産はプラスの財産の現金や不動産物件を始め、マイナスの財産となる借金やローンなど様々です。財産分与の際に争いの対象となるものが多く、相続に複雑さを物語ります。

相続できない財産

一方の相続できない財産は一身専属権や生命保険金、祭祀に関する権利で、例え配偶者や子供でも相続できません。時に生命保険金は受取人指定して加入していますので、財産として他の誰かに譲り渡すことは難しいでしょう。

一度決めた相続放棄は撤回できない?

相続できる財産に含まれる借金やローンがある場合、財産放棄と言う形で借金やローンから逃れることができます。しかし一度相続放棄をしたら撤回することはできず、仮にプラスとなる財産がその後発覚した場合にも、相続を希望することはできません。相続放棄をする場合は、よく考えてから決断しましょう。

相続税の課税ついて

ここでは相続税の課税について紹介します。課税されるものとされないものがありますが、相続税には納付期限がありますので、早めに対策をする必要があります。

相続税が課税される財産一覧


相続税が課税される財産は、不動産や不動産上の権利、金融資産や借金、生前贈与した財産や被相続人の口座から引き出した現金などです。これらのものは課税の対象となり、それぞれの金額に応じて相続税が算出されます。

相続税が課税されない財産一覧

一方で相続税が課税されない財産もあります。墓地や墓石、損害賠償金などは非課税ですので、どんなに高価でも高額でも相続税を納める必要がありません。

相続税は現金での一括納付が原則

あまり知られてないことですが、相続税は原則として現金での一括納付が決まりとなっています。分割払いやクレジットカード決済、電子マネーなど便利なお金の使い方に慣れてしまっていますと、税務署へ行った時に慌ててしまいます。現金での一括納付ができるように、算出された税額をしっかり把握しておくことが大切です。

早めの準備で期限切れを回避しよう

相続税は亡くなった日の翌日から数えて10か月までが納付期限となっています。期限を過ぎてしまいますと、相続税を余計に支払うペナルティが課せられてしまいますので注意しましょう。期限ギリギリに申告の準備をするのではなく、早めに用意をしておいて納付するのが理想です。

相続財産の調査

相続税を納めるためには、相続ずる財産を全て調べる必要があります。これは大きな金額の財産がある方だけでなく、少ない金額の財産の方にも行います。一体どんな内容になっているのでしょう。

相続財産の調査方法

相続財産の調査方法は、ます相続財産の存否から始まります。中には一切財産を残さずになくなる方もいますので、しっかり有無を確定します。もしも財産があることが分かった場合には、不動産や貯金、金融商品などをどのくらい所有しているのかを細かく調べます。

相続財産の金額を評価する遺産評価

遺産評価とは、相続財産の金額を評価するもので、国税庁の財産評価の通達によって相続税の計算が行われます。相続する財産の内容を生前からある程度把握できているのが理想で、遺言書やエンディングノートの活用が望まれます。

新たな相続財産が後から発見された場合の対処法

相続財産の算出が終わってから新たな財産が見つかることは多くあり、特にタンス貯金と呼ばれる現金が故人の自宅から発見されるような例が少なくありません。遺品整理などをする際に見るかることが多いようですので、生前故人が住んでいた自宅を整理する場合には、思いがけないものが密かに隠されている可能性もあるので注意しましょう。このような場合には、課税対象の相続遺産は、再度追加で相続税の算出をして納付することになります。

スムーズに相続遺産の調査を進める方法

家族ができる相続遺産の準備は、算出に必要な財産の正確な情報を用意しておくことです。このためには、故人と生前から財産に関する細かな話を聞いておくことが重要で、どのような意向で誰に相続させる気持ちがあるのかも一緒に聞いておくと良いでしょう。

スムーズな相続ができるよう相続財産について知ろう

いかがでしたか。相続に関する話し合いを円滑に進めるためには、相続財産を知って相続税の手続きを速やかに済ませることが重要です。全ての財産が相続できる財産ではない相続財産に関する詳しい内容について興味がある方は、更に時間を掛けて詳しく調べることをおすすめします。是非今後に活用させてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい