介護破産しないために知っておくべきこと!

介護破産とは、介護に掛かる費用が日常生活を圧迫することで家計がひっ迫するようなケースで、最近多くの方が悩んでいる項目の一つです。今回は介護破産しないために知っておくべきことを詳しく紹介します。これから介護に深く関わる可能性がある方は、特に参考にしてみてはいかがでしょうか。

親の介護で破産する可能性を考える


現在は若くて元気な親世代も、年齢や病気をきっかけに介護が必要になる可能性が十分考えられます。親の介護によって破産する可能性があることを、今一度考えてみてはいかがでしょうか。

平均寿命と健康寿命の関係

医療の発達や栄養豊富な食べ物が気軽に手に入る現在では、平均寿命や健康寿命が伸びています。特に女性は元気で長生きをする傾向にあり、楽しみや趣味を見つけて人生を謳歌する方が沢山います。しかし元気で健康な時には良いですが、いざ介護が必要になった時に全て子供に費用を負担させるようなことをせず、介護される側からも費用を負担できるように、多少の蓄えを残しておくことも大切です。

1人の高齢者にかかる平均介護費用

介護が開始される年齢にもよりますが、介護開始から終了まで1人の高齢者に掛かる平均介護費用は数百万円とも言われています。介護を受ける期間や症状によっても変わりますが、いつまでも元気でいられるわけではないので、様々な可能性を想定しておくことが求められます。

少子高齢化で1人あたりの負担が増加

高齢者は増える一方ですが、働き盛りの若い世代や子供の数は減少傾向にあります。その結果、若者が負担する介護に関する費用や税金を納める金額が増える一方であるとされています。また晩婚化や女性の社会進出、子育てのしやすい環境が整っていないなどの理由も加わって、子供の出生率が減少傾向にあるのも確かなようです。

介護に向けて必要なこと

しかし介護に関することを詳しく調べることで、介護そのものに背を向けるようなことがなくなります。一体どのような方法が理想的なのでしょう。

介護される側とする側の話し合い

介護と聞くと介護する側の大変さばかりがクローズアップされますが、介護される側の意見が重要である場合があります。実際には家族間での話し合いになりますが、介護を受ける人がどのようなことを希望しているのかを、しっかり把握してから介護のことを決めていくのが理想です。

介護保険の制度やサービスを知る

介護保険制度の仕組みは良く内容が改正される項目ですので、新聞やニュースなどでしっかり情報収集しておくのが大切です。また賢く利用することで、過剰に納める必要がない介護保険料を軽減できることもあります。しっかり勉強をして知識を増やしましょう。

介護破産しない為に読む本

家族の介護によって家計が圧迫されることもある介護破産は、ためになる本を読むことで回避できるヒントが得られるかもしれません。一体どのような本を選んで読むのが良いのでしょうか。

介護破産 働きながら介護を続ける方法

著者が結城康裕氏と村田くみ氏であるこの書籍は、介護破産について背を向けるのではなく、どのようにして働きながら介護を続けることが可能であるかを細かく記載しています。著者が二人いることで、それぞれの観点から介護破産についての見解を知ることができます。

人生を破滅に導く「介護破産」

著者である杢野暉尚氏が介護分野で携わることで得た経験を活かして、介護破産について正しい情報を仕入れながら、どのように乗り越えるかを紹介しています。具体例を交えながらの紹介文が多く、読みやすい内容になっています。

本当に防げる?介護破産にならないためのポイント


家族の介護によって仕事を辞める方もいる現代では、人生が大きく変わる可能性がある内容です。介護による破産は本当に防ぐことは可能であるのでしょうか。

早めの備えとして貯蓄を増やすことは有効

大きな金額が掛かることは確かである介護は、優雅な生活に満足して散財してしまうのではなく、若い時から少しずつでも介護向けの積み立てをしておいても損はありません。専用の通帳を作成して積み立てをするなど、少ない金額からの貯蓄が大きく役立ちます。

家族間だけでなく親戚の手助けも重要

金銭面の支援だけでなく、様々な面での周りからの協力が必要な介護は、親戚との関係も良好にしておいて連携することが重要です。介護に関する情報を教えてもらうほか、アイディアやアドバイスを得られるだけでも心の負担が軽くなるはずです。狭い範囲だけでなく多くの人が力を合わせて協力することで、介護される側の気持ちも満足します。

まとめ

いかがでしたか。介護破産という言葉自体がとてもショッキングですが、現実として多くの方が破産しそうになる危機感や危険性を感じながら介護をしているケースがあることが良く分かりました。まだ介護には縁がないような若い世代の方でも、是非この機会に介護破産について考えてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい