不動産を相続する際の流れと必要費用

遺産相続では現金だけでなく不動産を受け継ぐ場合があります。今回は不動産を相続する際の流れと必要費用を紹介しています。いざという時に役立つ内容ですので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

不動産相続の特徴


原因とは違い形として残る不動産は、遺産相続の中でも多く行われている譲渡手続きです。一体どのような特徴があるのでしょう。

相続対策になる

不動産を相続しますと、現預金で相続するよりも不動産で相続する方が相続税を大きく減らせます。税金対策としても検討される不動産での相続は、不動産物件の規模や土地面積の広さによっても減少できる税金に差があります。

相続した者には管理者責任がついてくる

不動産の所有者になりますと管理者責任がもれなくついてきます。例えば相続した家の屋根が台風などで飛んで、近隣住宅を傷つけてしまった場合、その責任を負わなければなりません。もしも倒壊の恐れがあったりする場合には、きちんとその不動産を管理する必要があります。また施錠などをしっかりしておかないと不審者などが住みつく恐れもありますので注意が必要です。そのため空き家を相続した場合には、その管理を地元の不動産会社に依頼するという方法のほか、定期的に訪問してきっちりと維持管理を行うことが必要です。

地方の不動産を相続した場合のポイント

地方に実家がある方の場合、故郷の不動産を相続することもあります。このような場合には、現在の住まいとは別に不動産を設けることになりますので、どうしても維持管理を自分一人で行うには限界があります。手入れが行き届いていない場合、どんどん劣化が進みますので万が一手放して売却しようとしても、思うように買い手が見つからなくなります。このような時には、不動産会社へ管理を任せてしまうのも一つの方法です。




不動産投資の無料相談は【不動産の窓口】まで

不動産を相続する流れ

不動産を相続する際の流れを紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

まずは相続登記!名義変更手続きをする

初めに行うのは相続登記です。不動産の登録名義を変える必要があるため、名義変更の手続きを行います。無料でできる手続きでは無く、法務局で有料にて行います。

遺産分割協議書を作成

相続登記が済んだ段階で、遺産分割協議書を作成します。遺産分割協議書には、相続人全員の署名が必要になります。多くの相続人がいる場合やそれぞれが離れた地域に住んでいる場合などは、全員分の署名を集めるまで大変な作業になりますが、全ての項目をクリアにして遺産分割協議書を作成しないと、不動産を相続することはできません。

相続登記の申請書類を法務局に提出

必要な書類が揃った段階で法務局へ提出します。法務局は土曜や日曜、祝日には利用できませんので、書類に不備があって二度手間になることがないように、事前に相続登記の申請書類の確認をしておくとよいでしょう。また郵送での受付が可能であるかを確認しますと、わざわざ足を運ぶ手間が省けます。

不動産の名義変更に必要な書類

不動産の名義変更は法務局で行いますが、必要な書類として様々な文書を取得するためには、法務局だけでなく市町村役場に行く必要もあります。効率良く時間が使えるように、それぞれの場所で取得するべきものを紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

法務局で取得

登記簿謄本は法務局で取得できます。

市区町村役場で取得


市区町村役場で取得する書類は下記の通りです。以前取得したけれど使用していない住民票などが残っている方もいますが、期限切れになっていることがありますので、できればすべて取得し直すことをおすすめします。
■被相続人の住民票除票(本籍の記載必要)
■相続人全員の印鑑証明書
■被相続人の出生時から死亡時までの戸籍謄本
■対象不動産の固定資産評価証明書
■相続人全員の現在の戸籍謄本
■対象不動産を取得する相続人の住民票
相続人が多い場合には、その分取得するものも多くなります。事務的な処理が多い不動産の遺産相続ですが、指定された書類をしっかり用意しましょう。

自身で作成

自分自身で作成して用意するのは、遺産分割協議書です。遺産分割協議書は相続人全員の署名が必要ですので、相続人の人数に関係無く早めの準備がおすすめです。

相続登記にかかる費用

相続登記は無料で行える手続きではありません。一体いくら位費用を用意すると安心でしょう。

登録免許税=固定資産評価額合計×0.4%

登録免許税は固定資産評価額合計に0.4%を掛けて計算します。仮に固定資産評価額合計が3000万円だった場合、登録免許税は120万円となります。計算式は、30,000,000×0.4=1,200,000です。

戸籍謄本類の発行手数料=3000円程度

戸籍謄本や住民票などの金額は地域によって異なりますが、全てを発行して取り寄せた場合でも手数料は3,000円程度です。多くの書類が必要ですので、不備がないように注意しましょう。

登記事項証明書=不動産1つにつき600円

登記事項証明書は、不動産物件ごとに600円掛かります。仮に5件ありますと3,000円で10件ありますと6,000円になります。

不動産時の相続税を計算しよう

不動産を相続した際の相続税の計算をします。公式を覚える必要はありませんが、ある程度の計算方法を知っておきますと、いざという時に大まかな計算式で算出することができます。

相続税額は(全ての財産額—基礎控除額)×相続税率—控除額

相続税の計算は、全ての財産額から基礎控除額をマイナスします。この計算で算出された相続税率を掛けて算出された数字から控除額をマイナスして計算されるのが相続税の金額です。

基礎控除額を計算する

まずは基礎控除額を計算します。3,000万円+600万円×相続人数で計算することから、仮に相続人数が5人だった場合には、3,000万円+600万円×5人で計算しますと、基礎控除額は6,000万円になります。

相続税率を計算する

次は相続税率を計算します。全ての財産額—基礎控除額を「基礎控除を超えた金額」とすると相続税率は下記になります。つまり基礎控除額が6000万円なので、1億円以下の相続税率30%と税金控除額が700万円に該当します。
※下記URLを参照。また

不要になった不動産物件を手放す方法

何年も固定資産税だけを納めている土地や建物を所有するケースは多く、使用することで初めて存在価値が高まる不動産は、不要な場合には手放すこともできます。最近では遺産相続を放棄して不動産を手放すことができます一体どのようなことなのでしょう。

遺産相続の際が良いタイミング?

どうしても代々受け継ぐことにこだわった世代から、遺産相続をきっかけに受け継ぐ人物が変わった時には、この不動産が本当に必要であるか否かを判断する良い機会です。特に地方の山奥の土地や建物ですと、管理や手入れをすることも難しくなります。固定資産税を納めた上に管理などを近くの不動産屋に依頼しますと更に費用がかかります。そこまでして維持をする必要がある物件であるのか、今一度考える時が遺産相続のタイミングです。

相続をする人がいない不動産の行方は?

相続人が複数いるにも関わらず不動産の相続を全員が放棄した場合には、その不動産物件はどのように取り扱いされるのでしょう。余りあるケースではありませんが、多くの不動産がある場合や地方に山や畑を多数所有している場合にあります。できれば生前の間に手放なすのか受け継ぐのかをしっかり話し合っておくのが理想ですが、実際にはそのまま放置されていざという時に残された家族で対応しなければなりません。受け継ぐ価値がないと判断してしまいますと、相続人がいなくなりますので、その不動産は国の物になります。そしてこの不動産を管理する相続財産管理人が家庭裁判所より選ばれます。

不動産の相続で気を付けた方が良いポイント

不動産と言っても家や店舗だけでなく、土地や畑など様々な形で遺産を相続できます。では実際に次の代に受け継がせる際には、どのようなことに注意すると良いのでしょう。

一つの不動産を複数人数で分けさせるのは危険?

例えば土地を相続させようと考えた場合、右半分を長男が相続して左半分を次男が相続すると考えます。一見すると平等な遺産相続のような気がしますが、土地を平等に分割するのは難しく、どちらが広いとか狭いという問題が必ず起こります。またその土地にそれぞれの家を建てるなどしますと、庭の境界線もあいまいですので、身内の中で近所トラブルのようになってしまいます。

一つの不動産をそれぞれに分配する方が望ましい

不動産を遺産相続する場合には、不動産価値を明らかにしてから分け合うのが一般的です。しっかり資産価値を明らかにしてから分け合った方が、その後のトラブルもなく安心して過ごせます。形として残る不動産は、遺産相続に適しているように感じられますが、取扱い方を間違えますと身内で問題を抱えることになります。

できれば平等な分割が理想

例えば親の所有する不動産を子供に分割する場合、兄弟の人数で平等に分ける必要があります。沢山不動産を持つ方は良いですが、兄弟が多くても不動産が1つや2つしかないこともあります。このような場合、長男だから…とか生前一番面倒を見た…などと言って、少ない不動産を奪い合うことになります。場合によっては思い切って売却してしまい、現金にしてから兄弟の人数で分割した方が問題になりません。

まとめ

いかがでしたか。不動産を相続する際には、様々な必要書類の取り寄せと共に、遺産分割協議書の作成など、事務的処理が沢山あることが良く分かりました。このような作業を苦に思わずスムーズに進めてしまう方もいますが、少し苦手に感じる方はゆっくり時間を掛けて準備を進めるのがおすすめです。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい