嫡出子とは?嫡出子と相続の関係を解説!

遺産を相続する際に大きく関わる嫡出子や非嫡出子と言う言葉は、普段は使用しない言葉であっても、遺産相続や財産分与をする際には必要な用語となります。今回は嫡出子についての詳しい説明と共に、嫡出子と相続の関係について紹介します。是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

嫡出子とは?


嫡出子とは、婚姻関係にある男女の間に生まれた子どものことを指します。法律上の婚姻関係にある男女とは夫婦のことを指します。日常ではあまり使用しない言葉ですが、戸籍の手続きをする場合や、相続に関する手続きをする場合には、頻繁に使用しますので覚えておくと良いでしょう。

養子でも嫡出子になる?

養子縁組とは本来あるべき自然の親子関係をなくし、親子関係にない者との間に新たな法律上の親子関係を作り出す制度です。養子になりますと、その子は養親の嫡出子としての身分を取得します。養子には普通養子と特別養子の2種類が存在していて、普通養子の縁組を交わし、養親の嫡出子としての身分を取得した子は、実親との親子関係も断ち切ったわけではないので、養親が亡くなった場合の相続権だけでなく、実親が亡くなった場合にも相続権が発生します。一方の特別養子とは、実親との親子関係を消滅させる制度なので、特別養子と実親との間に相続は起こりません。

認知子とは?

認知子とは、嫡出子ではありませんが法律的に父親から父子関係を認知されている子どものことを指します。内縁関係の夫婦の子どもで認知を受けていない場合は、法律上の父子関係が認められず相続権などが得られない場合があります。また母子関係の証明は、妊娠や分娩という事実によって、必然的かつ客観的に親子関係が確定されますので、男性と女性では親子の証明が大きく変わります。

嫡出子の種類


嫡出子には推定される嫡出子と推定されない嫡出子があります。それぞれどのような違いがあるのでしょう。詳しい内容を紹介しますので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

推定される嫡出子とは?

民法772に定められており、婚姻成立日となる婚姻届の提出日から200日を経過後、または婚姻の解消や取消し日から300日以内に生まれた子供のことを推定される嫡出子としています。ただしあくまでも推定であるため、必ずしも夫の子供であるとは限りません。そのため、夫は子供が嫡出であることを裁判上の訴えによって否認することもできます。

推定されない嫡出子とは?

一方の推定されない嫡出子とはどのような状況なのでしょう。婚姻成立日となる婚姻届の提出日から200日以内に生まれた子供は、推定されない嫡出子となります。例えますと、いわゆるできちゃった婚や授かり婚のようなケースを指します。またこの場合、夫が自分の子供でないと主張した場合、嫡出否認の訴えによらないで親子関係不存在確認の訴えができます。

推定が及ばない場合とは?

嫡出推定に関する民法の規定は、日数のみで形式的に判断することになっています。しかし、子供が生まれたのが嫡出推定を受ける期間内であっても妻が夫によって妊娠することが不可能な事実があるときにまで推定を認めるのは不都合です。そのため、夫が行方不明の場合や夫が海外滞在中だった場合、また在監中だった場合や事実上の離婚状態にあり、夫婦関係が断絶していた場合には、嫡出推定は及ばないものとされています。ただし、これらの事情がある場合でも、出生届を提出すると嫡出子として扱われてしまうのが特徴です。

一方で「非嫡出子」とは?

非嫡出子とは、結婚していない男女間に生まれた子供のことを指します。例えば浮気や不倫関係において、配偶者以外の人との間に誕生した子供などが非嫡出子に該当します。

非嫡出子のデメリット

非嫡出子は結婚していない男女の間に生まれる子供となりますので、多くの場合は片親に育てられます。そのため経済的に裕福である可能性は低いでしょう。その他にも、父親の認知を得られない場合には、父親の相続人になれないだけでなく、父親の戸籍に入れず父親の氏を名乗れないというデメリットもあります。更には父親に扶養の請求ができないというマイナス面も加わりますので、非嫡出子にとって認知は大きなポイントとなります。

非嫡出子を認知することで得られる効果

結婚していない男女間の子を非嫡出子といいますが、父親と子が親子関係にあるかは母親と違って当然には明らかではありません。しかし父親と子との間の非嫡出関係は、父親の認知によって初めて発生します。認知とは、父親が子を自分の実子と認める意思表示のことですが、実の子であってもこの認知を受けないと法律上は子として扱われません。認知が行われますと、相互の扶養関係や相続権の発生、親権や戸籍への記載、更には定期的な面会交流をすることができます。

嫡出子と相続時の関係


相続をする場合においては、嫡出子と非嫡出子では同じ父親の子供であっても、それぞれの立場によって大きく変わります。一体どのような内容になっているのでしょう。

嫡出子の場合

相続時において推定されない嫡出子の場合は、非常に不利になります。いわゆるできちゃった婚や授かり婚で誕生した子供の場合には、婚姻後200日以内に生まれる推定されない嫡出子となります。

非嫡出子の場合

父または母により認知することは可能である非嫡出子は、認知されれば相続権が生まれますが、法定相続分は嫡出子の半分となります。つまり同じ父親の子供であっても、本妻の子供と不倫関係によって誕生した子供では、受け取ることができる相続分が大きく異なります。

嫡出子と非嫡出子が円満に相続の話し合いをするコツは?

場合によっては初対面となる可能性がある嫡出子と非嫡出子の関係は、認知の有無に関わらずそれほど親しい間柄でない場合が十分予想できます。しかし相続の話をする場合には、相続人となる人物が全員揃うことが条件となる遺産分割協議をすることがあります。そのような状況でも、双方が争わずに話を進めるためには、事前に弁護士に相談をしてアドバイスや立ち合いを求めるのも一つの手段です。第三者が介入することで、冷静な判断ができるかもしれませんので、検討することをおすすめします。

認知する方法は?

認知には任意認知と裁判認知、更に遺言認知の3パターンがあります。それぞれ文字の表記から大体の内容は予測できますが、一体どんな認知の違いがあるのでしょう。

任意認知

任意認知とは、父親が自らの意思で認知するのが任意認知のことです。この場合は認知届を提出するのみで認知の効力が生じます。ただし胎児を認知する場合には、母の承諾が必要であり、成人した子を認知する場合には子の承諾が必要です。また死亡した子を認知する場合にはその直系尊属の承諾が必要となります。つまり任意認知は、生まれる前の胎児の段階から認知できる手段となり、認知を希望する女性側からしますと、理想的な話の流れとなるケースが多いようです。

裁判認知


裁判認知は強制認知とも呼ばれていて、父親が任意認知しない場合には、家庭裁判所の調停や審判、訴えの手続きによって認知を求めることになります。これを強制認知や裁判認知と呼んでいて、双方で言い分が異なるケースや争いが長期化するケースがあります。

遺言認知

遺言認知は文字通り認知を遺言ですることを指していて、任意認知の一種ということになります。この場合には遺言者が死亡したと同時に認知の効力を生ずることになりますので、相続の話し合いをする場合には、認知された非嫡出子として遺産分割協議に参加することが認められます。

認知の撤回は可能?

一度は認知をしたものの、後に自分の子ではないことが判明したような場合に、認知の撤回はできるのでしょうか?このようなケースは多くあるわけではありませんが、最高裁判所の判決は、血縁上の父子関係がないのに行った認知は無効であり、認知をした男性が血縁関係のないことを知って認知をした場合にも無効としています。よって認知の撤回は可能とされています。極端な例では脅迫的に認知を迫った場合にも撤回することが可能で、女性に嘘をつかれて自分が父親だと思い込んで認知してしまうケースもあるようです。

非嫡出子が嫡出子になるには?

非嫡出子が嫡出子となる場合のことを準正と呼びますが、婚姻準正と認知準正の2種類があり、それぞれに内容が異なります。非嫡出子が嫡出子になる仕組みを紹介します。

婚姻準正


婚姻純正とは、認知された子の父母が婚姻する場合を指します。これは、子が生まれてから両親が婚姻した場合の非嫡出子に関する民法上の制度で、婚姻準正の場合、子は父母の婚姻時から嫡出子の身分を取得します。

認知準正

認知純正とは、父母の婚姻後に子が認知された場合を指します。婚姻前に父が認知していなかった非嫡出子を、婚姻後に父が認知して嫡出子の身分を取得します。

準正が生じた時の子の苗字はどうなる?

準正が生じても子の苗字が変わるわけではありません。子が父または母と氏を異なるように場合には、子は家庭裁判所の許可を得て、戸籍法の定めるところに届け出ることによってその父または母の苗字を名乗ることができます。父または母が氏を改めたことによって子が父母と氏が異なることになった場合には、子は父母の婚姻中に限り、戸籍法の定めるところにより届け出ることによってその父母の苗字を名乗ることができます。この際には家庭裁判所の許可は不要です。

まとめ

いかがでしたか。普段の生活では聞き慣れない嫡出子という言葉ですが、相続をする場合や認知された非嫡出子がいる場合には、覚えておいた方が良いでしょう。複雑な内容が多い相続や認知に関わる相談は、弁護士などの専門家にアドバイスを受けることによって、負担が軽くなります。是非スムーズな話し合いを望む際には、様々な手段を検討してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい