遺産分割協議証明書とは?メリットと証明書が必要な場合

遺産に関する話し合いをする場合、家族や親戚と集まって相談することが求められますが、その時には遺産分割協議証明書が役立ちます。今回は遺産に関するトラブルを少しでも減らして、スムーズに解決できるように遺産分割協議証明書が必要な場合と、使用するメリットを紹介しますので、是非参考にしてください。

遺産分割協議証明書とは?


遺産分割協議証明書とはどのようなものなのでしょう。民法では遺産分割という制度があり、被相続人の間で遺産をめぐるトラブルを回避するために存在しています。分割が簡単に決まらない場合は遺産分割協議会を開き、この内容に相違がないことを証明する書類が用いられます。

トラブルにならない遺産の話し合いは可能?

遺産相続は家族や親族間でケンカになるトラブルのイメージが強いですが、実際に話し合いに参加しても意見を言わず、後になって文句を言うなどの問題が生じるケースがあります。故人が所有していた財産によっては、多額の現金や不動産が関係します。後になって文句を言わないように気をつけましょう。

遺産分割証明書とは違う?

遺産分割協議証明書と遺産分割証明書は何が違うのでしょう。

遺産分割証明書と遺産分割協議証明書の違い

通常は遺産分割協議書を作成するのが一般的です。ただし遺産分割協議書は親族一同が集まって遺産分割協議書に署名と実印が必要になります。遠方に相続人がいる場合は遺産分割協議証明書のほうが便利な場合があります。その理由は、郵送で遺産分割協議書を相続人の間で回すことも可能ですが、想像以上に手間が掛かり面倒だからです。

家族や親族だけで話し合いがまとまる?


第三者が立ち会って話し合いをすることもある遺産分割についてですが、故人は生前からお世話になっていた弁護士が立ち会って話し合いを進めるケースが多いようです。身内だけで話し合ができるのが理想ですが、仕切り役や仲裁役として専門家がいた方が安心して意見が言えるだけでなく、疑問点を解決しながらはなしができます。

遺産分割協議証明書のメリット

遺産分割協議証明書を利用するメリットはどこにあるのでしょう。

住まいがバラバラでも書類を作成しやすい

書面ごとに独立した証明書として有効で、相続人それぞれが証明書に署名捺印をして全てが集まった時点で遺産分割協議書と同じ効力があることから、遠方に住んでいる家族や親族がわざわざ集まって、署名捺印をする手間もありません。

書面によって言葉だけの約束とは違う効果がある

口約束や言葉だけのやり取りは危険で、後になって言った側と聞いた側の意見が異なる可能性があります。しかし遺産分割協議証明書があることで、意見が食い違って家族や親戚とけんかになるようなトラブルがなくなります。

遺産分割で遺産分割協議証明書などは必ず必要?

遺産分割をする場合には、証明書などを用いること無く、話し合いだけで円満に解決させることは可能なのでしょうか。

遺産分割協議証明は本当に必要?

遺産分割協議証明書は必ず必要という訳でもりませんが、作成したほうが後の混乱が生まれないでしょう。なお家屋や不動産の遺産分割には遺産分割協議書の作成は必須となっています。スムーズな手続きを実現させるために、面倒に感じず遺産分割協議証明書を準備しましょう。

どのくらいの人が利用している?

遺産分割協議証明書を使用する割合は、相続する財産の金額や数の多さにもよりますが、多額の遺産があるケースや相続する家族や親族が多い場合は、トラブルを少しでも回避できるように用いられています。遺産分割協議証明書があることでうまく話が進むケースもあることから、用意しておいて損がない書類となります。

遺産分割協議証明書が必要な場合は?

ではどのような場合に遺産分割協議証明書が必要になるのでしょう。

相続登記

不動産を相続する場合には相続登記の手続きをしますので、この時には遺産分割協議証明書が必要になります。

預金相続手続き


預金相続の手続きをする場合にも故人から引き継いで財産を管理することになりますので、遺産分割協議証明書が必要になります。

証券会社の名義変更手続き

故人が生前に株式投資などをしていた場合には、証券会社の名義変更をして故人の財産を引き続き管理する必要があります。この時には遺産分割協議証明書が必要になりますので覚えておきましょう。

評価額100万円以上の自動車相続

故人が生前使用していた自動車を相続する場合、評価額が100万円以上ですと、遺産分割協議証明書が必要になります。自動車を相続する場合には、評価額によって手続きの仕方が異なります。100万円の評価額が一つの目安ですので、きちんと専門家に査定してもらうのが安心です。

まとめ

いかがでしたか。遺産分割協議証明書について詳しく理解できたことに加えて、どのようなケースで必要であるかもよく分かりました。難しいイメージが強い遺産相続ですが、家族や親族としっかり話をする良い機会となります。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい