海外移住で日本人が住みやすい国は?

海外に移住をすることは、憧れる方が多いですが実際にはなかなか実現できないのが現状です。しかし住みやすい国を選んで移住をしますと、日本での生活と大きな差を感じることなく楽しく生活する方もいます。一体どのような国を選ぶのが良いのでしょう。

憧れの海外移住!海外移住の注意点は?


日本での暮らしよりも自由でのびのびと過ごせるイメージがある海外での移住生活ですが、たまに出掛ける海外旅行とは違い、実際に拠点を海外に移すことになりますので、それなりの覚悟が必要です。どのようなことに気を付けると良いのでしょう。

現地の言葉の問題

日本語が通用する国も多くなっていますが、それでも現地の言葉が話せない時や聞き取れない場合には不便さがあります。コミュニケーションが図れないのはもちろんですが、自分が伝えたいことを伝えられないもどかしさを抱えて生活することになります。仮に英語圏の国を選んだ場合、英語が得意な方でも実際に使いこなすのは大変であるとされています。

ビザは問題ないか?

入国を許可する書類であるビザは、観光だけではなく移住でも大きく関わります。国ごとに設定が異なる上に決まりが良く変更になるビザは、違反をしてしまわないように事前に良く調べておくのが安心です。

治安や生活基盤は問題ないか?

安全な国として世界的にも有名な日本での生活に慣れてしまっていますと、海外での治安の悪さがあまりイメージできないかもしれません。少し荷物をテーブルに置いていただけでも一瞬の間に泥棒が見つけて持ち逃げしてしまうケースも珍しくないようです。怖い思いをしたことがある日本人は多く、日本人を狙った犯行が増えているのも現実とされています。一時的な滞在の旅行でさえトラブルに巻き込まれることを考えますと、治安や生活基盤について良く検討した方が良いのかもしれません。

生活費はどれくらい必要か?


日本とは物価が異なる海外では、生活費が日本と同じと考えてはいけない場合があります。国によっては医療費に大きな金額が掛かる場合がありますので、日本のように気軽に医療機関を利用できない国があります。そのように物価だけでなく様々な決まりやしきたりが異なることから、生活費に関する情報は候補先の国を決める段階からしっかり把握しておくと良いでしょう。

海外移住をするメリットは?

老後としての考えだけでなく若い時から海外への移住を実現する方も多いですが、一体どのようなメリットが合って決断をするのでしょう。

のんびり自由な生活ができる

自分を知らない人がいる環境で暮らしたいと考える方も多いでしょう。そのような時に環境を変えて海外で暮らすという選択をする方がいます。海外移住は一人でする方もいますが、夫婦や家族でする方も沢山いて、普段の生活を変えないまま住む国を変えるようになります。

過ごしやすい気候の地域を選んで暮らせる

今まで寒い地域に住んでいた方にとっては、温暖な地域で暮らせるようになるので、健康状態にまで良い影響を与えるようなメリットがあります。選ぶ地域にもよりますが、一年中温かい気候が維持される地域があり、日本での生活よりも快適なる可能性があります。

異国の方と仲良くなれる

言葉の心配をして海外移住を諦めてしまう方もいますが、交流を深めながら言語を上達させることも可能です。そのような場合には、コミュニケーションを図りながら少しずつ海外の言葉を習得することで現地でも楽しく暮らせます。

日本との違いを知って日本の良さを再認識できる

日本にいる時には気づかなかった日本の良さやありがたみを、環境が違う海外生活をすることで再認識できます。日本は恵まれている国であると良く言われますが、いつも日本にいる時には良い面に気づかないものです。短期間の旅行では分からない移住ならではの良さがあります。

日本という帰る場所がある

移住ということはずっと暮らすということですが、中には数年から十年程度など期限を決めて移住ずる方も珍しくありません。特に定年退職後となりますと、年齢がシニアから高齢者に切り替わる年代ですので、体力的にも今までとは違ってきます。そのよう場合には、高齢者になった時には日本の老人ホームへの入居を検討するなど、柔軟な選択をすることが可能です。

第二の人生という形で一度リセットできる

定年退職後に日本にいますと、退職した仕事のことや周りの同年代との比較などで自分が苦しくなるかもしれません。しかし海外移住という選択をしますと、一度今までをリセットして新たなスタートを切ることができます。年齢で何かを諦めてしまうことがなく、大きく生活環境を変えて、第二の人生を充実させられます。

海外移住をするデメリットは?

一方でデメリットも気になる海外移住は、どのようなことがマイナス面になるのでしょう。

日本への距離が遠い

飛行機を使って移動することが必須の海外は、急に身内の不幸があった場合などには、日本への距離が遠く感じるかもしれません。その上費用も掛かりますので、帰国を決断するのは大きな出費となります。

思い描いた生活と違う

夢の海外移住を決断したにも関わらず、日本との違いや習慣の異なりに上手く対応できずに馴染めない場合があります。あまり大きく夢を描き過ぎるのも注意した方が良いのかもしれません。

やはり言葉の壁が上手く乗り越えられない

頑張って語学の勉強をしたにも関わらず、思うように実践できない場合があります。最近は日本語が話せる海外の方が多くなっていますが、それでは海外移住をした意味がなくなってしまいます。

肝心な食生活の違い

早い段階で日本食が恋しくなってしまう方が多いようです。日本の食材も豊富に揃う地域が中にはありますが、多くは現地の食生活に慣れるしかありません。日本から取り寄せることや家族に送ってもらうことも可能ですが、不便さを感じてしまうかもしれません。

海外移住を成功させる事前の準備とは

何ごとも早めの準備が肝心ですが、海外移住の場合は特に事前の準備が求められます。何を用意しておくと良いのでしょう。

移住経験者の話を聞く

実際に海外移住を経験した方が身近にいるという恵まれた環境の場合、どのように過ごしていたかを知っておいた方が良いことがあります。

日本でも役所での手続きが必要です


海外移住イコールビザの印象ですが、それ以外にも日本で住んでいた地域の役所で海外移住をする届け出をする必要があります。それほど難しい手続きではありませんが、ビザの方に意識が集中していますと忘れてしまう可能性があります。忘れないように手続きをすることをおすすめします。

予防接種の確認

日本では心配がない感染症などに対応しなければならないのが海外移住の難しさです。アフリカなど住む地域によっては予防接種が必要な地域があります。良く確認をしてから入国するようにしましょう。

日本の知人に海外移住することを知らせる

移住してからでも良いですが、日本からの連絡の方が手軽である上に、はがきなどの場合はエアメールよりも安く済みます。新しい住所などが決まっている場合には、その連絡も同時にしておきますと、移住先に遊びに来てもらえることもあります。

日本人に人気の移住国は?


海外移住する日本人にはどのような国が人気なのでしょう。

台湾

台湾は日本からの距離が近いにも関わらず、異国への移住が体験できる地域です。用事がある時には帰国もしやすく、日本からも来てもらいやすいので、あまり海外移住をしている感覚がない状態で異国での生活ができます。同じアジアであるという点も親しみを感じる地域です。

タイ

タイも人気がある地域です。日本企業が多く進出していることから、中には現役時の海外への単身赴任の経験を活かして、タイを移住先に選ぶ方もいます。

ベトナム

海外移住をベトナムに選ぶ方も多いようです。多くは海外旅行をきっかけに決断する方が多く、何度も旅行をするうちに住みたくなってしまうようです。

ペナン島(マレーシア)

マレーシアにあるペナン島は、綺麗な景色をみながら生活できることもあり、心身共にリラックスできます。マレーシアは治安も良く、清潔感が漂うレストランなども多いので、安心して暮らせる地域です。

セブ島(フィリピン)

セブ島はリゾート地としての人気だけでなく、移住先としての人気もあります。物価が安い点が大きなメリットで、少ない生活費でも贅沢な暮らしができる可能性があるでしょう。

バリ島(インドネシア)

インドネシアのバリ島も旅行先として人気ですが、移住してくる日本人が多いのが特徴です。観光客を含めて多くの日本人と会えることから、あまり寂しさを感じずに生活できます。

シンガポール

シンガポールは都会的な雰囲気でありますが、移住先としても人気が高い地域です。他の地域同様に観光客や移住者の日本人が沢山います。シンガポールは初めての海外移住を考える方にもおすすめの国です。

ホノルル(ハワイ)

ハワイ島のホノルルは、多くの芸能人や有名人が訪れる地域であり、ハワイの中でも日本人が非常に多い地域です。その結果、言葉や買い物などあまり不便さを感じずに海外移住生活ができます。年間を通して温暖な気候であり、若い方だけでなくシニア層にも支持されています。

まとめ

いかがでしたか。海外移住を検討した場合、まずどの国が良いか決めるのが肝心で、その国によって異なるビザの申請方法や予防接種の必要性なども変わります。その為には事前の準備が肝心で、よく相談できる相手を見つけるほか、経験者の話を聞くことも大切です。海外旅行で良い所だと思って移住先を決めるのも良いですが、旅行で行くのと移住して実際に住むことには大きな違いがあります。海外移住を成功させたい方は、じっくり考えて、自分に合った海外移住先の国を決めて、理想の海外移住ライフを実現させてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい