遺品整理のやり方は?自分で行う?それとも業者に頼む?

故人の思いや思い出が詰まった遺品の整理には、時間が掛かる場合や思うように進まない可能性もあります。家族や親族が集まって自分達で行うことが当たり前と思われていた遺品整理ですが、最近では業者に頼むケースも多くなっています。遺品整理のやり方を始め、自分で行う場合と業者に任せる場合の違いなどを紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

遺品整理とは?


遺品整理とは、亡くなった方が使用していた物や思い出の品物を仕分けて、不要なものと親族などが形見として保管するなど、故人の身辺を整理して天国でも安心して過ごせるようにする作業です。

何でも捨ててしまうイメージが…

片付けイコール処分や廃棄と考える方もいますが、必要なものを残して不要なものを処分するだけの作業です。しかし故人がいない現在ではその作業が思うように進まないのも現実で、家が広かった場合や物が多い人だった場合には、何日もかけて行う苦労もあります。

故人が遺書などで気持ちを残すことは可能?

遺書やエンディングノートを活用しますと、遺品として残しておきたいものや子供や孫に使って欲しい物を指定することができます。また車や不動産などの場合には、遺産相続にも関わりますので、遺品整理とは別で考えた方が良いでしょう。

遺品整理で親族とトラブルになることも…

家族のみで遺品整理をしてしまいますと、後になって親族が遺品を分けて欲しいという話をしてくる場合など、形見分けでもめるケースもあります。故人に近しい血縁関係の方を集めて、一緒に遺品整理をすることがおすすめです。無理な場合には、後になって文句を言わない約束をしてもらうなど、一任してもらうようにするとトラブルを回避できます。

遺品整理に時間を掛けない工夫を生前からしておきましょう


遺品整理が大変に感じる理由は、既に持ち主である人物がいない状態で片づける必要がある点です。しかし工夫次第では遺品整理で家族に迷惑を掛けずに済むこともできます。どのような工夫が必要なのでしょう。

生前から手持ちのものを減らしておく

本当に気に入っているものだけに囲まれた生活をしている方も増えています。人はどうしても念のために…と余分に洋服やバッグなどを所有してしまいます。その結果全てのものを必要以上に抱え込んで生活しているのが現状です。老前整理という言葉が流行しているように、体が動く元気な間に自分の身の回りを片付けるようにしましょう。

一つ増えたら一つ減らす習慣を!

好きな買い物や人から譲り受けることなど、生活をしているとどうしても物が増えることがあります。何も買わない生活や人から物をもらうこともできない生活では寂しいですが、その分今持っているものを処分や譲り渡すなどして、少しでも物を増やさない工夫が大事です。

エンディングノートなどで取り扱いを指示しておく

所有者にしか分からないことが多く、遺品整理は遺された家族や親戚が頭を悩まされます。このような時間的なロスを回避できるのは、生前からの下準備で大きく変わります。エンディングノートの活用や荷物に張り紙をして指示をしておくなどしますと、短い時間で片づけられます。

遺品整理を自分で行うことのメリット

遺品整理は業者に任せることもできますが、自分達でもできる作業です。しかし急いで全てを終わらせようとしますと挫折してしまいます。ゆっくり少しずつ進めるのがおすすめです。では自分達で遺品整理をすることのメリットはどのような点にあるのでしょう。

自身で遺品を整理することで、形見分けがスムーズになる

形見分けとは、故人の遺品を遺族で分け合うことを指しますが、この作業は自分達のみで遺品整理を行った方がスムーズにできます。どうしても業者へ依頼する場合には、形見分けだけを先に済ませて、不要なものだけを業者に処分してもらうのも一つの方法です。

遺品整理の費用を抑えられる

遺品整理は依頼する荷物の量や家の広さなどによっても変わりますが、場合によっては数万円から数十万円の費用が掛かります。この費用を削減するためには、身内で頑張って作業をする必要があります。あまり荷物がない方や住まいが狭い方は物が少ない可能性がありますが、沢山物を所有していた方や広い屋敷に住んでいた方は、それなりに時間が掛かる上に体力を必要とします。

故人のことを偲ぶ時間が増やせる

遺品整理は単なる片付けとは異なります。故人のことを思い出しながら偲ぶ時間として、本来ならゆっくり作業をしたいのが遺族の本音でしょう。しかし住まいを退去する都合や手放す都合などがある場合があり、慌ただしい作業となってしまいます。しかし故人が生前使用していた物と向き合う時間が設けられるのは、業者任せにしない遺品整理ならではです。

遺品整理を自分で行うことのデメリット

メリットがある一方でデメリットがあるのが自分で行う遺品整理です。自分で行うことでどのような苦労があるのでしょう。

大きな荷物や家具などの処分が大変

家電や家具は勿論ですが、処分品が多くなりますと個人での処分に限界が生じます。大きな車を所有している親族がいる場合や、トラックを借りられる環境である場合は心配いりませんが、車の手配が難しい時には不用品の処分のみは業者に頼むようにする方もいます。

想像以上に時間が掛かる

遺品整理を自分で行うことの大変さは、想像以上に時間が必要であることです。少しだけ部屋の模様替えをして片づけることとは違う遺品整理は、体力勝負でもありますが時間を掛けて行うことを覚悟して取り組むのが大事になります。休みのたびに遺品整理をするために親族と集まることも考えますと、作業に慣れた業者に依頼する方も少なくありません。

残すものと捨てる物の区別が難しい

使用者がいない遺品整理は、何を残して何を処分するかが分かりません。この分別に時間が掛かりますので、思うように進まなくなることもあるようです。これは業者へ依頼した時にも同じですが、自分達で行う時の方が大変でしょう。

遺品整理を業者に頼むメリット

慣れた作業で素早く行う遺品整理は、専門の業者へ依頼した場合にはどのようなメリットがあるのでしょう。

早く確実な作業

遺品整理を専門に行っている業者へお願いしますと、慣れた作業で早く確実に終わらせてくれます。また大型家具や家電の搬出も素早く、運び慣れていますので作業がスムーズです。スピード感がある遺品整理を望む場合は、専門業者の利用が適しています。

豊富な実績があるので判断が早い

地域によって処分の仕方が異なるゴミの処理は、処分の仕方や分別の仕方にも慣れている遺品整理の専門業者の方が安心です。特に自分たちの自宅と故人の住まいが別だった場合、地域ごとに異なるゴミの分別方法も分からず作業をするよりは、全て理解しておる業者へ任せてしまった方が早く片付きます。

急いで終わらせたい時に便利

限られた時間で故人が住んでいた自宅を撤去する必要がある場合などは、様々な法事や法要でも忙しい時期に、遺品整理までスムーズに行うことは難しいかもしれません。少ない時間で終わらせたい場合には、見積り時に伝えますと人員を増やして作業をするなど、様々な工夫をして確実に終わらせてくれます。

遺品整理を業者に頼むデメリット

一方で遺品整理を業者に頼むデメリットはどのような点にあるのでしょう。

気を付けないと大切なものも処分される

持ち主がいないことで家族や親族も分別が難しい遺品整理ですが、業者側からしますともっと分からないのかもしれません。しかし事前に荷物をある程度把握して、処分するものをある程度まとめておくようにしますと、間違えて大切なものを捨てられてしまう危険性は回避できます。しかし的確な指示をしないことで、大切なものを処分されてしまったケースは沢山あるようです。せっかく費用を掛けて遺品整理をしてもこのようなことになってしまうのでは…と依頼を悩む方もいます。全ての業者が該当する訳ではありませんが、増えているトラブルとされています。

費用が掛かる


人件費や車の手配、作業に関わる費用などをまとめて遺品整理業者に支払うことから、自分達で行うよりも費用は掛かります。全て任せてしまう方法ですと大きな金額になりますが、荷物の回収のみを依頼するなど、できる限りは自分達で行ってどうしても無理な部分を業者に頼むという選択肢もあります。どちらにしても費用面では自力で行うよりもある程度用意しておく必要があります。

業者選びに苦労する

遺品整理をする業者は増えていて、インターネットでの検索を始め、様々な方法で探すことができます。しかし数多く業者から良い業者を見つけるのは大変で、中には悪徳な業者も含まれてしまっていますので注意が必要です。業者をいくつか厳選して見積もりを依頼して比較するなど…想像以上に時間が掛かります。

遺品整理士に任せることも可能!


このように専門分野のことは思い切って業者に任せてしまうのも一つの方法です。任せると言っても、一緒に参加して指示を出すなど役割は沢山あります。遺品整理士という仕事はどのような仕事でどんな働きをするのでしょう。

遺品整理士とは?

立派な資格として証明されている遺品整理士は、取扱いが難しい遺品を専門的に扱うプロフェッショナルです。遺品整理士がいる遺品整理業者へ依頼する傾向があることから、有資格者が多い業者ほど安心して任せられる印象があります。ただ遺品を整理すれば良い仕事…と簡単に考えられることが多いですが、遺族側の気持ちに立った言葉遣いや行動ができる方にしか勤められません。

廃棄物やリサイクル品の取り扱いを正しく行ってくれる

豊富な実績も必要な遺品整理士ですが、資格を習得するためには沢山の勉強をする必要があります。遺品整理士に遺品の整理をお願いしますと、難しい廃棄物の取り扱いや家電リサイクル法に違反することなく、正しい形での処分が実現します。

遺品整理士の資格を取得するには?

様々な方法できる遺品整理士の資格ですが、通信講座での勉強が短期間で資格取得を目指せる方法となります。受講開始から2か月程度で資格取得が可能で、試験はレポート提出などですので忙しい方でも空いた時間を使って勉強できます。現在遺品整理の仕事に関わっている方は勿論ですが、将来に向けて知識を増やしたいという考えの方でも学べます。特に受講年齢が関わる資格ではないので、若い方でも積極的に勉強できる分野です。

遺品整理士に任せた場合の費用相場

では遺品整理士に任せた場合に、費用はどのくらいかかるのでしょう。地域や依頼先によって費用は異なりますが、目安となる金額として平均的な数字を紹介しています。
■1K(1名から2名の遺品整理士) 40,000円からとなります。部屋の広さによって遺品整理士の人数が変わりますので、狭い家ほど安く済みます。
■2DK(1名から3名の遺品整理士) 120,000円からの相場になります。自分も遺書に手伝いなどしますと、部屋が広くなっても少ない遺品整理士でも作業はスムーズに進められます。
■3DK(3名から4名の遺品整理士) 170,000円からが遺品整理の相場費用となります。部屋の間取りや家の造りによっては、室内だけでなく庭やベランダなどにも荷物がある可能性もありますので、多くの人員が必要になって費用も増えます。
■4DK(4名以上の遺品整理士) 210,000円からが費用の相場となります。大勢の専門スタッフが来ることで、スタッフ同士の連係プレイが実現してスムーズな作業となります。大勢いることで作業が返って即なることを懸念する方もいますが、家そのものが大きい場合は多めに遺品整理士の配置を依頼するのがおすすめです。

遺品整理士を選ぶ上での注意点

実際に遺品整理士に遺品整理を依頼する為に注意することはどんなことなのでしょう。

まずは見積もりを取って、費用を確かめる

業者選びが成功する遺品整理へと繋がりますので、依頼先が決まった時には見積り査定をするのがおすすめです。その際には必ず総額で記載されているか確かめることがポイントです。基本金額は格安でも、追加料金などを積み重ねて多額な請求をしてくる業者もあります。実際にそのような業者と依頼者がトラブルになるケースが増えています。

1社で決めないで複数見積もり依頼する

気に入った業者にすぐ決めてしまうのもよいですが、念のため2社から3社見積もりを依頼して比較するのがおすすめです。他の業者との違いを見比べることで、料金以外のサービスの違いも自然と見えてきます。1つの会社だけで決めてしまうのではなく、それぞれの会社の特性を見比べて総合的に判断しましょう。

口コミや評判を参考にしよう

周りに遺品整理業者の利用経験がある方がいる場合が一番安心で、おすすめの業者ややめた方が良い業者などを教えてもらえます。ただ調べて知識が多い方よりも、実際に経験している方の話はとても参考になります。業者選びに失敗しない為にも、周辺で相談できる相手を見つけられるのが成功への鍵です。

キャンセル料も確かめておく

どうしても依頼する費用にばかり注目してしまいますが、遺品整理のキャンセル料は重要になります。場合によっては申し込みした後に他の親族から文句を言われてやめることになるなど、状況が大きくかわることがありますが、その際にキャンセル料の有無が大きく関わります。費用面の比較と共にキャンセル料についても比較して依頼先を決断しましょう。

親身になって相談に乗ってくれること

遺品整理そのものが初めての場合や初めて業者に依頼する場合など、分からないままの状態でお願いするケースも珍しくありません。このような場合でも親身になって対応してくれる業者は安心ですが、面倒に感じる態度なお願いしたことを聞いてもらえないなど、
少しでも不安な要素がある場合は依頼を再検討することも視野に入れた方が良いでしょう。

買取もあるが、金額は期待しないほうがよい

遺品を手放す方法として、すべて処分をして捨ててしまうのではなく、買取という選択肢もあります。しかし遺品の価値にもよりますが、遺品業者が買い取りを行い、その後リサイクル店舗に持ち込むため買取料金は安くなります。しっかり遺品で稼ごう!などと思わず、捨てるよりはわずかでも臨時収入が得られれば良いぐらいの考えで、買取をお願いしますと安さに驚くことも落ち込むこともありません。

遺品整理の流れを知ろう

実際に遺品整理を行う場合にはどのような流れになるのでしょう。個人で行う場合と業者へお願いする場合では違いがあるのでしょうか。

個人的に行う場合のポイント

業者に任せることなく遺品整理をすることは可能です。荷物が少なかった方など短時間で終わってしまうケースもあります。また生前からきちんと遺言やエンディングノートを活用して、身の回りの物の仕分け方を指示しておくような几帳面な人も増えています。周りの家族も生前からコミュニケーションを頻繁に図り、不要で使っていないようなものは早めに処分させてしまうなど、物との付き合い方にも工夫が必要です。個人で行う場合は、家族だけでなく親族にも集まってもらい、形見分けも一緒に済ませてしまいましょう。1日で無理だった場合にはまた次の休日…というように進めますと、ゆっくりでも片付けは進みます。

業者にお願いする場合の流れ

依頼先も決まって日程も決まった場合には、作業日当日は少し早めに行くようにして、事前に荷物を確認しておくと良いでしょう。できれば前日までに一度親族に集まってもらい、簡単な形見分けのような形で、故人が使用していたものを分け合っておきますと、大切なものを処分されてしまった!というトラブルが回避できます。当日は多くのスタッフが故人宅へ足を踏み入れます。すでに亡くなっていると言っても大切なものや貴重品がそのままになっていることも考えられます。事前に確認して作業がしやすいように少し片づけておきますと、当日がスムーズに進みます。

後悔しない遺品整理にする為のコツは?

多くの場合身内が亡くなって、まだ落ち着いて知識が少ない状態や初めて行うなど、分からない状態でスタートすることが多い遺品整理ですが、他の人がどのようにして遺品整理を進めたのか情報を集めることも大切です。自分の身の回りにも人には話をしないだけで、実際に家族の遺品整理を経験した方も沢山いるのかもしれません。自分では思いつかなかったアイデアを教えてもらえるなど、有益な情報を入手できるかもしれません。

不用品回収業者と遺品整理業者は異なる

一見すると同じような仕事をしている不用品回収業者と遺品整理業者ですが、実は異なっています。それでは、不用品回収業者と遺品整理業者で異なる点はどんなところなのでしょう。

どんな遺品整理を望むのか明確にしましょう

遺品整理は故人の持ち物を不要な処分品と必要で残して遺族が使うものとを仕分ける作業です。この作業は不用品回収業者でも行うことができますが、そのまま処分をせず供養をして処分したいものがある場合には、不用品回収業者ではなく遺品整理業者へお願いする必要があります。どのような形で不要品を手放すかを考えておきますと、実際に依頼する業者のタイプが自然と分かってきます。故人の意向や親族の意向に合わせた整理の方法を考えておきましょう。

どちらの方が安く済む?

遺品整理業者と不用品回収業者を比較した場合、依頼先の料金設定や作業人数などによっても異なりますが、どちらかと言えば不用品回収業者の方が安く済むとされています。しかし最近は、不用品回収業者に遺品整理士がスタッフとして働いていることもあり、一概にどちらが安いとは言い切れません。サービスエリア内にある業者が複数あれば、候補の業者から見積もりをとって比べると確実でしょう。

夜間や休日の依頼にも応じてもらえますか?

近所の迷惑になることを考えますと、夜間から作業を始めることは不可能かもしれませんが、1日がかりで行った結果夜間になってしまうことはあります。また不用品を回収するのみで遺品の整理は全て遺族が行っているような作業依頼ですと、場合によっては夜間の作業も可能になるかもしれません。遺品整理を取り扱っている業者の多くは土曜や日曜、祝日にも対応して行っていることが多く、休みの日や仕事の後に依頼することも可能ですが、混雑している場合や依頼先によっては追加料金が発生するかもしれません。事前に良く確認して申し込みしましょう。

不用品回収業者と遺品整理業者の賢い使い分けは?

家族や親族で手分けをして遺品整理を行い、形見分けまで済ませてしまった段階で不用品回収業者を依頼して、不用品の処分をお願いしますと、大型トラックで家財道具や大きな家電などを運びだしてもらうことができます。また遺品の整理から業者に入ってもらいたい場合は、遺品整理に依頼をして不要なものと使う物の仕分け作業から対応してもらうのがおすすめです。家族それぞれの考え方がある遺品整理は、それぞれの方法を取り入れて進めるしかないでしょう。故人が生前から希望していた形がある場合にはその方法を最優先にするなどしますと、故人を偲ぶ時間として遺品整理が面倒で大変な作業ではなくなります。

まとめ

いかがでしたか。遺品整理は言葉で聞く以上に様々なことが関係する行動となりますが、故人が生前大切に使用していたものを一つずつ確かめながら作業をする時間も、良い思い出として残るのかもしれません。思い通りの遺品整理をするためには、良い業者の選び方をきちんと学び、独断で話を進めるのではなく、家族や親族と良く話し合って決めるのがおすすめです。是非今後に役立ててみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい