香典返しを辞退する場合と伝え方は?また遺族側の注意点も紹介!

辞退することもできる香典返しは、遺族の負担を減らすだけでなく色々な理由から、そのような行為をするケースがあるようです。香典返しを辞退する時の伝え方や遺族側の注意点など、知っておきたい内容を詳しく紹介しますので是非参考にしてください。

目次

香典返しを辞退する場合


香典返しを辞退するシチュエーションには、どのような状況があるのでしょう。

香典額が少ない場合

例えば3,000円以下の場合など、明らかに香典の金額が少ない場合は、辞退を申し出るのがおすすめです。香典返しは、いただいた金額の半額くらいが相場のため、香典額が少ない場合は、香典返しの金額の方が上回る可能性がありますので、辞退するべきでしょう。

複数の連名で香典を渡すとき

会社や同僚たちの連名で香典を渡す際、1人あたりの金額が少ない場合は辞退するべきでしょう。誰がいくら払ったかは明記しておくのが望ましいですが、数千円であるケースが多いので、香典返しを辞退して手間を省くようにしてもらうのが無難です。

公的組織など香典返しを受け取ることが禁止されている場合

香典返しを受け取ることが禁止されている公的組織などの場合、辞退を申し出るようにしましょう。

ご遺族に不要な気遣いをさせたくない場合

香典返しが欲しくて香典を渡す人はいないはずです。故人を偲ぶ気持ちを伝える手段として、遺族に渡す香典ですが、かえって負担を掛けてしまう可能性があるのが香典返しです。もらうつもりでない場合は、自分の考えを率直に伝えて受け取らないという選択肢もあります。

そもそも辞退して良いもの?失礼ではない?

自分の都合や意見を押し付ける印象がある香典返しの辞退ですが、特別マナー違反でもなく失礼な行動でもありません。それでもどうしても生前お世話になった故人への気持ちを表現するために香典を送った気持ちは、遺族側にも確実に届いています。

香典そのものを辞退することは許される?

遺族側が故人の遺志で受け取ることができない…などという理由で、香典の受け取りを辞退するケースがまれにあるようですが、このような行為よりは一度ありがたく参列者から受け取っておいて、のちに寄付をするなどという使い方がおすすめです。

参列者はどのように香典返し辞退の旨を伝える?

香典返しの辞退を伝えるタイミングは難しく、言い忘れてしまうことや聞いた遺族側の記憶があいまいになるケースも十分考えられます。正確に伝えるためにはどのような方法が良いのでしょう。

香典袋に辞退の旨を書くことが望ましい

双方が確実に記憶できるのは、香典袋に辞退の旨を記載することです。例えば、香典返しなどのご配慮は遠慮させていただくようお願い申し上げますのなど文章を記載した手紙などを用意しておきますと、時間が経過してからでもその手紙が証拠となり確実に辞退の意向が実現されます。

口頭で伝えることはNG?

文面で残されているのとは逆に、口頭でのみ伝えるようにしますと、誰が香典返しを不要であるのかを遺族側が混乱してしまう可能性があります。香典袋にお返し辞退の旨を記載した上で、口頭でも伝えるのが親切になります。

香典返しが通夜や葬儀告別式当日である場合

遺族側の負担を減らす方法として、香典返しを通夜や葬儀告別式の当日に渡してしまうケースも多いようです。もらった金額合わせて選ぶ香典返しは、想像以上に事務的な作業を強いられます。一律に同じものを渡してしまう香典返しの当日返しは、人によって渡す商品を変える際に発生する悩む時間を省略させることに繋げられます。

受け取ってから辞退を申し出るのはダメ?

一度もらったものを返すのは、品物の内容が不満で返そうとしているという印象があります。仮に辞退の旨を伝え忘れた場合であっても、一度受け取った物を返すのは失礼ですので、ありがたくいただいておきましょう。

香典返しを辞退された場合の遺族側の注意点


香典返しの辞退を受けた場合、遺族側としてはどのような行動をするのが良いのでしょう。

辞退されても香典返しを送るべき?

香典返しを辞退しても香典返しを送ることも多いのが現実です。辞退の気持ちだけいただいて送ることは失礼にはあたらないので、結局は何か品物を選んで配送することが多いようです。

香典返しは持参した方が良い?配送でも良い?

近くの方には直接届けることもできますが、遠方の方にまで持参するのは大変です。数も多い可能性があるので、無理をせず配送する手配をしましょう。

ただし受け取ることが禁止されている方へは送付NG

先程紹介したように、公的組織など受け取ること自体が禁止されている方へ送ることは避けた方が良いので、辞退の意向をそのまま通して送付しないのが良いでしょう。

香典返しを辞退する意向の方とそれ以外の方の香典返しは同じで良い?

香典返しを辞退しているからと言って、他の方と区別してお返しを選ぶ必要はありません。辞退の意向がある方も無い方も、もらった香典の金額によって半額程度の香典返しを選ぶのが良いでしょう。しかし会社関係の場合は、職場で食べやすいお菓子を選ぶなど、臨機応変に内容を変える工夫が必要です。

増えているカタログギフト

値段設定がされていることで、商品として選びやすいカタログギフトは、祝いごとのお礼としてだけでなく、香典返しにも利用されています。好きな商品を選べる点と送る遺族側が商品を選ぶ手間が省ける双方の思いが合致するカタログギフトは、支持される香典返しの一つです。

その他に選ばれる香典返し

基本的には形に残らないすぐ使えるようなものが選ばれます。タオルや石鹸、商品券など、男女年齢を問わず普段使いができる商品は特に支持されるので、香典返しを選ぶ際には覚えておくと良い情報です。

香典返しを受け取った時のお礼は?


辞退したにも関わらず香典返しをいただくこともあります。このような場合にはお礼をした方が良いのでしょうか。

お礼へのお礼は不要?

香典返し自体が香典をもらったお礼ですので、そのお礼をする必要はありません。しかし受け取ったままでは申し訳ないという場合は、電話や手紙で遺族に対して失礼にならないように気持ちを伝えましょう。

辞退したのに…受け取りを拒否するのは失礼です

いらないと伝えたのに送ってきたからといって、遺族側に再び送り返すような行為は失礼になります。せっかく送ってくれた香典返しですので、ありがたく受け取るのがマナーとなります。

無事に届いた電話は必要?

宅配業者によりますが、送り先に無事に届けた旨を依頼者に通達するサービスもありますので、わざわざ電話をしなければいけないことはありませんが、電話をしてはいけないという決まりやルールもありませんので、遺族側との関係によっては一言電話で気持ちを伝えるのも良いでしょう。

香典返しをせず寄付をするという選択肢について


様々な使い方ができる香典ですが、いただいた方に香典返しをせず、寄付をするという考えもあるようです。一体どういうことなのでしょうか。

全額?一部?香典の寄付とは

全額寄付してしまう方もいるようですが、中には一部分を寄付に回す場合もあるようです。一言で寄付と言っても様々な団体がありますが、故人が生前から関心があった分野などの関連団体を中心に探すと良いでしょう。

寄付をしたことについて香典をくれた人に伝えるべき?

いただいた香典なので使い道まで公表することはないという考えがあるかもしれませんが、香典返しを送るタイミングである四十九日法要の前後に、香典を寄付した旨を伝える手紙を出すと良いでしょう。この行動に文句を言っているような方はいないとは思いますが、十分理解してもらえるように、香典返しを送るタイミングである四十九日法要の前後に手紙を出しましょう。

知っているようで知らない香典返しのこと

香典返しについては、知っているようで知らないことがまだあります。いくつか紹介しますので、是非参考にしてください。

香典返しに添えるお礼状について

香典返しだけを配送するのではなく、お礼状を添えると良いでしょう。全て手書きで作成するのは送る香典返しの量によっては難しいですので、印刷会社に依頼してまとめて作成しましょう。また香典返しを依頼する業者で、お礼状を添えてくれるケースもあります。文面も自分で好きなように選んで作成できるなど、オリジナリティがあるお礼状を作成することができます。印刷は依頼しても、できれば文章は自分で考えるようにすると、たとえ手書きでなくても相手に気持ちが伝わります。

香典返しの時期が遅れてしまった時の対処法

四十九日法要の前後が香典返しの時期とされていますが、通夜や葬儀告別式から始まり、悲しみに暮れる暇もないぐらい忙しい時期であることも確かです。香典返しの手配が遅れた場合などは、手書きの手紙で一言お詫びを添えて、早急に香典返しを用意しましょう。うっかり忘れてしまっている可能性も十分ありますが、あえて忘れていたことは記載せず、悲しみから立ち直る際に時間が掛かってしまったという内容の文章がおすすめです。

避けた方が良い香典返しとは?

お茶やタオル、石鹸などを選ぶケースが多い香典返しですが、避けた方が良いのは肉や魚などの生もののほか、嗜好品となる酒類は避けましょう。香典返しにも相手が好きなものを選んだ方が良いと思われることがありますので、カタログギフトが利用されることもありますが、一般的な香典返しの場合には定番品として日常使いができるものがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。今まで香典返しを辞退するという発想をしたことがなかった方には、上手な伝え方や遺族側にも注意点があるなど、知らなかったことが沢山理解できたのではないでしょうか。渡す側にも受け取る側にもなる可能性がある香典は、きちんとマナーを守って取り扱う必要があります。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい