香典返しの相場は?香典額の半額が目安?人気の香典返しの品も紹介!

いただいた香典のお返しは香典返しを呼ばれていて、いただいた金額の半額程度が相場とされています。葬儀や法事に関するマナーについては、知っているようで知らないことが多く、今さら人に聞く勇気が持てないこともあります。実際の相場や選ばれる人気の香典返しを紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

香典返しの相場の目安は?


香典返しの相場は、受け取った金額の半額が目安とされています。あまり多くしますと相手に負担を掛けることになりますので、半返しと呼ばれる半額程度が理想です。

香典返しの品は、金額に応じて変える?

香典の金額はいただく方によって異なりますが、金額ごとに品物を変える必要はなく、同じ品であることが多いようです。相場は3,000円ほどで、香典の金額によって中身を変えていませんので、管理しやすいというメリットもあります。

多くいただいた方には改めて御礼の品を渡す

故人との関係によって変わりますが、いただく香典の相場は異なるため、多くいただいた方には改めて御礼の品を渡すとよいでしょう。お中元やお歳暮の品を送るケースもあるようで、日本に伝わる良い文化や風習を受け継ぐことも重要です。

増えている当日返しや即返し

香典返しを通夜や葬儀告別式の会場ですませてしまう当日返しや即返しが多くなっています。四十九日法要あたりの時期に業者へ依頼して届けてもらうのが多かった香典返しですが、その日に渡してしまうことでその後の配送手続きなどの事務作業を早く済ませてしまう傾向にあります。

いただく香典の金額相場は?


香典の相場は個人との関係性によって金額が変わります。

祖父母が亡くなった場合

20代~30代では10,000円で、40代以上になりますと30,000円前後が相場です。3,000円ほどの香典返しの他に、後日改めて頂いた額の半額から3,000円を引いた額の品を送るのがマナーとされています。

両親が亡くなった場合

20代~30代では50,000円前後、40代以上では100,000円以上が相場とされています。3,000円ほどの香典返しの他に、後日改めて頂いた額の半額から3,000円を引いた額の品を送ると良いでしょう。

兄弟・姉妹が亡くなった場合

20代~30代では40,000円前後、40代以上では50,000円が相場です。3,000円ほどの香典返しの他に、後日改めて頂いた額の半額から3,000円を引いた額の品を送るのが一般的です。

おじやおばが亡くなった場合

20代~30代では10,000円、40代以上では20,000円前後が相場になります。3,000円ほどの香典返しの他に、後日改めて頂いた額の半額から3,000円を引いた額の品を送るのがマナーです。

友人が亡くなった場合

5,000円が相場となります。友人は年齢を問わず5,000円くらいが一般的です。

金額が高額すぎる場合、必ずしも半額を返さなくてもよい

親族からの香典は高額なことが多い場合があります。一般的にはいただいた香典の半額で香典返しを行いますが、地域によっては、親族など高額の香典をいただいた場合は必ずしも半額でなくてよいとされています。

親族以外にも高額の香典をくれた方が…そのままで良いの?

もらったままでは失礼にあたる高額な香典をいただいた場合は、お礼状を出すのがおすすめです。手紙ではなく電話で済ませることも可能ですが、何時ごろ電話するのが良いのか…など電話を掛けるという動作は、想像以上に神経をつかいます。感謝の気持ちは手紙で伝えましょう。

それでもより半返しに近づけるためにおすすめのカタログギフト

高額な香典をいただいた場合、カタログギフトならあまり相手に負担とならないように、半返しに近い金額で香典返しを送ることができます。金額によって商品内容のグレードも変わりますので、より選びやすくなるはずです。

カタログギフトの良さは金額が明確でないところ

商品券のように金額が明らかになってしまう物もありますが、カタログギフトの場合は先方には香典返しの金額が明らかになりませんので、高額な香典をいただいた時のお返しにおすすめです。最近では豊富な種類が用意されている上に、お礼状やのしを付けるサービスまで行う業者が多くあります。

香典返しを辞退するケースがあります

香典返しを辞退する場合、どのように伝えるのが良いのでしょう。また遺族側としてはどのように対応するのが望ましいのでしょう。

香典袋に香典返しの辞退の旨を記載する

香典返しが不要の方は、口頭ではなく香典袋に香典返しを辞退する旨を記載するのがおすすめです。遺族に直接話しをする機会がないかもしれない通夜や葬儀告別式では、香典袋を利用して伝えるのが確実です。しかし当日返しや即返しの場合は、その場で香典返しの辞退を申し出るようにします。

香典返しの辞退の申し出があった時の遺族側は?

香典返しの辞退の申し出があった場合、遺族側は気持ちだけを受け取って香典返しを用意します。辞退されたのでそのままにはせず、そのような気持ちで通夜や葬儀告別式へ参列してくださったのだと感謝することが重要です。

香典返しを辞退したのに…受け取ってよいの?

辞退の気持ちだけを受け取って香典返しを用意するケースが多いので、家に届いた時には送り返すような失礼なことはせず、そのまま受け取ります。この香典返しにお礼をしますと、同じことを重ねることになり、縁起が良くありませんので、香典返しを受け取った段階で一区切りと考えるようにしましょう。

連名で香典をもらった場合

友人同士や同僚同士など、複数の人数で香典を一つ用意する場合もあります。このような場合には、香典返しというよりも小分けのお菓子などを購入して、人数で分けてもらうようにします。多くは職場関係や習いごとの仲間など、多くの人が集まる仲間からの香典であることがほとんどですので、香典をくれた人以外にも生前お世話になった気持ちを込めて配れるように、少し多めに購入するのがおすすめです。

香典返しを送る時期を理解しよう

もらったらすぐにお返しをするのがマナーのような気がする香典返しですが、いつ頃送るのが良いか紹介します。

いつ送る?香典返しを用意するタイミング

もらってすぐに手配をしなければいけないイメージがある香典返しですが、それほど急ぐ必要はなく、四十九日法要の前後が良いとされています。まだ大丈夫…とゆっくりしていますと、四十九日法要の準備と重なって忙しくなりますので、同時進行で進めて忘れずに手配するのが良いでしょう。

香典返しを手配する時にあると便利なもの

沢山の人数分を用意する可能性が高い香典返しですが、一番重要なのは送る相手の住所などの情報です。時間に余裕があれば香典袋から転記して一覧表を作成できると重宝します。一度表を作成しておきますと、その後も手紙や年賀状のやり取りに活用できるでしょう。

手配りは厳しいのですが、本当は手渡しが良いの?

宅配便で届けるのは味気ない気がする方もいますが、場合によっては100名前後に手配する可能性がある香典返しは、無理をして手渡しにこだわる必要はありません。近所の人や近くの親戚などには直接渡すこともできますが、遠方の方や遺族とはそれほど関わりがない故人の知り合いなどは、無理をせず宅配サービスを利用するのがおすすめです。

香典返しが届いた時の正しい対応

遺族側から香典返しが届いた場合、何か連絡をした方が良いのでしょうか。

荷物が届いたことを知らせる?

香典返しが香典をもらったお礼ですので、香典返しにお礼をしてしまいますと、重ねて同じことをすることで縁起が悪いとされています。よって荷物が届いても特別な連絡は不要です。沢山の香典返しを送っていることを想像しますと、その分の全員が電話をしますと、それだけでも大変な作業になってしまいます。配送業者側から遺族へ確実に届けたことを知らせる連絡がしてあるはずです。

どうしても伝えたい時の対応術

それでも香典返しについて遺族に伝えたい場合は、後日何か他の用事で連絡を取り合った時に香典返しについて話をするようにしましょう。わざわざ連絡するのではなく、時間が経過してから会った場合や連絡を取り合った時などに香典返しのことを伝えるのがおすすめです。

会社関係でもらった香典に対するお返しの仕方


故人との関係や遺族との関わりによっては、会社関係者からの香典が大半を占めるケースをあります。香典返しの仕方は、他の参列者と同じで良いのでしょうか。

社長から会社として香典をもらった場合

表書きに社名が入った状態でもらった香典は、会社の経費として香典が用意されている可能性が高いので、香典返しをする必要はありませんが、葬儀などで休暇をもらって休んでいたあとの休み明けには、きちんと挨拶をするのがマナーです。

社長が個人的に香典を用意してもらった場合

会社から…という形ではなく、会社の規模によっては社長個人で香典を用意するケースもあります。このような場合には香典返しを用意して渡す必要があります。しかし休み明け過ぎには香典返しが用意できませんので、先に挨拶だけを済ませて後日香典返しを渡します。

同じ部署内の同僚などから連名で香典をもらった場合

日頃一番身近な存在として共に仕事をする仲間から香典をもらうことがあります。その場合は一人が少額ずつお金を出し合って一つの香典袋に入れて出されるケースが多いでしょう。このような場合は個人に香典返しをするよりも、社内で香典を出していない人とも分け合えるようなお菓子の詰め合わせなどを会社へ容姿するのがおすすめです。

香典返しも大切ですが…

香典返しの内容や渡すタイミングも大切ですが、通夜や葬儀告別式などで長く会社を休んでいた期間中に、代わりに仕事の負担を引き受けてもらっている可能性が十分あります。香典返しのマナーも大切ですが、周囲の方に感謝の気持ちを述べる余裕を持てるように、休み明けは少し早めに出社することで、挨拶などに時間が掛かってもスムーズに仕事が開始できます。

香典返しの人気の品物は?

香典返しにはどのようなものが選ばれるのでしょう。何軒も店を回って探し歩く時間がない場合は、インターネットを活用するなど今まで以上に柔軟な商品選びができるようになっています。どのような商品が選ばれているか、いざという時に参考にできるようにいくつか紹介します。

香典返しの基本は?

形が残るものではなく、すぐ使えて消えてなくなってしまうものは良いとされています。商品を選ぶ際には、この考えを念頭に置いてセレクトすると良いでしょう。

お菓子や乾物が多い

良く選ばれるものの一つがお菓子やコーヒー、お茶などです。また干ししいたけや海苔なども定番商品として支持されています。お菓子の選び方ですが、すぐに食べることを想定して生菓子や賞味期限が短いものを選ぶのではなく、日持ちするものを選んで用意すると安心です。

日用品も選ばれています

タオルや石鹸、洗剤などはどんな家庭や家族構成でも必ず使用するものです。だからと言って近所で購入できるような安価な商品ではなく、素材や成分にこだわった一品を選ぶと良いでしょう。

商品券もあり?

現金の代わりに使える商品券ですが、他のものと比べて香典返しの金額が明らかなってしまう可能性があります。あまり気にしない方もいますが、中には香典返しには不向きだという考えを持つ方もします。現金同様に使える商品券は、喜ばれる香典返しとして重宝するイメージですが、送る相手によっては違うものを選んだ方が良い可能性もあります。

避けた方が良いもの

生肉や生魚は香典返しとしては不向きです。送る相手が喜ぶことが期待できる場合でも避けた方が良いでしょう。これと同じ考え方でお酒も避けた方が良い香典返しです。送る相手の好みに合わせることは大切なは配慮ですが、香典返しには適していません。

カタログギフトの活用


自分で好きな品物が選べるカタログギフトですが、香典返しにも利用されるケースが増えています。注文する際には値段ごとに分かれていますので金額が分かりますが、香典返しとして受け取った相手側には金額が分かりませんので、商品券とは違い香典返しの金額が明らかになりません。また肉や魚などの生鮮食料品や酒などの嗜好品がカタログ内にありますが、香典返しを受け取った側がこれを注文することは良いとされています。多種多様な使い方ができるのがカタログギフトの良さです。

オンラインで香典返しを選ぶことも可能!

実店舗だけでなくインターネットを使って、実際の店舗の商品を購入して香典返しとすることもできます。忙しい方にとって便利なのは勿論ですが、近くに有名デパートなどがない地方に住んでいる方にとっても便利で、高品質な商品を選んで香典返しを準備できます。

伊勢丹のギフトから選ぶ

有名デパートとして全国各地に店舗がある伊勢丹では、様々な商品を取り扱っています。洋菓子や和菓子を始め、飲み物や麺類などのほか、ハムなどの肉加工品を取り扱っています。更には家庭用品や雑貨まで取り揃えていますので、予算や好みに応じて希望の商品を選ぶことができます。限定商品や送料無料商品などのほか、金額別に簡単に商品検索ができる便利さがあります。インターネットでの注文に慣れていない方向けに、電話やファックスでの対応もしています。

高島屋のギフトから選ぶ

全国展開するデパートである高島屋では、洋菓子や和菓子の他に日本茶やコーヒーなどの飲み物が販売されています。その他海苔やお吸い物、惣菜などの便利アイテムもあります。各商品とも写真付きで商品が紹介されていて、注文前の比較検討がしやすくなっています。更に各部門の人気ランキングが紹介されていることから、商品選びに迷う時にも決断しやすい工夫がされているのが特徴です。香典返しで気になる送料にも対策が行われていて、期間限定のサービスによって送料無料で全国各地への配送を依頼できます。

三越のギフトから選ぶ

多くの店舗を全国各地に展開する三越では、香典返しに最適な商品を多数オンライン注文できるようになっています。日持ちすることで選ばれるケースが多い洋菓子や和菓子を始め、お茶や紅茶などの定番商品も充実しています。また食べ物だけでなく日用品や雑貨なども取り扱っていますので、予算や好みに合わせた選び方が可能です。香典返しを選んだ後に考える必要がある挨拶文ですが、既に挨拶状が付属された香典返しも用意されていますので、気になっていた挨拶状への負担を軽くすることができます。

香典返しをインターネットで注文してもよいの?

上記で紹介した有名デパートを始め、最近では高品質な香典返しが実店舗へ行かなくても買い求めることができます。これはインターネットの普及によるものですが、このような行動をせず、本当は実店舗で買わなければ失礼になるのでは…と考える方もいます。実際にはどのようになっているのでしょう。

便利なアイテムはフル活用した方が良い

インターネットでの注文が楽をしていると印象を持つ方も多いかもしれません。しかし実際に利用をして便利に使っている方は多く、特に香典返しのように大量注文や急な訃報などによって柔軟な対応が求められる場合には、せっかくの機能を存分に活用することがおすすめです。

実店舗との大きな違いはほぼありません

以前はインターネットの商品は粗悪で質があまり良くないようなイメージでしたが、現在はインターネットで注文した方が高品質なものを低価格で入手できます。インターネットが悪いものという考えを持つ方は少なくなっていますので、賢く活用することをおすすめします。

それでも気になる方は…

インターネットの便利さを利用したいけれど、周囲の反応が気になる方は、有名店や有名ブランドで購入するようにしますと、見た目の印象を大きく変えられます。やはり包装紙の力は大きく、見てすぐにどの店舗か分かるような老舗有名デパートなどを利用することで、オンラインショップであっても好印象であることは確実です。デパートには高いものしかないというイメージを持つ方もいますが、予算に合わせた香典返しが購入できる環境が整っています。

香典返しと一緒に挨拶状を添付する際のポイント


配送して渡す可能性が高い香典返しは、挨拶状を添えて送ることが多くあります。作成する際のポイントを紹介しますので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

手書き?印刷?挨拶文について

場合によっては多数の香典返しを手配することを考えますと、手書きで挨拶文を作成するのは限界があります。自宅のパソコンを使って自分で作成できる方は別ですが、自力での作成が難しい方は得意な方にまとめてお願いする方法のほかに、印刷会社へ依頼するのがおすすめです。また香典返しを注文した時に、挨拶文作成をサービスで付ける業者も増えています。このサービスを活用しますと、香典返しの注文と挨拶文の作成を同時に済ませることができるのでとても便利です。

自分の言葉で文章を作成したいのですが…

いくつかの定型文から選んで作成を依頼するケースが多いとは思いますが、自分の言葉で気持ちを伝えたい場合には、オリジナルの文章で依頼できる印刷業者や香典返しの業者を探すのがおすすめです。挨拶状がある場合と何もなく香典返しのみが届く場合では印象が変わります。故人が生前お世話になった方への感謝の気持ちを込める意味もある香典返しは、細やかな気配りが必要です。

挨拶状の言葉遣いで気を付けることは?

故人のことは「亡父■■」や「亡母○○」のような表現で表します。また季節の挨拶も必要無く、本当に伝えたいことのみを凝縮させて伝えます。更に気を付けることは、句読点を用いずに文章を作成することです。一般的な文章の感覚で挨拶文を作成するのではなく、句読点を使わずに記載するのがポイントとなります。句読点を用いない理由は様々あるようですが、通夜や葬儀告別式が滞りなく進むことを表現するため、句読点で言葉を区切る挨拶文では都合が悪いという話もあるようです。また本来書状には句読点は用いないのが一般的であることや、句読点を入れるということは、文章を読みやすくしていることになり、挨拶状を手にする相手を読む力を見下す意味になるということも言われていて、このような理由から挨拶状には句読点を使わないケースが一般的になっています。使用しても構わないという意見もありますが、できれば避けた方が良いでしょう。

場合によっては手渡しをする香典返しでも挨拶状は必要?

配送ではなく直接自分で持参して香典返しを渡す方も中にはいます。また一部を配送にして残りを手で配るなど色々なケースが考えられますが、直接渡す場合でも挨拶状は作成して入れておいた方が良いでしょう。

当日返しや即返しの場合の挨拶状は?

四十九日法要の前後に香典返しを手配するケースがある一方で、通夜や葬儀告別式の日に香典返しを渡してしまう当日返しや即返しを選択する方も増えています。香典をもらう前に香典返しを用意することになりますが、そのまま持ち帰ってもらえるということで、送料を削減するメリットもあります。この当日返しや即返しの場合でも挨拶状は必要で、遺族が直接渡せる可能性が低いことを考えますと、挨拶状があった方が好印象です。文面は他の香典返しの場合と同じですので、季節の挨拶や句読点に気を付けて作成しましょう。

まとめ

いかがでしたか。香典返しの相場や目安、更には人気の香典返しの傾向などを知ることができました。故人を偲ぶ気持ちへの感謝の意味がある香典返しは、心を込めて用意する必要があります。是非今後の参考にしてみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい