告別式が行われる時間帯と時間目安は?マナーも紹介!

告別式が始まってから終わるまでの時間は、そのセレモニーごとに異なるかもしれませんが、おおよその流れは一緒なのでそれほど大きな違いはありません。また行われる時間も午前中だけでなく午後である場合もあるようです。マナーも含めて告別式に関する内容を紹介しますので、いざという時に役立つ内容として是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

告別式はどのくらいの時間が掛かる?


告別式は、通夜の翌日に執り行われる儀式のことを指しています。葬儀や葬式とも呼ばれています。家族、親族ならびにお世話になった知人や友人たちに声をかけて、告別式の当日は厳かな気持ちで故人の冥福をお祈りし、この世とのお別れをするための儀式です。

告別式を行う地域や宗派により儀式の時間にも違いがあります。たとえば、昔ながらの風習に則り儀式が進められていく場合では、朝まで続くこともあります。また、都心部の葬儀場は、式場数が限られていることから時間にも制限があります。一般的な時間は、約3時間とも言われていて告別式当日の午前中から行われることも多いです。

告別式の時間は3時間ほどが目安

告別式を執り行う会場にもよりますが、およそ3時間が目安となっています。現代では核家族世帯が多いので、告別式も簡素に済ませてしまう傾向にありますが、亡くなられた故人の方が生前、役職のある地位に就かれていたら、告別式に来ていただく会葬者の人数も多くなるため焼香時間が長くなります。

告別式の手順と時間を確認しておきます。読経が始まる1時間前には遺族と親族は会場入りをします。関係各所に挨拶を済ませておきます。時間になりましたら司会者より告別式開式のお知らせと共に、喪主、親族と順番に焼香をあげていきます。続いて知人など会葬者による焼香は開始されます。区ぎりのよい頃を見計らって告別式が閉式されます。遺族が会場入りしてから閉式まで2時間ほどかかります。その後は出棺準備となり、棺の中に花や愛用されていた品などを添えてあげます。最後のお別れの儀式が済んだら出棺となります。喪主による出棺の挨拶を行い、火葬場へと出発します。

告別式後に火葬(精進落とし)がある場合は+2時間が目安

火葬には一般の参列者は参列しませんので精進落としも遺族や親族のみとなります。火葬までで3時間ほどかかり、その後更に2時間程かけて会食をする精進落としが行われるので、開始から5時間ほど経過想定です。

セレモニーホールとは違い、火葬場で告別式を執り行う場合もあります。火葬の時間になり読経と焼香を親族で済ませたあとに火葬のボタンが押されます。その時間を精進落としとしの時間に充てる場合があります。この場合には、食事の時間も含めて約2時間プラスするといいです。

通夜は3時間ほどが目安

夕方からはじまることの多い通夜は、およそ3時間程度かかります。遺族と親族が集まり、受付などを開始します。宗派により違いますが僧侶の方が来られたら読経がはじまり、遺族から焼香をする流れになっています。僧侶による読経は、およそ1時間ほどですが知人など会葬者が多い場合には、僧侶の計らいで長く読経をあげて頂ける場合もあります。そして通夜の閉式を遺族代表が伝えて挨拶をします。

その後は、遺族と親族、お手伝いしてくださった方々に通夜ぶるまいをします。翌日には告別式を控えていますので1時間程度で済ませるようにします。ただし、地域によっては故人のご遺体が寂しくないように一晩中にぎやかに踊ったり酒をふるまうなどの風習もあります。
参照:https://www.aeonlife.jp/knowledge/manner/schedule.html

告別式が行われる時間帯は?

では告別式はどのような時間帯に行われているのでしょう。

午前?午後?告別式の時間

午前に行う場合が多く、火葬を済ませて会食をして、夕方前には解散となるケースが主流です。しかし午後から行う場合もありますが、火葬をすることが多い告別式の場合、早めの時間に行って火葬場が使える時間内で済ませることが多いようです。

告別式をする際のスケジュール例

■9:00:親族集合
一般参列者よりも早く集まります。
■9:30:参列者集合
告別式開始の30分前までには、一般参列者も集まります。
■10:00:告別式開始
①から⑤の流れで進められます。宗派などによって異なることもありますが、おおよそ同じ流れで告別式は進みます。
・1.開式(司会者による開式宣言)
・2.僧侶入場
・3.僧侶による読経
・4.参列者の焼香
・5.僧侶退場および喪主の挨拶
■11:00:告別式閉式
司会のよって閉式が告げられ、出棺の準備が開始されます。
■11:05:別れの儀
故人に最後の別れをして、柩の中に花を飾って釘打ちを行います。
■11:10:出棺挨拶・出棺
出棺の挨拶をして遺族と親族は火葬場へ向かいます。一般の参列者はここで解散の場合することが多いです。
11:30:火葬
火葬場で火葬されている間、1時間ほどかかるので控室で待っています。
12:00:収骨
骨壺に遺骨を納めます。2人1組になって箸で1つの遺骨を持ち上げて骨壺へ納めるのが収骨です。

午後からだと何時開始が多い?


火葬をすることを考えますとあまり遅い時間にスタートをすることで、火葬場が利用できなくなります。午後の告別式の場合、13時や14時などが多く、早めにお昼ごはんを済ませてから出掛けるなどの工夫が必要です。

午後開始のメリットは?

午前開始の告別式の場合、多くは会場や僧侶の都合などでそのようなスケジュールになることが多いですが、中には午後を希望する場合があります。前日に通夜を行った後に行う告別式は、午前中に開始することで忙しいハードな時間設定になることもあるでしょう。少しでも前日の通夜の疲れを回復して告別式が行えるように、午後開始を選ぶことがあります。また午前中を希望する方が多いので、希望した日時に予約できるメリットもあります。

予定より告別式が長引いた場合の対処法

スケジュール通りに進まないことが多々あるのが告別式です。予定通りに進まないことで次の用事があるからと言って途中で退席するような行動はマナー違反で、最後まで参列することが故人を偲ぶ気持ちになります。その日は予定を入れないようにするなど、無理なスケジュールを組んで告別式の途中で帰るような行動は慎みましょう。

参列者は告別式開始の何分前くらいに到着しておくべき?

一般の参列者は、告別式が始まるどのくらい前に会場に到着しておくのが良いでしょう。実際に参列する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

時間に余裕を持って早めの行動が肝心です

告別式に参列する場合、遺族や親族は1時間前に、一般参列者の場合は30分前が理想です。遅くても15分前には到着しておくと良いでしょう。どのような交通手段でも、何が起こるか分かりませんので、早めに自宅を出発しておいて、会場周辺で時間を潰すくらいの余裕があると安心です。

万が一遅刻してしまった時の対応

電車の人身事故による遅延など、予測不能な事態が告別式当日に起こるかもしれません。今から行っても間に合わないから帰る…ではなく、頑張って会場へ駆けつけましょう。黙って遅れますと遺族も心配をしますので、まず斎場へ連絡をして今の状況を伝えるのがポイントです。

あまり早く行くのも失礼?

早めの行動を心掛けたばかりに、一般参列者にもかかわらず遺族と同じような時間帯に到着してしまうこともあるでしょう。喪服を着た状態ではどこかのお店で時間を潰すのは難しいかもしれません。そのような場合は、早くても会場へ行ってしまうのが良いです。せっかく早く到着していたのに車の中で眠ってしまい、慌てて会場へ入る…などという失敗をするよりは、既に会場へ行って故人を偲ぶ時間を他の方より多く設けておくのがおすすめです。

当日急用でどうしても参列できなくなった場合の対処方法

体の具合や家族の都合など、告別式に急遽参列できなくなることもあります。できれば最優先で告別式への参列をするのがマナーですが、無理な場合は斎場へ連絡をして、後日遺族へ連絡を行って香典を持参するという方法が一般的です。また訃報を聞いた時点で参列が難しいと判断できた場合には、通夜へ参列するようにするなど、故人や遺族との関係性に合わせて判断しましょう。

結婚式と告別式が同じ日に…

既に結婚式の予定がある日にちに告別式の知らせが入ることもあります。このような場合にはどちらを優先するのかとても難しくなります。故人とは2度と会えませんが、結婚する2人にはこれからたくさん会えます。しかし故人や遺族との関わり方でも変わりますのでどちらが正しいとは言い切れませんが、万が一結婚式へ行く場合にも、告別式への参列を断る場合には、慶事を優先したことを伝えないのが常識です。

告別式でのマナーについて

知っているようで知らない告別式のマナーは、理解しておくとでいざという時にも慌てません。是非今後に活用してみてはいかがでしょう。

服装は葬式で同じく喪服が基本


告別式での服装は喪服が基本とされていて、男性は黒のネクタイを身につけて、女性は肌の露出を避けるようにするなどのマナーがあります。また小物類への配慮も大切で、ハンカチや袱紗などの布製品も、落ち着いた色合いで無地のものを用意して持参しましょう。

香典を持参する

告別式には香典を持参します。しかし既に通夜に参列していて渡してある場合には、再び渡すことはマナー違反となります。通夜と告別式の両方に参列する場合、どちらか一方で香典を渡しますが、多くは告別式で渡すケースが多いようです。しかし通夜のみ参列する方が増えている現代では、告別式へ参列する場合でも通夜で渡してしまう場合があります。

焼香の作法

焼香の作法は宗派や地域によって異なりますが、知っておきますととても役立ちます。一般的な作法は、右手の親指と人差し指、中指の三本で抹香を少量つまみます。抹香をつまんだまま目の高さまで持ち上げて、抹香を炭の上にパラパラと落とします。この動作を1回から3回繰り返します。

数珠を持参する

数珠と言っても宗派によって外観が異なりますが、選ぶのは自分の宗派に合わせた物をアイテムとして用意します。数珠は基本的に葬儀の間ずっと出しておくものですが、あまり知られたマナーではありませんので覚えておきましょう。焼香のときになってバッグなどから取り出す人もいますがこれは正しいやり方とは言えません。 座って読経などを聞いている時には左手首に掛けて、焼香など歩く必要がある時には房を下にして左手で持ちます。 左手で持つ理由は、左手が仏の清浄な世界を指していて、右手が我々の世界を指しているからとされています。焼香の際には各宗派によって持ち方が変わります。しかし基本的には合掌をして親指と人差し指の間に数珠をかけます。長い数珠を一連のままで使う場合は、中指に掛け渡して手を合わせます。

自分の数珠がありません…母親に借りても良い?

お守りのような役割もある数珠は、人と共用することはあまり好ましくありません。日常的に頻繁に使用しないことから持っていない方も多く、告別式などでも使用する方は少ないです。人に借りてまで必要なものではありませんので、ない場合はそのまま告別式へ参列しましょう。

季節に合わせて服装や小物で寒さや暑さへの対策を!

突然の訃報は季節を選ばずに訪れます。場合によっては寒い日や雪の日、または真夏日や猛暑日などとても暑い日に告別式へ参列することもあります。その場合にはコートを着用して寒さを防止するほか、炎天下にいる可能性がある場合は日傘や水分補給ができる水筒を持参することが大切です。ちなみにコートを着たまま焼香をするのは失礼ですので、脱いで座席に置くなどします。体調を崩して遺族に迷惑をかけるようなことがないように、万全の対策が重要になります。

まとめ

いかがでしたか。告別式の時間帯や時間の目安などを知っておきますと、参列する際に役立つのは勿論ですが、人に聞かれた時にその場で答えられることで、常識やマナーに詳しい人であるとアピールできます。いざという時に是非活用してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい