老人ホームの費用相場は?特別養護老人ホームや有料老人ホームなどタイプ別に紹介!

高齢者が利用する施設には様々なタイプがありますが、特徴が異なるように費用の相場も大きく変わります。今回は老人ホームの費用相場と共に、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどタイプ別に分かりやすく紹介しています。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

老人ホームの費用相場はタイプにより大きく異なる


老人ホームの費用相場は幅広く、利用するタイプによって異なります。入居先を決める際には、受けたいサービスと共にどのくらいの費用を用意できるのか紹介します。

老人ホームは二種類あります

老人ホームは公的施設と民間運営の二種類があります。公的施設は地方自治体などが運営していますが、民間運営は一般企業が運営する老人ホームとなります。また要介護度による医療サービスの必要性などによっても、利用できる施設は異なります。

利用者の意見を最優先した施設探し

費用面や自宅からの距離など、利用者の希望を二の次にした老人ホーム選びが行われてしまいますが、本来は利用者の意見を第一に考えるのが一番良い方法です。住まいとなる老人ホーム選びは、事前の話し合いが大切になりますので、家族だけでなく親族も含めてきちんと話し合いをするのがおすすめです。

場合によっては入居待ち?老人ホームの現状

地域によって施設の種類や規模が異なるので一概には言えませんが、場合によっては入居待ちの施設も多くあります。人気がある場所には多くの希望者が集まりますので、更に入居待ちが長くなる傾向にあります。最新の情報を良く調べて、利用者が望む老人ホームへ入居するのが一番良い方法です。

特別養護老人ホーム(公的施設)の費用や特徴


特養と呼ばれることもある特別養護老人ホームは、低料金の公的施設ですので安心して利用できる一方で、非常に人気があります。病気などによって在宅でのケアが難しい方を受け入れる施設です。

費用相場

費用の相場は8万円から13万円となっていますが、部屋のタイプによって異なります。

控除額や費用のおける特徴

高額な入居一時金はなく、月々の利用料金も10万円程度です。民間の有料老人ホームと比べて安い傾向にあります。また特別養護老人ホームでは月々の施設サービスの利用料金のうち、半額相当が医療費控除対象となります。このような特徴があることで、費用を安く済ませながら安心して入居できるのが公的施設の特別養護老人ホームです。

介護療養型医療施設(公的施設)の費用や特徴

老人ホームの中でも医療の充実が大きな特徴と言える介護療養型医療施設は、医療法人による運営がほとんどです。介護療養型医療施設は、リハビリや手厚い医療ケアを受けられることから、介護度の高い要介護者向けの介護施設です。特別養護老人ホームや介護老人保健施設と並び、要介護者が入居できる公共型の施設となります。

費用相場

費用相場は9万円から25万円ですが、部屋のタイプによって金額が異なります。

控除額や費用のおける特徴

介護保険を中心に費用を軽減できる社会保険がいくつか存在しています。医療保険や介護保険、医療費控除や生活保護などの適用される可能性があるため確認が必要です。

介護老人保健施設(公的施設)の費用や特徴

老健と呼ばれる介護老人保健施設とは、病院と自宅の中間的施設として設けられている公的施設です。入所者が在宅復帰できるようにサポートすることが介護老人保健施設の役割となります。理学療法士などリハビリ専門スタッフによる機能訓練が受けられますので、より専門的なケアが実現している施設です。

費用相場

費用相場は8万円から13万円ですが、部屋のタイプによって金額が異なります。

控除額や費用のおける特徴

リハビリや口腔機能維持管理などのサービスを受けることで、費用が加算となる場合があります。

介護付有料老人ホーム(民間運営)の費用や特徴

介護付有料老人ホームへの入居時には、入居一時金と月額費用が必要になります。入居時に必要な入居一時金については、0円のところもありますが立地条件や設備の充実度に応じては、数百万円から数千万円と言った高額な施設もあるなど、その料金プランは様々です。入居後にかかる月額利用料には家賃や管理費の他、水道光熱費や食費、1割が利用者負担となる介護保険料が必要です。また必要に応じて医療費やおむつ代などの雑費がかかってきます。介護付有料老人ホームは、常駐する介護スタッフによって介護サービスが提供されています。中には24時間看護師常駐など充実した体制が整っているところも多くあるのが特徴です。

費用相場

費用の相場は12万円から30万円で、施設やプランによっても大きく価格が変動します。

控除額や費用のおける特徴

扶養控除や障害者控除の適用が可能な場合ありますので、事前に良く確認しましょう。ただし医療費控除は基本受けられませんので注意が必要です。

健康型有料老人ホーム(民間運営)の費用や特徴

健康型有料老人ホームとは、介護の必要がなく生活の自立ができる高齢者のための施設です。家事が面倒で、万一のときに一人では不安などと考える方のためのサービス施設で、露天風呂やトレーニングルームなど、元気な方がシニアライフを楽しむための設備が充実している施設が多くあります。食事などのサービスは提供されますが、介護が必要になったら退去します。介護施設としての建物ではないので、健康な高齢者のための住まいということで運営されています。

費用相場

費用の相場は10万円から40万円ですが、施設のサービス内容によって価格が変わります。

控除額や費用のおける特徴

家賃や管理運営費、食費などが掛かるため全体的に高額な施設です。償却金や償却期間は事前に確認が必要です。

住宅型有料老人ホーム(民間運営)の費用や特徴

住宅型有料老人ホームは民間運営の老人ホームです。介護サービスが必要な場合でも、通所介護や訪問介護など、在宅介護保険サービスを利用できる住宅型有料老人ホームは、介護付き有料老人ホームとの違いがよくわからないということも多く、混同して考えてしまうことがあります。自立した生活が送れる方も入居できる住宅型有料老人ホームは、元気な方も多く利用している民間運営の有料老人ホームです。介護が必要になった場合でも軽度であれば通所介護や訪問介護などの外部の介護事業者による介護保険サービスを利用すれば要介護度認定を受けた場合にも入居し続けられます。元気なうちから入居する方にとっては、安心感が大きい有料老人ホームです。

費用相場

相場費用は10万円から25万円ですが、施設によって大きく変わります。

控除額や費用のおける特徴

限度額内なら保険適用で1割負担となりますが、所得によっては2割負担となるので注意しましょう。

グループホーム(民間運営)の費用や特徴

グループホームとは、認知症や痴呆症の症状を持っていて、病気や障害で生活に困難を抱えた高齢者が専門スタッフの援助を受けながら5人から9人の1ユニットで共同生活する介護福祉施設です。認知症高齢者のための住まいとして、認知症対応型老人共同生活援助事業と呼ばれています。家庭に近い環境で入居者の能力に応じて、それぞれが料理や掃除などの役割を持ちながら自立した生活を送ります。認知症にかかっている高齢者が入居を検討する施設として、最初に名前が上がる施設のようです。高齢化が進んでいることで、認知症高齢者の数も増えてきていることから、グループホームの数も徐々に増加傾向にあります。

費用相場

施設によって異なりますが、15万円から30万円が費用の相場です。

控除額や費用のおける特徴

共同での生活になることから、介護サービス費用に加えて、居住費や食費などの生活費が必要です。また家賃の助成支給や認知症向けの方の医療費控除が適用されますので、しっかり覚えておきましょう。

老人ホームを利用するメリット


家族と離れて暮らすことにもなる老人ホームですが、場合によっては自宅での介護よりも安心して過ごせる可能性があります。一体どのようなメリットがあるのでしょう。

適切な介護サービスや医療ケアが受けられる

利用する施設にもよりますが、リハビリ専門のスタッフが常勤している場合や、医師や看護師によるケアが受けられる環境であることがあります。自宅で過すよりも安心して快適な暮らしができるのは、年齢を重ねた高齢者にとって大切な条件となります。

介護をする家族の負担が減る

24時間体制で面倒を見ていた方の場合、少しでも離れる期間があることで、今まで犠牲にしてきた様々なことに、再び取り組むことができます。例えば旅行や時間が掛かる遠出などは控えていた介護者が多いでしょう。真面目な方は自分が世話をしないといけないという責任感から、自分や家族を二の次にして対応してしまうこともあります。

気になるデメリットもあるようで…

老人ホームを利用することは良いことばかりではないようです。一番はやはり費用面の大きさでしょう。大きな出費となることから、どうしても家族が高齢者の面倒を見る傾向にありますが、病気の症状や認知症の状況によっては、素人判断では対応が難しいこともあります。費用がかかることをデメリットと考えてしまいますと、利用する方や介護者の健康を第一に考えていないことになります。良く検討をして、入居の時期や施設選びをするのがおすすめです。

まとめ

いかがでしたか。今まで老人ホームの費用についてあまり考えたことがない方にとっては、老人ホームのタイプの多さに驚いたのではないでしょうか。利用者の症状や受けたいサービスによって施設の選び方も大きく変わります。運営方法や内容の違いに興味がある方は、更に詳しく老人ホームについて調べてみてはいかがでしょうか。下調べをしたあとで実際に気になる老人ホームがあれば見学して、実際の環境を実際に見てみることをおすすめします。

あわせて読みたい