デジタル遺品とは?整理する際の注意点やエンディングノートへのまとめ方!

様々な情報が詰まったデジタル機器を使用する現代では、亡くなった後にそのようなものをどのように取り扱ってもらうのか、しっかり考える必要があります。今回はデジタル遺品の説明と共に、整理する際の注意点やエンディングノートへのまとめ方を紹介します。是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

目次

デジタル遺品とは?


遺品と言う言葉を聞くと、不動産や貴金属など故人が生前管理していたものが思い浮かびますが、現代はこのような遺品に加えて所有していたデジタル機器に残された情報に関するものをデジタル遺品と言います。沢山の機器を持っていなくても、何かひとつは所有している可能性が高いことから、遺族の仕事として一般的な遺産と同じように取扱いに気を配ります。

多くのデジタル機器にはパスワードなどが設定されています

故人が生前使っていたデジタル機器を実際に立ち上げようとしても、場合によってはパスワードでロックされていることがあります。解除するパスワードが分からずそのままの状態になってしまうケースも多いようです。では所有していても無駄なので処分した場合、どのようになるのでしょう。機器によっては個人情報が掲載されていることもあり、むやみに捨てるのは個人情報の漏洩にも繋がります。

普段から情報を整理しておく習慣を身につけよう

写真をどんどん増やしてそのまま整理しないなど、普段から管理が不十分でありますといざという時に混乱します。確かに容量が重くなることで動作が鈍くなるパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器は、日頃から取扱いに気を付けましょう。

デジタル遺品の種類

ではデジタル遺品の種類を紹介します。生前活用していたものなので仕方がありませんが、誰が見ても分かるように情報を管理しておくのがスマートです。

資産価値のある遺品


ネットバンクの口座や証券、FX取引やクレジットカードなどは資産価値がある遺品です。しかし家族がそのような情報を知らないと、遺産分配が終わった後に発見されることもあるでしょう。それが遺産争いの火種になる場合があるので気を付けましょう。また故人がFXなどで損をしていた場合、多額の借金が発覚する可能性もあります。

ハードディスクに保存された写真や文章

故人が趣味で集めたものや家族の思い出などがハードディスクに保存されている場合も多くあります。しかし中には見られたくないものもある可能性は十分考えられます。 特に趣味のものと思い出の写真などを一緒に保存してありますと、のちに整理する遺族が困惑するかもしれません。

SNSなどのアカウント

Facebookやtwitterで多くフォローされている場合や読者が多数存在する場合は価値があります。ブログを開設している方も多くいます。SNSを通じてたくさんの人と交流をしていた場合や、ブログに多数読者がいたりする場合は急に更新がとだえれば心配されます。さらに、悪意ある第三者が故人に成りすましたり嘘の情報を流したりする可能性もあります。
ネットの世界では一度デマが広がってしまうと打ち消すのは大変ですので気を付けましょう。

その他オンライン上のアカウント

その他にはどのようなオンライン上のアカウントがあるのでしょう。

オンラインゲームをする方だった場合には…

今は年齢を問わずインターネット上でゲームを楽しむ方も多いでしょう。中には複数で協力してプレイをするものもあります。故人のアカウントもしっかりと抹消しないとトラブルの元になる可能性があるのです。また故人がゲームをやりこんでいてレアアイテムなどを多数所持していた場合は、譲ってほしいという話や売ってほしという依頼がたくさん来る可能性もあります。そこから金銭問題に発展するかもしれませんので気を付けましょう。

良く分からない時の対応術

家族だけではどうにもならない場合や、オンラインゲームに詳しくない場合には、取扱いに困ってしまいます。その時には親族や故人のゲーム仲間などに手助けをもらって解決しましょう。

エンディングノートにデジタル遺品について記載しておこう!

エンディングノートは、生前故人が遺書のような形でよういできる伝言ノートのようなものです。トラブルを防ぐためも、ログインIDとパスワードが必要なものをまとめておきますと、いざという時に便利です。

ログインIDとパスワードが必要なもの

ログインをする際にIDとパスワードが必要なのは、パソコンやスマートフォン、ネットバンクやSNS、ブログのアカウントなどがあります。

資産価値のあるネットバンクなどは口座番号や銀行名も記載を

資産価値がある物は、遺産分配にも関わる可能性があります。ネットバンクなどは銀行名と口座番号もあると称号がしやすく便利です。

パスワードなどは誰が見てもわかるように書く

字が汚い書体ですと、せっかくメモしたものが正しく残されていない可能性があります。「I」と「L」や「シ」と「ツ」などは要注意です。また数字の「0」と「6」も正しくメモするようにしましょう。

くれぐれも情報漏洩には注意を

いざという時に活用できるように分かりやすく記載したのは良いですが、情報の取り扱いに気を付ける必要があります。絶対に人には見つからないように金庫保管などがおすすめですので、情報漏洩の徹底が求められます。

IDやパスワードを記載するノートを分けておくのも一つの手

エンディングノートに全てを記載するのも良いですが、IDやパスワードが記載された専用ノートを作ることも大切です。情報が更新ずる場合が多いIDやパスワードは、日々デジタル機器を使用する中で、情報が増減する可能性があります。そのたびにエンディングノートを持ち出すのは大変でしょう。専用ノートを作って最新情報を掲載しましょう。現金ンと同じように管理をする際には慎重にします。

エンディングノートは使い方次第で生前から使えます

記載する内容によっては、生前から使用することができるアイテムです。

知人の住所録は便利


一度きちんと整理しておきますと、いざという時に使えます。特に知人の住所録などは年賀状を作成する場合や、何かを郵送する場合などに重宝します。また電話番号などの情報も、デジタル機器とは別でアナログでの管理もおすすめです。

遺産など相続に関する項目は遺言書を利用

財産分与に関わる重要な起債は、法的な効力がないエンディングノートでは記載しても、その内容に説得力がありません。不動産や現金などの遺産に関することは、遺言書でのこされる家族に伝えるべきことを記載しましょう。

専用商品でも好きなノートでも自由です

エンディングノートは商品化されていますが、特に高額な専用商品でなくても、自分が好きなノートでも十分です。大切なのは自分が言いたいことが全て記載されていることが肝心です。

もしも故人のデータ取り出しが分からない場合は?

万が一の時を想定しておきましょう。故人のデジタル機器からデータが取り出せないような場合は、どのような対策があるのでしょう。

ピンチを救う専門業者

万が一デジタル機器からデータが取り出せない場合は、データ取り出しを行う業者があります。どうしても解決できない場合は、問い合わせてみるのがおすすめです。費用は業者によって異なりますが、20万前後かかる倍が多いです。

良い業者の選び方

大切な情報を任せる業者ですので、きちんとした会社であることを調べましょう。確かに価格が安い業者へお願いしたくなるのも分かりますが、気になる場合は見積もりを1社ではなく複数お願いすると比較ができて良いでしょう。

やり方次第でトラブルを防止できる?

最近のパソコンやスマートフォンは、多くの情報が入れられることから、特に整理する時間を設けなくても、スムーズに使えることが多いです。しかし、いざという時に知りたい情報を把握できないくらいに、膨大な情報が入ったままでは、不便なアイテムとなってしまいます。日常的に情報を整理する習慣をつけて、不要なデータは早めに消去しておくと良いでしょう。

スムーズなデジタル遺品の管理をしましょう

故人が亡くなってからは行うべきことが数多くあるので、遺品の整理や遺産に関する話し合いは二の次になるかもしれません。しかし、いずれはやる必要があるデジタル遺品の整理は、どのような点に注意をしていけば良いのでしょうか。

機器に詳しい得意な方に任せる

パソコンなどへの知識がない人が何人扱っても意味がなく、知識がある人が一人で行った方が早い場合があります。また普段からある程度の使い方を習得しておくため、機器への関心を高めることも肝心です。

本当に必要な機器に絞って所有する

好きな方は新商品が出るたびに買い揃えたくなるデジタル機器ですが、実際に日常生活で頻繁に使用するのは、限られたごく一部の機器でしょう。新しく買い替えた場合には、古い機種へ戻って使用する可能性は極めて低くなります。このような状況でも古い機器をいつまでも保管している方がいますが、データの移行なども済んでいることを考えますと、古い機器は早めに処分するのがおすすめです。

場合によっては個別対応も必要です

デジタル遺産の管理をした結果、ネット上での知人など故人にしか分からない交友関係が発覚することがあります。このような場合には、急に連絡が取れないことから不安を感じるかもしれません。もしも先方の連絡先が分かる場合は、故人の状況を伝えて今後連絡はできないという旨を伝えるようにましょう。

まとめ

いかがでしたか。デジタル遺品と言う聞き慣れない言葉は、今後大きな問題として様々なケースのトラブルが考えられる分野です。大きな問題となって家族に迷惑をかける前に、生前からの管理や情報の取り扱いをきちんとしておくことが大切です。是非今使っているデジタル機器のデータから情報の整理整頓を開始してみてはいかがでしょうか。

あわせて読みたい